東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

カテゴリ:ほんの世間話( 450 )

今年の大河、初記事でございます。

昨年の真田フィーバーとうってかわって、フツーに視聴だけ続けていた、「直虎」。

はじめのころ、直親がいたころは、なんだか、毎回うるうる三角関係かよ!って、
うんざりしていたのですが、
ここ数回、とんでもない事態になっていて、ちょっと楽しいです。

しかも、小野但馬守の井伊谷乗っ取り事件が、凄まじき新解釈で展開中♡。
(史実と違うー!という言葉は、直虎が男子かもしれない時点で、すでにタブー)

可哀想なのは、史実的には、直虎たちの救世主のはずの井伊谷三人衆が、ちょっち悪役モードなこと。
(とくに近藤は、細かい井伊家とのもめ事が重ねられてきているとはいえ、完全にヒール状態)
お墓のなかで、三人がざわついていることでしょう。

でも、そんな瑣末なことは、今年の大河ではどうでもイイ話!

あれだけ、小野但馬守政次を、悲劇のヒロイン……じゃなかった、いや、まぁ、ヒロインかもしれねえ。
にした時点で、もうこのドラマは彼のもの。

なにせ、初恋の人のおとわのために、今川と井伊の二重スパイになってしまって、
ほとんど立場は、「インファナルアフェア 無間道」のヤン状態で、せつないのだ。
(二重スパイは、まばたきの仕方が同じになるらしいし)→って、無間道知らない人には申し訳ない例えでした。
今川からも、井伊からも、疑われて、いつまで本心を語れず生きていくのか……と、見ていても辛かったのですが、
ようやく昨日、ぶっちゃけたわけです。
でも、こういうキャラが、ぶっちゃけて本心を語ったり、
長い間、そばにいてくれた女人に(この場合はなつ)、急に距離を縮めるような発言をしたときは、
たいてい、そのあと、悲劇が待っているというのはお約束。
政次も、もうお別れのサインが出ている。……と、ふと考えると、次回は、33回!
「組!」ではおなじみの「友の死」のあの、33回です。

などと、考えながら、32回の衝撃のラストをみて、ちょいと涙がほろ…………で、次回予告!

「嫌われ政次の一生」……。

今年の大河のサブタイトルには幾度も、笑わせていただきましたが、もう今回は、MAX大爆笑!!!

ちょっと、これは反則ですよ~~~、こんなストレートに来ますか~~~~~っ あはははははは

いや、まて!涙がふっとんでしまったし、予告映像の内容もほぼ、頭に入っていないうちに、終わってしまいました。

ただ、映画「嫌われ松子の一生」がけっこう好きなのですが、なんだか、言い得て妙。

そうか、政次は松子と同じように壮絶な人生を歩んで、そして理不尽な非業の死を遂げるのね……。

深いかもしれない、今回のサブタイ!

……でも予告でも、ほろり状態をキープしたかった……。

そんなわけで、直虎、けっこうみているかも(全話ではないけど)、で政次に一足早くご苦労様!の記事でした。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-08-14 10:41 | ほんの世間話 | Comments(2)
AIこと、人工知能については、いろいろ取り沙汰されておりますが、
今日の「AIが「共産党は無能」と批判=中国ネット大手、サービスを停止」の記事をみて、
人間にできないことを、さくっとやりおるのう!とちょっと感動してしまいました。

記事(時事ドットコムニュース)→こちら

あんまりAIが優秀になりすぎちゃうと、人類は滅亡させられるとか、
あまりいいニュースもなかったりしますが、
現時点では、人(って、中国国内の人ね)が言えない本当の事を、しっかり言える(笑)、
若干、命知らずなところが、素敵に思いました。

「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」の質問に、
「米国への移住」とこたえるのも、センスある~~~~!

まぁ、AIさんを投獄はできないし、電源を切るぐらいのしっぺ返しを食らうぐらいだし。
(まさか、国家転覆罪で、爆破処理までは、されないだろう……)

先日、NHKでAIの番組やっていましたが、なんか言葉を濁しているというか、曖昧すぎて、
「まだまだ途上だな」って思っていましたが、お隣の国のAIさんは、ストレートで、頑張り屋さんです。

ところで、アメリカのAIさんは、トランプさんをどう思っているのでしょう?



[PR]
by aroe-happyq | 2017-08-02 19:41 | ほんの世間話 | Comments(6)
本日、7月23日は、なにげなーくダウンロードして、ぼんやりとポケモンGOを始めてから、
1年目の、記念日です。

まさか、1年続くと思わなかった~~~~~っっ。

といっても、ライトユーザからミドルユーザに脚をちょっとつっかけてる程度の、不真面目なトレーナーです。

まだ、レベルも31だし(汗)。

レイドバトルやったことないし~~~~。
(なんか、タイミングよくジムを通らないのね。1時間後に開始とか言われても、ムリムリ)

飽きそうになると、イベントとか、新しいポケモンが出たり、なかなか工夫されていました。

とりあえず、1年楽しかった。よく歩いたーーーーーっ。総距離、604.84kmですって。

マッサージのセラピストさんにも、ふくらはぎの肉、良い感じで付いてますね♪って、褒められます。

真冬でも、寒さを厭わず、散歩したし(笑)。

おかげで、冷え性がなくなりましたし、血流が良いみたいです。

なので、かなり、もう、満足!満足ーー!


というわけで、もうそろそろ打ち止めかな~~~~~と。

実は、本日23日は、愛用していたし、頼りにしていた「ピゴサ」が終わってしまう日。

これは本当に痛い~~~~~っ。

本来なら、本家の公式アプリ上で、こういう、ポケモンサーチシステムを展開すべきじゃないのかな?

近くにいるポケモンだけじゃ、物足りないし、遠出する気になれない。

それを、非公式アプリだからって、本家は、さんざん妨害したり、いじめたのよ。
(とくにAndroidスマホは、マジで被害を被りました。何度、アップルにスマホ換えてやろうかと思ったことか)

でも、本当にレアなポケモンさんをいくつか捕まえることができたのは、すべて「ピゴサ」のおかげでした。

近くにいるポケモン機能なんて、間違いが多くて、少し前まで本当に空振りでいらつくことが多かったのです。

「ピゴサ」での空振りは、私の場合、5%ぐらい。ほぼ、正確でした。

野性のラプラスをゲット出来たことは、忘れられない思い出です。

それに、ポケモンGOアプリを立ち上げていなくても、自宅で夜に、「ピゴサ」で東京の夜のポケモン巡りを

して遊ぶのも、楽しかったのにな~~~。隅田川にミニリュウいるーーとか、皇居の宮殿あたりに、カビゴン出てるとか。

眺めているだけで、素敵なナイトクルージングになっていたものを(笑)。

ポケモンGOの友であり、酒の友でもあった、「ピゴサ」よ1年間、ありがとう。


バトルも楽しめない、そこそこ強いモンスターは進化させちゃって、「ピゴサ」のないポケモンGO。

たぶん、イベントの時だけ、頑張るようになるかな~~~。

とりあえず、金のコイキングを捕まえるまでは、やろっかな(笑)。
(どんなポンコツなコイキングでも、赤いギャラドスに進化させて、愛でるのが夢です)



[PR]
by aroe-happyq | 2017-07-23 08:40 | ほんの世間話 | Comments(6)
本日、ニュースで知りました。

明治のカールが一部地域を除いて、販売が終了するのだとか。

わたしは、子供の頃から、カレー味の虜であります。

今でも、1~2週に1度は、カレー味を買います。

正直、ほかの味に、興味はありません(汗)。
(なので、わたしのなかで、カレー味の終了とともに、カールとはお別れだ……)

カレー味は、近年リニューアルされて、より美味しくなったというのに~~~~。

この夏まで、買い続けてやりますよ!(笑)

思い出として、2年前に、なぜか☆形のカールさんと遭遇した時の、記念写真を(笑)。

d0080566_19052440.jpg

[PR]
by aroe-happyq | 2017-05-25 19:08 | ほんの世間話 | Comments(2)
「真田丸」のイケメンボイスと言えば、兼続役の村上新悟さんですが、
歴史ヒストリアで別の武将役を演じたらしいのですが、
そのNHKのPR動画が、なんとも遊ばれすぎ、というか、愛されすぎていて、
思わず、ブログ記事にしてしまいました。

必見?必"聴"!村上新悟イケボ集!!
~歴史秘話ヒストリア スピンオフ動画 →こちら

とりあえず、いつ放送されるか分かりませんが、村上さん出演の歴史ヒストリアは
チェックしておきたいと思います。(笑)





[PR]
by aroe-happyq | 2017-05-16 14:22 | ほんの世間話 | Comments(0)
いよいよ、最終シーズンがNHKで放送になりますね!


 公式サイト→こちら

5月7日(日)午後11時から!
この日を待っておりました~~。

どんなラストになるのか、グランサム家は世界大恐慌の荒波を乗り越えられるのか!?
(って、そこまでやるのか!?(笑))

しかし、イギリスのドラマは、なんか心を癒やされます。
時代モノというのもあるとは思いますが、スキャンダラスな展開にもほっこりさが
あります。

昨年から、すんごくハマッているアメリカのドラマ「ハウス・オブ・カード」は、
(ケビン・スペイシーをドラマシリーズで見られる幸せ♪といったら!!)
元はイギリスの小説&ドラマですが、
舞台をアメリカのワシントンに移すと、こうもえげつなくなるのか、と人間の欲望の深さと愚かしさに
溜息がでます(けど、それが面白いといえば、面白い!)。
ただ、とんでもない性格の最悪の主人公ですが、フランク・アンダーウッド大統領は、
リアル大統領のトランプさんより、政治はちゃんとやれてるのが、もっと悲しい(汗)。
たいへん好きなドラマだけど、「ハウス・オブ・カード」をみたあと、
口直し的にダウントンとみると、なんか、ホッとします。
(トーマスの意地悪なんて、かわいいものであります)

おっと、話はそれましたが、すっかり愛着あるグランサム家であり、
とくに伯爵ファンでもあるので、いろいろトラブルはあるだろうけど、
あの家族たちには、ダウントンアビーに暮し、それなりに幸せでいて欲しいなぁと思う次第です。

なので、「ダウントン・アビー」最終シーズンは、けっこうドキドキです(笑)。



[PR]
by aroe-happyq | 2017-04-23 14:23 | ほんの世間話 | Comments(0)

アニメの鬼平を見てみた

忙しくて、1話から録画だけしていた、アニメの鬼平をやっとこさ、再生してみました。
(テレビ東京の深夜2時ぐらいの放映って、オンタイムでみるためのものとは思えない……)

ビジュアルはすでに確認していたので、平蔵さんが御先手組頭にもかかわらず、
月代にせず、総髪&チリチリ前髪というあたりは最初から諦めてみてみたのですが。

なんか、動きの少ないアニメだこと……(汗)。

女性キャラが、ほぼ100%巨乳。小袖と巨乳は似合わない。

平蔵さんが、大刀を振り上げたら、後ろにひっくり返りそうなほど、躰が華奢すぎる(これで敵に勝てるのか!?)。

江戸の町がゴーストタウンかってぐらい、人が少ない。道に人が歩いていない。
(当時、世界一の人口密度の大都市と思えない過疎化のお江戸)

最新の尖ったアニメにしたいのか、江戸情緒を出したムードある時代モノアニメにしたいのか、
どっちつかずで微妙。

……というわけで、せっかく平蔵の声がかっこいいのに、予想以上に残念感の漂うアニメでした。

3話まで、頑張ってみてみたのですが、うーん、なんか改善点が見いだせず、
録画した分、削除しちゃいました(汗)。

やっぱり、この鬼平見るなら、BSとかCSで放送中の吉右衛門丈のドラマのほうを、みたいなーって感じ。



[PR]
by aroe-happyq | 2017-02-14 12:00 | ほんの世間話 | Comments(0)
NHK大河ドラマ『真田丸』公式サイト→こちら ※2月1日以降はもうあかないです(号泣)


『直虎』の登場人物たちがほぼ99%、凡人なので(義元もね!)、
なんかもう、今年の大河を見る度にですね、非凡だった真田家が懐かしく思い出され、泣きそうになります。

ふと、考えたのですが今年の大河って、フィクションを入れないと、駿河、三河、遠江の三国しか
出てこなさそう???(大丈夫ですよね、三河は出てきますよね??(汗))
かなりの局地大河?????
……ま、いいけどさ。

真田丸のHPも、ついに消えていくと思うと、なんかもうロスだらけですよ~~~~~。

と、久々に更新したのに、愚痴かよ!ですいませんーーーーっっ

先週のEテレのスイッチが、作曲家の服部さんと、小日向さんだったので、
余計に、里心つきまくりでございます。




[PR]
by aroe-happyq | 2017-01-31 10:31 | ほんの世間話 | Comments(2)
昨日、「総集編」も無事終了。

ついに「真田丸」とお別れのときが迫っている。

来年の大河がどー考えても、つまらないそうなので、今年の余韻でどれだけ暮していくか(笑)。
(来年のも、半年やったあたりで「実は、男だったのです」と衝撃の告白をするとかって、どう?
なんか、男だった説も出ているみたいだから)

で、この期に及んで、って感じですが、信濃新聞で「真田家の肖像画」いろいろ違っていた問題が勃発!

信濃新聞の記事→こちら

「幸村像」の原画が収められていた箱を確認したところ、「真田源太左衛門信綱侯御画像一心谷蓮華定院」
と墨書されていた。中沢さんは「信繁との接点は見つかっていない」とし、
描かれたのは信綱である可能性が高いとみている。

「昌幸像」の原画は、1987(昭和62)年に表具を新調する前に収めていた箱が存在。
当時は信之の側室玉川氏(右京)の肖像画と一緒に収められていたとみられる。
箱のふたには銘があり、信之を示す「大鋒院殿従五位下伊豆守真田滋野信幸朝臣像」、
左隣に玉川氏を示す「清花院殿平井源亀子像」と記されていた。

つまり、幸村だと思ってたのが、信綱(ドラマだと、おこうさんの父だったっけ?)で、
昌幸パパだとおもっていたら、信之だった、ってことか。

その前に、ちゃんと箱に書いてある文字を読んでこなかったほうが、問題か?
(江戸~昭和までって、けっこうテキトーだよね)

いや、この発表も、あと1年前倒ししてほしかった。
すでにグッズにもなったり、展覧会もさんざやった後じゃないすか……。
そもそも、もう大河ドラマは終わっているし。

しかし、歴史人物の肖像画って、いまやほとんどが「伝」つけないと、って感じになってしまい、
わたしたちの覚えた教科書は、ほぼ今では使えぬというのが、悲しいですね。
真田家でさえ、こんなにまつがっているなんて。

ま、それはさておき。

今年一年、あまり更新できずにすいませんでした~~~。
にもかかわらず、拙ブログを見に来てくださって、ありがとうございます!

来年はもう少し更新できるよう、相勤めまする(笑)。

それでは、皆様、よいお年を!




[PR]
by aroe-happyq | 2016-12-31 13:12 | ほんの世間話 | Comments(2)
本日発売の「ウイングス」2月号の、碧也ぴんくさんの連載「星のとりで」第4回ですが、

いよいよ蝦夷へむけて、開陽が仙台より出航した、その船中で!

箱館脱走連の平均年齢をあげまくりのお二人こと、永井玄番(作品中では尚志)&中島三郎助が登場!

さらに高松凌雲先生も!


詳しい内容はネタバレになるので、これ以上は書きませんが、

とりあえず、嬉しさのあまり、記事にしちゃいました☆

やっほーーーー♡



[PR]
by aroe-happyq | 2016-12-28 13:50 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq