東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

2014年 11月 07日 ( 1 )

東京の2大BIG図書館ではナイスな展示会が開催中です♪

まず、国会図書館の「企画展示 「あの人の直筆」 」展。

公式サイト→こちら

国会図書館所蔵の、日本の近世から戦後にかけて各分野で活躍した有名人約150人の直筆資料を
前期、後期にわけて公開中です(現在は後期にあたります)。

わたしは前期のほうにいったのですが(って本の閲覧にいったらちょうど開催していただけ
という話であった(汗))、勝海舟の名刺写真とか、前期のみ展示で充分でした!
細川ガラシャの美しすぎる文字にうっとりし、
水戸斉昭のいつみてもテンションMAXの文字(それくらべて息子たちの文字の大人しさよ)
に圧倒され、こんな迫力ある字で手紙きたら、それだけでびびります(笑)。
実際のその文字はデジタルアーカイブにてご覧されたし!→こちら


しかしなかでも嬉しかったのは大鳥圭介氏の「流落日記」のレプリカに感動!
(これ、商品化してほしいよなって思ったぐらいです(笑))
ちなみにその日記はデジタルアーカイブでみられます→こちら


それから勝海舟の「自画自賛」の絵の微妙さとか→こちら


そのほかたくさんあるけど(榎本さんとか、川路夫妻とかネ!)、
展示史料とアーカイブの連動の全貌はこちらで御確認ください♪→こちら


文字をみると、その人の性格がわかるといいますが、本当だなぁと。
そして、
やはりといいますか、江戸時代では蘭学者のみなさん、そして明治以降の人は
達筆ではありませんネ(笑)。
筆からペンへの筆記用具の移行は日本文化において、大きいものだったのだなと思いました。
(そして今はペンからキーボードへ。わたしなどは悪筆が超絶悪筆に変貌中です)


さて、もうひとつの展示会は毎年恒例!?の都立中央図書館の江戸城シリーズ!!
今年は、「江戸城本丸大広間 -権力の舞台装置-」 であります!!

公式サイト→こちら


毎年、こちらの図書館所蔵の「江戸城造営関係資料(甲良家伝来)」を解説を付して公開して
くださるというありがたい企画です。

今年は大広間ですが、ここだけでもいいので、復元してほしい~~~♪
というぐらい、詳しく展示されているので、江戸城好きなら、時間を忘れて楽しめますヨ!!
わたしは、毎年やっているわけですが(笑)、第2展示場の床に貼られている万延度の
本丸御殿の図をガン見すること〇〇分!
この絵図、床に敷きたい・・・・・・・(笑)。

ちなみにその第2展示場には天守閣の展示もありましたが、とくに興味なしです(笑)。
先日、国会で天守閣復元を安倍総理に訴えている野党がいましたが、本丸御殿だろ!
とつっこんでました。江戸城は日本の政庁でもあったわけで、ほかの城と違い、天守のような
軍事施設は不要だと判断して江戸初期以降再建しなかった、その徳川政権の魂を知らずして
江戸城を語るなかれ~~~っといいたいっす。
天守はすぐに造れるから、観光のことしか頭にない俗物の考えそうなものですな。

都立のほうは今週末までです!!

あ!それから、国会図書館の利用登録者カードをお持ちのみなさん、
そろそろ更新時期ではありませんか??
ネットから更新できますので(わたしもさくっと更新しました)、
どうか、こちらをご覧ください→こちら


秋といえば、読書の秋。
そうだ、図書館へいってみよう~~~~~っ!

以上、でした。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-11-07 11:54 | 江戸東京あれこれ | Comments(8)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq