ブログトップ

東都アロエ

もうあの台詞がきけないんだ(涙)@真田丸【追記アリ】

久しぶりの更新だというのに、ネタは真田丸です(笑)。

江戸ブログなのに、またまた戦国ネタであります。
こんなに戦国ネタがあふれたのは、戦国鍋以来のことです!

さて、タイトルのとおり、この前の日曜日「祝言」で室賀さんが昇天されてしまったため、
(気が付けば、幼なじみたちによってたかって殺される、実に気の毒な最期でござった)
もう、あの、真田兄に向けて言ってた「黙れこわっぱ!」という室賀の台詞が聞けないんですよね、
ってことに気づいてしまいました。
わたしゃ、あの言われるときの、大泉洋の表情が好きだったんですよ!!!(笑)
(毎回、微妙に表情が違っていてね。のぶゆき兄、かわいかったのに)
だからなんか、さみしい~~~~~っっ

こんなに早く退場されちゃうと、「黙れこわっぱ!」が流行語になるのは夢のまた夢です。
(いや、流行語にはならんだろうとは思っていたのだが)

そういえば、友人に草刈さんがブログをはじめたと教えてもらいました。

が、初回から出浦との仲良しツーショがてんこもりで、ますます室賀が気の毒に(笑)。

そのブログ→こちら


この濃ゆい結束の前には、徳川方の陰謀なんて木っ端微塵ですな・・・・。
(さらに信尹のナイスサポートもあることだし。真田ファミリーおそるべし)


そういえば、江戸東京博物館では、4月29日から
毎年恒例の、NHK大河「真田丸」展がはじまりますネ。
公式サイト→こちら


なんか、今年はこの特別展、行ってしまいそうです(笑)。

【追記 3月25日】
朝日新聞木曜夕刊に連載中の「三谷幸喜のありふれた生活」794に
室賀と「黙れ!こわっぱ」問題が出ています(笑)。

朝日新聞デジタル→こちら

※もしかしたら無料登録しないと読めないページかもしれませんっっ
(わたしは今年は真田丸イヤーなので読むぞ!と登録済み)

今回の「黙れ!小童」は、台本の段階では別になんということもない台詞だったが、
それを西村が不思議な抑揚で言うものだから、やたら耳に残るようになった。
残念なことに、彼の「黙れ!小童」が最初にオンエアされた時点で、
僕はもう最後の「黙れ!小童」を書き終えていた。
ここまで皆さんの心に残るようになると思っておらず、そうだと分かっていたら、
もっといろいろ発展させていたのに、と悔やまれてならない。
少なくとも、室賀正武最期のシーンで、彼に斬りかかる大泉洋に向かって
「退け!小童!」くらいは言わせておけば良かった。

とのことでした。そうか~~~残念!
[PR]
Commented by きりゅう at 2016-03-22 21:14 x
「浜松では鰻が……」というくだりで
「黙れ、こわっぱ!」がでるかと固唾をのんでたんですが
出なかったのが余計にせつない……合掌(泣)
Commented by はな。 at 2016-03-23 11:16 x
そうなんですよ~~~っ
「浜松」のところで、来た来た!と身構えたら
スルーだったんですよねっっ。
最後にもう一度、聞きたかったです(涙)。
Commented by きりゅう at 2016-03-25 14:53 x
追記にコメント

ラストで斬りかかる大泉君に「黙れこわっぱ」!!!
三谷さん、さすが!!!

これは聞きたかった~~~~!
Commented by はな。 at 2016-03-27 13:59 x
そうですよね!!
聞きたかったーーっっ
by aroe-happyq | 2016-03-22 17:52 | ほんの世間話 | Comments(4)