ブログトップ

東都アロエ

風雲Ⅱ ようやく鑑賞♪

よぉぉぉぉぉぉやく、香港から「風雲Ⅱ」のBDが届きましたっっ。
旧正月に巻き込まれ、どんだけ時間がかかるのかってぐらい届くのが遅かったっっ。
DVDより1000円ほど高いのですが、この作品だけはBDでみなければ!と
奮発しちゃったのですが、それはもう大当たりでした☆

こういう全編バリバリCG映画はBDでの鑑賞にかぎります!!
本当ぉぉぉぉ~~~~に美しい映像でした!
冒頭、しばらくあまりの美しさに口をあけたっぱなし(笑)。




またまた新しい予告篇みっけ♪↓


10年ぶりの続編ですが、主人公の「雲」も「風」もそんなに老け込んでおらず、
若々しく、このアクション映画に挑戦してくれておりました。
「風」さんはあいかわらず天然で、「雲」さんに迷惑をかけっぱなしで、
可哀相で可哀相で(涙)。
楚楚ちゃんがスーチーから違う女優さんに変わっていて、
かなり寂しかったですっっ。

でもねぇ、美しいだけの映画というのは、やっぱり飽きちゃうんです。
こういう映画にありがちですが、監督もスタッフもCGに酔っぱらってしまい、
肝心のストーリーが置いてけぼり。
(この映画の場合、監督兄弟がシナリオまで担当したため、陶酔ワールド全開で・笑)
元々の原作が香港の傑作漫画だったゆえ、その世界を忠実に再現しようとしたり、
それ以上にしようとしたり・・・・・・そうするたびにキャストはどんどんCG映像の
ただのパーツと化していくわけです。
「風雲」の一作目の、あのよい感じの人間関係の生々しさはなく、
きれーねーぇ♪で終わっちゃっているような気がしました。

それに今回の悪役は大好きなサイモン・ヤム&ニコラス・ツェーなのですが、
彼らはですね、存在感も、アクの強さもが、
1作目のあの千葉真一(当時)には到底叶わない~~~~。

いかに千葉さん演じる雄覇がすごかったかと改めて思い知りましたです、ハイ。
(二股OKの娘キャラもすごかったけど・爆)

それからパートⅠのときから名前が登場していた「無名」さんの扱いは
あれでよかったのか?とか(笑)
なんかもう少しドラマが膨らませることができたのではないかな~と。

そんなわけですごく面白くなるはずなのに、と
なんだか非常にもったいない映画でした。

↓でも今作でようやく鄭伊健&郭富城のコラボ主題歌が実現☆
(・・・今回もインパクトかなりありますです・笑)



実はすでに香港サイトの映画評でこういう映画であることは読んでいたので、
口直し(笑)に、同時に「風雲」ⅠのBD(こちらは日本語字幕アリの米国版)
も注文しておりまして♪
さっそく「口直し」に見たのですが、確かにCGは拙い!!!んだけど
ドラマ部分が充実しておりますよね~~~~。
映画としてはこちらのほうが断然面白いです。
1作目の監督は「無間道(邦題:インファナルアフェア)シリーズ」の
アンドリュー・ラウ。・・・・・・やっぱり腕の差?(笑)

ちなみにこのBDの日本語字幕・・・・・・あんまり日本語が得意じゃない人が担当
したみたいで、なんだかときどき爆笑のまつがいが!!!(笑)
(これもまた海外版の楽しみであります)
[PR]
Commented by 河伯りょう at 2010-03-08 01:46 x
わたくし、おそらくスクリーンで見たため、騙されたのではないかと(笑)
この映画は、風にぞっこんloveってしまい、もう楚楚ちゃんのプロポーズなんか目にはいらないのよ、な雲の悲恋映画だと思って見ておりました。
あと、ニコラスとサイモンの危険な親子関係ですか…。
その肝心の任達華は、もう断言してよいほどの「お笑いキャラ」でしたね。
CGは、この中途半端でなく人間をデータとしてとらえた造りが、私の感覚にははまりまして、特にニコラスの絵にはめるやり方とか気に入っております(笑)
「I」の上映後、テレビシリーズも2本もできちゃって、「みんな、話わかるよね?」的な創りでした。
でも10年を経て同じ役にチャレンジする二人の根性は買ったですv(*^-^)
Commented by はな。 at 2010-03-08 09:54 x
河伯さん!
>風にぞっこんloveってしまい、もう楚楚ちゃんのプロポーズなんか目にはいらないのよ、な雲の悲恋映画
・・・まさか自分以外でもこう感じられた方がおられたとは!!!
おのれだけの錯覚かと思い、胸にしまいこんでおりましたが、
こういう感想はアリだったんですね!!(笑)
ほんとうに雲さんはせつなかったです~~~~~っっ。
(原作をよく知らない自分にもわかるぐらいの切なさでした・笑)

ニコラスの妖しげな様子と、サイモンパパの微妙な釣り合いのとれない感じがもったいないと申しましょうか・・・・・・しかしあれでサイモンパパが妖しいとこの悪役たちはヤバすぎてしまうので、このあたりで抑えていたことで、年末映画としてはよかったのかもしれません(笑)。

>10年を経て同じ役にチャレンジする二人の根性
本当に!!!!
素晴らしいと思います。
しかもあまり老けを感じないのがまた、すごいです(笑)。
(デジタルハイビジョンに負けない若さ!でした)

by aroe-happyq | 2010-03-04 09:36 | 香港&アジア映画 | Comments(2)