ブログトップ

東都アロエ

Amazonでクリックして支援が行えるなんて

しばらくネットサーフィンもしていなくて
かなり浦島太郎なわたし。
今さらな、記事書きます!

ほぼ日をこれまた久々に見にいったら、
「ふんばろう東日本プロジェクト」のことを知りました。
なんせツイッターやってないんで、情報が遅いんです(笑)
(でもブログで手一杯なのでツイッターまではどーしても手がでないっっ)

前にも書きましたが、ボランティアに行きたくても
体力のない自分は間違いなく足手纏いにしかならないし(涙)、
なにかそれでも自分にできそうなことをと、
義援金や募金箱にちょこちょことか、
東北のお酒(もともと好きな二本松の奥の松さんメインですけど)
をいつもより大目にゲットしたりと渋~く続けてはいるんですが。
なにせ義援金は赤十字の無能?厚労省の怠慢?だかなんだか
ちっとも必要な人に手に届かないし。
別の方法はないかと思っていたら。

現代文明はすごすぎる!
まさか「ふんばろう東日本プロジェクト」からリンクしている
アマゾンのほしい物リストから「ギフト」設定で
お買い物をすると、必要としている人の手に届くなんてっっ
お買い物リストっていろんな使い方できるんですねっっ

「ふんばろう東日本プロジェクト」サイトこちら

上記サイト内のAmazonほしい物リストで支援が行える避難所リストこちら

これですと、自分のお財布と相談して
無理なく誰かのお役に立てますね☆

インターネットってすごいなぁと
あらためて感じる梅雨の空の下であります。
[PR]
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-06-18 19:47 x
はな。さん、ガッテン承知!

なるほど、これは実効力あるかも。(実行より実効デス)
ほぼ日は近頃見ていませんでした、飯島さんれしぴでマカロニサラダ作ったばかりですが(笑)。
Commented by まきこ at 2011-06-18 22:48 x
はな。さん、こんばんは!
ご無沙汰しております~。
箱館飲み会(笑)記事の感想も書かなくて、すみませんm(__)m

ところで・・・
義援金が被災者に渡っていないというニュースを見たり聞いたりするたびに、
不信感と憤りを感じていた私です。
でも、このAmazonの方法だと、良いですよね。
知っていたけれど実行していなかったんですが(^^;、
はな。さんの記事を拝読して、実行しようと思いました!
Commented by はな。 at 2011-06-19 18:19 x
酒井隠岐守腰元さん、こんばんは!
>実行より実効デス
おっしゃるとおりです♪♪

>飯島さんれしぴ
おおーー!!!
飯島さんの料理ってどれも美味しそうですよね☆

たしかに飯島さんのレシピの頃、私も熱心にほぼ日を
みていたのですが、最近すっかりご無沙汰気味で(笑)
でもたまにみると、なかなかいい情報があったりするものですっっ
さすがほぼ日!って感じです。
Commented by はな。 at 2011-06-19 18:27 x
まきこさん、こちらこそすっかりご無沙汰してます!
日ハム、今年も紆余曲折ありつつも、がんばっているようなので、きっとお忙しいことと思います☆

>不信感と憤りを感じていた私です。
下に同じですっっ
日本だけではなく世界から温かい励ましの気持ちで集まった義援金がいまだに必要しているところに渡っていない、ってホントどーゆーこと!?って思います。
なにか別の方法があれば、という選択肢のひとつとして紹介させていただきましたが、これ以外でもなにかできることがあればいいなと思います。

でもそれはさておき、義援金問題、はやくなんとかしてほしい限りでありますっっ
Commented by asou at 2011-06-26 19:26 x
今更なレスですいません。すでにご存じなことかもしれませんが・・・
確か義捐金の受け取りには自治体の発行する罹災証明が必要なようで、その事務手続きが遅れているのも一因だと聞いたような・・・
役所ごと津波でやられて職員の何分の一かが亡くなったところもあって手いっぱいみたいですね。
しかも認定基準が厳しい、家族の誰かが亡くなってるとか家が全壊ならいくら、半壊ならいくら、とか。
阪神のときも明らかに住めない、立て直しなのに認定は半壊扱いなんてこともあったらしいです。
これにあてはまらないと受け取れないのはきついですね。
赤十字なんかの義捐金は公的な証明がないと渡せない、ある意味融通が利きにくいところはあるかもしれません。民間の者の方がフットワーク軽く臨機応変な応用はしやすいかもしれませんね・・・
Commented by はな。 at 2011-06-27 09:57 x
asou さん、お久しぶりです!
>その事務手続きが遅れているのも一因だと聞いたような・・・
それもあるのですが、そもそもほかの事で手一杯の自治体になんでも押しつけているのはどうかと。
国のほうで事務手続きを簡素化する等の超法規的措置をちゃっちゃと決定してくれればこんなことにはならなかったような。いやそもそも赤十字が全壊の、半壊のと分けず、一律で義援金を渡すと断じてくれれば・・・・・・というわけで、被災している自治体に責任をおわせるのはためらいがあります。ふつうの生活を送れている東京にある赤十字本社や霞ヶ関ができる事がもっとたくさんあるはずなので。
ただ今回の件でほとほと呆れたので、もうこれからは赤十字に義援金を送ることはないだろうと思います。ほかに民間のしっかりしたところを通じてのほうが、きちんと支援できそうですし(笑)。

by aroe-happyq | 2011-06-18 10:21 | ほんの世間話 | Comments(6)