ブログトップ

東都アロエ

妖奇士&いろはにほへと

どちらも2回たまったら一気に見るパターンで視聴中。

妖奇士のほうは、
先々週に寺社奉行・阿部伊勢守が空気銃で狙撃されて、
危ないところ(爆)でしたが、それよりも最近、鳥居さまが登場しないような。
かなり怪人っぽい異様なキャラですが(史実のご本人はシャープ顔のちょっといい男らしい)
なんだか出てこないと寂しいです。
これほど江戸で嫌われた町奉行もいないというほど、評判の悪い鳥居ですが、
岩瀬肥後守と堀織部正の母方の叔父さんということもあって、興味津々の人です。
長い幽閉生活に耐え、その間に医学を身につけて幽閉先で病人を治したりしながら、
明治まで生き残って自由を得たそのバイタリティーには見習うべきものがあります。
「いわんこっちゃない、開国なんてするから瓦解したのだ」
なんて言ってたらしいですが、筋金入りの洋学嫌いとしてはまさにこの感想だったでしょう(笑)。
そんなかれはこのアニメでも洋夷、ではなく、妖夷を退治・・・・していくのでしょうか?

そしていろいろなところで噂になっていた「幕末機関説いろはにほへと」。
正月の再放送でざっと見て、最新ONAIRになんとか追いつきました。
が・・・・、品川沖脱走時の榎本さんにとんでもないものがとりついてしまって以後、
どうもそれが心配すぎて、主人公のことも、
せっかく出てきたかっこいい土方歳三さんのことも、
なんだかうわの空でとてももったないないことをしております。
(そーかそんなに榎本が心配か、と贔屓の大きさを痛感いたしました)
とはいえ、このアニメの土方さんとてーも素敵です。
声優さんは違えど、声の感じが「銀魂」の土方に似ているのもオツです(笑)。

それはいいから、誰か、はやく榎本さんをフツーにしてくださいっっ~~~。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-02-09 10:35 | ほんの世間話 | Comments(0)