ブログトップ

東都アロエ

関ヶ原。

休日なのでだらだら、いきます。

みられるときにはみている「天地人」。
後半戦になり、演出家の妙な気負いもなくなり、いたって普通の演出で
たいへん見やすい今日この頃です(笑)。
脚本も「脚本協力」という方々の名前が増えてから、こちらも
いたってスムーズ。可もなく不可もなく。
・・・・・・最初からこうやっててくれればよかったのに、なんて思ったりして。

さて「天地人」先々週から関ヶ原へと突入です。
といっても上杉は北で戦っていて、関ヶ原にはいなかったのですが、
先々週の回(直江状の回)には陣中でとんでもないドラマが起こりました。
兼続が景勝と意見対立のあげく、刀をむけました☆
おおーっ大河の主人公として成長した姿!
・・・・・・でも次の回には、すっかりもとに戻っている二人でした(爆)。

といちおう、主人公に触れたところで(って、もうこれで上杉話題おわり)。

関ヶ原の戦いは、やっぱり何度みても面白いです☆

基本的に戦いは好まないほうですが、この時代の市街戦とは無縁な、
戦闘員のみで雌雄を決する戦いについては、ロマンを感じます。
敵味方でそれほどの武器の差もなく、どちらかというと知略がものをいう
「孫子の兵法」が通じる古式ゆかしき戦いって、人間らしくていいじゃないですか♪

でそのなかでも関ヶ原の戦いというのは、最大規模でして、
そこに渦巻く人間ドラマもハンパではありません。
大河ドラマで戦国を扱うと「避けて通れぬ戦い」といいますか、
かならず登場する戦いで、もう何度そのシーンをみたことか。
今回の「天地人」は主人公は参戦していないし、予算もないしで
かなり昔の使い回し映像を駆使していましたが、全景のCGがとても
わかりやすくて、はじめて「天地人」CGの有効性を感じました(笑)。

いろいろな大河をみるたびにちょこちょこ気づくことのある、
奥深い戦いなのですが、今回気づいたのは、
毛利のヘタレ伝説ってここからはじまっている???
ってことでした(笑)。

なぜ動かんのだ!
ですよね、やっぱり(爆)。

ちょうど昨夜、BS熱中夜話の再放送をみたら、テーマが関ヶ原で。

熱中夜話関ヶ原公式サイト→こちら

いろいろ勉強になりました!
甲冑は今いわれているよりずっと軽量化されていたとか、
裏切り者小早川秀秋についてなどなど、
(家康の放った脅しの砲撃は秀秋の陣まで届かなかったんじゃ?とか)
充実した内容だったのではないでしょうか?

で、そこでも毛利、どーよ?というわけで(爆)。

この関ヶ原のヘタレぶりで、お家断絶にならなかっただけでも
マシなのに、家康を恨むなんて、それ逆恨みじゃないの?みたいな(爆)。
とはいえ最近読んだ『江戸大名下屋敷を考える』によると、
江戸時代中、毛利家もけっこうそれなりに下屋敷あたりで楽しく暮しているのです。
ふと思うのですが、毛利さんも長いことそんな恨みなんか忘れていたのでは?
んで、幕末になって京都で御所にむけて撃ち込むという大失敗のあと、
京での既得権益を奪われ、徳川と対峙するようになって、
「あ、そうだった」って・・・・・・。
自分の立ち位置を探してて、思い出してみたんじゃないのだろうか。
とこのように、疑われても仕方のない戦いっぷりでした、
毛利IN関ヶ原。

一方の島津軍がかっこいいから余計に・・・・・・・感じるのかもしれません(汗)。

毎回みるたびに注目ポイントを変えてもなお興味がつきない、
関ヶ原の戦いについて、ちょっと話題にしてみました。
[PR]
by aroe-happyq | 2009-09-22 10:52 | ほんの世間話 | Comments(0)