ブログトップ

東都アロエ

2月新刊で注目の2冊

ちょっと気が早いですが、来月発売の楽しみな新刊が2冊もあります☆

ただし!幕末ではなく元禄前後関連の本であります(笑)

① 2月20日 発売

吉川弘文館 歴史文化ライブラリー340

江戸の政権交代と武家屋敷 

岩本 馨 著

紹介サイト→こちら

目次

拝領の時代―プロローグ
生まれながらには(江戸の黎明〈家光の生まれたころ
途上としての江戸/慶長十三年ごろの江戸中心部
駿府は「首都」か
犬公方前夜(将軍の弟/江東無常)
「甲府藩」の記憶(綱豊と白石/ゆるやかな交代)
吉宗東征(南海の吉宗/来る幕臣、去る幕臣)
山流しの果て(紊乱と追放/はじまりの甲府勤番/甲府に生きる)
拝領の終わり―エピローグ


もちろん、注目は綱豊と白石です(笑)


そして!!そして!!!
実はこちらが大本命(爆)
(2冊目のほうをチェックしていて上記の本をみつけたのでした)

深井 雅海先生の新刊です!!!!

② 2月27日 発売

日本近世の歴史3 綱吉と吉宗

紹介サイト→こちら

目次

養子将軍の時代―プロローグ
経済の発展と綱吉の将軍就任
(経済の発展と元禄文化〈農業生産の進出/商品流通の展開と大坂/三貨と両替商/元禄文化〉
綱吉の将軍就任と家臣の幕臣化
〈家門大名徳川綱吉/神田御殿家臣/綱吉の将軍就任/家臣の幕臣化/老中格の側用人牧野成貞/柳沢吉保と勘定方役人)
元禄期の政治と社会(元禄政治の展開/生類憐みの令と赤穂事件)
正徳の治(家宣の将軍就任と家臣の幕臣化/正徳政治の展開)
享保期の政治と社会(紀州藩士の幕臣化と改革政治
「日記」にみる大岡忠相の人間像/江戸の発展と農村の変容)
江戸城御殿の構造と殿中儀礼(江戸城御殿の構造/殿中儀礼の世界)
田沼時代への序曲―エピローグ


「綱吉と吉宗」というタイトルをみたときはちょっと凹みましたが、
いやいや深井先生のことですから、家宣に触れないはずはない!と
信じていたら、やはり!!!!!!
どちらかというと「綱吉から吉宗へ」という感じでしょうか(笑)
側用人政治、そして柳営学を学ぶうえでも、大注目の一冊です!


来月後半は江戸中期政治ファンとしてはむふふな日々となりそうです☆
[PR]
by aroe-happyq | 2012-01-25 18:07 | ほんの世間話 | Comments(0)