東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

「花様年華」Blu-ray 美しいです!

d0080566_107755.jpg



この映画をいちばん最初に見たのは、2000年秋の東京国際映画祭の〈香港映画祭〉。
オーチャードホールのドでかい画面で見たので、話の筋よりも、
ヒロインのチャイナドレスの模様とか、60年代香港のアイメイクとか
細かいところに気を取られての鑑賞だったので(笑)、
実はじっくり内容を堪能したのは、その後の小さい会場の試写会だったりします。

あれから13年。
最初の大画面での出会い以来、ほとんどDVDで鑑賞してきたのですが、
(香港版、フランス版、日本版、アメリカ版などなど・笑)
今回の監督自身のリストアによりHD版のBlu-rayは
まさに初回の大画面でみた時のような鮮明さ!で美しすぎてクラクラです!!!

DVDではぼやけていた、ドレスの生地感までわかるんですよーっ
もちろん室内の隅々までキレイにみえるーーっっ
小道具ひとつひとつが素晴らしい、美術担当のウイリアム・チャンの仕事が
蘇った感じです☆
まさにHD版のBlu-rayの良さがいかんなく発揮されていました♪

やっぱり監督監修のリストアって大切ですねーーっっ
正直、『ブエノスアイレス』のほうは・・・・・・色味が強く出過ぎたり、逆に弱かったり、
ちょっと不満でしたので。

そんなわけでまたもや、『花様年華』漬けです(笑)

が!!!!!!

どーゆーわけか、特典ディスクはDVDなんだな=====っっ

しかも、未公開映像などは昔に松竹から発売されたときの特典ディスクと同じ解像度
なので、小さな画面になっちゃうのです!!!!

アメリカ版のBlu-rayにはちゃんとすべての特典映像もBlu-rayに納まっている
のですがーーーっっ(涙)
(日本じゃあんまり興業成績もなんだったし、こーなっちゃうのかな~~っ)

実はこの映画を世界のどこよりも愛しているのが、おフランス。
なのでフランス版のDVDの魂の入りようったら、なかったです。
どこよりも濃厚で大量の特典映像は今でも他の追随を許しません。
(何度みても、どんどん新しい映像が出てくる・・・・・底なし沼のようなDVDです・笑)
ところが、2001年の発売なので今のTVでみると画面がちーさくなってしまう。
でもフランスはあんまりBlu-ray化に熱心ではないらしく、
まだまだ「花様年華」のHD化とか、Blu-ray化は遠そうです。
(いつまでも待ってますけど!!(爆))

日本はあんまりやる気もないし、こういう大人映画はマニア人気でしかないので
まさかの特典ディスクがDVDという、トホホな結果になるんですね・・・・・。

そういうわけで、本編Blu-rayは最高!ですが、
特典ディスクはトホホでした~~~~~っっ


ちなみにこの映画もかなりの喫煙映画です(笑)。
もともと主演のトニー・レオンは煙草を吸うシーンが昔からカッコイイのですが、
60年代の細身のスーツ姿のこの作品では格別に素敵!
また口紅のついた煙草の吸い殻がとても大切な物語の小道具になってたりもします。
わたしは煙草を吸いませんが、昔のダンディな人の煙草を吸う姿って、
本当にいいなぁぁと、改めてこの映画をみて、しみじみ感じました。
[PR]
by aroe-happyq | 2013-08-14 10:49 | 香港&アジア映画 | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq