東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

あんどーなつ @仁 jin続編

いよいよ続編がはじまりました☆

楽しい日曜日の夜が復活です♪

………bsの「血風録」ですが、楽しみにしていたのに、
やっぱ司馬ちゃんとはとことん合わないみたいで、
1話途中(途中かよ!みたいな)でサヨナラしてしまいました(汗)。
(司馬遼のなんか女々しい男キャラについついイラッとくるのはなぜ!?(笑))


で、「仁 -JIN-」ですが。

やっぱり面白い!!!ですね!!!

1話目から、脚気登場!!


待ってました!!!

仁センセイには、かねてより「脚気」を治す薬を
作っていただきたかったのですが(笑)、
もう、のっけからやってくれちゃいました☆

……仁の前作のときに騒いでましたが、
仁先生にはぜひとも、14代将軍家茂公を救っていただきたく!!
脚気を治していただきたく!!!
(元治元年ではまだ脚気じゃないけど)
西郷どんの虫垂炎なんか、どーでもいいから(爆)

なんて思っていたら、脚気のお薬がなんと!!


安道名津 あんどーなつ

スイーツ好きの家茂公にぴったり♪(笑)

この人には長生きしてもらいたいんですよーーっっ。
将軍らしいこの若者が「大樹」として居てくれるだけで、
それだけで徳川方はみんなハッピーなんですよ~~~。
(「慶喜」科目を学んで身に染みた結果です・笑)

ま、このドラマのストーリー的に家茂さんはスルーかもですが、
タイムスリップできるものなら、こっそり家茂公の枕元に
この「安道名津」の山をプレゼントしたいものです☆

なんてことを考えながら、1話を楽しみました!!!

そして。
まさかTHEBOOMのMIYAさんの近藤勇を見ることになろうとは(笑)
(THEBOOMのファンしてました・爆)
[PR]
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-04-19 12:26 x
加齢なる飛蚊症になってしまい、本さえためらう今日この頃。『江戸奇人伝』、読みやすいのに、やっと読了しました。

とはいえ、名乗りを、老女とか年寄にするのはヤダなっ。って、このまま(笑)

川路左衛門尉様、爆笑の日々をお過ごしであったと知り、安堵しました。有能すぎて、気がまわりすぎるご夫婦、似たもの同士じゃん。

はな。さんのおかげで家茂様にぞっこんですから、仁を観ながら家茂公にお届けをと、つい口走りました。
うちの殿さま、紀州派ですし。ぼっちゃま、遊び相手として毎日登城されておりますし(身びいき!)

はな。さま、堀織部正様のご家紋は三つ盛り亀甲に花剣菱でしょうか?
堀様の年賀のお姿にうるうる致しました。
うさぎ侍はもっと、ぞっこん! こらこら。
Commented by はな。 at 2011-04-19 18:22 x
酒井隠岐守腰元さん、いらっしゃいませ♪
いまさらな質問で恐縮なのですが、酒井隠岐守と申しますと、オイレンブルグの日本滞在記に、とっても快活な外国奉行としてその名を留めている酒井忠行殿しか頭に浮かばないのですが(酒井家はたくさんあるのに)、
>ぼっちゃま、遊び相手として毎日登城
このひと言で間違いあるまひ!と勝手に喜んでいるのですが、間違っていたらぜひとも訂正をお願いいたしますっっ(笑)。
(ワタクシ、酒井サマ大好きであります!!)

>『江戸奇人伝』
読了されましたか~~~っっ☆
氏家さんの川路家への愛がいっぱいで、わかりやすく聖謨ファミリーの世界に触れることができる好書です。ホントは元ネタの『川路聖謨文書』を時間をかけて読破したいぐらいですが、なかなかできないので、この本は有り難い一冊ですっっ。

>堀織部正様のご家紋
築地の旗本堀家は小川恭一編『旗本人名事典』によると「三つ盛り亀甲」デス♪

そしてそして、どうか腰元のままでいてくださいませ。
老女や御年寄に昇格されますと、畏れ多すぎますので(笑)っっ
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-04-19 22:21 x
はな。様、お忙しいなか、さっそくのご回答ありがとうございました(感激!)

そうなんです、酒井忠行様。おじいちゃまが隠岐守で、父君が但馬守で、お住いが今やスェーデン大使館の麻布市兵衛丁です。

オイレンブルグからもらったばかりの首飾りの琥珀のひとつぶ、燃やして香りを楽しんだ忠行様です。あえて、プロシアの度肝を抜くことやっちゃう殿です。くせものなところが外交官向き、です。
堀様は母が喜びましょうとおっしゃいますのに、ねっ。
ご切腹前の堀織部正様がせつないです。

英戦艦からヘダ号が日本人船大工がつけた櫂で、からくも逃げ切った話から川路左衛門尉様を知りました。
『江戸奇人伝』、本当に好書です。おさと様はお栄ちゃんに幼い自分を見たに違いありません、きっと。
あと、博徒が気の毒で、気の毒で笑いましたぁ。

外国奉行ズの皆様方と共に、南紀派の殿にも、もっと活躍してほしかったのでした。

はな。さまに大好きとおっしゃっていただき、殿さま大喜びで肩がゆれておりまする。(メタボ気味なおなかも)
ほんとうに、あれこれありがとうございました(三つ指、深々)

Commented by Q太郎 at 2011-04-20 08:50 x
今更ですが、再開おめでとうございます。
JIN、始まりましたね、頑張って見れるように帰宅しようと思います。
安道名津のとこでは「そのうち、おから道名津もでてくるんじゃないか?」て思って見てました。
私も、是非家茂さまに、て思いました。
家茂さま激ラブの勝からりょーま経由で発注かからないかな。
家茂さまといえば、以前奉書紙に書かれた家茂さまの字を見たのですが、結構がっしりした字だって(奉書紙に細書きの仮名文字って事もないと思いますが…)、それまで持っていたナヨいイメージが「いや待て、ちょっと違うかも」という具合に修正かかったのを思い出します。
Commented by はな。その1 at 2011-04-20 18:01 x
酒井隠岐守腰元さん、こんばんは!
やはり忠行さまの♪♪
外国奉行好きの方と出逢えて、本当っっっに嬉しいです!!!
長らくこのブログをやっておりますが、水野・永井・岩瀬・井上・堀の初期ゴレンジャー以外の方をご贔屓にされておられる方がコメントを寄せてくださるのははじめてでございますっ。
本当にありがとうございます!!
なんかもう、ブログ続けていてよかった♪です☆(感涙)

>お住いが今やスェーデン大使館の麻布市兵衛丁です。
オイレンブルグの宿舎(赤羽橋)からわりと近くなのですね!!
嗚呼、しかし外国奉行の業務形態としてはまず登城、のちに外国使節との応接……なので酒井さまとしては帰りがちょっと楽♪という感じですねっっ(行きも楽…というわけにはいかない・涙)。

とここで、その2に続く(笑)
Commented by はな。その2 at 2011-04-20 18:05 x
>外国奉行ズの皆様方と共に、南紀派の殿にも、もっと活躍してほしかったのでした。

ワタシも酒井隠岐守はオイレンブルグの本を読んでいて、勝手ながら外国方として天賦の才があると思っておりましたので、
もっと長く外国奉行でいてほしかったです。
外国奉行に一橋派も紀州派もありませんっっ。外国人と応対できるセンスのある人材はただでさえ少ないので、こういうときは柳営も派閥分けなどしては、国家存亡に関わりましてございます~~~っ。
酒井隠岐殿なら、英国のクセモノ公使にも柔軟に対応できそう……なのにっ。残念でござるっっ。
(人事がヘタというあたりでこの時分の柳営はイマイチなんですよねーーっ~

おっと!つい興奮してしまい、字数が多くて分割になるなど、少々暑苦しいコメント返しになってしまいましたが、これに懲りずにまたお越し下さいませ☆
Commented by はな。 at 2011-04-20 18:22 x
Q太郎さん、お久しぶりです!
そして有り難い言葉をありがとうございます☆

>家茂さま激ラブの勝からりょーま経由で発注かからないかな。

そうでした!勝ルートがありましたですね!
とにかく家茂公に早いうちから安道名津を食べていただき、脚気予防につとめていただきたいです(笑)。仁先生、りょーまを救うより家茂公を助けたほうが歴史が大きく変わりますのに。……あ、そういう事に気づくとまた仁さんはグチグチ悩むので、黙っておくしかないかもですっっ(爆)。

>家茂さまの字
家茂さんはとても脚気で死ぬような虚弱な人ではなく、浅黒くてどっしりした体格で「吉宗公の再来」といわれるにふさわしいたくましい心身を持っておられたようです。
江戸後期の将軍はひょろんとした人が多いので、家茂公のように将軍らしい将軍は貴重な存在です。
(で、こういう信頼できる棟梁のもとで、厳しいノルマをこなしながら天下のためにコツコツと働くポジションが、慶喜みたいなタイプにとってもベストだったような・爆)
Commented by 高松飛鳥 at 2011-04-21 15:01 x
お久しぶりです!

仁先生のドラマは本当に良いです!
でも、原作派の私としては、あんどーなつのエピは…お菓子作りは仁先生の趣味のままのほうが…未来さんに付き合ってお菓子作りを覚えたって…尻に敷かれてるみたいな仁先生って、何かねぇ。(原作より弱々しいのですが…先生)

奥さん(和宮)にどーなつあげるんたから、旦那(大樹公)にも食べさせて仁先生!と私も思います。


これからもっと期待できるドラマ、毎週必ず見ようと思ってます!
久しぶりです、毎回楽しみにできるドラマって…
Commented by はな。 at 2011-04-22 09:38 x
高松飛鳥さん、ご無沙汰しております☆
>尻に敷かれてるみたいな仁先生って、何かねぇ。(原作より弱々しいのですが…先生)
原作は読んでいないのですが、原作ファンの友人からは「ドラマの仁先生はウジウジしていてなよっちだ」と聞かされております(笑)。ドラマしかしらなくても、ドラマの仁先生……ちょっと女々しいかな~~と。脳外科医ってもっとさっぱり決断力がないとヤバイような気もします(爆)。

>奥さん(和宮)にどーなつあげるんたから
ですよね~~~。しかも夫家茂はスイーツ大王ですからっっ。
和宮がすすめる前に目ざとくみつけてくれそうです(笑)。

>久しぶりです、毎回楽しみにできるドラマって…
わたしもです!!!!!
もうどれぐらい、「次回が楽しみ♪」なんてわくわくするドラマをみていないかっっ。
そういう意味でも「仁」は貴重なドラマですっっ。
by aroe-happyq | 2011-04-19 10:52 | 広く幕末ネタ | Comments(9)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq