ブログトップ

東都アロエ

若さま侍捕物帳 楽しんでみてました☆

ちょっと野暮用で放置してしまいましたっ(汗)。
なぜか最近、天保を調べていて、天保の江戸にどっぷり。
なのに「テンペスト」のせいで久々に琉球恋しや病が再発し(笑)、
BGMは琉球の伝統音楽だったりしまして、
すっかりとっちらかっております☆


さて、そんな天保好いている時にナイスタイミングな時代劇が
放送されていたので、その世間話をひとつ。

「若さま侍捕物帳」という古い時代劇です。

つい先日まで時代劇専門チャンネルで放送されておりました。

近ごろのドラマではすっかり台詞がよく聞き取れないほど
声がか細くおなり(とくに時代劇で)な田村正和さんが、
時代劇では「眠狂四郎」とかクールな侍がイメージな田村さんが、
この「若さま」では駆ける、飛びあがるは当たり前で、
しかも「べらぼうめぇ!」「てめぇら、ふざけんじゃねぇやい」とか
粋でイナセな江戸っ子(設定では船宿寄宿人)だったりするのです。
若いから声にハリがあって、実に啖呵が気持ちよかったり(笑)。
(ヘンに舌を巻かないし、けっこう綺麗な江戸弁です♪)
とにかく「元気のいい田村正和」というだけで貴重な作品かもしれません。

しかし。

当然ながら田村正和さんが主演で「若さま」なわけですが、
この若さま・・・・・・なんと、名前がない(爆笑)。
設定ではさる大名のご落胤、ってなっているのに父が誰とか一切不明。
(母親は町家の独楽職人の娘なのだが。→それゆえ若さまはコマがうまい)

北町奉行矢部駿河守(中村梅之助)が後見人で登場するが、
お奉行さんは若さまを「わの字」と呼んでいるのだ(笑)。
若さまだから「わ」の字なわけである。

すごい。すごすぎる・・・・・・。

なんという力業でありましょう!

このテキトーさ、素晴らしいじゃありませんか!!!(爆)

主人公なのに、名前がない!という衝撃などもろともせず、
全18回、乗り切ってしまってました。

テレビ時代劇華やかなりし頃ゆえに出来たのでしょうが、
面白ければ細かいところなんて、どーでもいいじゃん!というのが、
なんとも微笑ましくて、いいなぁ♪と思いました。

そんなわけでけっこう楽しんでみておりました☆
(ま、旗本があいかわらず悪役なのが玉に瑕なんですけどね(涙))


さて、隅田川花火大会をTV観覧しまーす(笑)
(こういうときデジタルハイビジョンの良さを実感します♪)
[PR]
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-08-27 22:19 x
はな。さん、こんばんは。

花火大会が次々に中止され、萎えてしまった今年の夏、隅田川開催は大英断だと思います。
花火は亡くなられた方々と残されたものへ献華だと思うのですよ。
天まで届けって見つめるうちに浄化されるものもいるんです。
だから花火大会中止するなんて、野暮天!
って、インターネットライブカメラで楽しめる花火大会探しました(笑)。

昔々浪人姿の田村高廣さまが某時代劇でふんどしをひらめかしながら走っておいででした。
子供にはショックながら目は釘付け(恥)。
お侍のセクシーに開眼した瞬間だったかも(笑)。
Commented by Q太郎 at 2011-08-28 01:33 x
常にお久しぶりですみません。
矢部駿河守というチョイスがまた何とも…、と思いました。
(短くてすみません)
Commented by はな。 at 2011-08-28 10:28 x
Q太郎 さん、いらっしゃいませ♪
>矢部駿河守
おっしゃるとおり、遠山景元ではなく矢部サンというのがおいしい時代劇でした(笑)
ただこの時代劇の中村梅之助さん演じる矢部サンは
史実矢部のように気性も激しくなく、
粋で穏やかで、さらに若い頃かなりヤンチャだったという・・・・・・中身的にはけっこう遠山伝説っぽいお人で、
そういうあたりの適当さも面白い作品でした(爆)
Commented by はな。 at 2011-08-28 10:31 x
酒井隠岐守腰元さん、こんにちは!
>花火は亡くなられた方々と残されたものへ献華
そうなんですよ!!!
それなのに石原都知事なんてさっさとあれやこれやの花火大会を中止してしまい、「このおっさん花火大会のなんたるかを知らないんだなぁ、文人じゃねぇなァ」とがっかりしていたのです。

そのなかで開催した隅田川花火大会は素晴らしいと思いました。
鎮魂、そして希望をこめた今年の花火はたいへん美しく、何度も涙をぬぐってしまいましたです。

>浪人姿の田村高廣さまが某時代劇でふんどしをひらめかしながら
ありましたね!!!覚えていますが、タイトルは忘れました(爆)。
わたしはどーゆーわけか幼い頃から、
主人公でも悪役でも、立ち回りシーンで裃の肩衣を片方パッととって刀を構えられると、
幸せすぎてクラクラする癖がありました(笑)。
(そう、昔からヤバイ人だったんであります)
Commented by 酒井隠岐守腰元 at 2011-08-28 21:35 x
はな。さん、先日の雷雨はご無事でいらっしゃいましたか?
すみません、最初に伺うべきだったのに(滝汗)。
東電の雨量・雷観測情報によると都心は真っ赤、こわいほどでした。

>裃の肩衣を片方パッととって刀を構えられると、幸せすぎてクラクラする癖がありました(笑)。
おぉ、声をあげて喜んでしまいました☆☆☆
確かに心躍る所作でありまする。
時代劇の所作とか殺陣っていいですねぇ、奥深くて。
お旗本の立ち回りって背筋がきれいって印象がありまする。
Commented by はな。 at 2011-08-29 19:04 x
酒井隠岐守腰元さん、こんばんは!
先日の豪雨は外出先から戻ったとたん、ザーッと降り始めましてギリギリセーフでした(笑)
今回は70ミリ。以前、100ミリを経験したことがありましてそれよりはずっと楽でした(汗)。
最近は日本のどの地域でも突然の雷雨が多いので、お互い折りたたみ傘はバッグに必須♪で気をつけてまいましょう!

>心躍る所作
そそそ!!!そうなんですよーーーっ(爆)
裃姿の立ち回りは、肩衣のせいで猫背になりにくいためでしょうか、
すんごく背筋がピンとなって、凛々しいんですよねっっ♪♪

このおかげで江戸時代スキーから離れられません(笑)
by aroe-happyq | 2011-08-27 19:09 | ほんの世間話 | Comments(6)