東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

犬伏の別れは、分かれなのであった。

今週号のステラまで買っちゃって(特集が犬伏だったので(笑))、2分の番宣映像を何度も見て、待ってましたの「犬伏」。

とてもいい意味で裏切ってくれて、三谷さん、ありがとう!!!
涙の別れではなく、真田家にとって建設的な分かれとして、描いてくださった。

ただ、先のことを知っていると、もう二度とこの3人で酒を酌み交わすことはできないわけで。
最後まで敵同士となるわけで。
そう考えると、やはり泣けたのですが、だがこの35回「犬伏」の涙ピークは、まさかの大谷刑部と三成シーンに持っていかれました(大爆笑)。
ま、大谷の話は後に回すとして。

三谷さんは、今回の真田の物語でも、かつての新選組!、とりわけ箱館のときなどでも、
いわゆる講談で語られてきた「犠牲精神たっぷりの命を花と散らす美しさ」モードなお涙頂戴物語にはしない人。
三谷さんの歴史物語は、絶望からのスタートではなく、一か八かであっても、いつも前をまっすぐ向いている希望の物語です。

箱館の土方は最後まで諦めていなかったし、勝利さえ頭に浮かんでいました。
今回の真田父子も、豊臣につくか、徳川につくかで真田家の命運が決まってしまう、チャンスのようでいてピンチである状態。
巷説の犬伏の別れは、やるせなさがじんわりにじんだ、悲しみの別れっぽくなっていたと記憶していますが、
やはり、三谷さんは笑いながら、別々の道を進む真田家を描きましたね。
実際に、ドラマで信幸アニキのいったとおり、
徳川方が勝ったので、アニキが父と弟を全力で守りました(どういうわけか舅の本多忠勝まで巻き込んで(笑))。
その後もできるかぎりの援助をしていきました。
まさに有言実行の真田家です。

しかし今回の信幸アニキ、かっこよかった~~~~~~っ、惚れ惚れしましたぜ!
犬伏の決定がアニキの発案で進んでいくなんて!
ますますファンになりました!(信幸も大泉さんも)

水曜日になるとBSで「水曜どうでしょう」みているけど、大泉さんの今と昔の(彼もまた小童だった)ギャップに
しびれます。どうでしょうで、どんなに過酷な試練にうちのめされている姿をみても、
「10数年後、あなたは大河で素晴らしい役を演じるのです!へこたれるな!」という神目線で楽しんでおりますが、
今回のアニキのあとの今週の水曜日はちょっと、笑いすぎて死ぬかもしれません。

でも~~~、もうパパと2人の息子のシーンがないかと思うと、それだけで泣けるーーーーーーーーっ

あ。そうだ!

でも今回は前半の大谷刑部と石田治部の、熱くてヤバすぎる友情(もはや愛情かと見まごうばかりの)にやられたのも事実!
(ガラシャの死とか、ほかにも見所満載だったのに)

三成が家康を討とうと伏見で挙兵をはかったとき、徳川につくという大谷に「もはやこれまで」状態だった治部さまですが、
やっぱり大谷に味方になってほしいとお願いしちゃうあたり、そして大谷には涙をがんがんみせちゃうあたりが、
ツンデレの「デレ」で、手加減のない大谷への甘えっぷりに(信繁にもここまではまだしない)見ていて画面がスイートでした。
もちろん大谷も罪深いお方です。
「おぬしを勝たせてみせる」なんて、とんでもないアンサーを繰り出します。
だけど、このアンサーに涙をもっていかれてしまいましたです。
三成、友達少ないけど、すごい素敵な親友がいるじゃないか!
病身にもかかわらず命を削ってまで協力してくれる友人なんて、そうはいませんよ。

思えば、「土方歳三最後の一日」では心が弱っていた榎本釜次郎に、勇気と元気をくれた(ってアンパンマンではない)土方さんでしたが、
今回はちょっと困っているし弱っている三成に、大谷が戦う気力と策をくれました。
時代も物語も違うけど、いずれも山本耕史さんと片岡愛之助さんコンビなので、なんとなく因果を感じました。
(いやはや、もはや名コンビですね、お二人は)


「真田丸」は本当に面白い!!!
9月になっても面白い大河は新選組!以来です!!!

次が直虎で、その次が吉之助だなんて、

もうこのまま、一生終わらないでくださいーーーーーーーっっ(絶叫)





[PR]
Commented by 赤べこ at 2016-09-05 11:00 x
連投すいません。

昨日の「真田丸」、豊臣方が負けたら、私が全力でフォローします!」のセリフに、今年江戸博でやってた「真田展」の、
「金送れ! 酒送れ! あ、酒瓶の蓋はキッチリ締めて送ってね。この前、いっぱいこぼれちゃってたからさ」な書状を思いだして、クスッときました。

この父と弟……たしか謹慎中だったはずなのに、こんな「母さん、仕送り足りない。ヨロ~」な大学生みたいな……。
こんな手紙を読む信幸兄さんが今からちょっと楽しみです♪
Commented by はな。 at 2016-09-05 14:21 x
わたしも、あのオヤジと弟の書状@九度山を思い出していました。

信幸よ、あなたは全力で父と弟を支えるのです、
金送れー、酒はこぼれないように送れーという、
少しワガママな甘えん坊の扶養家族がこれから増えるのです、と(笑)。
がんばれ、アニキ!!!!(涙)
Commented by やぶひび at 2016-09-08 15:35 x
謹慎といえ、家族同伴だったそうですね。
高野山は女人禁制でしたから、空海さんも山を下りて、実母と会っていました。
八丈島の宇喜多秀家より恵まれていると思いました。
Commented by はな。 at 2016-09-08 17:32 x
たしかに八丈島の宇喜多さんは気の毒ですネ……。

やはり真田パパと信繁には、全力で助けてくれた信幸兄とが、
舅の本多忠勝まで巻き込んで命乞いしたポイントが大きかったかもですね。

持つべきは、怖いけど仮面ライダーの義父!?(笑)
by aroe-happyq | 2016-09-05 10:30 | ほんの世間話 | Comments(4)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq