ブログトップ

東都アロエ

赤壁 映画館にいってきました♪

すでに香港版DVDで数回、試写会でもみたワタクシですが、
週末、長年の三国志ファン(歴にすると軽く20年は越える)の同志たち(爆)と
大きなスクリーンで上映版をみてまいりました。
字幕が試写会の時といくつか変更されていて、よりわかりやすくなって
いたように思います☆

公開一週間後の週末でしたが、まだまだ満員という大盛況で
普段アジア映画ってかなり空いているのに慣れているため、
すごく驚きました!(笑)
だって中華系映画ですよ、題材が三国志ですよ、日本じゃマイナーですよ!
・・・・・・なんだか感動してしまいました(涙)。

さて、観終わったあとは、三国志ガールズトークの長い時間がはじまりました(爆)。
三国志マニアの果てしなきおたく話ゆえ、詳しい内容は割愛いたしますが、
ひとつ、大きな事件に気づきました。

この映画の・・・・・・・・
関羽には必須アイテムが足りない!

堰月刀は持っているのに、


赤兎馬に乗っていない(笑)


あまりにも自然に、関羽さんが徒歩で戦っていたものだから、
(馬に乗るシーンもあるけど、敵の馬をかっぱらっただけだし)
愛馬に乗っていない事にみんなでトークするまで、
ぜんぜん気づかなかったのでした(大爆笑)。

part2では果たして、

赤兎馬は登場するのか????


・・・・・・・そして、20年以上もファンだとついつい眼が曇りがちですが、
ジョン・ウーに教えられたこと。
それは、三国志を素直に見よ、愛せよということ(爆笑)。

何度みても趙雲がカッコイイのは
もう当たり前の事実ですが(笑)、
三国志演義の主人公、ムシロ織るのがうまい劉備のおっさんは
とてもキュートで素敵な兄貴であると(←途中から打っててめまいが・・・)
それを認めるべきであるということも、監督は2時間30分のなかで教えてくれました(笑)。
三国志を見つめ続けてきたつもりが、
すっかりと初心を忘れていたなぁと、藩政、いえ反省しました。

やはり劉備が好きで、関羽を愛し、孔明に憧れた、江戸文人のみなさんのほうが
ヒーローのなんたるかをよくご存知であると。
(ぶっちゃけ、堀織部正が「憧れの人は諸葛亮」とか言ってたと読んで笑ったのは自分です!)
慎んでここに脱帽させていただきます☆


そんなわけで、レッドクリフpart2、はよ来ーーーい!
[PR]
Commented by baku at 2008-11-11 16:31 x
こちら2度目のカキコです・・・

頭に稲妻が走ったような衝撃を受けたので
ついカキコしちゃいました・・・・;;;;


本当だ・・・・・・・

乗ってなかった・・・・・・;;;
気づかなかった・・・・
(趙雲のかっこよさに目がくらんでた・・・;;)
Commented by はな。 at 2008-11-11 17:35 x
bakuちゃん!!!そうなんですよーー!!
(思わず叫んでしまった)
つか、乗ってないことにこの1ヵ月気がつかなかった自分にも
衝撃でありました(笑)。
ん~~~、なんだか歩きの関羽さんがあまりにも自然体だった
んですよねっっ(といいわけをしてみる)

>趙雲のかっこよさに目がくらんでた
これはある!!ありです!!(爆)
ついつい、趙雲探しちゃうんですよね☆
by aroe-happyq | 2008-11-11 14:45 | 香港&アジア映画 | Comments(2)