ブログトップ

東都アロエ

そして、元禄忠臣蔵

国立で舞台があると聞いた時から、
今度こそDVDがでる、DVDがでる、と予想していた・・・
溝口健二『元禄忠臣蔵』DVD2枚組み発売!
が本当にあることを知り、やった=!!と叫んでおります。
(さっそく26%OFFの○天ブックスにポチっと☆)

これで・・・・・・・・11月の国立の無念が・・・・・・・・・・。
晴れます。

綱豊卿を、中村梅玉さんがおやりになるときいてから、
観にいくべきか、無理はやめるべきか、まるでハムレットにように
毎日悩んでおりました。
中村さんは関西で綱豊といえば、この方!というほど何度も
この役をおつとめになっていらっしゃる。
それは充分わかっているのです。

だけど、だけど、年齢が・・・・・・・・・・・・・(爆)。

やはりもちっと若くないと、自分のなかの綱豊卿とイメージが・・・・・。

どうも世間の「家宣=じじい」みたいなイメージがとにかく嫌なのです。
だって将軍やっているときだってたかが50歳ですのに、ドラマでは
すんごいじーさま扱い・・・・・・・・・・年上の新井白石のほうが若い役者とか
だったりすることさえ・・・・・(涙)
ゆえにせめて、綱豊時代ぐらい若者でみたい。

正直申せば、今回11月国立、出演者のお名前を拝見して、
是非是非、片岡愛之助さんに演じていただきたかったなぁと。
気品、口跡、どれをとっても貴公子綱豊卿にピッタリ。
この人の綱豊になら説得されちゃうだろ、富森も・・・・と(笑)。
実はずっと前に放映していた、「夜桜お染」(フジTV)で愛之助さんを
初めてみたとき、「この人に綱豊卿を演じていただきたい」と勝手に
心の指名をさせていただいておりましたもので(爆)。


というわけで、友人と協議の結果、国立観劇は断念させていただいた次第ですが、
そうなってくると、映画のほうがみたくなりました。
うちのビデオデッキが壊れているせいでテープみられないし。
DVDないかしら、と思っていたら。
出てくれるです。

11月22日。この発売日がワタシの観劇日と決まりました。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-30 14:30 | ちょっと元禄・正徳 | Comments(0)

御自分。

d0080566_10254746.jpg

かたい本を読み続けているとやわらかい本が読みたくなりました。

そこで読んだのが、『江戸の声』という本です。

江戸時代の人々がどのように話していたか、を紹介してくれる本。
気がつくと、町人の皆さんの言葉の本は多いけど、武家言葉ってホントはどうなの?
という疑問を少し解決してくれる一冊です。

目下ハマり中の老中首座阿部伊勢守正弘はどんな感じで話していたのか??
・・・この本では明治の『大奥秘記』の一部しか紹介していないので、
全部かわかりませんが、老中ランクですと、YOU(あなた)を・・・・・・

御自分

・・・・・え?

用例:「御自分はいかが思われる?」

という感じでしょうか?

「おまへ」とも使ったようですが、「御自分」のほうがいささか丁寧?

どうもこの御自分は、目付あたりまでみなさん使っていたらしい。
では、岩瀬さんも永井さんも「拙者はかく思うが、御自分はどうなさるおつもりか」
みたく使っていたのだろうか(もちろん公的な場だけですけど。日常では「おれ」で
「おまえ」「おぬし」です。旗本は口が悪いのでとっさにべらんめぇも有)。

なんだか興味が出てきてしまいました。
原典『大奥秘記』を図書館でチェックしてくるしかない!
(結局、惹かれたのは↑の本のほう・・・・・(爆))
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-29 10:39 | 幕臣系 | Comments(0)

基本に戻って。

d0080566_17513195.jpg

ようやく仕事から脱出できそうなのですが、まだ時間がないので
とりあえず、原点に戻るべく、『大学・中庸』を読み直し中。

中国古代史を研究していたときに買った本がまだとってあってホッ。
まさかまたこの世界とこんにちはしなくちゃならないなんて。

しかし徳川の官学は朱子学。

幕臣を理解するのにこれは外せないとは思いつつも、いままで見ないふりをしてきたが、
やはり今一度、頭にインプットしてみようかと。

中国古代史を研究していた経験が役に立つとは思わなかったけど。

とりあえず、最後までちゃんと読もうっっ・・・・・・・(涙)。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-24 17:56 | 幕臣系 | Comments(0)

幕末カフェ

友人と酒もはいっていないのにおバカな話をしてしまった。

幕末居酒屋はあるけど、カフェはない。
では実際あったらどーするんだ!?

幕末カフェ。

カフェといっても、今流行りのコンセプトカフェ・アキバ系。
路地はいって、ビルの3階くらいにある。
のれんをくぐり、店に入ると、ドドーンと軽く太鼓がなる。
(海外の日本料理店のよーなチープさ・・・・・)
まずは裃の礼儀正しい侍が席に案内してくれる。

席に座ってメニューをみていると飲み物は、

ブレンド(ペリー)・・・苦みたっぷり威圧的な濃さ
ブレンド(ハリス)・・・粘り強いコクとまろやか
パークス・カフェオレ・・・複雑な味わい
ロッシュ・ティー・・・・エレガントなローズ風味
クルチウス・ココア・・・あまさ控えめ
禁裏グリーンティー・・・普通のお抹茶

ここからが問題だ。

攘夷サンデー
開国パフェ

のどちらかに、

尊皇クッキー
佐幕チョコ

をトッピングした瞬間、あなたを給仕するウエイターが決まる!

メイドカフェ以上に、その人になりきったウエイター登場。
なりきりすぎて、本人以上という噂もある。

坂本龍馬、土方歳三、伊庭八郎、高杉晋作が常駐。
日替わりで、中岡慎太郎、岩瀬忠震、西郷どん、榎本釜次郎、
        桂小五郎、大鳥圭介、井伊直弼(←なぜか)。

・・・・井伊直弼は、お茶をたてたり厳しい礼儀のなかにも風雅が香るウエイター。
   でも名門大名なのでそもそも給仕はヘタである。身内にイジメにあったので
   性格も暗い。開国大老といわれるが実は西洋が嫌いなので
   そういうランチを注文するとランチと聞いただけで不機嫌になる。 という設定。


ランチメニューもある。

新選組ランチ(関東風味付けのお惣菜たっぷり。京まんじゅうもついてくる)
長崎海軍伝習所ランチ(サンドウィッチがメイン。なぜかシャンパン1杯付き)
慶喜ランチ(一見すると普通のお重にはいった和食弁当・・・だが食べてみると
        見た目と違って次々とよくも悪くも予想外の味付けが展開)
薩長同盟ランチ(薩摩と長州の自慢の味が争うかのように並んだユニークな定食)
安政五カ国条約ランチ(米・英・仏・露・蘭の美味しいものが一品づつ出されるラン
              チ・コース。ただし味付けは19世紀のまんま)
徳川柳営ランチ(将軍の食事を再現。はっきりいってマズイ)



・・・・・とこんな話で盛り上がってしまいました。
ホントにマニアな会話です(汗)。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-11 19:26 | 広く幕末ネタ | Comments(0)

史実的に有名で二人を繋ぐもので、一番有名なのは広島出張でしょうか。
後藤象二郎に近藤さんを紹介したのも、永井でしたっけ。

ところがそれ以前から二人を繋ぐ赤い糸(爆)があったのです。
京都東町奉行として江戸から赴任してきた永井は、
壬生の医師大村さん宅を宿舎に定めたのでした。
(二条城近くの奉行所から壬生は近いので)

そして数ヶ月後、浪士組が京都にやってきて、
(浪士組を率いていた鵜殿と永井は共に元目付で同僚。岩瀬も
含めて三人で井伊大老に正面からはむかった無鉄砲三羽烏・・・・)
浪士組のなかの近藤たちは壬生に宿舎と定めた・・・・・。

まごうかたなく、二人はご近所さん(爆)。

しかも鵜殿と「久しぶり~」と面談したと思われる永井。
鵜殿「浪士組になかなか骨のある奴がいるよ」
永井「会ってみたいなぁ」
鵜殿「壬生にいるから、一度覗きにいってくるといいさ」
永井「え。壬生ですか」

・・・・・近藤さんが鴨と悶着している当時、すでに永井ことあやしいオヤジが
壬生八木・前川邸付近をうろうろしていたかもしれない・・・・。

あるいは怪我をしたという浪士組のみなさんが医師大村さんちに
担ぎ込まれたら・・・・・手当てを手伝ってしまったかもしれない。

と、ここまでは近所だった、というだけで膨らませた妄想。
以下は、ちゃんと記録に出ていることです。

永井の家臣の奥谷文吉による「永井玄蕃頭随伴記」によりますと、
(大村宅を宿舎にしたという話もこれが元ネタ)

永井が若年寄格となり、大きなお屋敷に引っ越してからの事。
彼は家来たちに夜は学問、昼が武芸の稽古を課していたらしく、
その一環として近藤先生が道場にきていたらしいのです。
近藤さんが新選組でお忙しいのに、永井家家臣に天然理心流の出張稽古をしていたのです。

そして永井の家来にはそんな近藤局長を慕って新選組には入隊してしまう
ものまで現れてしまいました(爆)。

後には、二条城の守りを水戸家と新選組がもめて、永井が双方をおさえて、
自分の持ち場の伏見奉行所に新選組を守備させて、近藤の顔をたてたり、
近藤が撃たれれば、松本良順を遣わして手当てをさせ、
しかも本当は永井が行かせたのを、近藤が元気になればと「上様の御命」で
派遣したと優しい嘘をついたり、とても近藤さんを大切している様子。

江戸に戻ったらあっという間に永井は朝敵扱いで職務も権限も剥奪されてしまったので
近藤さんの役には立てなかったけど、
そんなこんなで、とても気の合った!?永井と近藤局長でした。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-06 15:02 | 外国奉行ズ | Comments(0)

新選組!アジアで評判記

香港や台湾のサイトをちょこちょこみて回る事も多いので、自分の大好きな
新選組!はどんな風にみられているのかな(又はみられていたのかなと過去形で)と
気になり、今までときおり調べてきました。
(これらの観客がどういう手段で視聴しているかについては一切不問とす(爆))
ここではそれをコンパクトにまとめて記録として記しておきたいと思います。


2004年の中旬までは反応はほぼなく、ちょっと賑やかになってきたのは
2005年になってからだった気がします。
台湾のみならず、あちらこちらで(大陸でも、とか)感想を言いあい、
討論(!)している掲示板などが出てきたのはやはりDVDが出てから。
(繰り返しますが、これらの観客がどういう手段で視聴しているかは一切不問(汗))
そんなわけで、数字とか、そういうしっかりした調査ではぜんぜんないけれど、
ワタシが目撃してきたもの(とはいっても独断の入りようもなく)を発表させていただきます。

調査は台湾、香港、中国(大陸)、韓国。
(ちなみにワタシの中国語学能力は読むには不自由しない程度。
ハングルはできないので、翻訳サイトにかけてすごい日本語直訳
を参考に自分の人生経験により(笑)読解したものによる)


・・・・でこれが好みがすんごく割れていたのが面白い。


*台湾、香港、中国(大陸)、いわゆる華圏の組!ファンは、

ウルトラダントツ人気、山南さん!!!!

付いたあだ名が「菩薩総長」。
誰かつけたか、菩薩総長。どう伝播したのか、大陸でも台湾でも菩薩総長(共通)。
組!をみていた人々のなかで、もうすごい人気。
大人気、大好評、大好物(爆)・・・・といった感じ。しかも男女問わず。
(でも書きこみは女の子が多い気がしました)

もちろん、最終回よりも「友之死」の人気、最高潮。

哀しいのは、華圏ではいまいち人物の本質まで理解されていない、副長です。
副長というと「冷酷」という言葉が飛び交い、
「菩薩総長」の敵(注:わたしが言ったのではありませんっ)ゆえに「魔鬼副長」と
呼ばれ、どうして山南さんを死に追いやってしまったの~と非難の的に。
でもおそらく、副長の人物の理解云々を超えて、みなさん、山南贔屓なんです
(爆)。とにかく好きなんでしょう。
なんとなくわかっている感じの感想もなきにしもあらずでしたが、それよりも
総長の微笑みにやられてしまった、みたいでした。

もちろん副長のファンもいるのですが、こっそり少数派・・・・・・・です。


*そしてこれに対して韓国の組!ファン。

人気は真っ二つ! 土方歳三と斉藤一。

この二人に愛と感動が集中です。
あだ名はとくに・・・付いていないです・・・・・。
こちらのファンは「組!!」も漏れなくチェックしておりました。
日本で放映の日にすでに感想がUPされるあたりが・・・・・早い!
隣の国ですから、電波が風に流れていくのです。

男の志とか、誠とか、そういう話を語っていた感想文が多かったです。
そういう熱いままに、土方の生き様も、斉藤のポジションも、かっこいいという感じ
でした。(男の子の書き込みがどちらかというと多い印象です)

もともと、組!に限らず、アニメやマンガでも、
華圏・・・・眉目秀麗、体細い、王子様系、貴公子系、文人タイプを好む
韓国・・・・男は顔だけじゃない、熱くカプサイシン!?的、ニヒルなヒーローを好む

という傾向があるように思われていたのですが、
組!でもその好みがしっかりと反映されていたようです。


ちなみに局長はどちらの人気ランキングでもはじめから殿堂入りです。
(SMAPはやはりすごいのです)

沖田くんは山南、土方、斉藤に続いて好評でした。
(ティーンエイジャー女子には沖田君好きが多かった・・・)
でも今は香港で「デスノート」がヒットしているようなので、
引き続き公開する台湾でもヒットすると、この映画で藤原くんファンに
なった人が新たに「新選組!」を見だすかもしれない。
(もうしばらく組!アジアウォッチも続けるべきか・・・・・)


そして河合や武田などのちょっと脇っぽい隊士たち個々にもそれぞれ愛を感じる
ファンもいるし、いろんなキャラを予想以上に理解して視てくれててホッ、でした。
(副長だけは理解されない・・・・・?)

もともと新選組はゲームで知られているらしく入り込みやすかったようですが、
このドラマをみて江戸の雰囲気を感じたとか、東京に遊びに行ったとき、
江戸らしさを探してみたとか、サントラでドラマを偲んでいるとか、
そういう感想をみると、ちょっと「うんうんわかるわかる」なので嬉しくなります。


いくつかのサイトはまだ残っているので、これまでに見て歩いたサイトをここにリン
クしたいのは山々ですが、海外サイトですので控えました。
詳しくみてみたいという方は、ぐーぐるの言語ツールで、
中国語(繁体)と、国は、台湾、香港どちらか選択して「新選組!」で検索してみて
くださいね(香港はあまりなかったです)。
(韓国も、同じ要領で)ぶっちゃけ、台湾が一番オススメです。
荒っぽい言い方をすると、ここは繁体字(日本の漢字の旧字体です)であることと、
中文は中国語をやっていなくても、漢文を思い出すと、理解できないこともないから
です(汗)。

中国語(簡体)の、中国(大陸)のサイトはウイルスが多いので、充分に!厳重に!!注意してください。
(PCがたいへんなことになっても責任は負いかねます→うちの前のPCこれで壊れました)
それから無用な広告ウインドがドカドカ出てきたり、かなり気ぜわしい(汗)ので、
それも気にしないという方だけチャンレンジしてみてください。
(小さい声でいうとあまりオススメできない大冒険です・・・・・)
でもどうしても自分の目で確かめてみたい、という方がおられましたら、
連絡ください。


今までこういう組!あじあん評判記は内輪だけで楽しんでいました。
その当時のメールを探したのですが、一度クラッシュしたときに消えてしまったみた
いで
もっと詳しくいろいろおもしろ書き込み、とか紹介したかったのですが・・・残念ですっ。

でもこういうムーブメントがあること、海を越えて繋がっているみたいだよ、でも好みはいろいろなのね、ということだけ、お伝えしたかったので今回書いてみました。
(全キャラ好きとしてはとても冷静に眺めていましたが、さすがに副長には御同情申し上げました)

ちなみに自分も海外の史劇ドラマみるの・・・・結構好きです(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2006-09-04 09:54 | 新選組! | Comments(0)