ブログトップ

東都アロエ

家康をかわゆく思えてしまった(汗) @真田丸

真田丸、面白いですネ☆

まさか戦国大河において、信長が一回こっきり登場でそのまま本能寺とは!
なんて斬新~~~っ
ただ、ハコちゃんの光秀をもちっとみたかったので、それは残念しきり。
(日本の古式ゆかしき伝統を知り尽くすハコちゃん光秀をぼこぼこにする信長。二人のあいだにある
妖しい関係よりも、古きを壊し天下布武しようとしていた信長を1シーンで印象づけていた、
そんな三谷さん、素敵~~~っと感動しました)
それから、まだ信長の死をしらない、滝川一益がねぇぇぇ、世の中は平和になると真田パパたちに
語るシーンがせつないです。
段田さん、2度目の滝川役だそうですが、ホントにお似合いですっっ。

いまのところ、父の昌幸と長兄信幸のシーンが毎回お気に入り(笑)。

やはり「騙されキャラ」演じさせたら(演じて無くても)天下一品の大泉さんなので、
(さすが、一生どうでしょうします、宣言しただけあって、大河ですらその面影が!)
破天荒なオヤジさんとそれに翻弄されまくる気の毒な兄さんの2ショットシーンはなにやら至福です。
もともと真田では、兄ちゃんファンでしたが、今は父&兄ファンになってしまいました☆

そして、脇キャラでは、家康さんの新たなる魅力にハマッています。
内野さんが演じているので、見た目がいいわけで、フツーならカッコイイ家康なのに、
中身がもう、かっこわるくて、そのギャップにやられてしまいました。
とくに「伊賀越え」。
家康ドラマでは名場面のひとつなのですが、今回の家康の場合、名場面であり迷場面!
ちょっとざっくりした服部半蔵(この半蔵も新鮮!)のナビゲーションによる、山中のサバイバル劇
は、家康さんには申し訳ないですけど、爆笑につぐ爆笑でした。
服部に安全に関して「ほぼ」と言われて、反応する慎重な家康とか、
服部にとってはなんでもない地元の崖道だけど、初伊賀越えのド素人家康さん。
しかも時々、落ち武者狩りや明智の兵のあいだを強行突破せざるおえない家康さん。
どんどん小汚くなっていく~~っ♡
こんなに可愛い家康、みたことない(笑)。

今まで、どの大河をみても信長・秀吉・家康に対して「かわいい」なんて思ったことなかったのですが、
このほど、思ってしまいました(汗)。
若い頃シーンの秀吉がいくら明るく、快活で、ときに人情家ぶりをみせても
「どーせ天下とったら、キャラ変わるくせに」と冷たいわたくしであります。

このちょっと残念な家康がどうやって関ヶ原をのりこえ、豊臣家を滅ぼす、あの狸オヤジに成長するのか、
真田家の行く末とは別に、この一年間の楽しみになってきました。

このドラマは台詞が現代語っぽすぎるとか批判されているようですが、
戦国時代の信濃や上方、越後や三河の言葉なんて、必死にしらべてドラマで言わせても
字幕スーパーみないとわからなくなっちゃうし。
(宣教師さんの書いたモノのなかに当時の戦国語がちらほらあるらしいですが)
ひょっとして、数十年前の「~でござります」とか「儂は~じゃ」的な台詞のある大河をば、
風格とか重みある大河と言っているのかもしれませんが、
あれは近代~昭和の小説や演劇のなかでぐつぐつ煮込まれた時代劇言葉であって、
やっぱり現代語の一種だと思うのですよ。
まつがっても戦国時代特有の言葉ではないし、江戸モノとか明治とか、
そうした時代を舞台にした物語でもフツーに使っていますし。
こういう時代劇言葉を使うと、ちょっと古めかしくみせる効果はあるかもしれませんが、
真田丸には、その必要性を感じません。
(だいたいそういう言葉を使いたがった大河の脚本家さんて、ホームドラマとか現代モノをメインに
やってきた人で、「大河なんか書けるのかい」と批判されがちなんで、なんか頑張って戦国らしさとか
醸し出さんとして、ネタがさほどないので、とにかく言葉で重々しさを出そうとしたのじゃありませんかね。
というのも、たとえば「黄金の日日」とか、内容のある、面白い大河って、
けっこう平易な言葉を使っていた記憶があるのですよ。
※ちなみに「篤姫」とか「江」なんかは平易な言葉かつ内容が薄いので例外です、ハイ)
三谷さんは歴史オタクさんなんで、よく調べていて、ネタは満載だし、
それをぎゅっと詰め込んでいるので時間が足りない。
だから平易な平成の現代語で、スピード出さないと、おさまりきれないのでしょう。
内容はけして軽くないし、近年稀にみる面白さなんで、それいいんじゃないかと思います。

来週から秀吉も出てくるらしいですけど、小日向さんがどんな秀吉になるのか
それも楽しみです(まぁ、秀吉なんで、かわいいとは思わないでしょうけれど(笑))

あれ??真田丸なのに、真田家の話が短すぎ!???
これからですよね、これから~~~~っっ♪♪


【追記 2月18日】

脚本家のジェームズ三木氏が真田丸、そしてその言葉遣いについて語る記事→こちら


「昔の言葉遣いとか立ち居振る舞い、礼儀作法を(脚本家の)三谷幸喜さんは、
あまり気にしていないように感じます。ぼくなんかの時は、時代考証の先生がついて、
廊下の歩き方から目配りの仕方や刀の差し方まで脚本も演出も事細かく直されました。
『とんでもございません』というせりふはあり得なくて、『とんでもないことでございます』が
正しいとか、随分と叩き込まれてね。
それは大河ドラマを見ている視聴者がそういう古い『時代劇らしさ』を求めていた部分も
大きかったと思うんですが、今はそういうお年寄りも少なくなったんでしょう。
それに詰まるところ、何が事実かなんて、実際に見た人は誰一人いないわけですから(笑い)」


最後の言葉、さすが大御所さま!!と深く感じ入りました。
たしかに昔の大河の時代考証は名だたる方々が担当されていました。
厳しかったにも、頷けます。
しかし、それとは別に、おっしゃるとおり、戦国時代の話し方なんて誰も知らないのだから
平成語でもいいのではないかと(笑)。
ちょっと感激したので、長々と紹介させていただきましたです。
[PR]
Commented by きりゅう at 2016-02-08 20:16 x
面白いですよね~~。
この回なんかBSで見て、本放送で見て、ビデオで見て
3回見てもまだ笑える(笑)

特に伊賀越え!
前々から、「命からがら」逃げた家康が
こんなにかっこいいわけがない! と思っていたので
三谷家康は「これよ~! 見たかった家康はーー!!」って感じで
ほんとに毎回ツボりまくりです。

「あまちゃん」以来
久々に熱く燃えるドラマができて
ほんと~~にうれしいですわ♡
Commented by 赤べこ at 2016-02-09 09:16 x
おはようございます。

真田丸の家康さん、かわいいですよね~☆
だって、神君伊賀越えのときの家康は数え年40歳くらい。
これくらい若くて軽い感じでいいと思いますっ(きっぱり)!
それに何かっちゃー、腹黒のネチネチしたタヌキカラー全開で描かれがちですが、ビンボーで苦しい時代から三河武士団が主君を支えつづけていた事実をみれば、案外、本当の家康もこんなおちゃめで守ってあげたくなるキャラだったんじゃないかなぁと妙に説得力があります。

今年は週末がたのしみになりました♪(それに引きかえ去年は…)
Commented by はな。 at 2016-02-09 10:34 x
きりゅうさん、こんにちは!

ホントに面白いです、真田丸っっ!!
BSは録画で、本放送をみたあと、9時からもう一度録画したのをみてしまいます(笑)。
1度では味わいきれない、濃い内容ですよね☆

とくに伊賀越え!!!
おっしゃるとおり、このときの家康はこれでいいんだ、これが正解なのだと
思います(爆)。
今まで描かれた伊賀越えは、無事に三河に帰りつけること前提っぽくて、
実は今回の三谷さんの描いた伊賀越えのように10分先に生きているかわからない、
だからなりふりかまわない、かっこわるい家康さんでいいんですよね♪
(「江」のときなんか、なんでついてきたか、江が同行していたけれど、そんなお嬢ちゃんに
構っている余裕はないはずです、家康さん)

「あまちゃん」以来のわくわくドラマですね、真田丸!
(大河だと、「新選組!」以来。つーことは三谷さんて、やっぱり天才脚本家さん!)
Commented by はな。 at 2016-02-09 10:34 x
赤べこさん、こんにちは!

>家康は数え年40歳くらい。
そうですよね!!!不惑なんだけど、惑いっぱなしですよね(笑)。
内野さんが演じているので、若すぎないし、ちょうどイイ感じです。

前の回の、織田に仕えようとやってきた真田パパに、上杉への書状で
ねちねち追求したシーンの家康なんかは、狸オヤジの片鱗をみせてくれたのですが、
まだこの当時は、伊賀越えでみせた必死な家康でいいのですよね☆
人間は成長していく生きものですから、やはり後年の狸オヤジイメージが強くて
そうなる前提で若い家康を描いてはいけないよな~~と今回しみじみ感じました。

昨年の大河見ないで、今年を待っててホントによかったですっっ
by aroe-happyq | 2016-02-08 18:59 | ほんの世間話 | Comments(4)