ブログトップ

東都アロエ

どぅるわかしー、食べたい☆

テンペストみてまーす☆

昨夜は4話目♪

ま、いろいろあったけど(笑)、

どぅるわかしーが出てきた!!!
(ストーリーよりも背景とか衣装とか食べ物ばかり見ているのだ・笑)

沖縄の田芋(たーんむ)料理はいろいろ、どれも美味いですが、
このどぅるわかしーは格別。

嗚呼、食べたい~~~!!
(東京の沖縄料理屋さんでもなかなかメニューとして置いてないんですよネ)


ところで!

テンペストで琉球について興味を持たれた方☆
なにか本を読んでみよかな~と思ってませんか??

d0080566_10123261.jpg

目からウロコの琉球・沖縄史
上里隆史 著

アマゾン→こちら











上里隆史氏はドラマ「テンペスト」の考証にも携わってますが、
BS日テレ「ありんくりん」の歴史ツアー企画でもお馴染み♪の沖縄の研究者さんです。

「琉球の風」の放映当時、かなり琉球の歴史の本は
読んだのですが、あれから18年(わお!そんなに経ってたのね)。
琉球史の研究もすすんで、まさに目からウロコの事実が
どんどん発覚!
この本はそれをわかりやすく教えてくれます。

一番の衝撃は「琉球の風」の時代(1609年前後)には、
まだ髪型や服装は「テンペスト」に出てくるような様式ではなく、
髪型は片方にみずら(ヤマトタケルとかが両方に結んでいるアレ)
であとはたなびくままに髪はザンバラ。
衣装もわりとラフで(ゆったり着物)で、足も素足だったとか。
なかなかワイルド系な感じ?(汗)。
(そんな姿の東山さんをみてみたい)
 
と、ひとつの項目をとってみても、
かつて「琉球の風」をみていた人も新たなに知る真実がいっぱい☆

前にも何度か記事で触れましたが、
「テンペスト」の良い機会ですし、
あらためてこの本はオススメさせていただきます。
(今は古書でお値打ち価格になっておりますし♪)


で、テンペスト。

あんなに毎回王宮からの追放者が出るほど不正と汚職まみれで
いいのか琉球王国!?みたいな(笑)

牢屋に誰も入牢者がいなくなったぞーと
国中でお祝いしていた(@『沖縄の犯科帳』平凡社東洋文庫)
穏やかで治安のよい琉球王国はどこへ行ってしまったの~~(笑)

以上でしたー☆
[PR]
by aroe-happyq | 2011-08-08 10:35 | ほんの世間話 | Comments(0)