ブログトップ

東都アロエ

いろいろ香港映画の話題。

今年の春は、数年ぶりの王家衛や周星馳の新作映画がお披露目♪
ということもあって、まだまだ香港映画の話題が続きます(笑)。

前の前の記事では日本版予告編を紹介しましたが、
一代宗師こと「グランドマスター」の日本公式サイトのほうも
更新されていました♪
グランドマスター公式サイト(日本)→こちら

写真もツーイーからトニーレオンにかわった♡

メイン上映館は日劇3とのこと。
記憶がさだかではないのですが「2046」のときも同じ上映館だったような・・・・。
(平日の昼間でしたけど、公開から一週間後ぐらいで、わたし含めて観客は3人・・・。
こんなに都心のメイン映画館でほぼ貸しきり状態で見た香港映画は
「チャイニーズ・ゴーストストーリー」以来、王家衛映画では初めてでしたっけ・笑)
今度の映画はそういう寒い状態になりませんように~~~っっ。




華圏ですんごく大ヒットしているらしい、チャウ・シンチーの「西遊・降魔篇」。
言わずと知れたカノ西遊記の物語をベースにしたアクションコメディで、
どうやらシリーズ化するらしく、今回は三蔵一行が旅立つまでを描くらしいです。
小耳にはさんだ話では(以下、映画的にはネタバレですけど
西遊記のストーリーそのものなので書かせていただきます)、
ラストで一行が西へと旅に出るそうですが、西日にむかって歩いて行く
四人の姿のシーンで、「Gメン75」のテーマがかかるよし。
・・・・・・台湾や香港の年配の人はおそらく「Gメン75」を見ていそうですけど、
(つまり周星馳もその香港の年配の人のなかに入っちゃうのね(汗))
爆発的大ヒット上映中の大陸(つか共産中国)の観客のみなさんは
んなもん見たことないのでは!?(爆)。
日本でもしも上映することになったとしても、これまた若年層には
わからないネタですねっっ。
でもそういうことをやらかしてしまう星爺、ステキ♪

・・・・・監督本人があまり登場しないので、興味が薄れてましたが
大ヒットしているときくと、やはり面白そうなので、日本で公開したら
見てみたいな~~~、「西遊・降魔篇」。

そういえば、発売元の倒産で、
やはりといいますか、「ブエノスアイレス」BDの売れ行きが良いようです。
買うのを忘れていたレスリーファンの友人がアマゾンにかけこんだところ、
カートに入れてほかの商品をみているあいだに、どんどん在庫数が減っていて
慌ててポチったとのこと。

たしかに「ブエノスアイレス」の場合はこのBDを逃すとしばらく
日本版と再会できる期間があいてしまいそうですが、
こちらの配給会社さんのブログによりますと、
「東邪西毒 終極版」を含む王家衛関連作品はすでに日本の配給会社が
ゲットしているそうですのでいずれは(「グランドマスター」公開前後!??)、
上映もしくはソフト発売がありそう!?いやあってほしいです。
(今ものすごく「花様年華」のBDが欲しい~~~っ。US版が出てるので日本版も早くーっ)

今年の4月はレスリー・チャンが亡くなって10年にあたるので、
映画上映もあるようですが、そのなかに「欲望の翼」や「ブエノスアイレス」が
ないというような事態にならないことを願っています。

そういえば!
トニーレオンといえば、今月29日の午後1:00~3:09  !!
BSプレミアムで、懐かしの!!
ジョンウー監督で、チョウ・ユンファと共演の「ハードボイルド」が放映されるようです☆
若きトニーレオンがジョン・ウーワールドに体当たりで挑んでますし(笑)、
いわば「インファナルアフェア(無間道)」の源流にあたる作品でもあるので、
ぜひぜひ香港ノワールを知らない方はこの機会にみてくださいまし~~~っっ。
それから國村隼さん!!
わたしはこの映画で國村隼という俳優さんを知りました(爆)。
すごすぎるインパクトで、てっきり香港の俳優さんかと・・・・・・。
出番は少ないですが、
ちょっと忘れられない名シーンで登場されますので、こちらもチェックですヨ!

そういえば、ずいぶん前の回ですがドラマ「清水次郎長」で
次郎長一家が河原でほかの一家と激闘していたのですが、
その際、大木実演じる大政が赤子を胸に抱きながら敵をびしばしと叩きのめして
いるシーンをみていたら、ユンファが赤子を抱きながら戦っていたシーンを
思い出してしまい、ああ、「ハードボイルド」みたいなぁーと思った矢先の
この放映ニュースでした(笑)。
あまりにタイミングがよくてホントに嬉しくなっちゃいました♪

以上、香港映画の話題でした☆
[PR]
by aroe-happyq | 2013-03-09 09:20 | 香港&アジア映画 | Comments(0)