東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

岩子と桜

d0080566_18274675.jpg


お花見のおり、
浅草寺に行った目的は、
こちらの瓜生岩子(うりゅう いわこ・1829-1897)像に会いにいくためでした☆

先日まで存じ上げず、申し訳なかったわけですが、
ステキすぎる幕末明治の女性です。

福島喜多方の油商の家に生まれ、若い頃は身内の不幸が続いて苦労したそうですが、
後半生は社会慈善活動に尽くし、日本のナイチンゲールと呼ばれた人です。
10代のころ、会津藩医の山内春瓏という叔父さんを手伝ったという下地が
あったこともあり、戊辰戦争では傷兵たちを敵味方の区別なく救助し看護、
また会津の子供達の救済にも奔走。
その後は窮民貧児救済活動を全国に拡大、
東京でも渋沢栄一の要請により養護院の世話係長に就任して活躍されたとか。
野口英世の母も岩子の協力で産婆の資格を取得したとのこと。
明治29年には、女性初の藍綬褒章を受けています。

喜多方ホームページ→こちら


d0080566_1850519.jpg

こちらの銅像は過労で亡くなって4年後、明治34年浅草公園内に建てられたそうです。


「傷兵たちを敵味方の区別なく救助」というと、
尊敬してやまない箱館戦争の高松凌雲ドクトルを思い出しますが、
会津戦争のおりに、まして女性の身でなされたという岩子さん、
本当に心から尊敬します。

喜多方ではたいへん有名な方だそうですが、
(逆に、最近まで山本八重のことを知らなかった・・・・とTVで喜多方の方がおっしゃってますた・笑)
こんなに立派な女性は日本の偉人のひとりとして、
もっと日本じゅうで知らなきゃいけませんネっっ

その前に、まずはSPドラマでもつくりませんか、某公共放送サン(笑)。
わたしはどーしても今の大河の主人公(と兄とか藩とか)に感情移入ができないんですよぉぉ。
岩子さん主人公なら、できそうなんだけどなーーっ。


実はこの写真を撮るのにすんごく苦労したんです。
岩子像を見に、訪ねてくる人が後をたたず、その合間をぬって
ようやく写真におさめたのでした。
(タイトルつけたわりには、ここの桜はまだ6~7分咲きで目立たなかったのですが・爆)

瓜生岩子さん、東京でもけっこう人気です♡
[PR]
Commented by きりゅう at 2013-03-24 22:13 x
私も女子留学生がらみから山川捨松を調べていてぶち当たった人なのですが、会津では相当な有名人らしいです。まだまだ知らない人だらけ……(^^;)
Commented by はな。 at 2013-03-28 19:20 x
素晴らしい人にかぎって、全国的に名前が知られていない気が(笑)。
もったいないことですっっ
by aroe-happyq | 2013-03-24 20:04 | 広く幕末ネタ | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq