東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

カテゴリ:広く幕末ネタ( 115 )

本題に入る前に、ちょっと(どころではない長文で失礼)…。

真田丸37回、信幸&忠勝の舅婿コンビが素敵でした~♪
(湯婆婆家康に幸の字を奪われた、千こと信之アニキはよく頑張りました!それに江戸中期からちゃっかりと真田家は幸の字に戻りますからモウマンタイ(爆))
家康もこのときの忠勝への配慮で、後年信繁に大坂城で偉い目に遭わされる。
これは平清盛が源頼朝を斬首しとけばよかった教訓話に似ていますねっっ。
ただこのとき真田父子が斬首されちゃうと、この大河ドラマ「真田丸」はなかったと思うと家康にありがとうと言っておきたい(笑)。
(だが家康が考えるほど、九度山の暮しは生き地獄ではなく、真田父子はそれなりにたくましく生きたのだった♪)
さて、三成の最期でしたが、奥様の「私利私欲はなかった」「豊臣家のために」という悲痛な叫びが印象的でしたが、
思うに三成はそこが人望の薄さに繋がっているのではと思います。
三成って、我が愛する家宣将軍の側用間部詮房に、立場も私利私欲のなさも似ているような……。
秀吉あっての三成は、秀吉がいなくなるとその権勢はみるみる衰えていきました。
もしわずかでも私利私欲があって、そこそこ私腹を肥やしてましたなんて人間臭い奴だと、権勢を維持するために策を弄するのですが、
三成はそういうことに興味がないから、人が寄ってこない。
欲にまみれて躓きやすい人間(可愛げのあるタイプ)の多い大名は自分たちと違う種類の彼をつまらないと思って相手にしません。
だからどのみち三成さんは自滅しかなかったのかな、と。マダム三成の叫びで、はた!と思いましてございます。
(無私の人間部詮房は6,7代に仕え、そのあとは柳営の政界から身を引けば済んだので、一大名として生涯を終えられましたが、
それもこれも天下泰平だったおかげ。8代吉宗で丸く収まってよかったなと)
最後に。信繁の「烏帽子岳に3度雪が積もると…」って@ブラタモリですよね!?三谷さんこの番組みていたのね!



はい!いよいよ本題です!!!
今年はけっこう江戸博に行っている気がします☆
今回の目的は、特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」&企画展「山岡鉄舟と江戸無血開城」のふたつ!

よみがえれ! シーボルトの日本博物館展サイト→こちら

山岡鉄舟生誕180年記念 山岡鉄舟と江戸無血開城展→こちら

もうシーボルトのほうは、彼の日本マニアの本気度をみせつけられる、迫力ある特別展です!オタクパワーに圧倒されますた。
日本にこんなに関心をもってくれてありがとう、という気持ちでいっぱいになる一方、
彼の心に眠っていただろう荒ぶるマニア魂が極東の地で咲き誇ってしまったらしいのでとりあえず、おめでとうと。
シーボルトと日本はそうして、幸福な出会いをして、その某大な収集品が今もヨーロッパにあるというのは嬉しい話です。
(調度品やらなにやら持って帰ったシーボルトさん、どんだけ船賃かかったんだろ、とつまらないことも考えたりして(笑))
しかしそのおまけとして、鳴滝塾をつくって日本の学者(医学、植物学などなど)に協力を求める一方で
西洋的手法を伝授してくれたのも大きいですね。とくに医学は本草以外の蘭方を随分進歩させてくれました。
展示になりましたが、なんでも江戸初期からいろいろ西洋の薬が入っていたけど使い方がわからなかったを、シーボルトのおかげで
どの薬がどの病に効果があるか、はじめて知って、日本の蘭方医がようやく治療に役立てられたのだとか。
また、江戸時代の日本の人々にも平和だったおかげでマニアさんがたくさんいましたから、その彼らの魂をもゆさぶり、植物学、化学なども
明治になって本格的になる近代化の準備ができたのではないかと思います(明治中期になって蘭学系の知識が古いとバッサリ斬られてはしても)。
シーボルトというと、蛮社の獄のきっかけをつくった人でもあり、蘭学史からいえば、良かったり悪かったりの評価がある人ですが、
高齢になって再来日を果たし、ふたたび日本のさまざまな収集に没頭できたことは彼にとって幸いでしたが、
その当時(万延前後ね)はすでに動乱期に入りつつ有り、日本政府もあまり彼のサポートができなかったのがちょっと悔やまれますが、
その後帰国して、さらにもう一度日本へ来ようとして、そして命がつきたシーボルトさん。そして今回知ったのですが、
その息子さんたちも、赤十字社立ち上げやいろいろ日本のために動いていたというのも、ちょっと良いお話でした。

長崎に行ったときに鳴滝塾も、シーボルトの記念館も行きましたが、今回はヨーロッパからの里帰り品も多くて、
シーボルトと江戸の蘭学に興味のある人には、かなり興味深い展覧会だと思います♪
東京ではこの江戸博の展覧会と併せて、国立科学博物館のほうでもシーボルトの植物学、動物学に関する企画展示を行っていますヨ!

さて、企画展の山岡鉄舟展。
義兄高橋泥舟とともに、旗本なのに尊王攘夷主義者という異端な人、という印象しかないのですけど。
(原市之進殺害を仲間にそそのかしたとか、けっこうヤバイ兄弟だし)
今回の企画展いっても、やっぱり変わった人だと思いつつ。
虎尾の会に参加していたのは知っていましたが、そもそも尊王攘夷にはまったのが清河八郎きっかけというのが(涙)。
いちおう徳川直参なのに、清河さんの言葉に心を奪われてしまったとわ(清河さんがいけないのではなく、おいそれと他人の思想にハマるなよと)。
この人も、もし鳥羽伏見の戦い→慶喜江戸帰府→恭順という流れがなかったら、
高橋兄が慶喜警護で手が離せないからということで代打で西郷のところへ交渉に行かなかったら、
ただの謹慎中のうさんくさい直参くずれで終わっていましたものね。人の運命とはわからなものです。
ただ、西郷のところへいくとき、勝さんが山岡に書状を託すわけですが、その書状を入れる胴乱を貸したとかで、これが展示されていたのです!
この胴乱という、腰にさげるポシェットがカッコ良かった!!!!(帯に紐をくくりつけて使うっぽいのに、その紐が細いので落ちたりしまいか心配ですが)
勝さんて小物のセンス、あいかわらずいいんですけど!!!
こんな素敵なアイテムを馬に乗るときなんかに使っているのね!うわ~~かっけー、また江戸の文化にやられたー(笑)。
とまぁ、山岡展にはなにか新たな情報がないかと行ったところ、収穫はこの胴乱でした。
(いや!そういうひとつひとつの蓄積が歴史を知るということにとっては、大切なんだなーと思う今日この頃です)


ところで、江戸博ではシーボルト展のあとは、またまた!戦国時代展らしいです。
関ヶ原展、真田丸展、盛況でしたものねーーっ。来年の大河も戦国だしってことで、戦国ひっぱるのねー!
って!おい、ちょーっ待てよ!!!!
おいおい江戸っててぇのはなァ、江戸時代に発展したから江戸なんであって、戦国時代では関東のただのど田舎だぜ!?
(だって関東のメインシティは小田原@北条ですものね)
当時は誰もしらないこの街で、戦国展ばかりやってて、哀しくはないのかい~~~~~っ
もっと江戸の関する展示をやってくれませんかねーー!!
(来年は慶応3年から150年なんだから、大政奉還展とか!、薩摩屋敷焼き討ち展(笑)とか!)




[PR]
by aroe-happyq | 2016-09-19 14:01 | 広く幕末ネタ | Comments(6)
噂は本当だったような??

18年が明治維新150年だから、らしいのだが、まてまて他にいるのではないか??西郷でいいのか???

スポニチ記事→こちら

【追記】
主演に報じられた、堤真一さんは御断りになった説があり、とにかく主演ではないとのこと。
よ、よかった。ちょっと西郷さんて、イメージ違うので。
(しかし、主演を断られちゃう大河って、どーなんだろうか)


また2018年の日曜8時は、ほかの番組を探すかな。


あーーー、
真田丸、
ずっと続いてくれないだろうかーーーーっっ





[PR]
by aroe-happyq | 2016-09-03 11:05 | 広く幕末ネタ | Comments(8)
友人から教わりました情報でございます。


なんでも、NHKで黒木メイサ主演で、

スーパープレミアム「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」

平成29年1月14日(土)[BSプレミアム]後9:00〜10:29

というドラマを制作するのだそうです。

ニュースソース(NHKサイト)→こちら


た、たしか、中澤琴さんて、江戸に戻っていた浪士組のほうの人で、
新徴組に入っていた人ですよねぇぇぇぇ???
(あんまり詳しくなくてすいまそーん)

新徴組がドラマに出てくる日が、いよいよ来るのでしょうか??

そして赤い隊士服でさっそうと、江戸市中警備についてくれるのでしょうか♪
(江戸市民は、新徴組に無体を働かれても、それでも頼もしい存在として、ウエルカムでした♡)

嗚呼、楽しみです~~~~~~~っけども、
ま、それほど期待せずに、放映を待つといたしましょう(笑)

【追記】
そういえば、2018年大河、西郷隆盛だという噂がありますが、まじでガセであってほしいですね。
かつて「跳ぶが如く」ありましたけど、あれも大久保がいたからどーにか成立したわけで、
こいつピンで、主人公は無理だぜ?(笑)
だって、いつも「誰かの言葉に魂ゆさぶられて行動するタイプ」だもの。自分の絶対に譲れない堅い意志とかみえないもの。
そういう人は大河の主人公はやったらだめ。

だったら、榎本武揚を主人公にしたほうがよほど筋が通っていてかっけーよ、って
安倍政権は徳川方になど、死んでも主人公は渡さぬだろうネ。







[PR]
by aroe-happyq | 2016-08-30 19:51 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
真田丸、とうとう大坂編が秀吉の死とともに終わろうとしております。

本編も面白いのですが、真田丸の場合、物語の背景に流れる、
長年にわたる戦国史の研究成果の惜しみなき投入がまた、素晴らしい。

昨晩の「終焉」では秀吉の遺言状問題が登場しましたが、
これについて、真田丸の公式サイトでは特集さなイチで、時代考証を担当されている
丸島氏のインタビューをのせています。


さて、そこで目から鱗だったのが、
豊臣時代の西日本では、官名で呼ぶよりも、偉い人に対しては名前を呼ぶ方が
敬意を表していることになっていた、というのです!

つまり徳川家康の場合、「三河守殿」ではなく、「家康殿」って呼んじゃうほうが、
家康を敬っていることになるらしい。

それが逆になるのが、江戸時代だと。

おそらく、漢籍を読んでいた家康からすると、やはり名前より「通称名」とか「官名」
で読んでほしいなぁと思ったのではないかと。
(豊臣時代は、いろいろ我慢していたんだな、この人も(笑))

さて、それで考えたのが明治になったときのこと。ずっと気になっていたのです。

前々から不思議だったのですが、明治になると名前を普段も使うようになりますよね。
通称名とか使わず、ダイレクトにお名前で。

たとえば、勝麟太郎義邦さんなどは、江戸時代では、義邦のほうで呼ぶのは父親ぐらいな
ものだったそうな。そのほかは麟太郎さん、と呼んだのです。
それが明治になると、新政府は勝義邦で通せという政策をおこないました。
(でも勝さんも、いろいろ違う名前にしていましたね)

大久保利通や井上馨など、西国の人はわりとすんなり、名前使いをしていたように
思いますが、江戸の旗本だったみなさんは、どうもそういうのになじめないのか、隠居名とか、
幼名で使っていた名前にしたりして、父からもらった本名を使いたがらない傾向があります。
もちろん、榎本武揚のように、どーんと名前使う人もいましたが。
(でも本人は釜さんて呼ばれるのを好んだらしい)

そこで、話は戦国の名前問題に戻るわけです。

つまり、西国の人はわりと戦国以来、名前で呼ばれるのに抵抗がなかった?

それに対して東国では、ずっと名前で呼ばれたくないなーという伝統があった?

うーむ、東西の文化の違いは、食文化のみならず、名前に関しても、こんなにあるのかと、
そんなことを真田丸のインタビューを読みながら、思ってしまいました。
[PR]
by aroe-happyq | 2016-08-08 10:41 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
前の記事でも紹介した、2作品をさっそく読みました!

戦国時代は「真田丸」が楽しいですが、やっぱりお江戸を愛しているので、
なんかもう、いいな~~と思う漫画を読めるのがホントに倖せです。
(「真田丸」では真田パパに「それどこ?」扱いだった、関東でも辺鄙な江戸を
よくぞ、世界一の人口都市にしちゃった徳川家に乾杯っす。でもおととい斉藤由貴さんが
スタジオパークに出ていたら、なんだか久々に5話「窮地」の伊賀越え見ちゃった(笑))

発売日順に。
まず、碧也ぴんくさんの「星のとりで」。

d0080566_11115663.jpg


巻頭カラーにこれから登場予定の五稜郭チームのお顔がズラリ♬
……ん、まぁ……、若人の集団というコンセプトだからか、中島三郎助さんはギリギリエントリーで
このチームの裏番長こと箱館奉行永井玄蕃(本日ご命日!)の姿がないのはちと寂しいが、
(五十路のおっさんだが、心は生涯青年印なんだけども(爆))仕方ありませんぜ。
裏番出すと、表番長の釜さんの立場がねっっ。
なかでもブリュ子(笑:←子(ね)使いはやはり必須よね♡)さんが美しくて、登場が楽しみっっ。

第一回の詳しいお話はネタバレ防止で避けますが、鉄之助君が語り部主人公となっていて、
この物語は描かれていくようです。
(鉄ちゃんかぁぁぁ。もうせつなさがですねー、名前聞いただけで胸に満ちてまいります)
鉄ちゃんだけでなく、銀ちゃんとか、少年ズがかわいいのであります!

まだ箱館にはいっていないんだけど。
すでに土方さん(真の主人公)も登場。かっこいい~~~~♬♪

で。
すごく気になる問題が発生しているのですが、山野八十八さんがオネェ言葉なんですぅ。

山野というと、
わたくしとしては大好きな新選組漫画、かれんさん著「新選組美男五人衆」の主人公の山野さんで、
嫁には逃げられたが、りりしくて、真面目で、剣も強くて、申し分のないイケメンさん
というイメージが定着していたので、久々に「じぇじぇじぇ」でありました(笑)。

一番おおきく登場しているのが山野さんです☆↓
d0080566_11521875.jpg


「星のとりで」の山野が、ホントのオネェなのか、それともファッションオネェなのかわかりませんが、
今後の行方がすごーく気になりましてございます。

でもそれはさておき、この漫画第2回も楽しみ!!
早くコミックになってくれないものか===まとめて読みたいーーっ



さて、次は岡田屋鉄蔵さんの「無尽 3」です。

d0080566_1159553.jpg



この3巻は、なんといっても、伊庭八郎VS沖田宗次郎の試合!!

ええもう、ネタバレしない方向なので、多くを語れないんですけどっっ(笑)、
迫力ある、凄い試合でしたーーっっ

この作品、登場人物がどなたも魅力満点なのですが、今回から登場の試衛館ズも
素敵です~~~っ。
1,2巻と八郎パパの軍兵衛さんにぞっこんだったので、3巻からどうしようと思っていたら
問題なかったです!

八郎さんがどんどんたくましく成長していて、講武所も登場するのですが、
今はむしろ「こわっぱ」のままでいてほしいぐらいです。
なぜなら、政治の暗雲が眼の前まで迫っており、
八郎さんも試衛館の面々も剣の腕が求められる動乱の時代に呑み込まれてしまうではありませんか。
そういう時代に活躍できることこそ、漢(おとこ)の本懐でありましょうが、
彼らが心身ともに瑕を負っていくのをみるのは、辛いんですなぁぁぁぁ。
嗚呼、4巻からはハードなことになりそうです。

前の記事にも書きましたが、歴史もの漫画って、雑誌が休刊になったり、
そうでなくても、いきなり終わっちゃうパターンが多いので、
この「無尽」だけは、八郎さんの人生を描き切ってほしい(つまり箱館までですね)!
最期まで、見届けたいですっっ。




……それにしても、さきほどネットのニュースみたのですが。

銀魂の実写映画って、
どゆこと!?



絶対に将軍、登場できないじゃーーーんん!!!!!(笑)
(全裸だもの、全裸なんだもの~~~~~どこの俳優が脱ぐよーー!?っっ)

漫画の実写でも似合う作品もありますが、銀魂のようなお作品は、
アニメがいいんじゃないかと(ってもうさんざんアニメ化してますけどね)~~~~~っ

で、またなぜ小栗さんがババを引いちゃうのかなーーー?
可哀相じゃないかーーーーーっっ

【追記】
さらに恐ろしげなるニュースが!
ハリウッド実写版
「子連れ狼」!?


キャー、箱車に搭載されているマシンガンがどんなことになるか~~~っっ(大汗)
もはや拝一刀の剣の腕がいらないぐらいの破壊力確保ではないのか……

「チャン!」はやっぱり「ダディー」なんすか??(>_<)

いろいろな意味で冥府魔道……。
[PR]
by aroe-happyq | 2016-07-01 13:57 | 広く幕末ネタ | Comments(6)
普段から~♬メイクしない君が薄化粧した~朝~♬ BY北条氏政@真田丸(笑)
などなど、
世は戦国ブームの真っ只中ですが、幕末もですね、東軍に良き風が吹きつつあります(笑)。


今から6年前、2010年、大河リョーマ伝の厳しい一年でしたが、その艱難辛苦を乗り越えさせてくれた、
同年6月に発売した「週刊マンガ日本史 35 土方歳三」!!
その美しい土方さんを描かれた碧也ぴんく氏が「星のとりで」という、
箱館戦争を舞台にした作品を今月末(28日発売のウイングス)から連載されるそうなのです!

d0080566_1153588.jpg


ウイングスサイト(次回予告ページ)→こちら

どのような箱館が描かれるのか、
楽しみです!!!!!

超超久しぶりに、ウイングス、買うかな~~~♪
(コミックになるまで、待てない(笑))


そして、今月末(30日)に3巻が出る、
伊庭八郎を主人公に描く漫画、岡田屋鉄蔵氏の『無尽』

d0080566_14262011.jpg

あえて、お気に入りの軍兵衛パパ表紙を選んでしまった☆

アマゾン→こちら


数年前、こちらの作者さんの『ひらひら 国芳一門浮世譚』が楽しかったのですが、
まさか伊庭さんの漫画を読めるなんて!

1巻の軍兵衛パパにやられたのですが、2巻でコロリでどんどん干涸らびていく姿が
せつなかったです……(涙)。

おいおい、さっきから主人公の話題がないのだが!?
というわけで、八郎さんもだんだん逞しくなって、これからが楽しみなのですが、
2巻の終わりで試衛館ズが登場し、3巻では沖田くんと試合しそうな雰囲気です。

もう少し早く紹介したかったのですが、なんかねー最近、コミックス(しかも歴史モノ系)
って、急に雑誌がなくなったりして未完とかになったりすることがあったりで、
3巻ぐらいまで出てから~~がいいかなーーと思っていた次第。
(『星のとりで』の場合、ウイングスなんでまさか左様な事態には陥るまいということで)

兎にも角にも、幕末は漫画が熱くなってきて、(≧∀≦)かぎりです♬

(でもね!真田丸、めちゃめちゃ面白いよね~~~っっ(笑)←ホントは記事に書きたいらしい自分)
[PR]
by aroe-happyq | 2016-06-13 17:24 | 広く幕末ネタ | Comments(4)
横浜開港資料館で開催中の
「日独修好150年の歴史-幕末・明治のプロイセンと日本・横浜」展に行ってきました☆

公式サイト→こちら


8ヶ月ぶりぐらいで行った横浜でしたが、日本第2の大都市にしても
東京から往復で1300円弱もかかる立派な田舎ですな(笑)。
(パスモのチャージの減り方に愕然(汗))
とはいえ、この日独修好150年の歴史展のメイン会場だった国立歴史民俗博物館に行くよりは
余程近いので、これでも横浜でありがとう!と感謝してはおります。

本展では幕末から現代まで広く日独交流史をあつかったようですが、
ここでは幕末~明治(ちょい大正まで)オンリーでして、幕末の交流史だけが見たかった
わたしなどにとっては、たいへん便利でした。
しかも、横浜会場の開港資料館所蔵の資料も出したりしているので、小さい会場ながら
見応えは充分だったように思います。

万延元年のプロイセン交渉団初来日は、やはり忘れられませんね。
条約交渉中に外国奉行兼箱館奉行の堀織部正利煕が切腹していますから。
そして、その後やっと代役の村垣さんたちで条約を調印しますが、
村垣のとなりに、竹本図書頭(正雅)の名が!展示品にどーんと!
外国奉行って初期のみなさん以外は、1年ぐらいで交代するのがフツーなのに
竹本さんは長い!!!!ということを感じて、しみじみと感激しました。

そして、上野戦争&箱館戦争以外の戊辰戦争に詳しくないわたしは、
ジョン・ヘンリー・スネルというオランダ人商人を知らなかったのですが、
横浜で駐日プロイセン領事館の書記官だったとか。
ええ?でもその後、会津&米沢藩の軍事顧問だったの???
弟のエドワルドとともに武器調達などで活躍したみたいですが、
「八重の桜」で出てこなかった気が……。なんか可哀相。
(箱館戦争のフランス人軍事顧問団は有名なのにっっ)

で、会場には同館所蔵の、日英通商条約調印時に、イギリス側が撮影した、
5人の外国奉行と森山(通詞)等々の集合写真が、いつもより大きめに引き伸ばしモードで
展示されておりました。
        ↓これです。(岩瀬は上段の左側、黒めの羽織きている人です)
d0080566_10224445.jpg

        ちなみに下段で扇子ひろげてピントが一番合っているのが、堀織部正デス。

薩摩沖で台風にやられ、故障したカメラで撮影してくれちゃったものだから、
唯一の岩瀬忠震のお写真なのに、顔がぼやぼやなんです(号泣)。

今回、大きく引き伸ばされバージョンをじっとみていたら、
もしかして、岩瀬さんって、系統でいったら、往年の俳優・森雅之系のハンサムさんなのでは?
なんて思えちゃったのですが、いかがでしょうか??(笑)
(岩瀬さん、声が高めだったそうだし、骨格的には近い感じ?)
ただし、物憂げなムード抜きの森雅之顔ってことになるんですけどね(爆)。
他人をウイットな話術で笑わせる、陽性な……って、え?ダメかしら???
でも、井伊直弼たちが証言する「冷笑」するイヤミにみえる岩瀬だと、お似合いですよね。
(相手がどうしようもない分からず屋たちだと、ちょっと小馬鹿にしちゃうところありますの。ホホホ)

などなど、ちょこちょこ面白い発見もありました。

4月10日(日)まで開催中です☆
[PR]
by aroe-happyq | 2016-02-22 14:10 | 広く幕末ネタ | Comments(4)
すっかりご無沙汰しておりました。
妙な風邪にとっつかれて、ずるずるしておりました(笑)。
(ただ喉が痛い風邪なのに、耐性菌バージョンだったという感じ)

本日は、ベアトの弟子、日下部金兵衛の撮影した幕末・明治の着色写真が、
ニューヨークの公共図書館のサイトで、無料ダウンロードできちゃうらしい
という情報を知りまして、紹介させていただきます☆


New York Public Library Deigital Collection→こちら

ダウンロードのやり方は、好きな写真をポチると、詳細ページが表示されますが、
そこのページの右端のほうにある、「箱に↓」のアイコンをクリックしてください。
Download Optionsが表示され、smallサイズから、Largerまでサイズを選べます☆

ま、ダウンロードの前に、あれもこれも思わず見入ってしまいますネ!
[PR]
by aroe-happyq | 2015-11-13 19:40 | 広く幕末ネタ | Comments(2)
今年の企画展はなにかしら、と国立公文書館のサイトをのぞいたところ、
平成16年度に開催した企画展の内容が、デジタル展示として公開されていました。

激動幕末ー開国の衝撃ー こちら


いろいろ貴重な資料が登場しますが、
わざわざ小笠原回収がコーナ化されていて、なんだか嬉しいです☆


あ、今年の1回目の企画展は「恋する王朝」です。
・・・・・これはいかないなぁ・・・・(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-06-11 14:20 | 広く幕末ネタ | Comments(0)
今年はじめ、ぶっちゃけ話のできる友人と酒を酌み交わしまして、
そのおり、長州の若者による悪質な犯罪について語ったところ、
「それブログに出さなきゃ! 大河に主役級で出ちゃダメなやつらなんだから!どーせ×××・・・」
(幕末開国派過激発言のため、後半は自主規制しました(笑))
とのせてくれまして、その友人のエールにおこたえして
松陰の門人&関係者による犯罪プチリストを出してみることにしました。

前に赤禰記事のときに「最初で最後の」長州ネタと銘打ったのに、
もう一回だけ、いわばアンコールです(笑)。
(できればやりたくねぇ、アンコールでございました。だって書いてて面白くない)

プチリストということで、即出ネタと初出ネタまぜこぜですが、
この2015年、もう一度、彼らの悪逆非道ぶり(爆)を思い出していただければ幸いです。
※文久以降の京都における事件はあまりにも有名なので今回は除外しております。


①御使番・中根市之丞一行虐殺事件(現場:萩)

これはもう外せませんね。千年先まで語り継がれるべき事件です。
拙ブログではなんども登場している、幕末史史上、もっとも悲惨にして凶悪な虐殺事件!
※ブログ過去記事はこちらこちらなど。
(なぜ知られていないか?そりゃ勝者の歴史ですから、長州は隠しまくりですわな)
犯行はざっくりいえば奇兵隊ですが、もちろん首謀者は松陰の門人であります。

事件の経緯を簡単に書きますと、
文久3年7月、馬関の外国船撃ち払い事件、および小倉藩領田浦不法占拠問題等について、
徳川公儀は御使番中根市之丞を、詰問使として朝暘丸にて長州に派遣した。
中根の持参してきた書翰が将軍直書ではなく、老中書翰だとしった奇兵隊は激昂、
(長州ごときの詰問に家茂が直書なんか出すか!阿保どもめと、すでにここで奇兵隊に理解不能(笑))
馬関に上陸した中根一行だが、乗ってきた朝暘丸を奪われてしまふ。
しかも奇兵隊の陰謀で、毛利家へ取り次いでもらえないため、8月9日小郡に行く。
詰問がなかなか進まないなか、8月19日夜半、小郡の旅館三原屋に宿泊中の中根一行は
襲撃される。たまたま厠に行っていた市之丞は九死に一生を得たが、中根家の従者長谷川勇助、
家宰の須原栄、小人目付鈴木八五郎の三名が惨殺された。
中根市之丞は従者5人とともに長州脱出をはかり(途中1名殺害される)、
小船(朝陽丸は奪われたままのため)で海上へ。
ところが世にも執念ぶかい襲撃者たちは船に乗って追いかけてきたのである。
(想像していただきたい!中根一行、不案内な土地でどんだけ怖かったことかっっ)
そして船をぶつけてきて乗り込んできた敵と乱闘の末、
ついに中根ほか2名は殺害されてしまうのだった。
幸い、従者のなかで吉五郎、安五郎は負傷しながらも生き延び、広島へたどり着いた。
長州側は中根一行は行方不明と言い張るつもりだったが、この生き残った従者たちのおかげで
この世にも希なる恐るべき暗殺事件は、明るみになるにいたるのであった。
ちなみに、実行犯は、石川小五郎、有馬幸次、児玉百助、藤村幾之進、ほか。
そして主導したのは吉田稔麿、とのよしにございます。

当時の徳川公儀は国際的に認められた日本政府ですから、
いわば国から派遣された糺問使を虐殺するってもう発想そのものが野蛮なテロ集団そのものですわな。
同じ本州にそんな奴らが生きていたかと思うと、ゾッとします、マジで。
なぜ正々堂々、糺問の場で弁論によって戦わない?
反論できないほど、頭がスカスカなのか?(だったら学問しやがれ)
こそこそと宿舎を襲って、しかもその場を脱出できた人びとを追いかけてきてまで殺害におよぶ?!
さすが大河の主人公の兄チャンだ。吉田松陰センセイはご立派な門人を育てたものですわいな。

〈参考文献〉
『維新史料編纂會講演速記録2』「幕府使番中根市之丞長州に於て遭難の始末」
石田恭一『中根市之丞物語 朕が不徳ノ到ス処』
岡崎鎮生編『幕吏中根市之丞暗殺一件』
古川武雄『中根市之丞一行長州遭難の始末』


②御老中安藤対馬守暗殺未遂(坂下門外の変)の黒幕事件
(現場:江戸城付近)

これもかなりヒドイ話。だけどちょっと天罰くらっている、小気味良い事件でもあります(笑)。
坂下門外の変ったら、有名なのでこのあたりはばっさり割愛いたしますが、
そもそもこの安藤公襲撃を考えたのは、長州の桂小五郎、水戸の原市之進だったよし。
ところがそれぞれの御家の事情で、自分たちでは実行できなくなり、
他人にやらせようという話になったわけ。
そこで宇都宮藩儒者の大橋吶庵一派に白羽の矢がたちました。
大橋吶庵は江戸っ子侍なのに、水戸学にどっぷりさん。門人もまたしかり。
しかし彼らも自分たちの犯行にみえないように画策するのですが・・・・・・。
たまたまその頃、外国奉行堀織部正利煕が自刃しまして、大橋たちはこれを利用することに。
堀さんがこれといった遺書を残さなかったことをこれ幸いに、偽の遺書を作成。
(内容はハリスと安藤対馬守が不適切な交流をして、それをとめた堀が命を賭して諫めた的なもの)
この偽遺書は廻し読みされて、当時の若者のいわばベストセラーに(笑)。
そして堀家に縁のある若者もまんまと加わったため、桂小五郎、原市之進はもちろん大橋吶庵さえも
裏に隠れて安藤老中襲撃計画は着々と進んだのですが、ま、徳川公儀もバカじゃないんで、
大橋吶庵は逮捕されてしまいます。しかし計画はすでに実行残すのみというところまで出来ていたため、
逮捕を免れたメンバーで3日後に襲撃を実行するのでした。
文久2年1月15日、坂下門外の変。
で、襲撃メンバーのほとんどは討ち死にするわけですが、
手負いながら仙田彌一郎が現場から逃げのび、
なんと日比谷にある長州萩藩上屋敷へ駆け込んじゃったのです(笑)。
「桂さんに会わせていただきたい」と血まみれの仙田はいい、小五郎は留守だと聞かされると、
「またせてもらおう」と、帰らないわけです。
ちなみに屋敷の外では、安藤公襲撃事件で騒然となっており、目付や町奉行所が血眼になって
下手人を捜しているわけです。長州屋敷ではさぞさぞ困ったことでしょう。
でも桂小五郎の知り合いなので、叩き出すわけにはいかず。
仙田彌一郎は、夜になってかえってきた桂小五郎に会うやいなや、「自害するので見届けてくれ」
という、またまた迷惑なお願いをして(笑)、ホントにそこで死んでしまいました。
これって、桂小五郎が安藤襲撃事件に関与しているって、もうバレバレばわけで、
せっかく大橋吶庵に押しつけたのに、台無しです。
(ま、計画したのだから、やむおえない!?)
で、案の定、後日、町奉行所に桂小五郎は呼び出されて、仙田との関係をねちねち聞かれたのですが、
なんとか襲撃一件に関与していることはバレないで済んだようです。
ま、ちょっとヒヤヒヤしたらしいので、わたしのような桂アンチには楽しい事件でもあります☆

というわけで、松下村塾の門人ではないけれど、関係者として桂小五郎がエントリー。

〈参考文献〉
玉蟲左太夫『官武通紀』
『徳川慶喜公伝』
松本佳子『原市之進』


③御殿山英国公使館焼き討ち事件(現場:品川)


これは、もうくどくど書くより、ウィキみたほうが早いですよね(笑)。
前の2件はりきったので、この事件の概要は割愛しちゃいます。

というわけで、下手人はまるごと吉田松陰門人ズで構成された、
尊王攘夷結社「御盾組」メンバーで、
そのメンツはというと、上海帰りたてホヤホヤの高杉晋作
以下、久坂玄瑞、井上聞多、伊藤俊輔、寺島忠三郎、品川弥二郎、堀真五郎、
松島剛蔵、赤根武人
などなど。以上!(笑)

どうです、この松下村塾門人プレゼンツぶりは!

ちなみにこの焼き討ちの3日前ぐらいに、公使館(建設中のため無人)の護衛兵がお一人
殺されています。下見にきた↑上記メンバーの誰か、が下手人というのが通説です。
火をつけただけではとどまらず、血を見ないとすまない残虐性。
さすがは、松下村塾!!!


④蘭学者手塚律蔵、白昼堂々暴行事件(現場:江戸城付近)

これは被害者が生還しましたので、大きな事件ではないのですが、
現場がすごい。長州萩藩上屋敷付近なもので、
今の東京日比谷公園付近なのですな。江戸城の堀端です。しかも昼間っすよ。やってくれるわネ(笑)

手塚律蔵さんというのは、長州出身の蘭学者です。
出身は長州ですが、高島秋帆や坪井信道に蘭学を学んで、嘉永4年には佐倉掘田家に仕えたので、
かなり早くに長州を出ていたのです。
江戸本郷で「又新堂塾」なる蘭学塾をひらき、桂小五郎や西周などを教えていました。
その後、安政3年、蛮書調所に出仕したのですが、桂小五郎に乞われて、ときおり長州江戸上屋敷で
蘭学を教えることもしていたのですが・・・・・・。それがトラブルのもとに。
文久2年12月20日のこと、手塚律蔵は長州江戸上屋敷に蘭学を語りにでかけてしまいまして、
そこには尊王攘夷結社御盾組がいたんですねっっ。
しかも御殿山焼き討ち成功して、盛り上がってしまっている彼らが。
そこで開国主義者だなんのとわけのわからん理由で、手塚律蔵は暴行をうけてしまうのです。
手塚は上屋敷から逃げのび、日比谷堀端まで走ったのですが、まだ追いかけてくる。
命の危険を感じたため、冬にもかかわらず、堀へ飛び込んで難をのがれました。
12月25日、なおも命の危険を感じた手塚律蔵は瀬脇旧太郎と名をかえて、
妻子とともに佐倉へ居を移しました。
(調所では翌文久3年末をもって退職となっております)
この蘭学者襲撃事件は洋書調所(蛮書調所より改名)につとめていた杉亨二や福地源一郎、
福沢諭吉たちを震撼させ、蘭学者にはインパクトの大きい事件でした。
ただ、手塚さんは長州人で開国主義者だったことがわざわいしたのであって、杉たちは大丈夫
なんですけどね☆
この事件の下手人は、通説によると、
またもや尊王攘夷結社「御盾組」メンバーで、
高杉晋作久坂玄瑞、井上聞多、伊藤俊輔、寺島忠三郎、品川弥二郎、堀真五郎、
松島剛蔵、赤根武人
の誰か、ということです。

手塚律蔵はたいへん優秀な学者だったにもかかわらず、その後慶応2年まで
佐倉から出る事無く過ごしたそうで、なんだかこの3年がもったいない。
しかも慶応2年に洋学所に戻ってきても、瀬脇良弼という改名のまんまということで、
どれだけ暴行事件がこわかったのか!という、本当に気の毒な話です。

〈参考文献〉
村上一郎「手塚律蔵研究ノート」
(『蘭学資料研究会研究報告 81号』)
ほか。

⑤蘭学者東條英庵宅侵入襲撃事件(現場:小石川)

最初に、いっちゃいます。
こちらも、手塚さんとほぼ同時期に起きておりまして、
下手人は、今回も、おそらくは、いえほぼほぼ、
吉田松陰門人ズが作った尊王攘夷結社「御盾組」メンバーらしいです(笑)。

東條英庵も長州出身の蘭学者なのですが、
こちらは毛利家一門のひとという、毛並みの良さ。
(つまり、襲撃メンバーは主家につながる蘭学者でも容赦しないらしい(汗))
そして江戸に出て蘭学者として、身を立てたのですが、ペリーがくるよりもずっと前から
江戸ではかなり有名な蘭学者だったそうです。
安政2年、桂小五郎が浦賀におもむき、中島三郎助に造船学を師事する際も、
東條英庵の紹介状あったればこそ、だったとか。
その後、蕃書調所が開設されると、教授方として招聘され、それから徳川家直参となり、
御軍艦繰練所教授方、外国方で西洋軍学、蘭語を教えるかたわら、
重要書類の翻訳でも活躍されておりました。

そして文久2年12月下旬、東條英庵は小石川に屋敷を構えていたのですが、
その屋敷に突然、「浮浪の徒」が侵入。
東條英庵は裏口から逃げて、からくも難をのがれた。
なんとなく、手塚さんとセットみたく、襲われたっぽいですが、
ご無事でホントによかったです。

「浮浪の徒」としているのは、福沢諭吉著『福翁自伝』での表現ですが、
下手人は、時期といい、動機(ほかに東條を襲撃する人びとって?)といい、
どーみても、すっかりイケイケになっていた上記の輩どもだというのが通説です。
(通説どおり、ええ、決めつけてやりますとも!(笑))

〈参考文献〉
原 平三「東條英庵 蕃所調所教授方小傳」
(『伝記』10巻 2号、4号、5号)

以上、かんたんにおさらいしてみましたが、
吉田松陰門下生&関係者、おっそろしいヤカラ揃いですねっっ。
いったい、どういう教育をすると、こういう凶暴性が芽生えるんでしょうか。

はっきりいって、とてもNHKの顔ともいえる大河ドラマで1年間放送すべき
キャラたちではありませんね。
日曜の夜ですよ、ゴールデンタイムでしょ。
もっと正義ある男たちのドラマを放送すべきでしょうね。

どんなに自分たちの主張があろうとも、それと異なる意見の人びとへ暴力を振るったり、
あるいは惨殺するなどという行為はあってはならないことです。
中根のところでも、書きましたので、繰り返しになりますが、
主張があるなら、拳や刀ではなく、脳みそと口を使って、おおいにやりあいなさい。
それすら知らない、哀れな吉田松陰門下生&関係者。トホホ、南無阿弥陀仏。

われわれのこどもの頃、大河ドラマをみて、歴史上の人物にあこがれたものですが、
今年の長州凶悪男子には、良い子はあこがれてはいけません。
イケメンなんつって、顔なんぞでつられてはなりませぬ。
心はたいそうな不細工さんですからね(笑)。

もっと、あこがれてもよい、いえ、あこがれるべきすばらしい人物はほかにたくさんいます。
間違っても、ダマされてはいけませんよ。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-06-07 22:56 | 広く幕末ネタ | Comments(6)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq