東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

刈安兵庫は不死身?

天地人・・・せっかくの御館の乱がはじまったにもかかわらず、
今もっとも注目しているのが、三池崇史監督演じる刈安兵庫(笑)。
先週、兼続たちに斬られ、高いところから落とされ、ドッポーンという音とともに
フェイドアウトしたのでてっきり・・・・・・・・・・・・かと思ったら、
昨日、なんだかすっかり元気な様子で景虎の傍にいるではないですか!

どこまで生き続けることができるのか、刈安兵庫!!!!!!?



そして、昨日の回で恐ろしい記憶違いに気がつきました。

数十年前に読んだ小説シリーズのせいとしかいえないのですが、
いやその小説にもちゃんと史実ストーリーが書かれていたにもかかわらず、
直江信綱はもうずーーーーーーーーっと景虎のそばにべったりというイメージがあり(爆)、
御館の乱でもてーーーーーっきり、そばにいるものとばかりインプットされて
おりましたよ(笑)。
おそるべし!蜃気楼っっ(っても10巻ぐらいで挫折したんだけど)。

でもこの大河でも、なんだかジェラシー魔???(笑)

戦国時代は史実にそれほどつっこまないので(いまいち興味なし)、
このような悲劇が生まれるのですなっっ。

戦国時代よりは、昨日NHKスペシャルでやっていた法隆寺関連の
奈良時代のほうが好きで、うーーむ番組みたら奈良に行きたくなってしまいました☆
[PR]
Commented by きりゅう at 2009-03-16 13:19 x
法隆寺特集、私もマジ見してしまいました(^^)
修理なんて千載一遇の時に出会えた研究者たちのうれしそうだったこと!(気持ちは痛いほどわかる)
ちなみに救世観音は、2度見たことがあるんですが、映像だとアップにしてくれるのがいいですね~。
西の建物の奥深さに、ちょっぴりホームシックです(^^)
Commented by はな。 at 2009-03-16 17:17 x
救世観音・・・暗くてよく顔などみえなかったので、
今回の撮影はありがたかったです♪
それにしても、実在したかどうかはさておき(笑)、
聖徳太子の面差しをうつした像がふたつも、しかも
並べていたというすごい神格化ぶりに
奈良王朝が直面していた国家経営の困難ぶりを思い、
ちょっと涙がでました。
by aroe-happyq | 2009-03-16 11:05 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq