東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昨日の「阿部正弘御命日IN谷中霊園」のこれまたついでに、
その界隈を散策してみました。

しかし最初は雷&雨だし、歩いていたら靴は壊れるし(もともと壊れる寸前だった)、
不吉がいっぱい???でドキドキの散策だったのです・・・・。
戒名に「良徳」と入っている阿部伊勢守に挨拶にいくのに悪いことは
怒るはずがない、なにせついでに永井尚志のお墓にも挨拶にいくのだし、と
いうことで強行してしまったのですが、結局は涼しいし、晴れてきたしで、
よかった良かった、のです☆

で、命日にはスルーした永井さんに挨拶にいくことにしたのも、
やっぱり阿部勢州さまのついで(爆)。
(ホントはまだ挨拶にいけるほどよくわからないことだらけなのですが・・・。
こんな未熟者でスイマセン、永井さん)

d0080566_10123333.jpg


JR日暮里駅北口すぐの本行寺。
これがまたたいへん風情のある素敵なお寺でした。
この頃がいちばん雨が降っていたので本堂の下で雨宿りをしたのですが、
本当に心地よいところでした。

谷中にはこうした古風でおくゆかしいお寺がたくさんありますが、
ここもそのなかのひとつとしてたいへんにおススメ!です。

d0080566_10124984.jpg


こちらのお寺には永井肥前守(本家)のお墓もたくさんありますが、
分家の永井能登守ファミリーのお墓はずーーーーーっと奥の奥に
ございます。
そのなかのひとつに↑この看板とともに、永井玄蕃頭のお墓がありました。
噂どおり、永井の娘さん(最初の奥様)と後添えの奥様と仲良く三人で
眠っておりました。お花もちょこっと供えられてました。
(うまい純米酒のカップ瓶でも持っていったらよかったけど、忘れた(笑)。
でもファンの能登守尚徳さんのほうにむしろ、置きたい感じです)

でも永井家のストーカー?な私のとって最大の収穫は、
お舅さんの能登守尚徳さんの奥方の情報(没年も含む)と、
尚志さんの息子・謹之助くんの情報でした(笑)。

マジで行ってよかった・・・・・・・!!!

と心から叫んだのはこのお二人の情報を知ることができたことです。
(またまた永井本人、ないがしろ?)
とくに謹之助くんは没年(数え年19歳でなくなっている)ほかは、
西周ルートの「津田真道から洋書をもらった」ぐらいしか、
情報が書かれておらず、たぶん賢そうな?若者としかわからなかったのですが、
文久2年に学問吟味を(18歳。釜さんとほぼ一緒の年齢でチャレンジ!)受けていました。
でもお成績は丙科。・・・・つまりはこれまた釜さん並です(笑)。
(釜さんが丙科かどうかは不明ですが。その下の「無」もある(涙))
これより数年前にすでに洋書をもらって勉強しているような子なので、漢学はムリ。
それに思春期に岩瀬さんや釜さんたちがオヤジ(尚志)と「欧米行きたいよねー」と
盛り上がっている屋敷で、どうしたら朱子学なんてやれますか!(爆笑)
そして今回!!!妻帯していたことも判明(笑)。
その奥様、いつかの年(破損していて読めない)
に27歳で亡くなったとあるけど・・・・夫の死後もずっと永井家にいたのか。
すると謹之助没後に養子にきた岩之丞くんとはどうなの?おあねえさま??
(岩之丞さんには別に奥様がおられますので)

・・・・勉強になりましたが、疑問もまた増えた・・・(笑)。

d0080566_1013318.jpg


こちらの本行寺には太田道灌についての石碑もありますが、
こうした一茶の碑なんかもあります。

本行寺を出て、すぐ近くの経王寺へ。

d0080566_1424149.jpg

d0080566_1425983.jpg


彰義隊ファンの方々にはすでに有名なお寺です。
しかし彼らをかくまったというこのお寺さん、エライです!

d0080566_1431184.jpg


このように上野の戦いの弾痕跡がいくつもあります。

続いて、谷中霊園へ彷徨い入ったわけですが、
その前に天王寺五重塔跡へ。

d0080566_147465.jpg
d0080566_1471920.jpg


天王寺の五重塔の在りし日の写真です。
昭和32年ごろに消失するまであったのねーーーー。
みたかった~~~~~~~。

・・・・・で谷中霊園での目的を果たして、寛永寺方向へ。

d0080566_14132837.jpg


道を歩いていたら、深川の下町資料館の野外展示がありました。
吉田屋さんは酒屋さんだったそうです☆

d0080566_14134891.jpg


こちらが寛永寺です。
増上寺と同じく、江戸時代とは比べものにならないほど小さくなってしまいました。

d0080566_1414132.jpg


門をはいってすぐの本堂。
実はこの本堂の左側に寛永寺の著名人のお墓がいきなりぽつぽつと
置かれていて、なんともむごい・・・・・・。
墓地からどうして追い出されてしまったのか。気の毒です。

d0080566_14142699.jpg


その著名人の墓の前にでーんと上野戦争の碑が立っていたりして。
でも彰義隊を偲ぶ余裕も与えてくれない、蚊の襲撃がすごくて、
(おかしいです。ほかの寺や霊園ではほぼ蚊と出会わなかったのに)
さっさと退散してしまいました。


ホントを申しますと、日暮里から谷中霊園へいったら、
根津方向へ向かうとより風情ある町並みに出会えます。
もしこのコースで散策をされる場合はちょっと遠出になりますが、
そちらのルートをおススメします☆
(まつがっても、鶯谷駅方面には・・。とつぜん俗世になりますので)

霊園以外では、能登守にご挨拶できたのがなによりハッピーでした!
(婿の尚志さんよりさらに素敵な人物の予感がするので、
ファンなんですよー。尚徳パパの(爆笑))


そして・・・・・・・・・・・。霊園での目的として、ひとつ取りこぼしを発見!
昨夜、じーっと事務所でいただいた案内図をみていたら、
平山省斎がいるのをみつけちゃった・・・・・・・・・・・。
ペリーとの交渉で活躍、堀織部と蝦夷へ行き、下田では岩瀬とタッグの
伝説の名徒目付として出発後、一橋派として活動、転落、カンバックの後は
異例の出世を果たした人物・・・・・。
岩瀬の良き部下として、その手紙のなかで、
「平謙」の愛称で有名な平山謙二郎その人だったのです。
(永井とも親しく、蟄居中も晩年も手紙のやりとりをしておりました)

乙9-1だとぉぉぉ。すぐ近くを通ったよぉぉぉ。
平謙すまん、またいつかね・・・・・・(涙)。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-31 10:31 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)
本日は旧暦にすると6月17日・・・・・・・・・・・。
厳密に計算すると先週の金曜日という噂もありますが、
普通のカレンダーにある旧暦の本日に、阿部正弘さんの命日にかこつけて
きりゅうさんと谷中霊園にいってまいりました♪

だけど・・・・・・・。

・・・・途中、マジで遭難するかと思いました(涙)!

それほど谷中霊園は大きい・・・・・・!!!

ちゃんと調べていったはずが、谷中霊園のなかなのに、寛永寺の敷地にあるという
複雑な事情で場所がわからないしくみになっております。

そういうわけで「わたしも阿部さまにご挨拶したい」という人は
まずは谷中霊園事務所にいって案内図をもらったり、臆することなく、
事務所の方にどこにあるんですか??と尋ねてから行くことをおススメします。

最初、自力で探そうとした私たちは目の前に目的地を見ながら、
「ここじゃないねー」と立ち去るという恐ろしいミスを仕出かしました(爆笑)。

いったんは諦めかけたわれらクルー(って2人)ですが)、
事務所に救助を求めたところ(笑)、
親切にも事務所の方が案内してくださいました~~~~(他力本願・・・)。

「最近阿部家の墓地を尋ねてくる人が多いよ」

以上はソラミミではありません。
事務所の方が教えてくださった言葉です。

・・・・・・なんで、かはわかりませんが、

阿部正弘、なんか↑きてます??

パチパチパチ!!!

・・・・・・・・・でもなんの立て看板もありませんけどーーーーーーーーーーー。


阿部家のいくつかの墓石を
「6月17日に39才でなくなった伊勢守」という情報を頼りに
探し回ったら、とうとうみつけつことができました。
(案内くださった方はそこまではご存知ないのです→明日からはわかりません)

とりあえず、たどり着けたわれら一行は2度目のアタックで登頂できました!!!!
(挨拶もそこそこに、おもわずガッツポーズしてしまいましたです。
伊勢守、ごめんなさい)



d0080566_2164192.jpg



ここは立ち入ることのできる区域(乙11-1渋沢は×)ですが、
礼節を守って(わたしのようにガッツポーズなどもってのほか!)気持ちよくご挨拶しましょう!


ついでに、

徳川慶喜にもご挨拶・・・・・・・・・・。

そして、もうひとつの目的(そう阿部さんの次にという意味)、
高松凌雲先生にもご挨拶してまいりました。
※高松先生は乙5-2ですが、この5-2・・・二箇所あるのでご注意!
 慶喜に遠いほうの乙5-2に先生はおられます。


今回、写真は載せませんでしたが、見たい!という方は
個人的に連絡くださいませ(笑)。

・・・・・実はまだまだついで、があるのですがそれはまた明日!
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-30 20:48 | 幕臣系(老中など) | Comments(6)
富士電視台の本日、午前中。
ヘキサゴン!

・・・・・・楽しみました♪

阿比留はヘキサゴン出場に欠かせない、いやいなかったら
ちょっとマズイぐらい、大切な隊士でした!

ペーパー10点の副長よりも、
すごくよく喋る永倉くんよりも、
源さんのキャラでいようと一人でがんばってくれた小林さんよりも、
最高にツボだったのが、タイトルどおり・・・・・・・・・・・・。
タクシーでやってきた局長でした。

はじめは釣りをもらおうとしていた、局長。
新選組局長としての威厳よりも、釣りをもらおうと待っていた姿がまぶしかったです(爆)。
(結局、時間切れということで「釣りはいい」と出てきてしまいましたが(笑))

そういう細かいところがツボツボでした♪♪

天竺ボールもかなり好きでしたが(あのストライクをぜんぜん出せない感じが)
やっぱり今回の27時間は、ヘキサゴンありがとう!でした。


昨日、榎本隆充さんの講座にいった事を書くよりまず先に、
(お世話になったみなさま、ありがとうございました!)
ついつい記したくなった、今日の出来事でした☆
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-29 17:57 | 新選組! | Comments(3)
詳しくは→こちら


29日時間はまだ分かりませんが香取さんが再び【新選組!/近藤勇】姿になります。
新選組!メンバー【土方歳三/山本耕史・原田左之助/山本太郎・永倉新八/山口智充・ 阿比留鋭三郎/矢部太郎(カラテカ)・井上源三郎/小林隆】も武装して参加するそうです。



のおおおおおおお。

阿比留鋭三郎まで!(笑)


今年の27時間、何かが起きるとは思っていたけどこんな!!!!!

・・・・・・つか、NHK大河なのに、フジの27時間登場だなんてっっ。
(NHKスタッフ、お台場へ出張だなんて~~~。もう、どんだけーー!)

どこまでも素敵です、新選組!

・・・・おかげで2004年以降の大河にいまいち盛り上がれず、
(ほぼ全部みているのにもかかわらず、です(爆))
組!後遺症に悩まされているわけですが、これで後遺症じゃなくなってしまうっっ♪


組!を大好きだった人は29日午前中はTVの前に集合だ~~~いっっ。
(とともに録画、録画!)





またまたメールで教えてもらっちゃいました。他力本願ですがありがとう!!!!
(最高の誕生日プレゼントです☆)


たくさんの「!」とともに!今日二回目の更新でした。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-26 14:07 | 新選組! | Comments(0)
幕末外国関係文書をあいかわらず読んでおります☆
(正確にいうと、さっと読んで必要なところをピックアップしている作業中)

今は14巻 安政3月8月までのところです。


のちの外国奉行5人のうち、
いちばんよく働いているのは箱館勤務の堀織部正ですが、
次に働いているのが、長崎に行きっぱなしの永井玄蕃頭(岩之丞改め)です。

岩瀬忠震はようやくハリス&ヒュースケンがやってきて、
井上清直とともに下田掛になったところ。
「開国の星」になるまでにはもうしばらく時が必要です。


そんななか、「開国の星」岩瀬より先に長崎から永井が「交易御開、富国強兵・・・」
と叫んでおります。
それが今回メモっておこうと思った、「長崎在勤目付上申書 交易開否の件」です。


永井玄蕃頭と岡部駿河守の二人の連名によるものですが、
イギリスとシャム(現在のタイ)の修好通商条約が添付されて、江戸へ送られました。

上申書の内容はすごく簡単にいうと、「世界の形勢をみても、交易開始は避けて
通れない。一刻も早く交易開始を布告し、蘭人の協力もあるから各国の交易の調査を
して準備を整えましょうよ」という、
交渉の現場から、開国の結論を延ばしている幕閣へと決断を促すものです。


この当時、いちばん外国人に接しているのは「人数」では堀さんですが、
オランダ商館長という優れた補佐のおかげで、実のある話をじっくり行い、
「質」のほうでいえば、永井のほうが日本でいちばんでした。
長崎に赴任できた彼の幸運としかいいようがありません。

この当時は英国人のアジア担当要人が長崎に滞在しており、
日本側と交易についてもかなり詰めた話し合いがなされていた。
(この当時、日本へやってきていた英人は日本をどうこうしようという野心もないので、
不平等条約を結んでやろう、などという輩は存在しえないことだけは付け加えておきます。
これはハリスにもいえること。もちろん、異国を恐れ圧力をかけられて条約を
結ばされるようなトンチキは日本側にも皆無である事も)

長崎在勤目付として異例に長い勤務である永井は、
つたない日本の外国交渉担当のなかでは、すでにベテランの域に達していたので、
かつてペリー来航のおりに「打ち払い、交易不可」なんて強硬な上申書を出した
面影はないといっていいでしょう(単に、臨機応変な人なので(笑))。
彼は交易開始、富国強兵という、古賀謹一郎たちが再三叫んでいた開国論こそが
日本の近代への道であると、この長崎で結論にいたったらしい。
(しかも永井の近くには、古賀と並び立つ開国論の勝麟太郎もいるのですよね。
伝習所の夜の酒盛りで、そういう話になってもおかしくないし・・・・(笑))
そうした想いがこの上申書に込められています。

この当時だけ、永井さんは「開国の星」だったようです(笑)。
すでに前年の安政2年11月に、長崎製鉄所建設の独断契約なんていう
大それた暴走をやらかしているので、永井のなかの開国論はこのときより
少々前から心にはあったようにも思えますが・・・・。
公文書でおおっぴらにここまで書いたのはこのときが初めてです。

岩瀬がなぜわざわざ、安政4年3月に、
伝習所帰りの永井をどしゃぶりの雨にもかかわらず、
品川港で待っていたのか、これでよくわかります。
・・・・ちょっとおくれて、自らも開国しかない!と思い至った岩瀬さんは
永井とその話をしたかったのね・・・・みたいな(爆)。

そして岩瀬にエンジンがかかれば、あとはもう永井さんは後からついてゆけばいいわけで。
(とことん裏方的な役割が好きみたいですね、永井玄蕃頭氏は(笑))
 

ホントはちゃんと引用して・・・・・メモではなく、紹介をしたいところですが、
暑くてポチポチとキーボードを打つ気力がありません。
どうぞご了承くださいまし。



※この上申書は「幕末外国関係文書 14」 825Pに掲載されております。 

 
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-26 10:48 | 外国奉行ズ | Comments(0)
ミネラルウォーターが好きで数年来、飲み続けております。
好きなのはビッテルとコントレックスです。


最近は通販でお安く手に入るので、ホントに助かっているのですが・・・。


ふと、コントレックスを注文しようとして、この水の成分表が目にはいったところ、
硬度1551という、超硬水で、1500越えを誇っていたコントレちゃんが、
1468という数字に・・・・・・・・・。

1468?


するとそのサイトにも「硬度変更」のことが書いてあった・・・・・・。


やはり硬度は変わっていたのだ。



というか、水の硬度ってやっぱり変化するのですね。

飲み始めた頃より、飲みやすいと思っていたのはただの慣れだと
思っていたのですが、ミネラル含有率などが変わっていたのですね(笑)。


ちなみに公式サイトではまだ数字は前のままです→こちら公式サイト

とくに硬度がやや下がったからといってコントレへの愛は変わるものでは
ありませんが、好奇心が強い性質なもので・・・・・・。
原因はなんなのでしょうねっっ。気になります♪
やっぱり地下から汲み取りすぎ?
それとも環境の変化でしょうか。

いつかどこかで解説が出たらまた報告します☆
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-25 10:56 | ほんの世間話 | Comments(0)

箱館戦争銘々伝

d0080566_1084193.jpg















詳しくはこちら→セブン&Y



友人がメールで「出てたよ!」と教えてくれました。
(ありがとう、Sちゃんっっ)

そろそろかなと先週あたりは書店を注意して回ってみていたのに(笑)、
そういうときは出ないものです。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-25 10:14 | 箱館または釜さん | Comments(0)
今日はどんたく(ゾンターク)なので、ゆるい話題を。
・・・・・・・・とくれば、どうでしょう、しかないかも!?

本放送から8年にして、視聴中なわけですが、
とうとう、東京MX放映分では先週、どうでしょうの伝説のひとつ、
だるま屋ウィリー事件」を目撃でき、ただただ感無量でした(爆笑)。


*追記
Youtubeでのだるま屋ウィリー事件映像は→こちら


最近、録画ではあきたらず、どんなに夜遊びしていても(爆)、
水曜11時にはテレビの前に集合!というリアルタイム視聴派になってしまいました☆
(録画は録画で、保存用に・・・・)


すでに来週が待ち遠しいなんて・・・。どんだけ中毒~~~~??


他にはまっているのはなぜか時代劇専門チャンネルの「御家人 斬九郎」(大爆笑)。
昔みていたので懐かしい~~といいつつ、すでにシーズン2突入。
渡辺謙さんがかっこいいのは世界中が知っているけど、
キュートでコミカルな演技も素敵だっていうことをこのドラマは教えてくれます☆

そしていろいろ「それって史実(実態)と違うのでは?」という点もあるけど、
水戸黄門のように腹が立たないのも不思議。
(↑お代官、各城代家老の組合から名誉毀損でマジで訴えられちゃうって!)
きっと斬九の旦那が素敵だからでしょう♪



・・・・・というようなおバカな日常を送っております(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-22 14:36 | 水曜どうでしょう | Comments(4)
昨日はなまるをみていたら、すごく面白そうだということで(爆)、
脳内メーカーと、さらに能力メーカーをやってみました。

ターゲットはもちろん、徳川海軍のみなさんです!

では最初に、明治の旧幕出身者第一号の海軍卿・勝さんから☆

d0080566_10165951.gif


やっぱり瞬発力!(爆笑) それこそ、勝さんだ!?

で、脳内もみてみましょう!

d0080566_10182279.gif


・・・・・・・・・なにげにフツーだ・・・・・・・・・・・・・・。
(つ、つまらんぞ(爆))


で、では・・・・・・次は海軍卿〈旧幕関係者)第二号の榎本さんに登場をねがいましょう。

ちょっと遊んでみまして、榎本釜次郎さん、武揚さんの2パターンで
やってみました。幕末編、明治編という感じです。

d0080566_10204066.gif


たしかにコネクション能力は完璧です。
伝習所へ入るときも、オランダでの生活でも、いかんなくその才能は発揮されました。
そしてすでに「歌唱力」が!
後年の都都逸、長唄好きの片鱗がすでにあったらしい♪

では脳内はというと?

d0080566_1022191.gif


ただの・・・・・・・・・・食いしん坊!?(爆)
いえいえ、知識の食いしん坊だと思ってあげましょう!!!

ではぐっと大人になった(はず)の武揚時代はどうでしょう??

d0080566_10242664.gif


明治の榎本さんの能力は・・・・・・キュートさ!なのか!!

・・・・・・なんだか、ちょっと納得したような、しないような???
「すばやさ」の方はまさにそのとおりだと思います。

ではそのキュートな能力の頭の中身は??

d0080566_10293433.gif


おいおい、キュートさから想像もできない、ややダーク色じゃないすか(笑)。

ま、これが大人になるってことですね♪

そうそう、榎本さんといえば、徳川海軍の双璧、矢田堀景蔵(鴻)さん!

徳川海軍期にずっと使っていた、景蔵の名前でやってみました。

d0080566_10322437.gif


学問所でも、伝習所でも常にトップの成績だった優等生クンにしては、
・・・・・・・いや、ガリ勉クンにありがちな「子供心」????
大人になりきれない系なのでしょうか・・・・・・・・・。

ではその脳内は??

d0080566_10345143.gif


やっぱり・・・・・・ガキんちょだ、この人(爆笑)。

ずっと思春期か!!!!!!

だから戊辰のどさくさに海軍ほったらかして逃げちゃったのね(笑)。
子供だから!(爆)

・・・・・・・・そして気になる、海軍双璧の雑食性って???


嗚呼、どうしましょう、伝習所の優等生がこんな実態ではっっ。

そうだ、気を取り直して、もうひとりの優等生の小野友五郎さんをみてみよう!!

d0080566_10373644.gif


使命感はいいとしても、神通力すか!

・・・・・・で、の・・・・・脳内のほうは??

d0080566_1040284.gif



秘密がいっぱいらしい~~~~っっ。
(び、微妙だ・・・・・・・・・・)


さてさて、ここまできたら、
このメンバーを仕切っていた伝習所&築地操練所初代総監の永井尚志さんにも
登場していただかないと!??

d0080566_10422774.gif


やっぱり・・・笑顔か!(大爆笑)

そうですね、笑顔でこの人は幕末の表舞台を駆け回って、
しかも生き延びたのですね!立派です!
(しかもダンディズム! ・・・・・・ぷっ。すいません、お写真の顔を思い出してしまいました。
だってお顔立ちはかなりキュート系(爆)なので)
「乱痴気」は大酒のみなので、アリでしょうね。

ではその笑顔の人、永井総監の脳内はというと???

d0080566_10445758.gif



あれだけ政治の駆け引きをおこない、しかも「切れ者」といわれた男の脳のなかは。

友情に溢れっぱなし!?

・・・・・・・・・・・・・本当に「いい人」なんですね。この人って・・・・・(しみじみ)。
(あれだけ刺客に狙われたり、戦場をいくつも経験して、この脳で生き延びたのは奇跡?)

もちろん勝さんや榎本さんとの友情も大切だったでしょうが、
きっとその80%はこの人への友情だった、といえるでしょう。

岩瀬忠震、ですね。

そんだけ永井さんが大好きだった岩瀬さんはさてどうなのか??
海軍番外編として、永井さんの親友岩瀬忠震にも特別参加してもらいましょう。

d0080566_1056381.gif


ファッション!?
伝記には書かれていませんが、案外伊達男だったりして・・・・・(爆笑)。
それより「一本気」が少ないのが妙にピンポイントついていて、笑えます。
「大衆性」も、日米修好通商条約をプリントし、世間にバラまいて世論に問おうと
した男らしいです。

・・・・・ついでに「おへそ」っていうのも、気になります。

では脳内はどうでしょうか(ちょっと心配・・・・・・)????

d0080566_10585199.gif


「愛」に溢れているのね~~~~~!!!

なんだか、とてつもなく納得できますーーーーっっ。

学問への愛、友達への愛、家族への愛、仕事への愛。
たしかにこの方、いつも愛でいっぱいです。


いやーーーー、なかなか面白いです。


・・・・・・・・最後に、↑彼ら全員が感謝してやまないであろう?
海軍創設にGOサインを出した政府のトップにも登場していただこうではありませんか☆

老中首座 阿部正弘さんです。

d0080566_1152573.gif


・・・・な、なんか全体的に能力が低いっぽいんですけど(爆)。
でも使命感というのは、ありますね。真面目な人でした。

では、その脳内とわ???

d0080566_117395.gif


ごちそうさま、という感じです。最後のオオトリとしては完璧???

やはりあの微笑の裏に、計算あり!
そして、嘘と悩みと、ワル巧み☆ 

まさに政治家の真髄をみさせていただきました。
(永井、見習え!老練な政治家ってのはこういうものだぞ!)


以上、徳川海軍の主だった皆さんで遊んでみました☆

*このメーカーはフィクションです(たぶん)。実際の歴史上の人物には関係ありません。

・・・・・・とくに矢田堀・・・・・・・・・・・。


そんな今日は、旧海の日です♪






*追記

徳川海軍とはあまり関係のないこの人の脳内をみたくなってしまった・・・・・。
それだけのことでついついポチッとやってしまいましたので、追記して載せます。

d0080566_17493696.gif



すごい・・・・・・・。頭のなかじゅう・・・・、


真っ赤な嘘


渋沢さんたち、この人から歴史の聞き取りをするときは気をつけろ!
(って、もう遅いですね(爆笑))

ついでに、能力メーカーは・・・・・・・・。

d0080566_17541797.gif


グルメの嘘吐きさん・・・・・・・。
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-20 11:11 | 長崎伝習所系 | Comments(4)
またまた幕末外国関係文書ネタです。

村垣さんの公用日記に浮かれている場合ではなく、
図書館にお返しするまでの期限内に必要箇所をコピる作業に
いそしんでいるのですが・・・・。

外国関係文書13前後・・・・いやもうずーーーっと、ずーーーっとかもしれませんが、
在府箱館奉行 堀織部正(子沢山・37歳)が大量の上申書を書いて書きまくる状況が
続いていて、ざっと読むのに(いや、最近くどくて半分も頭に入らない・・・・)
疲れてきました(爆笑)。

蝦夷地経営に燃えているんです。台場も新しい奉行所も造るので忙しいのもある。
明治以降の開拓使のみなさんのお仕事分ぐらいひとりで担っているので、
意気込みはわかります。近代に比べて知識も浅いですし、その分ドリームが
いっぱいなものわかるのです。

だけど、お・・・落ち着いて(笑)。

これを全部読まなくてはならない阿部伊勢守の身にもなってみようよ、
とおもわず読みながら、つぶやいてしまいます。
(読んでいる状況的に、今の自分は阿部さんに近いので、なんだか親近感が(笑))
・・・・この調子で、「上申書読んでいただけましたか?あの件ですが・・・・・」
とさらに捕捉説明につき合わされたら、さすがのほほえみの貴公子阿部さんも
キレちゃいますよ~~~(笑)。
(いや、キレましたけどね。一度・・・・・)

しかも箱館在勤奉行の上申書とダブルでくるんだもの・・・・・・。
(阿部&閣老のぼやきを代弁してみました)

でももっと大勢の意見も参考にして蝦夷地経営について決めたらいいのになぁ、
なんて思うのです。
古賀謹一郎さんの上申やいろいろたいへん素晴らしい意見もあったわけですが、
堀さんにはどうもちょっとそれは見えないらしいです。
「任された以上は、俺が全責任を持ってすべて決める」みたいな。
こういうあたりをみていても、その人の性格が出ていてたいへん面白いです。

この堀織部正、安政3年春から箱館勤務になりますが、アツさはぜんぜんかわりません☆


初期外国奉行メンバーのほかの人びとはというと、

岩瀬さんはまだそれほど上申書ジャンルでは目立つ行動はありません。
洋学所、あらためて蕃書調所方面の仕事をやっているらしく・・・・・・。
伊豆七島の検分の旅に出たことぐらいでしょうか・・・。
はやく活躍が待たれるところですが、ハリスが来ないうちはまだまだか・・・。

永井在勤長崎目付兼伝習所準備担当は、英国との協約の上申書などを
送ってきますが、静かにピンポイントで主張するタイプなので、
読んでいて疲れることはないです(爆)。

水野さんはときどき長崎に出張しておりますが、目立つお仕事はなく、
井上さんも下田方面にかかりきり・・・・・・。コチラもハリス待ちみたいな(爆)。


ひとつひとつ、外国人の環境改善上申書なんかもちゃんと無視せず、
(牛肉食いたい~牧場作ってーというお願いとか(笑))
取り入れて、着実に安政改革は進んでおります。

そして不思議なのは・・・。
安政2年のおわりにさしかかっておりますけど、
老中阿部さんが無言のバリアを貼っているのでしょうか?
京都方面からは攘夷関連のクレームがきていないのですけど。
これだけ局地的にガイジンさんだらけになりつつあるのに?
(ときどき、関西にも洋艦出歿しているのに)
本当に攘夷したかったら、もうかなりギャンギャン騒いでもおかしくないのですが、
家定将軍&阿部政権の下だとまだまだ徳川はこわいのか。
つまりは数年たって、大老が暗殺されるなどして、
徳川が弱ったのをいいことにクレーマーと化しただけなのか?

そして、ときどき町の様子を報告する探索書も載っているけど、
この数年後から湧いて出てくる攘夷志士とやらもまだ発生していない。
だから彼らって、胡散臭いんだよね(って、あ。いっちゃった♪)。
文句があるなら今すぐ阿部伊勢守の馬に(この当時、もう駕籠はつかわずに乗り切りです)
斬りこんでこいやー!とか思うのですけどね。

・・・・・・・・・あれ?誰かのアツさが感染したのかな??(爆)
[PR]
by aroe-happyq | 2007-07-19 14:56 | 外国奉行ズ | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq