ブログトップ

東都アロエ

箱館脱走メンバーに詳しい方でも「こいつ誰?」な存在に
スポットライトをあてる、本日の記事でございます。

ご存じの方は極々少数だと思います。
なぜなら、箱館戦争にはまったくノータッチな人なので!(爆)
この記事にはかの華麗なスターキャストたちは登場しませんので
あしからず!
戦争前になにげに箱館ライフを謳歌していた一人のささやかな記録です。

矢口謙齋はもとは武州本庄の人で、本姓は森田。
17歳のときに御徒の矢口家に養子に入り、江戸に暮すことになった。
学問に秀でていたので、林家の門人になり、のち学問吟味に及第。
昌平坂学問所教授方となる。
同僚だった岩瀬修理(忠震)や永井岩之丞と親しかったという。
その人となりは深沈威重。詩をよくし、なによりを愛した。
(どーして儒者って、酒飲みが多いのだ!?笑)
安政年間に樺太検分に参加し、当地へわたった、という。
また長崎にも行ったというアクティブな人物であったようで。
慶応4年3月、徳川瓦解時に御目付となる。

そして同年8月、永井玄蕃にくっついて北走す(笑)。
軍艦開陽に乗り込んだ矢口について「矢口謙齋伝」には、
士皆洋装、謙齋独り黄八丈をなびかせ、
白布□□(ディープすぎる漢語でPCで出ない)す。
銃を擁きて立つ。
(漢文を書き下してみました)
とある。
のっけから浮いているようなのですが、
榎本さん・・・この人乗せちゃってよかったんでしょうか??
(きっと永井の友達枠で断れない事情があったのだろう・涙)

さて箱館でおちつくと、奉行所の支配組頭となり、おもに運上所(貿易)
関係の部署で働いておりました。
この箱館奉行配下の支配組頭というと、
苟生日記(別名箱館飲んだくれ毒舌日記)を書いた杉浦清介など
がおりまして、酒飲み組頭ズ(頭領はもちろん永井奉行)を形成しておりました。
矢口の名はもちろん苟生日記にも登場し、友達の永井と漢詩会をやったり、
また杉浦や永井岩之丞(息子)と飲んだりしております。
ただ当時すでに50歳をすぎており、箱館の冬がきつかったのか、
3月になって川(河)汲温泉(ちょっと遠い山のむこうの温泉)に
療養にいったのですが。いったままで数ヶ月を過ごし、帰ってきたら。

函館陥ちるを聞く。

つまり知らないあいだに戦争は始まり、
そして終わっていたらしい(笑)。


矢口謙齋はそのまま敵陣に出頭して、捕まりました。
一年のあいだ南豊竹田に虜囚となって過ごし、駿府へ行き静岡藩士となったのち
廃藩置県後に帰農し、晴耕雨読をしつつ学問を教えたそうな。
ただ漢学の人なので、明治に起きた洋学ブームのなかで漢学が忘れられていくことを
たいへん憂いながら、62歳の人生を終えました。
(以上、矢口謙齋伝より)

箱館戦争をベースにみたら、この人はいったい箱館に何しに行ったんだ!?
という感じですが、
そもそも榎本側には戦争の意志はない開拓目的の蝦夷入りだったので
(そりゃ売られた喧嘩は買いますけどね、ですが(笑))
落ち着いたら学問所などもつくって、そのときに教授方に・・・・・・なんて
考えて本人も箱館に行ったのだろうと思われます。

逆にこういう人が脱走連に加わっていたということで、
蝦夷へいった目的が戦争ではないという証にもなるかと思いまして、
紹介してみました☆

今回の記事のベースになった矢口謙齋伝は私家版にして和綴じ本。
ようやく国会図書館でみつけたものの、後日複写などという面倒な
シロモノです。もう少し読みやすい状態だとよいのですが(涙)。
岩瀬と永井の友人という情報を得て、調べたところがこんな感じでした。
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-29 11:13 | 箱館または釜さん | Comments(4)

リンク追加♪

kotoさんのブログ、イラストでもふもふ♪日記と相互リンクを
貼らせていただきました☆
kotoさんの描かれるカッコイイ榎本さんのイラストに
いつも癒されておりますっっ。

地味系拙ブログにリンクをありがとうございます!!
これからもよろしくお願いいたします☆
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-26 09:29 | お知らせ | Comments(2)

さきほどちょっとDSをあけて、テレビニュースで島の情報を
みたら、「かまさん」の誕生パーティがホテルで開催されたとか(笑)。

・・・・・・登録するとき、旧暦だけどま、いいかって8月25日のままで
打ち込んでいたのを忘れてました。


d0080566_14244329.jpg


ちなみに裃姿の日焼けボーイは家茂似の「しょうぐん」クンで、
かまさん挟んで、浴衣姿ののっぺり男は永井介堂似の「かいどう」さんです。

なぜこの二人に祝ってもらっているかはよくわかりませんが(爆)、
とにかくおめでとう!かまさん☆

ちなみにかまさんの近況は、
恋人なし、親友は・・・・・・なぜか、兄の鍋太郎さん似の「なべたろさん」です。
やはり兄弟、気が合うのか!?
しかし「なべたろさん」は引っ越してきたその翌日にはすでにカノジョができ、
充実した島ライフを送っているのに、弟のほうはもっとも古くから住んでいるのに
いまだにカノジョができません。ガールフレンドはたっくさんいるのに・・・・・・(笑)。
(ちなみに「しょうぐん」クンも「かいどう」さんもとっくに結婚しています)
心配になって奥様似の「おたつ」さんという女性も投入したのに、
付き合う気配さえないっす。
幕末のバトラー船長こと(笑)、かまさんの恋のゆくえは!?
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-25 14:38 | トモコレ | Comments(2)

真説!?徳川慶勝の決断

みました☆
篠井英介さんがステキ♪でしたが・・・・・・

辛口につき(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-25 10:43 | 広く幕末ネタ | Comments(8)

二度のペリー来航(嘉永6年6月、嘉永7年正月)のとき、
ペリー一行のなかでもっとも人気を博した男。
それはアメリカ人ではなく、香港人の羅森でした。

長すぎるので折りたたみます☆
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-23 12:04 | 外国奉行ズ | Comments(6)

本日、もう1本!

BShiが見られる方限定ですいません!


8月23日(日) 午後10:00~11:30

ハイビジョン特集
   真説 明治維新 ~尾張藩主・徳川慶勝の決断~


BSオンライン→こちら


この番組がわたしのなかではすっかりヘタレ藩主扱いになっている
尾張藩主・徳川慶勝を格好良く甦らせてくれるのか!?
黒鉄ヒロシ氏の料理っぷりが、すごく興味津々で楽しみです☆
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-18 18:37 | 広く幕末ネタ | Comments(4)


友田昌宏著 
 戊辰雪冤~米沢藩士・宮島誠一郎の「明治」

   講談社現代新書 2012  8月20日発売

アマゾン→こちら

当ブログではこちらで登場したことのある宮島誠一郎についての新書が出るそうです!

元米沢藩士の宮島氏についてはまだまだ不勉強で
明治期に永井関係の記録に登場する人以外にはよく知らないのですが、
永井氏と親しい人は皆さん不思議と実力&人格共に素晴らしい人物ばかり
なので(笑)、きっとこの人も知って損のないお人だと密かに思っておりました。
ただ膨大な「宮島誠一郎文書」にチャレンジするほどの情熱はなかったので、
ちょーっとこの本は楽しみですっっ☆
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-18 18:22 | そして明治 | Comments(0)

十月圍城

友人に教えてもらいまして、この映画の製作会社のサイト内の
十月圍城紹介ページをみつけることができました☆

予告編もメイキングもみられます!

十月圍城サイト→こちら

そこはまさに弁髪パラダイスっっ♪
・・・・・・じゃなくて(笑)、楽しみです~~~。
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-13 18:04 | 香港&アジア映画 | Comments(2)

レコーダーのHDDを整理していたら、
録画分の今週放映のどうでしょうのところに終マークが!

実は今週分、ラスト10分ほど電話がきたりで
ちゃんとみていなかったのでございますが、
ヨーロッパ20カ国完全制覇の最終夜だったのねっっ。

先日の記事の一部を謹んで訂正させていただきます!


で、慌てて来週のテレビ番組表をみたら。

水曜どうでしょう、ありました♪

どうやら、月曜どうでしょう(BS)とか、
金曜どうでしょう(CS)のみにならずに済みそうですね☆

ということで、こちらの記事は
リニューアルバージョンで残しておきたいと思います。
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-13 10:10 | 水曜どうでしょう | Comments(0)

今回は完全に永井家ネタ。
いったい日本で何人の人が読むのか?ぐらいコアなネタですが、
旗本はたいへんだったんだよ、という江戸の武家好きの方にも
頷いていただける内容です☆

永井家事情はこちら(汗)
[PR]
by aroe-happyq | 2009-08-12 12:00 | 外国奉行ズ | Comments(6)