ブログトップ

東都アロエ

次回は助左が大河に帰ってくる!@真田丸

真田丸に「黄金の日日」の呂宋助左衛門が登場する情報に接してから、
ずーっと、ずーーっと、何時出るのかとわくわくして待っていたら!

ついに27回「受難」の予告に登場しました~~~っ♪


真田丸公式サイトには、松本幸四郎さんのインタビューも!→こちら

「黄金の日日」はわたしの長い大河視聴のなかで「太平記」と共に常にトップ1の大好きな作品です。
(3位「新選組!」と「慶喜」が続くわけですが(笑)たぶんここに「真田丸」も入りそう)
助左衛門ってルソンの壺を買い付けてきて秀吉や大名に高値で売りつけた堺商人、という少ない記録
しかないのに、まぁ見事に毎回、歴史のスゴイ場面に居合わせるオリジナルストーリーの巧みさ!
大河で歴史の流れにオリキャラを入れようとして失敗している例がすくなくないなか、
助左は居合わせる時に、少しも違和感がない!その流れの見事さはまさにあっぱれでした。

ちょうど昨日、NHKアーカイブスで真田丸の秀吉さんこと小日向さんリクエストで
『太閤記』42回「本能寺の変」をやっていましたが、
(いくら信長が人気だったからって、42回まで信長が生きてたら、主人公秀吉の立場がない……)
この大河で主演をつとめた緒形拳さんが「黄金の日日」で同じ秀吉役を演じていましたが、
これがもう超ヒール役で、なにげに楽しく演じていらっしゃったというぐらい、名演でした。
正直、わたしのなかには、この憎ったらしい秀吉が居続けているかもしれません(笑)。

それぐらい強烈な印象の大河「黄金の日日」の主人公とまさか再会できるなんて!
三谷さん、ありがとう!!!

そして幸四郎さんのインタビューも泣かせてくれます。

来週は、秀次君がさらに破滅への道をひた走る、見ていて苦しい回になりそうですが、
助左がちょこっと出てくれるだけで、なんだか救われそうです。
(真田丸の秀次は、秀吉とのすれ違う感情がとても丁寧に描いていて、どんどん哀しくなります)

真田丸があまりに面白いので、来年も続けてくれないだろうか、と
おバカなことを本気で考えてしまいます(笑)。

あ!助左登場に興奮して書き忘れましたが、
宇喜多秀家さんの「大阪編の松岡修造」と予告されていた暑苦しさがついに
ベールを脱ぎましたね!
熱血指導すぎて、こわいぐらい~~っ。
(そして物語は、本番寸前の降板、信繁の代役というガラスの仮面的展開でしたが、
結果的には「へたくそ!」といわれてしまい、信繁北島マヤにはなれなかったというオチでした(笑))
そして、きりちゃんだが、彼女のなかでは「自分は信繁の初恋のおなご」だったんですね!?
素晴らしい、その鋼鉄のハートを秀次にわけてあげてください!

で、来ました!!
ないがしろ扱いキャラを演じさせたら日本一の大泉洋さん。
いや、兄上さま!伊豆守!!
あなたが弟のオマケ扱いでお怒りになるほど、視聴者に紛れているわたしのような、
どうでしょう藩士がキャーキャーいうのであります☆

以上、ざっくりとした26回「不信」の感想でした♪
[PR]
Commented by きりゅう at 2016-07-11 14:20 x
私も予告編を見て絶叫した一人でございます(笑)

『黄金の日々』の「助佐、わしは商人にはならんぞ」と叫んで去って行った緒形秀吉の後ろ姿と、そういいながらもだえ苦しんで死んだ秀吉、遠く水平線を見ながら船に乗る幸四郎助佐……いまだに私にとってのベストオブ大河の名シーンの数々です。

それにもまして小日向秀吉がよくって、ワタクシ的ベストワンの緒形秀吉を凌駕しそうな勢いです。

選挙が終わって暗~く落ち込んでいる日々ですが、来週の助佐を心の支えに頑張っていきたいと思っております。

あ、お兄ちゃんVSパパ&信繁はもう、いまから高野山幽閉はやくやんないかとおもうくらい、面白い! 台詞が流れる前から、この信幸ならこういうだろうな~、昌幸ならこうだ、というのが次から次へと流れてきて、もう心地よい笑いと期待、そして別れが近づく一抹の寂しさまでもあいまって、一分一秒も目が離せません!

でも、こんなに面白かったのに、ちょっとほろ苦い日曜日の夜でした。
Commented by はな。 at 2016-07-12 17:36 x
助左の登場シーンはわずかみたいですが、
眼を皿のようにして、短い時間を楽しみたいと思います♪

イギリスの国民投票にしても、うちの参院選にしても、
政府にしろ、マスコミにしろ、自分たちの都合で、誤魔化すし、
なんだか巧みに争点をぼかしてくる傾向があるので、
有権者は真実を見極める眼を養わないといけないようですね。
なんだか民主主義も妙な感じになってきましたが、
混沌とした21世紀をなんとか生き延びてまいりましょう。

さてさて真田丸。
真田ファミリーは、というかこの三人の父子は
どんな犬伏の別れをするんだろうか、と
それがますます楽しみになりました。

by aroe-happyq | 2016-07-11 10:04 | ほんの世間話 | Comments(2)