ブログトップ

東都アロエ

上村松園展@国立近代美術館 

上村松園展は東京で開催されたなかでは過去2回ほど行っているのですが、
この人の絵だけは印刷物では得られない、
絵である以上に工芸!ともいえる日本画のライブ感が
これでもか!と味わえる素晴らしい世界なので、今回も馳せ参じました☆
(暑すぎて行く気が起きなかったけど・・・・・・ええい!と22日に行ったら
やっぱり暑かった(涙)んで帰りに北の丸公園を散歩したら干涸らびますた)

ガサツな自分にとって、松園の描く女性というのは異次元の人々(笑)。
京女の煌びやかさや艶っぽさをたっぷりと堪能できる、まさに好機なのです。
それに時代考証をしっかりと学ばれているので、いろいろと参考になったりして♪

今回の松園展は前期・後期に分かれて、両方にいくとかなりの作品を
みることができるようです。
ちなみに前期の目玉は「焔(ほむら)」、後期が「序の舞」とのことです。
私は「焔」が好きなので前期に駆け込みで行ってきた次第(笑)。
あの情念のゆらめく、恐くて美しい絵が大好きだったりします。
それなのに袖に隠れた小指がきゅっと曲がっていて、
それがなんだか可愛いというか、切ないといいますか。
これぞまさしく「女」よのう、としみじみと思うのであります。

ただ美しいだけではない、と~っても奥深い松園ワールドは観に行って
損はないと思いますヨ☆未見の方はぜひぜひ♪

※「焔」は26日まで。28日から後期となり「序の舞」になります。

上村松園展公式サイト→こちら

近代美術館展示会情報ページ→こちら
(見どころがざっとみられます&割引券がプリントアウトできます☆)

11月からは京都で開催するそうです♪
上方のみなさんで興味を持たれた方は、ぜひお運びくださいませ。

そうそう!
随分まえに記事にしました江戸東京博物館の「特別展 隅田川」が22日から
始まりました。
でもみなさん!!10月5日からは「徳川宗家」展(仮称)改め、
「徳川御三卿」展がはじまりますので、合わせてご覧になってはいかがでしょうっっ。

江戸東京博物館サイト→こちら

・・・・・・しかし。「徳川宗家」展から「徳川御三卿」展に変更かあぁぁぁ。
ちょっと、がっかり。・・・・・・行くけど(笑)。
(徳川家といえば、やっぱり家宣関係がないとなー・笑)
[PR]
Commented by きりゅう at 2010-09-24 20:49 x
松園は下絵がいいんですよ~~!!(いや、完成作品もいいんですけど……笑)
今回下絵の展示はありました?
Commented by ぐら at 2010-09-25 11:03 x
わたしも上村松園好きなんです。
広告ポスターにすら見とれてしまいます。

松園の絵で、平安風俗の女性像(あの、十二単に高眉に…)を
初めて「美しい」と感じました。
(それまではどう見ても「好」には感じられなかった。)
その後も松園の絵画よりもそう感じることができた絵には出会えていません。
Commented by はな。 at 2010-09-25 18:45 x
>きりゅうさん
>松園は下絵がいいんですよ~~!!
そうなんですよネ!!!
私も大きな絵の松園さんの下絵、好きです♪♪
今回、ちょっと残念なのはデッサン画しかなかったんですよー。
去年の山種美術館の近代女性画展(タイトル忘れた)のおりには、松園さんの下絵もばっちり展示されていたのに~~~~。
Commented by はな。 at 2010-09-25 18:51 x
>ぐらさん
>松園の絵で、平安風俗の女性像(あの、十二単に高眉に…)を
初めて「美しい」と感じました。
激しく同意!!!(笑)です!!!
ついでに平安男のほうも、光源氏も含めて、それまでただの白ブタとしか思わなかったのですが、公達なりの美しさが松園の絵でほんの少々わかったような気がします(爆)。
ついでにいうと江戸~近代の京女についても、ただのコワーイイメージからはんなりの麗しさみたいなものを教えてもらいました。

おっしゃるとおり、松園以上に「おお!」と思える絵にいまだ出会えていません。
しかしこの人の美を越えるのは、これからますます難しいような気がします~~っっ。
Commented by 早々 at 2010-09-26 11:37 x
松園の描く女性、美しいの一言しか出ないほど繊細でたおやかな
美しさに魅かれ、好きなんです。焔は特に見たいのですが今回は無理なようです。
Commented by はな。 at 2010-09-26 19:50 x
>早々さん
本当に松園の描く女性はステキですよね!!!!

>焔
こちらは有名な作品なので、単独などでも展示会に出品されることがありますし、別の機会にぜひぜひ♪
by aroe-happyq | 2010-09-24 18:15 | ほんの世間話 | Comments(6)