ブログトップ

東都アロエ

ダウントン・アビー4 来年1月放送 @NHK

ええもう、ハマリっぱなしにはまっていた、ダウントン・アビーシリーズ。
どひゃーーーなラストで、終わったシーズン3!
でもこれ、イギリスでは、日本でいえばお正月みたいな、クリスマスSPドラマだったはず。
こんな終わり方されたら、どんな気持ちで新年をむかえたことか・・・・・・・。
さぞかしイギリスの人びとは驚いたことでしょう。

で、シーズン4は、1月から放送だそうです☆


NHK公式サイト→こちら


このドラマ、日本のドラマが面白くないことも手伝い、
シーズン2あたりから本気ではまってしまいました(笑)。
どんだけ本気かというと、録画しているものの、リアルタイム視聴しないと気が済まないみたいな!
日曜に吞み会があっても「すいません!ダウントンアビーみるんで、10時にあがりますっっ」
と早々に帰って、11時のオンエアーからガン見でした(笑)。
だから5月に、大坂都構想の投票日、いよいよドラマが佳境にはいっていたこともあり、
「はやくはじまれ~~」とTVの前で正座してまっていたのに、
無情にも「ダウントン・アビーは休止します」とテロップがでた日には、
「ここは東京だぁぁぁぁ、なんで巻き添えくわされんるだぁぁぁ」と絶叫したのを覚えています(笑)。

ま、それぐらい大好きなドラマです。

※ここより先、ネタバレ注意!!!!


一年前に記事にしたので
今回は2と3シーズンについての愛を語りたいと思いますが(笑)、
1と違い、2では第一次世界対戦の時代だったこともあり、
このドラマに社会性が盛り込まれて、お話がぐっと引き締まりました。
3は、2の好循環そのままに、第一次世界対戦後の社会の変化とともに、
アイルランド独立問題を含みつつ(三女の夫絡みで)、1920年代をむかえ、
さらにクローリー家の人びとの物語は深化して、どんどん面白くなりました。
ファッションもちょっとずつ変化しており、いつのまにかレディたちはみんなくるくるパーマ系頭に♡

だけど、このドラマの真骨頂は、それだけじゃありません。

このドラマシリーズの恐るべきところは、
なんといっても、主役級キャラを惜しげもなくバンバン死なせちゃうところでしょう!(笑)

たとえば、ヒロインメアリーと、クローリー家の後継者のマシューは一度別れたけれど
なんとなく愛が再びモードになったとき、マシューにはすでに婚約者ラビニアがいたので、
おっとドロドロ三角関係だ~~~っ!となりましたが、
これ日本のドラマだったら「おいしい」って思ってけっこうズルズル引っ張るでしょ??
ところがですよ、このドラマだと、速攻で邪魔者!?扱いなのか、
ラビニアったら、いきなりスペイン風邪(1918年ごろ大流行しました。「あらいぐまラスカル」の
主人公の母親もこれで亡くなった記憶が(笑))で、死んじゃうんですよ!!!
このバッサリぶりが斬新で素晴らしい!!

その後も、クロ-リー家の三姉妹の、
ほぼ主役キャラといっても過言ではない彼女たちのはずなのに、三女シビルが出産で急死。
(これもびっくり・・・・・・)

そして、シーズン3のラスト!!!
伯爵がヘタな株投資で倒産寸前にしてしまったクロ-リー家の経営を立て直し、
メアリーとのあいだに子宝(しかも長男)も恵まれたとたんのマシューですよ、
ようやくシーズン1~3まで苦難の道をのりこえ、倖せになったばかりの彼ですが、
まさかの自動車事故死(笑)。

・・・・・実はこれ、わたしはうすうす感づいておりまして、驚くことはなかったのですが、
(うっかりスターチャンネルのほうのサイトをあけてしまい、シーズン4の登場人物写真みたら
「マシューがいない」ことに気づいてしまったもので(爆))
前もってマシューが消える問題がわかっていたので、
正直、どういうふうに消えていくのか、そっちにドキドキでした(笑)。
病死するほど不健康そうでもないし、スコットランドへいって原野のなかで狩り中に暴発!?
とかいろいろ想像したけれど、なかなかいなくならないと思ったら(おいおい)、
シーズン3最終回終了直前に、
「生きていて今がいちばん倖せだ」と言い出したので、うわうわ来たぞと。
(時代劇でも斬られる善人役って、こういうこといったあと、ほぼほぼ死ぬでしょ(笑))
そしたら、まさかの自動車事故だ~~~~っ!(そしてそのままドラマは終わった!)

まったくもう、やってくれるぜ、ダウントン・アビー!

シーズン3では、1から「意地悪コンビ」なオブライエンとトーマスがまさかの互いの
つぶしあいもみられて、いよいよキャラそれぞれの物語も面白くなりました。

ダウントン・アビーはシーズン6で終了が決定したので、
NHK放送分では、4~6ののこり半分の放映がこれから!
個人的には、1929年の大恐慌をクローリー家がどう乗り切るのか、
それが楽しみなのですが、マシューいなくて、大丈夫なのか・・・・・・、心配(笑)。

NHK放送分では、あと半年待たされるのですが、こちらは吹き替え版。
実は、今月からCSのミステリーチャンネルで、シーズン1から字幕版がはじまりまして、
1話ずつ見ている途中です(笑)。
うーん、やっぱりわたしは字幕派かも。声がしっくりきます。
吹き替えだと、オブライエンとトーマスは声からして意地悪そうに演じられているのですが、
字幕版で、役者さん本人の声で演技をみていると、きれいな声でさらっと演じている(笑)。
冒頭なんて、この二名がそんな根性悪(わたしは彼らが好きなのですが♪)にみえなくて、
あとで、新参者のベイツの不自由な足をひっかけるなんて、想像もつきません。
つまり、字幕版のほうが、そういう人間にみえないから、よけいにコワイわけですね。

などなど、吹き替え版と字幕版を比較しながら、半年時間を潰したいと思います。
(あと、あまちゃんの再放送がまだ半分とちょっとある♪)
いちおう、「情熱のシーラ」録画はしているのですが、まだ1話みてなーいっっ。

とにかく今年、
2と3シーズン連続放送は有り難かった!

だから、来年1月からは、一挙に4~6まで放送してほしい!!!
[PR]
by aroe-happyq | 2015-06-15 19:33 | ほんの世間話 | Comments(0)