ブログトップ

東都アロエ

大正シック展~東京都庭園美術館

GWということで友人といってまいりました、大正シック展。

くわしくは→ここ

大正~昭和手初期のアールデコ調でありながら、
和洋折衷の「和風モダン」な建物やファッションって、けっこう好きなのです。

しかも開催場所が旧朝香宮邸の東京都庭園美術館!!!

窓に、暖炉に、絨毯に、壁の装飾に、とまさにモダンアート満載の会場。
そこで当時の絵をみるなんてとんでもなくオツでやんす。

そして観にいってあらためて、

この会場だから良いのだ!

・・・・・・と思いました。

正直、おおおお!!!と感激する絵画はたくさんは・・・・なかったりして(汗)。
(展示数もそれほど多くないし)
ですが、「大広間」「食堂」「寝室」・・・・・・なんだか華族さんのお宅拝見♪
状態のなかで、ぽつんぽつんと絵が展示してあることが素晴らしい(笑)。
(「浴室」、うらやましいくらい大きな「書庫」、
意外にこじんまりな「階段」などなども拝見できます)

この美術館に行ったのはこれで二回目ですが、大正シック展は会場と展示内容が
ベストマッチ☆で、前回より何倍も楽しかったです。

展示会を見終わったら、庭園散策もできますので
行かれる場合は晴れた暖かい日というのがおススメです。

7月1日まで開催しております~~。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-05-05 09:55 | ほんの世間話 | Comments(0)