ブログトップ

東都アロエ

グランド・マスターが史上最多の12部門独占!

香港映画ファンとしては、毎年4月に開催される、
香港アカデミー賞こと、香港電影金像奬がとっても気になります。

その香港電影金像奬が昨夜、行われたよし。


なんと・・・・・・!!!!


王家衛(ウォン・カーウァイ)監督作品、
《一代宗師》こと『グランド・マスター』が史上最多の12部門独占の快挙!!


↑こちら日本版予告。まるで「天下一武道会」映画かのような誤解を与えてしまった、
今回も(前は「2046」)また、大失敗な売り方をして日本じゃ大コケしました(笑)。
(おかげであたしゃ、スクリーンで見られませんでした(涙))


で、受賞の内訳はというと、

最優秀作品賞(最佳電影)、※以下、「最優秀」は省きます(笑)
監督賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、アクション賞、
編集賞、服飾設計、音楽賞、音楽効果賞、


そして、最優秀助演男優賞に、張震(チャン・チェン)、
(おめでとうございます!!!武術訓練頑張っておられましたから、

出番が少なくても、ビシッと決めてくれていました♪)

最優秀主演女優賞に、章子怡(チャン・ツィイー)!


以上、12部門!!!


・・・・・え?グランド・マスターさんですか????


梁朝偉(トニー・レオン)は確かに、主演男優賞にノミネートされてましたけど、
それは『激戦』の張家輝(ニック・チョン)の手に!!!(笑)

でも、タイトルこそ『グランド・マスター』ですけど、
中華圏公開版はとくにですが、
やっぱり、エピソード的には、章子怡(チャン・ツィイー)!演じる宮ニの
「仇討」ストーリーのほうが、主人公のストーリーよりも
インパクト強いですよねぇぇ(笑)
(やっぱり、こういうところは女性映画得意さんの王家衛・・・・・)

↓イタリア版の予告。完全に章子怡主演作品になっている(笑)←ある意味、正解!




トニー・レオンファンですけど、今回の映画のメインは
章子怡(チャン・ツィイー)!でしたよ☆
(って、日本版をみた友人はみーんな言ってました(笑)。激しく同意です!)

だいたい、トニーさん、今まで幾つか最優秀主演男優賞に輝いてきましたし、
たまには他の方に譲るのも悪くないのではないかと思います。
(つか、張家輝(ニック・チョン)おめでとう!!!良い俳優さんだもの、
当然の評価ではないでしょうか!『激戦』は日本公開するみたいデス)


日本はさておき、中華圏では興業成績もよく、
長年準備してきただけあって、王家衛チームには本当に良い最新作となりました。
(俳優にとっては、撮り直しに次ぐ撮り直しで、迷惑至極な映画だったようですけど)
これからも、素晴らしい映画作品、楽しみに待っています☆

そして、香港映画!!!
大陸のダサ~イセンスに合わせることなく、我が道を突き進んでください!!
いつまでも愛しています♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-04-14 19:03 | 香港&アジア映画 | Comments(0)