ブログトップ

東都アロエ

浅草の綱豊卿

d0080566_956330.jpg


浅草新春歌舞伎第一部、みてきました。
(以下、ネタバレナシ。とはいっても元禄忠臣蔵の筋立どおり)

冒頭の挨拶は片岡愛之助さん。
お客さんからの質問コーナーで、舞台から
客席に降りた時、またぽんとあがった時の身の軽さ。
昔時代劇でひょいととんぼを切っておられましたが、
さすがです。感動しました(笑)。

で、「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿の段」。
監修が片岡仁左衛門サマなので、安心してみられました。
歌舞伎座ではちょいちょい場面を端折られるのですが、
今回はほぼフルバージョン(パチパチ~~♪)。

ただ間部詮房が端折られていました(笑)。
(浅草歌舞伎ゆえ、演者が少ないため)

その分、お喜世(演ずるは中村七之助丈)とたいそう
仲良しぶりを発揮しまくりの綱豊(もちろん、片岡愛之助丈)卿で
ありました(笑)。
今回の御浜御殿、腰元連中はそれなりにいるのですが、
「奥」の小性が登場しない、面白い構成でした。
とはいえ、新井白石は出てくるんですけど☆
わざわざ自宅から呼びつけられた新井先生、
なんの話かと思えば、浅野家の再興よりも仇討ちが成ることで
元禄でなまりきった「さむらい魂(こころ)」が取り戻せるのでは
?と相談される。御廉中煕子の実家の関白近衛家から
浅野家再興を将軍綱吉に口添えしてくれと頼まれていたのだが、
そのあたりで悩んでいた綱豊であった(笑)。
「討たせたいのう・・・・」と感極まって涙する綱豊&白石の師弟っぷりが
みょうにハートウォーミング♪でした。
(もともと夢見がちな師弟である・・・・・)

とにかく今まで何度か「御浜御殿」をみてまいりましたが、
愛之助サンの綱豊卿はナンバーワンにステキでした!!!




今まで不動のトップは片岡仁左衛門丈の綱豊でしたが、
自分が見始めた頃にはすでに「綱豊役に理想な30~40歳前半」
のお年頃を過ぎておられたため、孝夫時代のものを拝見していれば、
永久1番だったのかもしれませんが、
今回からは、いってみれば1位タイといったところです。
(久々に舞台写真買っちゃったですよ。前に買ったのはもちろん仁左衛門綱豊)
3位以下は・・・・・ん~~~あんまりたいしたことはなかったです(バッサリ)。
(ほかの演劇や映画やTVでこんなにメインになる人じゃないので、
「御浜御殿」は家宣ファンにとっては思い入れ深い演目。
それゆえに評価はキビシイのであります(爆))
さらに6代将軍家宣は歴代将軍のなかでいちばん背の高い(160㎝)人なので、
ほかの俳優さんよりちょっとでも背が高い方に演じていただきたい
という点からも、ピッタリです☆
とにかく、愛之助as綱豊はこれから当たり役といわれるようになると
思います♪♪
家宣ファンとしては、理想にかなり近い「綱豊卿」でありました。

史実の家宣は根津生まれ、神田駿河台育ちの江戸っ子ですが
(ここまでは家老新見家次男として。8歳まで)、
その後実家に引き取られた甲州家暮らしで妻の煕子による洗脳もあり(笑)、
やや上方風染まりな男なったので、江戸50%上方50%な雰囲気を出せる方に
演じていただけるとピッタリなわけですが、
このたびはその点でもバッチリはまっておりました。
このたびの綱豊は、35万石の大名らしい風格もありつつ、
若さに溢れ、よく泣き、よく笑う、
千疋屋(←これポイント)に並ぶフレッシュな柑橘系(笑)でしたが、
これから2度、3度と演じられていくたびに円熟味が増し、
いろいろな綱豊がみられそうで楽しみです。

今回ほんとに良かったので、たったひとつ心残りは、
舞台写真にもあるように酒をよく飲む綱豊サンでして、
煙草を召されなかったのが残念。
普通「御浜御殿」で煙草をぷかりとやるシーンで、
今回は喜世にお酌してもらってなんだかイチャついていた(爆)んで。
この綱豊さんに煙管もたれたら、ステキすぎて気絶モノではあるのですがっっ。

そして今回はこの綱豊とがっつり対抗する、富森助右衛門がまたよくて!!!!
市川亀治郎丈がハマリまくりだったので、二人のやりとりが今までの「御浜御殿」になく
ステキでした!!
前回みたのは、染五郎の綱豊と勘太郎の助右衛門。
若すぎてはじけすぎのどっかの旗本にしかみえない綱豊(号泣)と
・・・その相手は平助@組!そのままで・・・・・・。
なんか弱っちくて、イジメ甲斐のない助右衛門でありましたが・・・・。
今回は助右衛門が可愛くふてぶてしいので(爆)、
前半押しまくる綱豊の攻勢を見事にかわし、
後半逆に猛攻を繰り広げるやりとりの妙技はなかなかでした。
(詳細な内容はネタバレなので控えてみました)

ラストの能舞台の背面場面も、綱豊の能の装束がかっこよくて!!!
(富士山が噴火しようが、薪能を開催しちゃうほどお能好きな人なんで、
ラストでこの衣装って、ホント原作の真山氏の墓に足向けて寝られません。
ありがとー真山さーん!!(爆))
頭を動かすたび頭の鈴が鳴るのが可愛いんですが(笑)、
この格好で助右衛門と軽く殺陣なんかもあって、
(今回のはめちゃかっこよかった!!!)
最後まで大満足の「御浜御殿」でした☆

・・・それから、浅草歌舞伎の舞台写真てデカイですよね!
歌舞伎座と同じお値段なのにっっ。このサービスがまた嬉しい♪♪
[PR]
Commented by 早々 at 2010-01-18 22:49 x
写真で観ても美しい綱豊ですね。ブログを拝見していて
家宣と演者の愛之助さんに対するはな。さんの思い入れの深さが分ります。
どんな舞台か今からとても楽しみです。
Commented by はな。 at 2010-01-19 14:23 x
早々さん☆すばやい御反応ありがとうございます♪
・・・思い入れでいうと、愛之助さんには申し訳ない、
かなり一方的な家宣愛の押しつけです(笑)。
でも今までいろいろな「綱豊」卿をみてきたのですが、
なかなかぴったりな人がいないので、ついつい興奮して
しまいましたっっ。
早々さんももうじきご覧になるんですよね!
楽しんできてくださいませ♪♪
Commented by 早々 at 2010-01-20 23:01 x
何度もすみません。
御浜御殿綱豊卿 観てまいりました。愛之助さんの江戸弁快く響きました。前から似ているとは思ったのですが化粧すると仁左衛門丈のそっくり。亀治郎さんの台詞回し最初は現代語調だったのが、場面が進むにつれ盛り上がってきて最後は落とされました。涙目になってしまいました。
荒事の舞踊も良かったのですが、将門の蝦蟇の可愛らしさに思わず顔が緩んでしまいました。
Commented by はな。 at 2010-01-21 10:33 x
ご覧になっていらっしゃいましたか♪♪
>化粧すると仁左衛門丈のそっくり。
まさにおっしゃるとおりです☆似ていらっしゃいます。
強いて云うと、らぶりんのほうがやや線が太い?という感じでしょうか。

>将門の蝦蟇
前にも歌舞伎座で観たのですが、がまちゃん着ぐるみが可愛ゆすぎて、毎回「反則~~!」といって微笑んでしまいます。
by aroe-happyq | 2010-01-18 10:26 | ほんの世間話 | Comments(4)