東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

「新選組 戊辰戦争のなかで」展 みてきました

日野市立新選組のふるさと歴史館で開催中の特別展にいってきました。
5月18日まで・・・・ということを忘れていて、
「ペリー&ハリス」展に行きかけた・・・・のを慌てて変更して(笑)。

すでに行かれた方の感想がそれほど芳しくなかったので(爆)、
期待していかなかったのですが、榎本釜次郎の書状や新徴組の旗など
(って新選組と関係ないけどっっ)
やはりわくわくしました。

・・・・でもここからは辛口コメント。
今回はじめてこちらにお邪魔したのですが、びっくりです。
ボランティアのおじさんとお客さんの私語の声がデカくて、
展示を見ることに集中できなかったんですけど!
しかも・・・・そのデカイ声の会話の内容が、
西郷どんや坂本龍馬への賛美、旧幕軍の古い感覚とやらへの酷評、
・・・・・・とくれば、いやいやここは京都じゃないだろ、
恐れ多くも日野じゃないのかい!?新選組ファンの聖地だろ
いいのかよ、こんなところでその話??みたいな。
しかも内容(抗いようもなく、聞こえてくるわけですから盗み聞きではない)は
どうも、いわゆるコテコテの〈司馬史観〉だし。
(小説書きの主張に「史観」っていうのも、どうなんだろ、ですが(大爆笑))
どうにも、古い情報で盛り上がっているんです。
坂本龍馬がピストルを日本で最初に所持していたとか、
・・・いやいやいやいや・・・・ピストル(手銃)なら、安政初期に
海防掛関係者の多くが貰ってたし、そのなかには海軍伝習所の永井総監
のように正式な訓練を受けて、ちゃんと使いこなせるようになった人も
いたんだから・・・・・・とか、
心のなかでイジワルなツッコミを禁じえませんですた。

あまりにベラベラとうるさくて、
仕方がないのでイヤホンで音楽かけましたさ。
なので、伏見~甲府あたりまでの展示の記憶のBGMはマドンナに
なっちゃいましたぞ~~~(笑)。

そんなささくれたわたしの心に、榎本釜次郎さんの書状はやすらぎをくれました。
内容は勝安房・山岡鉄太郎などに宛てたもので、
8月19日、蝦夷へ出発するときに二通の告文に添えた手紙。
(高幡不動尊のお寺さんではおなじみの書状のようですネ)
今生の別れの手紙だというのに悲壮感より人間的な温かみ
が感じられて、とても素敵な手紙です。

なんだか展示の鑑賞はちっともいい思い出になりませんでしたが(笑)、
最大の目的である、歴史館叢書3を手に入れたので満足です。
今回の展示品の解説と、相馬主計の『贈友談話』の影印・翻刻、
日野市所蔵「黒田清隆文書」目録番号1~37まで、などなど掲載されている
お得な一冊でした(1冊2000円です)。
この本が出る(4月19日に出たそうで)のを待っていた、ということもあり
内容も大満足でした。
[PR]
Commented by M子 at 2008-05-07 00:09 x
かの歴史館は、宮地先生の監修展示などものすごく良質なものを提供してくれるんですが、たまにボランテアさんたちが親切すぎて⋯。
友人とふたりで盛り上がりながら見たい時でも無理矢理話しに割って入って来るし、気が小さいからボランテアさんの話しにいちいち相槌打っちゃったりして展示物に集中できないんですよね(苦笑)
「話しかけるまで一人にしといてください」みたいなワッペンを作ってくんないかな〜、と行くといつも思います。

新徴組の旗は、たぶん5月11日(自分予定)に見られるんじゃないかと今からウキウキです。
Commented by はな。 at 2008-05-07 09:43 x
M子さん、こんにちは!
>かの歴史館は、宮地先生の監修展示
そうなのですよね♪♪だからこそ行ったみたいな事もあるのですが、歴史館叢書3の相馬の回想録の覚書も
宮地さんによるもので、検証もとっても信頼できます☆
ボランティアさんには何度か声をかけられそうになりましたが、
新選組以外の展示の、榎本釜次郎の書状とか新徴組コーナー
で食い入るようにみている客にはさすがに声がかけ辛いらしく、
正直ホッとしてしまいました(笑)。
新徴組の旗はなんともインパクトがありますので(爆)、
どうぞ楽しんできてくださいませ。
(11日の「新選組祭り」の旗が日野のあちこちにたってました)
by aroe-happyq | 2008-05-02 10:14 | 広く幕末ネタ | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq