ブログトップ

東都アロエ

川本喜八郎人形ギャラリー @渋谷ヒカリエ

残念ながら昨年亡くなられた人形作家川本喜八郎氏の
あらたなギャラリーがこの6月に渋谷ヒカリエにオープンしました。
混んでるかしら・・・と思ってひと月とちょっと遅れて、先日見に行ってきました☆

ギャラリーの紹介ページ(渋谷区)→こちら

渋谷区と深く縁があるということで、渋谷区が開いたギャラリーとのこと。
展示作品は「新・平家物語」と「人形劇三国志」。
たしかに狭い展示スペースですが、無料だし♪、
長野の飯田にある同氏のギャラリーはあまりに遠いので、
こうして東京で川本氏の作品を見ることができるチャンスを作ってくれた
渋谷区、本当にありがとうございます!

d0080566_14124118.jpg

※館内は撮影禁止なので、外からとってみました。

入ってすぐには「新・平家物語」の人形13体がお出迎え(笑)。
(単にわたしは左廻りで見始めたので。とくに順路はない)

吉川英治の「新・平家物語」を原作にしたNHK人形劇に出演していた人形たち。
原作はがっつり愛読していたので、この人形劇もみました。
たしか毎回20分放送でしたよねーっっ
・・・・・・この短さにどうしても馴染めなくて、イマイチはまれなかったんです(爆)。
(それと清盛ファンとしては、ごつい系の顔のお人形さんと風間杜夫さんの声が
どうしてもマッチせず・・・・・・。うーん、見たけど記憶がうすい・・・・)

各キャラクターの人形には人物の説明がきっちり書いてあって、
「新・平家物語」ああ!そうだった!!!懐かしい!!と思わず、
見入ってしまいました(笑)。
某今年の大河と大きく設定の違う、清盛ママ!キツイお顔の人形だ!
そうだった、吉川版ではかなり悪い女で、育児はしない、浪費家で、
忠盛は苦労したし、清盛はすっかりグレてたっけ~~~~~~(笑)
(吉川版では白河院の胤を宿したまま、忠盛に下げ渡されてきた女御で
清盛の実の母でしたね。これじゃ余計にグレるわ、清盛)

観に行ったときは、清盛人形は青年時代バージョンでした。
わたしが好きなのは、入道バージョンです♪

それから為義&義朝父子の人形も、懐かしい!ステキです!!


とまぁ、じっくりと美味しい前菜をいただき、いよいよ!!!!
「三国志」ゾーンへ~~~♪♪

「人形劇三国志」は各話45分と大河ドラマ並みに毎回アツイドラマ展開で
全話楽しませていただきました☆
なので、ぶっちゃけ、ここからは激しく、ヒートアップします(笑)。
ええと、こちらは17体おりますです。

おおっと!!jいきなり郭嘉からだーー!!!
わたしにとっては、
生まれてはじめて「軍師」という仕事の格好良さを教えてくれたキャラクターです。
(その後、すっかり諸葛亮に心変わりしてスイマセン(笑))

その横の一段高いところに曹操閣下が麗しくおわしましたぞー!!
やはり、この方こそ、三国志の主人公だ!という風格がたまらないです。
ああ、人形劇のころも格好良かったが、喋らない閣下も素敵すぎます。

そして、郭嘉とともに、曹操を守るように立っていたのは夏侯淵!!!!
夏侯淵。本当に人形は!!!美しく、そして男前なんだよなあぁぁぁぁ
だが!!!どういうわけか、声がせんだみつおでっっ
なんだかトータルイメージとして「残念な人」なんだよなぁぁぁぁ。
声が違う人だったら、間違いなく人気が出たはずだ!

声のない、このギャラリーのなかでは、本当にステキなんですよ。
横からみても、周瑜にだって負けない麗しさなのに~~~~~~~っっ
だのに、頭に蘇る台詞は過呼吸気味でうろたえまくる(声はせんださん)
ダメな人なんだぁぁぁーーっっ(号泣)

で、王允とか、董卓とか、陳宮とか、初期大活躍組のラストには
赤兎馬にまたがる呂布奉先!(なせかフルネームで書いちゃった)
このギャラリーで一番目立ってますけど、とにかくかっこいい!
この人を知って、「武将は武勇だけじゃいけないんだ、頭もまわらないと!」
ということを学びました(笑)。

そして蜀ゾーン。
関羽と張飛&趙雲に守られて、おひげついてるバージョンの劉備がいました。
なんだろねー、この地味感。
さすが蜀だ!!

ん???
なんだか、物足りないぞ?????
と思っていると、諸葛亮孔明がいない。
いや、いるけど、
どっちかというと、呉の孫権チームに片足つっこんでて、
いや、見ようによっては、諸葛亮と周瑜に孫権が守られてる風にみえなくもない(笑)。
しかも違和感がないし・・・・・。
ひょっとして、諸葛亮さん、呉陣営のほうが似合っているかも♪

周瑜とか魯粛(つまり、またもや諸葛亮に孫権前のセンターを奪われているのダ)
もあいかわらず、いい顔しているなーと。
あ、もちろん孫権さんも!

展示は半年ごとに入れ替えするらしいので、次回は来年のあたまぐらいに
来てみようかな♪と思いました。

d0080566_17214775.jpg


ギャラリー外の写真です。
そうそう、この入道清盛がなんだか、しっくりきてお気に入りなんです。
(人形の清盛さん、顔が「ドヤ顔」なんで、スキンヘッドでこういう派手なものを
お召しになっていると全身ドヤ状態で、落ちつくんです(笑)。
青年時代バージョンは顔だけ濃いのでちょっと・・・?)

d0080566_1725166.jpg


↑これもギャラリー外の写真(ちゃんとフラッシュ禁止状態で、撮影してます♪)。
ヒカリエからほど近くにある、元渋谷城跡にある金王八幡宮にゆかりのある
金王丸の人形だそうです☆

・・・・・そうだ、ということで、このあと金王八幡宮へ足を運んでまいりました(笑)。


d0080566_17293834.jpg

ちなみにこの写真はギャラリーのある8階からの眺め。
下にみえているのは、銀座線の線路です。地下鉄なのに高架を通るという
渋谷って・・・・・ここは谷の街なんだなぁということをしみじみ感じさせてくれる風景です。
[PR]
Commented by きりゅう at 2012-07-11 21:21 x
おお、行かれましたか。
行きたいと思いながら、忙しさにかまけているうちに
すっかり忘れておりました(←おい)

平家もあるなら、さっそく見に行こうかな~(←おいおい)

なんだか、なにもかもみな懐かしい昨今ですな。
Commented by はな。 at 2012-07-13 18:57 x
ほぼ貸しきり状態で堪能してまいりました♪

>なにもかもみな懐かしい昨今ですな。
本当に~(笑)

しかし、三国志を知ってるおかげで、
同じく三国志オタクの幕末旗本さんたちとの距離が
ぐーんと近くなりましたので(笑)、
なぜか孔明人形に「ありがとう!」
と深く感謝の意を伝えてきました。
(ひょっとして関帝廟に行くべきか?とも思いましたが・・・・・)
by aroe-happyq | 2012-07-11 14:49 | ほんの世間話 | Comments(2)