東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

カテゴリ:あじあん音楽( 7 )

久々の新曲!



台湾映画「匆匆那年」の主題歌だそうです。

だけど・・・・・・。

せっかく林夕なのに、なんだか「フェイの前の曲のアレとコレを足すとこうなる」的で、
新鮮味がなさすぎるんですけどぉぉぉぉお。

大陸はほっといて(笑)、
なんですか、香港・台湾の音楽界も最近新しい才能ある作曲家とか、
作詞家とかいないんでしょうか?
(ちょっと前はけっこういたんですけどね~~~~~)

もっとも、今はフェイ・ウォン(王菲)としては、新曲の新鮮味問題よりも、
ニコラス・ツェー(謝霆鋒)との復縁話ネタのほうが盛り上がっているかもしれん(笑)。

だがしかし、かつて付き合っていた頃(10年以上前)、ニコラスの浮気がもとで別れたハズ。
また繰り返さなければいいのですが・・・・・・・・っっ(汗)

音楽といえば、「歌聖」ことジャッキー・チュン(張学友)が7年ぶりに
ニューアルバムを出すらしい。

え!???7年も出てなかったっけ???

ちょっとその数字にびっくりです!!!

こういう大スターでしかも歌唱力のあるシンガーさまが、もっと頻繁にアルバム出して
くれないと、たしかに音楽界は盛り上がりにかけていき、人材流出もあるかもしれない。
(同じ大スターですが、マドンナのアルバムリリースペース&内容充実度は本当にすごい!)

マドンナと比較するのはどうかと思いつつ、王菲とか張学友や、
そしてラウラウさまこと、アンディ・ラウ(劉徳華)とかね、
そういうBIGなみなさんがもちっと音楽でも活躍してほしいなぁぁぁと
(もちろん、若手で活躍している歌手さんいますけど!)
昨今の香港音楽界のそこはかとないさみしさを考えると、
まだまだBIGなみなさんがひっぱってほしいものです。

だから、フェイもね、いい恋して素敵な曲をいっぱい作って
早くアルバム出して~~♪(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2014-12-11 14:37 | あじあん音楽 | Comments(2)
フェイ(王菲)関連の記事はすんごーーくお久しぶり☆

だって・・・・記事に書くことがなかったんですものっっ、ずっと、ずっと(涙)。

なんとなく久しぶりに香港新聞あさっていたら、りんご新聞で
こんな記事が出ていました→こちら(中国繁体字の記事)

先日、離婚を発表していたので、フェイ姐さん、ひょっとして
本格的にお仕事に戻ってくれるかしら???
なんて、ごくごく淡い期待を寄せていたら!(笑)

香港の著名な音楽プロデューサーにして、フェイの香港デビュー作から
アルバム制作を手がけてきた、アルヴィン・リョン(梁榮駿)とのツーショット記事がっっ

しかもフェイと新曲を完成させた、そうなんです!!!!

・・・・・嗚呼、よかった・・・・・。

あのまま北京で新曲つくられたら、もうダサくて聴けねぇ・・・・(涙)と
ぐったりだったんですけどっっ。
(いや・・・・もう、本当に昨今の新作シングル曲は・・・・マジで勘弁してほしかった・・・・・)

アルヴィン・リョンなら・・・・・・また90年代のような、素晴らしき楽曲を
提供してくれるはずっっ。


香港発売の新作アルバム、待っていますっっ!!!!!

・・・・しかし。いまどき、香港のCDってどーやって買うのだ?
以前はタワレコやHMV、ヴァージンメガストアでフェイなどは予約受付まで
してくれたのだが(特典ポスターまでつけてくれた・感涙)、
今はもうそんな制度はなかろう・・・・・。
やはりyes.asiaで香港から通販か。

数年のあいだに、香港からの輸入CD環境はけっこう不便になったかもしれなひ・・・・・。
[PR]
by aroe-happyq | 2013-10-11 17:46 | あじあん音楽 | Comments(2)
一日遅れですが、新年快楽~!(旧暦)
なんだかやっと本当の新年が始まった気がします♪
(遺伝子的にこっちの暦のほうがしっくりくるみたい・笑)

さて、昨年復活したわりにはあまり姿をみない王菲の久々のお仕事姿が
22日夜、中国の紅白みたいな歌番組でみられました。

しかも贅沢にもイーソン・チャンとのデュエット!



ところがあちらのネットでは緊張していて王菲の声が出てないとか、なんだとか、
かなりの不評みたいです。

いちおう長年のファンですけど、ま、最近はこんなもんかと(笑)。
そもそもあがり症の大スターですから。
かつて日本武道館でライブやったときなんか、超ガチガチで
こんなもんじゃありませんでしたよ(笑)。
歌の出だしも間違えちゃって、てへへって照れる姿はとても可愛らしい人でした。

今回はやはりイーソンさんが上手すぎなんですよ!
だからアラフォーなフェイさんはノドの若さがイーソンさんの歌唱力に
マッチできなかったんだと思います。
できれば、イーソンさんとは95年ぐらいの絶好調すぎる王菲と
デュエットしてほしかったっす☆
(って前にもいった気がするけど、もう一度いっとこ)

王菲はアルバムではなくシングルをぼちぼち出していくようですが、
シングルがたまったら、香港か台湾からまとめてCDアルバムを出してほしいですっっ
(だから大陸発売のCDはパチモンが多すぎて手が出せないんだってばーっ・涙)
[PR]
by aroe-happyq | 2012-01-24 19:17 | あじあん音楽 | Comments(0)
久々にyoutubeにアクセスしたら、
こんな画像をおススメされちゃいました(笑)

胡軍、そして王菲&李亞鵬という単語の意味を
ご存じの方のみ、下のmoreからお入りください(爆)

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-05-28 19:12 | あじあん音楽 | Comments(2)
なかなかフェイの新譜がでなくてヤキモキしているなか、
8月のはじめにかの名盤「天空」(1994年)が噂の高品位CD
シリーズの1枚としてリリースされたので、思わず飛びついた(笑)。


d0080566_17393494.jpg

K2HD MASTERING 
王靖雯 天空


日本Memory Tech 製
(香港 発売)




もともと台湾で制作され、94年発売当時から
この「天空」というアルバムの音の良さは、曲の良さと共にピカ一でしたが、
より生の音に近くなったK2HDのCDで改めてきくと、

驚くほどの音の鮮やさ

本当の本当に名盤です~~~~(涙)

発売すぐに香港のyesasiaに注文したら品切れになり、
けっこう待たされたんだけど、待った甲斐があった!
(K2HDCDなのに1780円なんて、昔買った「天空」アルバムより安いし~~~)

・・・・・・でもこのマスタリングシリーズ、良いです。
ほかのアルバムもK2HDにしてくれないだろうか。
もう聴きすぎて音が飛んでしまうフェイのCDがたくさんあるのだっっ。

それにしても。
ホントにフェイちゃんの声ってきれいよねーー(笑)。
え?今さら言うな??
でもどんなマスタリングしても、これだけは変わらずに美しいです☆

またこういうすんごくイイ!アルバムが生まれたら、いいナ♪
と思うけど、今度の新譜はどうなるのか、な~~~~~。
今年のライブの布陣をみているとガッツリと大陸音楽人で
固めてるようだし(今のところ大陸でのライブ予定しか公表してないので当然ですが)。
フェイのライブって台湾チームがバックの時がいちばんナチュラルで
いい音が出ていたと思うんだけどなっっ。

以上、「天空」は永遠に素晴らしいアルバムである!ということを
再確認いたしました。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-09-14 18:21 | あじあん音楽 | Comments(0)
youtubeで今年の5月のパフォーマンスを発見。

王菲ご存じな方はみてネ!
[PR]
by aroe-happyq | 2009-07-19 19:16 | あじあん音楽 | Comments(2)

胡思亂想(夢遊)

d0080566_1758738.jpg

胡思亂想(放題:夢遊) 王菲(フェイウォン) 1994 香港発売

暑い日には透明感あふれるフェイのアルバムをかけてみる。

このアルバムが南国の都市香港の6月に発売されたからだろうか、なんとなく夏に良く似合う曲がつまっている気がする(とはいえ日本で買ったときは寒いときだった)。
そしてそれでいて涼しい。
フェイの声が涼しいからというのがなによりの理由だけど、
クランベリーのカバー曲(本家のよりもこっちが好き)の「夢中人」、「誓言」、「夢遊」・・・と透き通るように美しく軽やかなポップスが揃っているのもその理由かもしれない。
それにこのアルバムはジャケからして斬新で面白い。
当時からアジアで絶大な人気を誇った大スターのアルバムに顔写真がないのはアジアでは前代未聞だった。
しかも香港版CDは、なんと歌詞カードの文字が白地に白インクで印刷されていて、よ、読めない。このあたりも人を食ったみたいで面白い。

フェイの声に惹かれたのは、映画『恋する惑星』の宣伝のために街で流れていた「夢中人」を聴いたときだったので・・・・・11年もたつ・・・・らしい。
最初に聴いたときはすごく声を加工しているのかと思ったほど。
ライブLD(そんな時代でした)をみて、フツーにこの声を出していて、驚いたことを思い出す。

何十回、何百回聴いても、いいアルバム。


今は産後の休暇のはずのフェイ・ウォン。また唄う気になったらアルバム出してほしいなぁ・・・・(爆)。できれば売り上げなど気にしないで、フェイの感性のままに作曲した曲のアルバムを。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-08-06 18:18 | あじあん音楽 | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq