東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

20年

天安門事件から20年だという。

当時は東洋史専攻の学生だったこともあり、
4月の中旬に学生が広場に集まりはじめたころから、
ずっとテレビや新聞を通して心配しつつも、見守っておりました。

あのころの日本はバブルってまして、天下は泰平。
6月3日の、かなり緊迫した状況のなかでも、
武力制圧があるという意見よりもマスコミなどからきこえてたのは
すんごい楽観的な見通しだったような、そんな憶えがあります。

事件の経緯については、DVD「天安門」
をご参照ください。
(長いドキュメンタリーですが、見応えありますヨ)

事件も驚きでしたが、
数日後、中国史の教授が授業でひとつの手紙をみせてくれました。
中国の友人からの教授宛の手紙です。
封が切られていて、検閲しましたよという印がこれ見よがしに押してありました。
・・・・・封が切られていても、日本へ届くというのもスゴイですが、
せめてセロハンぐらい貼れよ、と思いますた、ええ(笑)。

内容はたわいもない、数ヶ月前に会ったことの挨拶とか、
そんなものだったのですが、
・・・・・そんなものだから、届いたわけです。
なにか事件に関する情報なんかが書いてあったら、没収されていたことでしょう。

それから事件があったので一時的に帰国させられてきた留学生の話もまた
生々しくて。
犠牲者を少なく見積もって発表されていたわけですが、
広場に行っていたその人(でも制圧の夜には学校に戻っていたので無事だったのです)
の話をきくと、あきらかにかなりの人数が行方不明なわけです。
(そのあたりについても、ぜひ↑DVDをみてくださいネ☆)

・・・・・検閲された手紙も、帰国した人の話も、
あちらの政府寄りの報道しかしない某公共放送とかも含め、
20年前の6月はマジでさむかったです・・・・・・・。

20年前。
泰平の世の眠りを覚まされた感のあった、あの事件。
自分の専攻は古代史だから、さほど影響はうけませんでしたが、
(でも深い部分でいろいろ考えさせられました)
うちの同期、あきらかに現代史専攻が少なかったです(笑)。


そしてカイシー氏の20年後のコロコロなお姿をみて、
なにも政治的には変わっていないような気がするけど、
歳月の流れだけはしみじみと感じた、6月4日。
虫歯の日の今日でありました(歯医者もいかなきゃ・・・)。
[PR]
Commented by きりゅう at 2009-06-04 23:55 x
近代史専攻でしたからね~。
そのうえ、1週間前に中国をうろついてましたからね~。

あの事件がなかったら留学することもなく
これほど深く中国とかかわりあうこともなかったと思うので
20年……感慨深いものがあります。
Commented by はな。 at 2009-06-05 10:41 x
中国にかかわっていたら、あの当時それぞれにとって
とても大きなインパクトを与えられた事件でしたよね。
それももう20年も前とわ・・・・・。

はやいような、やっとのような(笑)。
by aroe-happyq | 2009-06-04 20:10 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq