ブログトップ

東都アロエ

一年が過ぎていきます

昨年は念願の外国奉行ツアーとか
観光の復元船で横浜湾ちょいクルージングとか
福山詣でとか、楽しい思い出だらけの素敵な一年でしたが、
今年は史料を集める一年と決めていたせいか、
函館訪問以外は地味な年でした(笑)。
今年の反省としては、
没後150年堀織部正(←しつこいようですがおりべの「かみ」)
企画を充実したものに果たしてできただろうか!?
いやイマイチビミョウだぞ、ということです。

というのも、ちょうど一年前、
古本屋さんでたまたまお安く『徳川慶喜公伝』(平凡社東洋文庫版全4冊)
に出会ってしまったのが運のツキ!?か、
どうも今年は織部さんのかたわら、静かにMY慶喜ブームが潜行していて(笑)、
年末にはCSでまさかの「大河・慶喜」
の放映ときて、なんだか慶喜な一年でした(爆)。
いちおう一橋派だった堀さんなので、お許しいただけるかと存じますが、
(でも堀さんは慶喜さんに会ったことはなさそうだ……)
ちょっと申し訳なかったかも。

でも年末の「大河・慶喜」の放映のおかげで、
この一年溜りに溜っていたR馬伝への鬱屈がどこかへ消し飛んでしまいました☆
つか、R馬伝の記憶はすべて断捨離!!決行です♪
(忘れ去っても、幕末調査になんら支障はない・笑)
その分、「大河・慶喜」のほうは現在半分まできて、ほぼ脳内コンプリート
して大切に保存するつもりです(笑)。
こちらはかなり、幕末調査に有効。お役立ちです♪
『『徳川慶喜公伝』でわかりにく~~いあたりをさらっとドラマに
取り入れてくれていて、助かるのなんの!であります。
(どー考えても幕末上級者向けドラマ……)

そんなわけで、
このブログでもR馬伝の3文字が登場するのは今日が最後。
来年になって、この話題をむけられても
「そんなものありましたっけ?」と言ってしまうかもしれません☆
来年以降、あらためて後藤象二郎について正しい伝記を読もうと思っています。
(なにかオススメのものがあったら、教えてください~~!!)

でも、今年最大に嬉しかったことは、
岩瀬忠震のイラストを2度も拝めたことです!!
1度目は、
(たとえそれが小さいイラストであっても!)商業誌で拝めたこと♪
(それも『歳三 梅いちりん』の漫画家かれんさんの御手によるものですぞ!!)
2度目は、
kotoさんの御手による岩瀬さんイラストを拝見できたこと!!
徳川方にとって、鳥羽伏見の戦い直後より、厳しい逆風の一年のなか(爆笑)、
こんなに幸せでいいのか!?と頬をつねること数回、というありがたい
出来事でした。

そして復元した箱館奉行所内を歩けたこと!
これまた至福の時でございました☆

などなど、思い出せばいろいろあったなぁと2010年を振り返りつつ、
正直、よくぞこのブログ一年もったなぁ~~~~(笑)
とささやかに自らを讃えつつ、
本年ラストの更新を締めたいと思います。


それでは皆さま☆

よいお年を!
[PR]
Commented by 早々 at 2010-12-30 21:37 x
こ二一年、はな。さんのブログでいろいろご教示頂き、有難うございました。牛歩の歩みでなかなか進まずですが、来年も宜しくお願い致します。来年もはな。さんにとりまして良い年でありますように。
Commented by はな。 at 2010-12-31 14:16 x
早々さん、こちらこそ一年お付き合いいただきありがとうございました!
今年はさんざんでしたので(笑)、来年は良い年であってほしいです☆

早々さんは体調のほうはいかがでいらっしゃいますか?
今年は寒い春に猛暑でしたので、来年は穏やかな気候であってほしいですよねっっ(涙)。

ではでは良いお年を♪
Commented by 河伯りょう at 2010-12-31 18:06 x
こんばんわ。今年最後のご挨拶にうかがいましたm(_ _)m
私にとっては寡聞な幕末ネタのお話や、香港映画系の話題など、折にふれて楽しく拝見させていただきました。
どうぞ来年も、はな。さんにとって良いお年となりますよう。
宜しくおつきあいくださいませ。
Commented by enokama at 2010-12-31 22:26
こんばんは!
今年はこちらにおじゃまするようになって
本来は討幕派だった僕も(笑)幕府海軍や外国奉行に興味を持つようになって
上京のおりも、海軍ゆかりの場所に行ったりして、違った幕末の見方ができるようになりました(笑)
今は岩瀬さんと橋本左内が友達だったことを知ってうれしく(福井藩好きでもあります)
これから、このあたりも調べたいと思っています!
また、ご教授くださいね・・・

後藤象二郎については、このR馬伝に備えてかなり調べて
ブログにもアップしたんですが
全然書いたかいがなくって、ドラマの扱いも?(後藤に関してはよかったかな)
だったんで、ちょっとがっかりしておりますが
書籍としましては大町珪月「伯爵・後藤象二郎」が唯一の史伝で
その他では主に高知を中心とした郷土史家の平尾道雄氏の
「吉田東洋」「山内容堂」あたりで後藤の考えがわかります。
ってか後藤の考えって僕は、結局わかりませんでしたが(アバウトすぎて変人だし 笑)

ではよいお年を!
Commented by ぐら at 2011-01-01 00:14 x
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします~!
はな。さんにご多幸あらんことをお祈りいたします★
Commented by はな。 at 2011-01-01 09:30 x
河伯さん、おはようございます☆
そしてあけましておめでとうございます!
コメントお返事が年跨ぎになってしまい、申し訳ありませんっっ。
31日の大晦日から、「王と妃」がBSではじまりました。
思わず急いで録画したのですが、のちに韓国時代劇カタログで
確認したところ、とんでもなく長いドラマとのこと(汗)。
とりあえず、せっかく1話開始に遭遇したので、みてみようと思います。
2011年もよろしくお願いいたします☆
Commented by はな。 at 2011-01-01 09:39 x
enokama さん、あけましておめでとうございます!
幕府海軍&外国奉行にちょっとでも関心をお寄せいただいたとしたら、ブログ冥利に尽きます☆とても嬉しいです!

>岩瀬さんと橋本左内
意気投合しておりました。ともに開国派だったということが大きいと思いますが、知り合う以前から橋本の耳には岩瀬の噂は耳に入っていたようです。頭脳明晰のわりに、気さくで開けっぴろげな(腹蔵なさすぎる)岩瀬の性格を左内さんはとても心配しておりましたが(笑)。

>大町珪月「伯爵・後藤象二郎」
ありがとうございます!!!さっそくチェックします!
ちょっと調べてみたら、後藤の伝記が少なくて困っておりました。こんなに有名で功績があった人なのに、驚いた次第です。
平尾氏の「東洋」&「容堂」と合わせて読んでみたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by はな。 at 2011-01-01 09:40 x
ぐらさん、あけましておめでとうございます☆
2011年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

by aroe-happyq | 2010-12-30 10:50 | ほんの世間話 | Comments(8)