東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

2012年 03月 11日 ( 1 )

あの日から一年

あの日から1年がたとうとしています。

改めて犠牲に遭われた方々に
心よりご冥福をお祈りいたします。

しかし過去のものではなく、今もなお続いているので、
振り返るとか、まだそういう境地にはいたっていません。
被災地の方々が風化することを心配されていると耳にしますが、
少なくともわたしにとって、この震災は「忘れる」とかそういう
生やさしいものではないです。
いままでの災害(自然、人災も含め)では1年もたてば
なにかしらの区切りがついていたような気がしますが、
がれき処理がたった5%しかできていないことが象徴するように、
2011年3月11日に起きた地震、津波、原発事故、
そして余震・・・・・・は被害があまりにも大きく、
この1年は驚くほど短くあっという間に過ぎた歳月でした。
だけど復興のスピードは恐ろしく遅くて、もどかしいままです。
被災地が一日もはやく、復興の地と称されるよう、
日々、祈っています。

東京は被害こそ少なかったのですが、
あの日の数十分続いた長い地震、それから続いている余震、
(なんだか東京は関東でも多いとかで、400回越えだそーです)
そして震源地不明(笑)の首都圏直下地震への備え。
気の休まることのない1年でした(つか現在進行形~~~っ)。
TVとか携帯から何度も鳴った「緊急地震速報」音はこいつの鳴らない世界へ
行ってしまいたいと真剣に思うぐらい、若干のトラウマになりました。

地震はもちろんですが、原発事故も・・・・・・・。
かろうじて最悪のシナリオは避けられましたが、
首都圏も避難対象となっていた可能性もあったわけで、
実際に避難されている方々の、
生まれたときから見てきた故郷の風景を失う哀しみや怒りが
他人事ではなく、自分のことのように感じられて
この1年、なんとも気の晴れる日はありませんでした。

大げさにいうと、
去年の3月11日午後2時45分までの自分と、
午後2時46分以降の自分とでは、人生観も、価値観も
いろんなものが違ってしまいました。

・・・・変わっていないのは、あいかわらずの江戸侍調査の探求心♪
彼らのどんな時もブレない覚悟、それとそぐわないほどの明るさに
この一年、どれだけ心が救われたことでしょう。
(彼らはまさにワタシの精神安定剤さんたちでした☆)
彼らに出会えてよかった~~としみじみ思う一年だったかもしれません(笑)。
そういう自分の経験から、
「うちのブログもひょっとして少しは誰かのお役に立つのかも?」
とよーやく思うようになってきた今日この頃です。

このブログは内容からして、東日本に住んでいる方々に多く
愛読されていると思われますので、
どうしても東向きのメッセージが多くなりがちですが、
しかし実は日本中のみなさんもそれぞれの場所で
この1年、すごくたいへんだったとお察しいたします。

そんなみなさまのお心が少しでも晴れるような記事をUP
できればと思うのですが、ちょっとばかし忙しくて記事少なめですいませんっ。
だけど、またちょいちょい書かせていただきます。

そして。
一年後、復興に向かってさらに前進し、
もう少し世の中が落ちついていることを深く深く願ってやみません。

本日は近くの最も古い神社に行って手をあわせ、
TVの特番などを視聴しながら、
さまざまに想いを馳せつつ、静かに過ごそうと思います。
[PR]
by aroe-happyq | 2012-03-11 10:04 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq