東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

ダウントン・アビーにハマッています(笑)【追記アリ】

いよいよあすからW杯開幕~~~!です。
私などはワクワクが止まらないのですが、
サッカーに興味のない方には、TVやら何やらがサッカーだらけで
結構厳しい日々をお過ごしではないでしょうか(汗)。

というわけで、前日ではありますが、
あえて、まったく関係のない話題を。

で、今日の記事は、NHK日曜日午後11時から放送中の、
イギリスドラマ「ダウントン・アビー」についてです。

イギリスドラマなのに、エミー賞とゴールデン・グローブ賞で作品賞をダブル受賞したという
噂はちらほら聞いていましたし、有料衛星放送で放映しているのも知っていました。
いつか見られたらいいな♪と思ったら、長らく韓ドラ枠だったところで
NHKが放映すると聞いて、マジで小躍りした次第です。

NHK公式サイト→こちら

1話目はキャラの名前と顔を一致させるのでてんてこまいでしたが(笑)、
(なにせカタカナの名前が非常に苦手。覚えられませんのです)
2話目からは慣れてきまして、俄然面白くなってきました。

というのも、5~60年ほどの違いはありますが、
いろいろ調べている旗本屋敷の世界と、どことなく被る部分があって、
ひとつ屋根の下で当主家族がいて、その周りで大勢の人々が働いていて、
それぞれの人間模様が交錯する、というこのドラマの物語の土台にほのかな親近感があります。

ま、ダウントン・アビーの場合、ヘンな人や意地悪な人が多いのですが(笑)、
(新参者のベイツさんに対する嫌がらせはどうしたもんか、の2人組とか)
しかし、この館の核である、当主のグランサム伯爵が今のところ、さほど保守的でなく、
割と冷静でマトモなので、物語について行けている感じです。
相続する予定?のマシュー親子も、この館に新しい風を呼び込んでいて、
物語を面白くしているし。

私としては、田舎のおかみさんにしかみえない、料理長さんが、
驚くほど繊細なディナー料理とか作ってしまうのも、けっこう謎で楽しいです。
(どこでその腕を磨いたのだろうか、とか(笑))

物語はタイタニック号の沈没事故のあった1912年から始まっており、
いわば貴族社会の衰退が顕著になっていく時代。
この館にも黄昏の時が刻一刻と迫っている、という緊張感も素晴らしいです。

イギリスのドラマは日本のドラマとはひと味違って、だけどアメリカドラマみたいに濃くなく、
品があって、面白いものが多いです。
ただ・・・俳優さんに似た顔が多くて、顔の見わけがつきにくいのが、ちょっと難点でしょうか(笑)。

シーズン1は全7回とかで、もうじき終わってしまうのですが、
もちろんシーズン2も放映してくれると信じて、毎回楽しんでみております☆

【追記】
どうやら、NHKはこちらの全7話終了後、再びこの放送枠で韓国ドラマを流すらしいです。
嘘~~~~~っっ、ダウントン、シーズン1で終りか???
いや、2を放送するにしても、間を空けられると、せっかく覚えた人間関係が忘却しちゃう~~(涙)。
もうもう、韓国ドラマなんてBSで放映してよーーっ(怒)!!!!
うわーーーっっ悲しい~~~~っっ
(まさか、続きは衛星放送で、なんていう「MOZU」式か!?(笑)勘弁してくださ~~い)
BSプレミアムでいいので、シーズン2続行、待ってまーす!

【追記2】
今日は最終回の日ですが、「終わる~」と嘆いている私に
友人がメールで教えてくれたのですが、公式サイトに、

◆第2シーズン放送決定!
今秋 総合テレビに登場! 
 ※詳しい日時は決まり次第、海外ドラマ ホームページでお知らせいたします。


との文章が。・・でもでも、

今秋まで待てません!!!!

とはいえ、いちおう放送決まったそうで、まずはよかったです。
(英国では今秋からシーズン5放映だそーですから。早く追いついてほしいです)
[PR]
by aroe-happyq | 2014-06-12 11:16 | ほんの世間話 | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq