ブログトップ

東都アロエ

ろびん・ふっと

カンヌ映画祭が今年もはじまったのですが、
今年は日本を含めてアジアの作品が少なくて(審査員にアジアンがいないから?)
あまり情報も流れてこないので、ちょっと寂しいです。
(あ、北野監督作品がありましたっけ・笑)

というわけで、オープニングを飾った「ロビン・フット」の予告でも・・・・。

リドリースコット&ラッセル・クロウコンビの時代モノ。
・・・・・・でも、なぜいまさら「ロビン・フット」リメイク?(爆)



ドラマ「ROME」が終わってしまい、西洋時代モノに飢えていたので、
ちょっとUPしてみました☆

しかし。
ラッセルさん、この髪型&ヒゲだと、どーしても「グラディエーター」の
主人公マキシマスを思い出す・・・・・・つか、まんまっぽいです(笑)。


この予告の海辺の戦いのシーンをみていて、
平家物語の「屋島」~「壇ノ浦」あたりをですね、
こういうスペクタクル大作で観てみたいような気がいたしました。
ワイヤーアクション使った義経八艘飛びとか(笑)、
CG駆使の、実際よりもすごく多いよね?な平家船団とか。
・・・・・・あ。でもそんな大作映画を支えるほどの脚本が作れないかぁ、日本じゃ(嘆息)。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-05-15 10:19 | ほんの世間話 | Comments(0)