ブログトップ

東都アロエ

やっと、来年の大河「真田丸」の全貌が!

ずーっと、首を長くして(のびすぎてほぼろくろっ首状態!道理で肩こりが(笑))
待っていました!!!

NHKサイト→こちら

キャスト的には、なんとなくネットに出ていた情報そのままっぽいですが(笑)、
それでも確定情報は嬉しい!!!

早く2016年1月になれ~~~~!

(嗚呼、ダウントンアビー4も1月じゃん!!!)

しかし、信之as大泉洋というのは、真田ファンのみなさまにはどうなんだろう・・・・。
(とくに真田太平記ファンとか・・・・(汗))
そのあたりが心配でございますっっ。

このまえ、TVで放映した映画「清洲会議」をみて、
江戸時代(幕末含む)モノは、いわばインドア劇だけど、
戦国時代モノはやっぱりアウトドア劇(大規模な戦場はお外だしね)
だよなーと思って、インドア作品を得意とする三谷さん、大丈夫かな・・・・と
ちょこーっと心配になったりしたのですが(笑)、
でも、NHKサイトの三谷さんの言葉に、
毎年、大河ドラマの主人公に完全に同化して、年明けから年末まで生き抜いていた、あの頃
と大河ドラマの素晴らしさをかたっておりました部分があって、
ホント、今の少年少女にも、どうかその素晴らしい体験を味あわせてあげてほしい!!
という願いもこめて、期待させていただきます!!!
(視聴率下がると、わけのわからん軌道修正して、むちゃくちゃする昨今の大河など忘れられるように!)

とにかくあと半年、
日曜8時はNHK以外をみて(笑)、
真田丸のオンエアを待ちます!!!!


今年のは早く打ち切って、新選組!総集編でもやってくれーーーー!!
[PR]
Commented by やぶひび at 2015-07-11 16:13 x
ずいぶん前から「真田幸村」を大河ドラマに、という声がありましたね。
長かったです。
人形劇「真田十勇士」ありましたけど。
「天地人」 の幸村は、いまいちです。
朝敵だった「平将門」も昭和59年に、大河ドラマになって、
復権しました。神田明神の第三宮。
「花燃ゆ」は見ていません。「花神」の方が面白かったです。
BSの「鞍馬天狗(再)」見ています。


Commented by はな。 at 2015-07-13 19:40 x
たしか真田幸村(信繁)は1615年に亡くなったので、
そろそろ没後400年。
イベント的には、1年没年違いの家康公の没後400年イベント目白押しに埋れているようですが
来年こそは大河の主役ということで、なかなかのビッグイベントになりそうですね!
(上田はさぞかし、盛り上がることでしょう♪)

愚痴になりますが、昔の大河は面白かった・・・・・。
もう二度とあの頃のようなレベルには戻らないとは思いますが、
海外に売り込むことの多い昨今の大河には、それなりの品質であってほしい(けど、どうも無理っぽいっっ)。

そんななか、三谷大河はちょっとした希望であります。

Commented by まきこ at 2015-07-19 20:47 x
はな。さん、こんばんは♪

大河の存在を忘れかけている私ですが…
こちらの記事を拝読して希望の光が灯りました(笑)
最後の1行に爆笑!
コメント欄に書かれているように、昔の大河は面白かったですよねえ。
いつごろからレベルが落ちちゃったんだろ…

春に父が亡くなってから諸活動が停滞している私ですが…
はな。さんに再会出来る日を楽しみに、ボチボチがんばりますm(__)m
Commented by はな。 at 2015-07-20 18:16 x
まきこさん、こんばんは☆

わたしも今年はすっかり大河ってなに?レベルです(笑)。
(あえて苦行のように今年の大河を見続けている友人たちから
時おりあまりにヒドイ!と魂の訴えメールがくるので、ほんのときたま思い出すぐらい)

視聴率が悪いなら無理しないで、かつての名作大河を再放送したほうが
まだマシではなくて!?と思うってしまうんですよー。
なので、来年の三谷さんにあやかって、新選組!みたいっっ(爆)

すっかりご無沙汰しておりましたが、
いろいろたいへんだったことと存じます。
わたしも経験しましたが、親の死とは辛いものです。
心身ともに落ち着けない、諸活動も手につかない日々を過ごされて
いらっしゃると思いますが、あまり無理して復帰を焦らず、
哀しい気持ちを振り切って、頑張りすぎないでくださいね。
(好きなものへの関心はふとした時に「あれ?」ってぐらい自然に甦ってきますです♡)

とはいえ、まきこさんと再会のおりには
今度こそ、たっぷりと呑みたいですっっ
Commented by まきこ at 2015-07-21 07:08 x
はな。さん、温かいお言葉をありがとうございます(T_T)
今は日が経つにつれて寂しさや悲しみが増してくる感じなのですが、何年かすれば癒されるのかな…。

ガンガン飲んで喋り倒しましょう!(笑)
Commented by はな。 at 2015-07-21 17:54 x
本日東京は35度ぐらいなんですが、ちょうどこんな猛暑の時でしたので、
数年前にまきこさんとお会いした灼熱の函館(32度ぐらいでしたっけ)を
思い出しております(笑)。

日本人はついつい自分の寂しさや悲しみより、世の中に
あわせてがんばりすぎちゃう傾向があるように思いますので、
自分の今の気持ちを隠さず、大切にしてくださいまし。
Commented by 奈桜 at 2015-07-29 18:53 x
はな。さん、ご無沙汰しています!
日曜8時は他の番組でやり過ごしているのが
案外私だけじゃなくて安心しました(笑)
早く、次の。見たいですねっ。
でも、うっかり周りから聞いた話で
長州の奥で銀姫ご懐妊とか…
いったい何の話をやっているのか…と思いながら
ふ…と、手元の資料に…。
明治35年、慶喜さんの馬車が転倒するという
事故の後にね「毛利元昭様」より御見舞い…と。
この人、銀姫の子だ。
ふーん、御見舞いしてくれるんだ。ふーん。
と、まあ。
再放送「新撰組!」見たい!見たい!

また来まぁ~す(^o^)/~~


Commented by はな。 at 2015-07-30 14:23 x
奈桜さん、こんばんは!
こちらこそご無沙汰しておりますっっ

今年の場合、日曜8時にNHK以外の番組をみている方は
けっこういらっしゃると思います(笑)。

>明治35年、慶喜さんの馬車が転倒するという事故
毛利云々はさておき、こちらの事故のほうに釘付けです!
慶喜公、御自分で運転されてて御徒町の蕎麦屋の角に軽く自動車で突っ込んだ以外でも
そこそこ事故っていらっしゃるのですねっっ。お気の毒です!!!
明治31年でしたか、慶喜公は明治帝に拝謁しているし、名誉回復も済んでいる手前、
毛利サンも見舞いのひとつも出さないと、東京で暮すにゃなにかとアレだったのでしょう(爆)。
(自発的な心からの見舞いなんて、出さないでしょーから。はははは)

新選組!の慶喜サンはビジュアルとかいろいろ微妙なんですけど
あの三谷ドラマの世界だとなにげに成立している、不思議なキャラでした。
(ほかの大河だったら、ボロクソにダメだししちゃうんですけど)
そんな慶喜サンも含め、新選組!が懐かしいーーーですっっ
Commented by 奈桜 at 2015-07-30 19:05 x
はな。さぁーん☆しつこく連投すみません。
あまりにも嬉しくて♪
35年については、自分では運転していないと
思いますです。有栖川宮邸から御招待受けていて
出掛けた際の転覆みたいでして。軽傷で済みましたが…。
いやん、ココに反応して下さるって、嬉しい。
歴史的には殆ど意味ない処ですのでねぇ。
この年、公爵受爵して、お付き合いも賑かにはなってますけど、
因みに榎本さんは桂太郎さんと同じ日に、
大鳥さんは数回、御見舞い来てくれてます。
この辺りで「愛」が計れますの。
今は、この情報をどうしていこうか考え中ですが
いやん。私以外にも反応して下さる方が
世の中にはいらっしゃるのですね!!!感動です。
ところで、新撰組!の慶喜さんについて
全く記憶に無かったのでググってみたら
まぁ、薄い~(失礼)当時は山本氏に釘付けでしたから(笑)
そうなんです。慶喜歴、浅いんですよー。
Commented by はな。 at 2015-07-31 17:27 x
連投大歓迎です♡

歴史的にあまり重要ではない情報のほうが、
むしろオイシイ♪「ごっつぁんです!」ネタのような気がいたします(笑)。
(これが研究者とマニアの違いかしら☆ とマニアなわたしは思います)
馬車で事故ということは、御者がしくじったか、車輪にトラブルか・・・・。
どちらにせよ、馬車はシートベルトないので、乗っている人には危険な乗物です。

>この辺りで「愛」が計れますの。
計れますよねっっ(笑)
見舞いと、葬儀に参列するか否かは人物ポイントとして大きいです。
榎本さんは静岡時代にも訪問していますし、のちにちはお写真を交換しあったりと、
なにげに慶喜公と良好なお付き合いをなさっていますネ。

新選組!の慶喜サンは、慶喜公に詳しくなられた今、ご覧になったら
奈桜さんがどう反応なさるか、ちょこっと気になります(笑)。

by aroe-happyq | 2015-07-10 17:41 | ほんの世間話 | Comments(10)