ブログトップ

東都アロエ

原爆投下 活(い)かされなかった極秘情報

毎年夏になると見応えあるドキュメンタリー番組に
出逢えますが、今年もいろいろやっております。

先週4回にわたってBSプレミアムで放送された「周恩来」。
サイトは→こちら
家族や側近の証言とともに周恩来の生涯を振り返るという
内容で、一般的に目にする評伝や伝記と少し違った目線で
語られているのが興味深く、毎晩楽しみにみておりました。
これぞナンバー2の生き方!をたっぷり堪能しつつ、
中国ほどの大きい国の総理って・・・・・・タイヘンね(汗)と
歴代王朝の名宰相と比べつつも(封建社会がイヤだった
周さんだけど、その生き方はけっこう・・・・・伝統的だったような?)
こういう根性ある、しっかりした政治家って最近見ないなぁと
やっぱり最後は愚痴になりました(笑)。

さて、本題。

NHKスペシャル
「原爆投下 活(い)かされなかった極秘情報」
サイトはこちら

番組の冒頭のナレーションにもありましたが、
長いこと奇襲攻撃だと思われていた広島・長崎への原爆投下。
実は、事前に察知してた・・・・・・んですって!057.gif
優秀な諜報部隊は日本にもいて、
怪しげなるB29が6日に広島、9日に長崎へ向かっている様子を
アメリカのモールス信号を解読することで察知。
そして上層部(陸軍大本営)へその情報をあげたのに・・・・・・それきりに。
(そのバカバカしき隠蔽理由はぜひとも再放送にてご覧くだされ!)
百歩譲って、広島への原爆投下について空襲警報を出し遅れた
のは投下された爆弾についての危険性への認識が甘かったせいだ
としても、2度目の長崎は5時間前に察知していて、シカト(したのは陸軍上層部)
というのは、これはいかがなもんでしょう?

ワタシは生まれてこのかたアメリカという「国」が嫌いで(笑)、
戦争というのは基本的に戦場ときめた限定的な空間で戦闘員が雌雄を決すべきものだと
思っている前近代的な思考の人間なものですから、
東京をはじめとする各都市への空襲、広島・長崎への原爆投下
は非戦闘員をターゲットにした虐殺そのものじゃないかと
しかも日本以外でもこういうスタンスでアジアじゅうを今なお荒らし回っておって、
アメリカ国の行為は常々許しがたく思ってきたわけですが。

空襲警報ひとつ、または日本空軍への出撃命令ひとつ出さなかった
という陸軍の上層部のこれって、
立派な虐殺への加担行為になるんじゃないでしょうか??
アメリカよりタチが悪いのは、アメリカは敵だけど、
陸軍は日本政府、つまりは味方であること。
自国民の命を見捨てたということです。

広島は直前だったとしても(でもほかの都市への空襲警報も短時間で出せてた
みたいなので可能だったような・・・)、長崎の5時間前というのは・・・・・・。
それだけ猶予があったなら、諜報部が上層部へ情報をあげて何かしらの
対応を協議して現場に指令をおろしたとしても、空襲警報を出すだけ
だったとしても、間に合ったと思うのですが。

広島で学徒動員で半地下の職場で働いていた女学生は
原爆投下で生き残ったそうなので、防空壕は原爆でも有効だったようです。
となれば、広島でも長崎でも
もしも空襲警報があって防空壕へ入っていたら、
かなりの人々が助かったかもしれないわけです。

番組では長崎のそばの大村で待機していた元紫電改のパイロットさんに
インタビューしておりました。
この方は6日の朝、兵庫から九州への帰り、広島上空で原爆を目撃して
おりました。直接目にしたこともあって、もしもほかの都市に原爆を搭載した
B29がやってこようものなら、命を賭して原爆投下を防ごうと
決意していたとのこと。
ところが長崎への原爆投下の日、出撃命令は出ませんでした。
かわりに投下後、傷付いた長崎市民を運ぶ任務についたそうで、
無念の気持ちをずっと胸に刻んで生きてこられたそうです。
66年経って、この番組スタッフから「事前察知」の話を聞かされて、
茫然としつつ、次のように語りました。
わかってたならなんで命令ださんのですか、5時間もあったら
十分待機できたはずですよね。
これが日本の姿ですかね。こんなことまた起きるんじゃないですか、
こんなことを許しとったら



これが日本の姿ですかね。
こんなことまた起きるんじゃないですか


番組が終わって、↑言葉がいつまでも耳に残りましたです。

たぶんこの体質は変わっていないと思います。
陸軍の上層部が特殊だったとは思いませんし。

そして思うのは。

わたしたち国民は、福島第一原子力発電所の「状況」について
どれほど知られているのか。

どれぐらい隠蔽されているのか031.gif

自分たちに少し不都合なだけで、原爆投下の情報も隠すぐらいですから、
国民の安全なんてまったく考慮していない「彼ら」です。

・・・・・・なーんて考えたら、背中がゾゾゾとしました。

そこんじょそこいらの怪談話よりも涼しくなっちゃいましたです、はい008.gif

そう遠くない日に再放送があると思うので、
ぜひぜひご覧になってみてくださいませ。
(ジャンルは違いますが、周恩来のもおススメです♪)
[PR]
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-08-07 17:19 x
はな。さん、こんにちは。
ニュースなどでキノコ雲を目にするとそれだけで涙があふれてしまうので見ませんでした。
広島の原爆資料館、入れないんです、どうしても。
長崎の平和祈念像に深々と頭を垂れてはいるんですが。
なので、教えていただき感謝です。気にはなっていましたから。

山縣有朋と長州を憎悪しているのですが、要は陸軍嫌いだから(笑)。
狂介なんて山城屋事件で葬り去るべきだったと今でもムカムカするんです、困ったことに(大笑)。
陸軍なるものを造り上げた彼らにまた「嫌い」の上乗せです。

>たぶんこの体質は変わっていないと思います。
陸軍の上層部が特殊だったとは思いませんし。
はい、激しく同意です。
冷血であることが優秀であるかのような「錯覚」、まだ脈打っているのだと思います。勘違いのきわみですが。
「狡い」、こすいって方言だとばかり思ってましたが、辞書に載っておりました。なので指さして口にだしちゃいます、お歴々に。
あんたら、それはいくらなんでもこすいじゃろう。

なお、国家総動員法によって広島・長崎市民は非戦闘員ではなかったという解釈があります。むごすぎます。
Commented by はな。 at 2011-08-09 10:01 x
酒井隠岐守腰元さん、こんにちは!
>キノコ雲を目にするとそれだけで涙があふれてしまう
わかります!てか、わたしも同じなんですよ~~。
長崎に行ったおりも、平和公園そばまで行ったのですが、
どうしてもそこから入れませんでした。
映像をみているだけで、体じゅうがヒリヒリと痛くなって
くるぐらいなので、資料館を無事に出てこられるか自信がなかったのでした(汗)。
(ささやかでしたが、折り鶴を家族分折ってきましたっっ)

>山縣有朋と長州を憎悪しているのですが、要は陸軍嫌いだから(笑)。
わかります!!
わたしが日本史でなく東洋史(つか中国史)へ転んだのも小学生のときに知った「閔妃暗殺」でして、この実行には長州閥が深く関わっている(つかほかの閥さんたちの名が出てこない)のを知って以来、長州はホントわたしのなかで「ありえない」んですよ~。陸軍はそもそもあの坊主頭どダサイ軍服の色でNGなんですけどネ(笑)。
なのでまたもや「お前たちか」と。

この番組はいい番組だったけど、終わって時が経つほど、むなしさだけが残りました。
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-08-11 13:14 x
はな。さん、お暑うございます!
>小学生のときに知った「閔妃暗殺」でして
うわぁ、小学生で、ですかぁ!
「おませさん」とか「神童」っていわれたことありません?

>どダサイ軍服の色でNGなんですけどネ(笑)。
なんとも濁った色合いが雄弁に物語っておりますよネ。

戦国鍋の戦国サポートセンターに抱腹絶倒しましたぁ。
リ、リアルすぎっ、鍋島さんうますぎっ。
いい気分転換とか暑さしのぎになりましたっ。
あまりの暑さにダウンしとりますが、録画を見て今日はハイ(笑)。
Commented by はな。 at 2011-08-12 09:54 x
酒井隠岐守腰元さん、暑いですねっっ(涙)
コメントのお返事が遅くて申し訳ないですぅぅぅ~~~。
>小学生で
たまたまTVでみちゃったんですよ(笑)。
昔のTVで今と違ってけっこう真面目に番組作っていたので、
のちに大学生になって書籍で読んだら、ほぼ事実内容は同じでした。

>戦国鍋の戦国サポートセンター
わたしも最近の戦国鍋では一番のお気に入りです!
これ、可笑しかったですよねっっ。こういうサポセンがあったら、戦国武将さんも助かったのに(爆笑)
by aroe-happyq | 2011-08-07 14:46 | ほんの世間話 | Comments(4)