ブログトップ

東都アロエ

川本喜八郎氏ほか

今年はいつも気になってきた才能豊かな人々がどういうわけか次々と逝かれます。

4月には、かつて面白さに痺れまくった漫画『夢みる惑星』の漫画家佐藤史生さんが、
先日にはアニメ『千年女優』ほかのアニメ監督今敏氏が、
そして人形作家の川本喜八郎氏が亡くなられたとのこと。

川本喜八郎氏といえば、
わたしのなかではやっぱりNHK人形劇「三国志」です。
本当に美しい(コミカルキャラも含め)、素晴らしい人形たちでした。
写真集『三国志百態』はいつまでも宝物です。
自分の三国志好き成分の何パーセントかは、この人形たちの魅力で作られました。
三国志との出会いで確実に人生が変わった身としては、
川本さんの人形たちには感謝の言葉もありません。

本当はもっと新作をみてみたかったし、寂しいけれど、
ありがとうございました!
[PR]
Commented by 河伯 at 2010-08-29 01:27 x
川本先生は、やはり自分の中のなにかが欠けていったような気がします。
寂しいです。
また最初から人形劇見たくなりました…。
Commented by はな。 at 2010-08-29 11:07 x
最初に聞いたときより、後になってきてじわじわときております。
・・・・・・PCの後ろの棚の上に食玩の人形劇三国志フィギュアが並んでいて、遠目でみるととても美しいので、みるたびにせつないです。
そして自分も人形劇をみたくなりましたっっ。
Commented by 高松飛鳥 at 2010-08-31 01:22 x
はな。さんたちに出会う切っ掛けが、三国志でしたから…。


川本先生が亡くなられたと聞いて、とてもさみしい思いでいっぱいです。

先生の笑顔が忘れられないです。

人形劇三国志を見返したくなりました。見たら泣きそうですが。
Commented by はな。 at 2010-08-31 14:32 x
>人形劇三国志を見返したくなりました。見たら泣きそうですが。
素敵な人形をたくさん生み出してくれましたですよね!
今みたら、ほろりときてしまいそうです。

>はな。さんたちに出会う切っ掛けが、三国志でしたから…。
とても昔のことですよね(笑)。
・・・三国志歴が怖くて数えられませんっっ。
by aroe-happyq | 2010-08-27 19:22 | ほんの世間話 | Comments(4)