ブログトップ

東都アロエ

ザックさん、4年間ありがとうございました【追記、追追記アリ】

もともと、
「一人の監督がチームに長く留まるべきではない。監督が変わる毎に選手は成長するものだ」
と言っていたので、ザッケローニ氏はこのW杯で契約を終えると知っていましたが、
いざ退任会見となると、やっぱり寂しさがこみあげてきます。

というのも、日本代表がW杯へ出られるようになってみつめてきたなかで、
ザッケローニ氏ほど、素晴らしい監督はいなかったからです。

「考えながら走り続けろ」と教えたオシム氏も素敵でしたが、
残念なことに2年で病気で辞められてしまったので
4年間、健康にも気をつけて、監督を続けてこられたザックさんが
わたしのなかでもベストとなりました(オシムさんもそう言ってたし(笑))。

わたしは今回の「何かが間違っちゃった!?」日本代表のブラジルW杯だけをみて
ザック責任論とかぶちあげてくるマスコミにひどく怒りを覚えます。
そういう輩は、間違いなくこの4年という年月のザックさんをみていない。

ザッケローニ体制の幕開けを憶えていますか?
いきなり、アルゼンチンに勝っちゃったんですよ!

それから震災の時は、ザックさんは家族があんまり心配するから一時帰国したけれど、
すぐに戻ってきて、チャリティーイベントに率先して参加したりと、
日本のためにとっても頑張ってくれました。
愛読していましたが、手記にもサッカーへの愛、日本への愛が満載です。

ザックさんが就任してから、北朝鮮でのアウェー戦まで無敗でした。
(敗因は北朝鮮の空港でザックさん愛用のわさびチューブを没収されたから、なんて
ジョークがありました(笑))

W杯予選には早々と勝ち上がり、出場権をゲット。
アジアカップに優勝して、コンフェデ杯にも出ました。
ブラジルにはボコボコでしたが(笑)、その後気持ちを立て直して、
イタリアとの戦いは4-3と負けたものの、すさまじく面白い試合となり、
世界的にも絶賛されましたっけ。
(この時と同じコンディションが出せれば良かったんですけどね~~っ)

東欧遠征のときは調子が悪かったけど、その後のオランダにはドロー、
ベルギーには勝ちました。この時も素晴らしい動きで、素敵な試合でした。

こうしてさっと振り返るだけで、わくわくしたり、希望でいっぱいの4年間
でした。
こんなにドキドキして、奇跡を信じられるようなプレーをみせてくれた監督は
いませんでしたよ☆
(ま、あっしがトルシエとか岡ちゃんのサッカーが嫌いなだけですけど)

もちろん、勝たなきゃ意味がないのがサッカーです。
攻撃を強化すれば、守備が甘くなる戦術もわかっていましたし、
まだまだ瞬時に守備に切り替えられる選手が少ない、危険な戦術でした。
でも、今回のW杯で上記の弱点でやられた試合って、コロンビアだけじゃないですか?
あとの2戦は、とくに初戦ですが、
どうししちゃったんだ的な、まるで別のチームみたいなサッカーやってましたしね。
それがザックの指示かというとそうでもなかった・・・・・というので、
選手たちのメンタルに何か起きたのか、じっくり検証して今後に活かす必要が
ありそうです。

ザック自身、采配ミスを認めていますから、そうしたミスも重なった不幸
がありましたのも事実です。

だけど、今回の失敗だけで、ザックジャパンの評価をつけたくない。
残りの3年以上は、総括すれば、良い日本代表でした。
監督と選手の関係も良かったし、なんといってもどちらも真面目な人々ばかりで、
みていて本当に清々しかった。

今回のW杯では、昨日も触れましたが、
アジア勢オール1次リーグ各組最下位で敗退という大問題があります。
アジア全体で自分達のレベルアップをどうすべきか、を考えたほうがいいですね。

もちろん、これから新監督のもと、若い選手がどんどん成長して、
世界との距離を縮めるようなチームができてくと信じていますので、
これからも日本代表を応援していきますが、
その前に、日本人らしく、けじめはしっかりつけておきたかったのです。

ザッケローニさん、4年間ありがとうございました。

どうか、また日本へ遊びにきて、パスモで地下鉄乗りまくってくださいね!
(新宿ゴールデン街にも寄ってください(笑))


【追記】

国内のいろいろな記事やら声にはいまいちちゃんと分析のできていないものが多いですが、
「英国人記者が見た日本代表」というコラムはなるほど!と思う参考になる事がいっぱいでしたので、
リンク貼っておきます♪

コラム記事(フットボールチャンネル公式サイト)
「英国人記者が見た日本代表。弱いメンタル、脆すぎる自信、間違えた戦術、JFAからの無理難題 」
こちら

さすがサッカーが国技というだけあって一つ一つの分析が鋭いですっっ。
(でもこんなにウチの面白くもなかった試合を一生懸命みてくれているのが嬉しいと思う、
サッカー後進国の日本のワタシ(笑))
※このサイトには、英国のほか、イタリア、ブラジルなどの記者による分析コラムも満載。
こちらもなるほどーと参考になりますが、時々当たりすぎてて、心が痛くなります(爆)。
だけど、韓国記者には1字さえ日本批判を発して欲しくないっす、マジで。
対戦相手のGKにレーザーポインターあてるような腐れサポーターのいる国にはね!(怒)
※アルジェリアのサポーターも↑やったのね!こっちもレッドカード!!!

【追追記(笑)】

7月1日です。
もうザックさん、イタリアへ帰っちゃったわ~~っ。

そんなザッケローニ監督を、主将の長谷部選手&内田選手が
羽田空港に見送りに来たそうな。
なんて、侠気(おとこぎ)のあるお二人!!!やば!!カッコイイーーっ

しかも、長谷部サンはザックさんのラストメッセージを預かって、
ブログで公開してくれております。
長谷部ブログ→こちら

ザックさんのメッセージも素敵ですけど、
「今日から彼とは友人です」という長谷部サンの最後の一行にじーんときちゃいました(涙)。

嗚呼、ザックJAPANを4年間、ずっと見てきて本当によかった。
なんかもう、最後の成績はさておき(笑)、みんな最高です!!

つかそろそろ、心を整えて前を向かなきゃ、自分!!(笑)
(W杯みていますけど、意外に6月25日の日本代表戦を引き摺っているんですな・・・・)

【ついでに追追追記】(笑)

ザックさんの手記の最終回が出てたよ!→こちら

最後までいい人だったな、ザッケローニさん☆
[PR]
by aroe-happyq | 2014-06-26 11:41 | ほんの世間話 | Comments(0)