東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

素晴らしき達筆の世界

事のはじまりは「一色山城守直温と永井玄蕃頭って、3~4代前永井家から一色家に
嫁いだ人がいるから縁戚なのかぁ」というつまらないマニア情報を系図から知りまして、
じゃ一色家の文書に永井の文書類がなにかあるかも????なんてことで、
いつもの東京大学史料編纂所サイトへいき、
「一色直温」で史料検索をしたところ、案の定、出てきまして。

永井や岩瀬の書簡もあったのですが、今回思わず「おお??」
と思ったのが、鵜殿さまの書簡でした(「一色氏文書 2」より)。

d0080566_1464127.jpg

↓続いてます
d0080566_14145164.jpg

・・・・この先も延々と続く、長い手紙です・・・・。

なんと日付が文久3年2月12日じゃありませんか!

これって鵜殿鳩翁が浪士組を京都へ引率中・・・ですよね(爆)。

新選組関係についてはまったくのド素人なので、
いやそれ以前にこの書簡・・・・達筆すぎて・・・・・、

内容がさっぱりわからん!!


鵜殿さんについては、目付筆頭として長く君臨し(笑)、
岩瀬・永井とともに「井伊大老に楯突きアミーゴス」のひとりである以外、
詳しくありませんっっ~~~。

なんでしょう、これって浪士組ファンには有名な書簡なのでしょうか??
(とかいって、浪士組とまったく関係ない内容だったりして(汗))

それさえ知らない浪士組・新選組トーシロなわたくしめに、
どなたかこの書簡についてご存知のかた、
どんな内容なのか、ぜひぜひさわりだけでもご教授を賜りたいです☆
(他力本願ですいませんっ)

ちなみに永井や岩瀬の書簡はさらに達筆で、もう笑うしかないっす(爆)。
[PR]
Commented by きりゅう at 2008-10-11 16:15 x
なんか、鵜殿さんのイメージ通りの字ですね(^^)
しかし内容……最初は「過日、山路(?)に入り」だろうか?
なんか途中で「風邪を召し」て読める部分もある。
「一同……健勝」なんて読めそうな気がするとこもある。
ははは……本当に読める人に教えてほしいです!
Commented by きりゅう at 2008-10-11 16:18 x
上の五行目は「このたび私、さる8日に、……出立いたしつかまつり」か??
鵜殿さん、4日前にどこにいたっけ?
Commented by きりゅう at 2008-10-11 18:07 x
たびたび失礼いたします。
8日は江戸出立の日でございました(汗)
Commented by はな。 at 2008-10-12 11:34 x
鵜殿さまに反応いただきありがとうございます♪
8日に江戸を出て、というあたりはなんとなくわかるのですが、
その後・・・・・・単語が読めても、文章として繋がらなひ(笑)
Commented by sinsky at 2008-10-14 12:05 x
ご無沙汰しております<(_ _)>

さてさて、上記の書簡について以下のとおり翻刻してみましたのでご参考までにどうぞ♪

翻刻にあたっては、「者→は」、「而→て」、「茂→も」に直し、適宜読点「、」を入れ、改行個所にはスラッシュ「/」を入れております。

なお、少し意味が通りにくい個所があるため、読み間違いの可能性もあるかと思いますが、その点ご容赦ください(^_^;)

追々山路入候故歟、兎角/春寒強御座候得共、御地/は如何哉、先以被為揃益/御清健被為渡奉大賀候、/然ニ私去ル八日出立仕候処/折悪敷雨天、殊ニ風雨と/相成一同難儀仕候処、浪士/之内兼々風邪之者も有之/足痛之者も出来仕浦和/宿迄罷越候処、何分先触/面之通桶川宿迄罷越候/儀難出来段申出候ニ付、左/候ては程々休泊割方ニも差/支候段申諭候得共、是/非不相越候ても難相成候て/一同宿駕籠相願致候抔と/暴論申出殆当惑仕候へ共/其砌既七ツ半時前ニ相成…


今回初めて、鵜殿鳩翁自筆の書簡を目にしましたが、惚れ惚れするような流麗な筆致ですね。教養の高さと人柄が滲み出てるようで、大変目の保養になりました。
Commented by はな。 at 2008-10-14 14:49 x
sinsky さん、突然ですが師匠と呼ばせてください!!!
翻刻ありがとうございます!!!!!!!
浪士たち引率の旅はけっこう天候に恵まれず、寒くもあって
たいへんだったのですね。
けして若くない鵜殿さんになぜお鉢がまわってきたのでしょう(笑)。

実は鵜殿さんにまさるともおとらない流麗すぎる永井&岩瀬書簡
を目の前に呆然とすごした連休だったのですが(笑)、
(超初心者はとっかかりさえ、掴めない始末にてっっ)
sinsky師匠を見習い、今度こそ(爆)読み方の修業に
身をいれたいと決意をあらたにいたしました☆
非才浅学の身ですが、わたしもいつの日か翻刻ができるように
なりたいっっ(涙)。
せめて永井と岩瀬の書簡ぐらい読めるように~っ。

本当にありがとうございました☆
Commented by きりゅう at 2008-10-14 17:47 x
横レス失礼いたします。
sinskyさま!
ありがとうございますーーーーーー!!
ものすごぉぉぉぉくうれしいです!!
Commented by sinsky at 2008-10-14 21:11 x
お役に立てて何よりでございます。

普段読んでいるのは地方文書ばかりで、全くと言っていいほど旗本や大名の書簡に接する機会がなく、正しく翻刻できているか甚だ不安ですが、ご参考にしていただければ幸いです。

それにしても、達筆な人たちの書簡を読むにつけ、自分の字の下手さ加減にほとほと嫌気がさしてきます(>_<)
Commented by はな。 at 2008-10-15 10:01 x
sinskyさん、本当に感謝感激でございました♪♪

150年前の日本人はこんな美しい字を書いていた・・・・と思うと、
読み書きが退化しつつある自分は反省しきりでございますっっ(笑)。

by aroe-happyq | 2008-10-11 14:42 | 広く幕末ネタ | Comments(9)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq