ブログトップ

東都アロエ

大王世宗バナ

1話遅れをようやく取り戻し、放映分はクリアしました(笑)。
(ってもまだ8話なんですけどね・・・・・・)

ヤバイっすね、
こいつは・・・めちゃめちゃ面白いです!!
人物描写がちゃんとしているし、心ニクイストーリー展開もなかなか!
どっかの大河みたいに2話ですでに主人公の描写に破綻をきたしたのとは
大違い(爆笑)。
歴史ドラマってこーじゃなくちゃね!!!!!
このマラソン、完走できそうな予感がしてきました。

5話の終わりに、少年時代から成人の忠寧大君(主人公・のちの世宗)に
かわりました。
その変わり方の見事さといったら!!!感動ものでした!!
(現在のところ、一番の名シーンです☆)

長いのでたたみます☆
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-31 10:42 | 香港&アジア映画 | Comments(6)

昨年4月の記事に
脱走の日の矢田堀さん@田辺蓮舟談
というのがありましたが、
ふとおととい勝海舟全集別巻の来簡と資料のコピーを
眺め直しておりましたら、矢田堀さんこの一件を勝さんに書簡で報告
しておりました(笑)。

田辺談の記事を再読されてから、以下の矢田堀書簡(抜粋)を
ご覧くださいまし。

明治元年4月12日 勝安房守宛 田辺太一・矢田堀鴻連名書簡

・・・・(略)・・・昨夜高輪へ罷越今暁帰宅仕候処、
矢作平三郎、御船江及ばず罷帰候由、
開陽始数船昨夜出帆仕候趣、乗後罷帰由候。
右之段、一翁殿江罷出、田辺太一同様委細演説に及候処、
即刻尊邸江一翁殿御相談ノ為御入に付、拙輩も罷出申可趣に候へ共、
畢竟三日間即時も睡に就き申さず昼夜奔騖(ほんぶ)仕候間、
疲労甚敷、性命も続兼候に付、本日は一睡仕度存奉候。
不悪(あしからず)御賢察願奉候。


簡単にくだけた現代語にすると、
開陽ほかの脱走について大久保一翁氏に報告したところ、
一翁氏は勝邸に相談に行くというので、自分もご一緒しなければと
思うのですが、三日間も徹夜して眠いし疲労困憊して死にそうです。
今日は眠りたいのでお伺いできません。あしからず。
といった内容であります(笑)。

田辺談で、一晩完全徹夜をしたのはわかっておりましたが、
どうもその前もゴタゴタしていたのか・・・・、まさか
三日間徹夜
だったとわ!

どうぞゆっくり眠ってください、矢田堀さん!

・・・・・・と書面の文章を鵜呑みにするとそうなりますけど・・・。

@4月12日 早朝 麹町丹後屋
田辺太一「(鰻を食べながら)勝さんのところへ行かなくて正解ですよ」
矢田堀「釜さんに代わって、さんざん説教をくらいかねないものな」
田辺「あとで書状を出しておけば、それで丸くおさまりましょう」
矢田堀「田辺君と連名で、わたしのほうで出しておくよ」
田辺「それは助かります、総裁」
矢田堀「すっかり巻き込んでしまって君には済まない事をした」
田辺「いえいえ、実に貴重な経験をさせていただきました」
二人、笑う。

・・・・・・みたいに、面倒くさいので口実つくって、
勝安房守に会わない作戦みたいな(笑)。
ついでにいうと、勝日記のなかではこれ以後矢田堀と連絡の取れない状態に
なったらしい(笑)。

やっぱり「面倒くさかった」が正解かな???(爆笑)


というわけで、唐突ですが田辺蓮舟談のつづきでありました☆
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-28 10:15 | 箱館または釜さん | Comments(0)

保谷徹 著の『幕末日本と対外戦争の危機―下関戦争の舞台裏
がちょっと気になります☆

詳しくは吉川弘文館サイト→こちら

内容説明には、
開国・開港後の日本。高揚する攘夷運動に、幕府は横浜鎖港方針を決定した。
戦争挑発とみなす列強は対日戦争の準備を開始。徹底した避戦主義をとる幕府、
先制攻撃を主張する英国公使オールコック。長州藩に始まった下関戦争は、
全面戦争に拡大する緊迫した状況にあった。
幕末日本を襲った列強との国家間戦争の危機の真相を欧米諸国側の史料から描く。


とあって「欧米諸国側の史料から」というあたりが惹かれます♪
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-27 14:25 | | Comments(2)

うちのケーブルはHDに対応しているとは思えないのですが(笑)、
サイズもワイドになり、ハイビジョン化されたおかげで、
「御家人斬九郎」が音声も画像もキレイになって
時代劇チャンネルに帰ってきました☆
こんなに斬九郎ってかっこよかったっけ?とか、
蔦吉姐さんの別嬪っぷりが見違えるようでございます♪
できればBSデジタルのほうで見たい!デス。


さて。
チャレンジ!大王世宗マラソンですが(爆)、
現在1話遅れでなんとか追いついております。
やっぱ週5本はかなりハード~~~~~~。
うっかりしていると溜りはじめますっっ。
でも面白い!!んで、まだまだいけます!!
そこらの日本の歴史ドラマをみるよりも、
なぜかしら大王世宗の世界のほうが、MY贔屓な江戸旗本&大名ズの世界と
・・・近くて、ホントに和めます☆
(たぶん両者をつなぐ儒教好きの絆みたなもののせいかと・爆)

この前、じっとOPをみたら大王世宗役のおにーさん、
意外と地味なお顔。
韓国ではお札になっているほどの偉人世宗ですが、
このドラマではあまりハデなキャストを使わず、じっくりみせていく
作戦なのでしょうか。
そういえば「ROME」のユリウス・カエサルも歴史のなかでいう
「天才」さはあんまりなく、頭の回転は速いけどわりとフツーのせこいおっさん
だったりしますし、近ごろはこういうのが流行しているのでしょう。
(ヘンリー8世は昼メロの帝王のようだし・爆)
重々しくその人物を描くより、身近に感じるキャラにという
作り方は大歓迎です(笑)。
・・・おそらく、史実の当人ももしこっそりビデオで撮影したら、
特別な人間だとは思えませんしねっっ。

そんなわけで斬九郎をチラっとみながら、マラソンも走り続けてまーす。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-26 19:14 | ほんの世間話 | Comments(2)

ふと本日、店の前を通りかかったところ、ビルはもぬけの殻。
シャッターには、
「店舗移転リニューアルのため閉店いたしました」
みたいなことが書かれていた。
昨年末に閉店していたらしいです。

あとでホームページをみたところ、とくに移転先はないらしい。
ということは閉店しちゃったようですネ。
(ネット通販やほかの店舗はあるみたい???)

もし近々行く予定のある方、もうお店はないのでご注意くださいね!!


とはいえ、毎月のようにこうして前を通るのですが、
入った試しがほとんどない(笑)。・・・・・・けどネット喫茶かなにかに
改装中でびっくりしました。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-25 17:29 | ほんの世間話 | Comments(0)

王菲の復帰作 幽蘭操



チョウ・ユンファ主演映画〈孔子 決戦春秋〉の主題歌だそーです。


王菲の復帰はなにより嬉しいんだけど、
う~~~~ん、孔子の映画なんでどっちかというと男性歌手の主題歌のほうが
よかったんじゃないか???なんて思いました。
決戦春秋というガツンとしたサブタイトルがついているわりに、
なんだかほわわ~~んな曲。
王菲の曲としてはとってもらしくていいけれど、
この映画には・・・・・・合っているのだろうか??(汗)
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-24 18:28 | 香港&アジア映画 | Comments(2)

BSで毎日(月~金)放送中の韓国史劇ドラマ。
なかなか1話目からみるチャンスがなく(気がつくと3話とか)、
ついに、偶然のことながら、昨日から再放送が始まった大王世宗の1話を
みてしまいました☆

BS日テレ公式サイト
1話目からこれ、ヤバッ!!!!(笑)
かっこよすぎるオヤジ天国じゃーーーー!!!!!
しかも展開が早くて、オモシロすぎて、ハマッてしまいました☆

しかし!!!全86話~~~~~~~~~~~(滝汗)。

しかも週に5話・・・というスピードです。
これは・・・KTVの「大長今てじゃんぐむ」にハマって以来の試練です(爆)。

とても週5本なんて無理・・・と思って、BS韓国史劇ドラマから
逃げていたのに、2010年はなぜか飛び込んでみたいと思います(笑)。

というのも今期の地上波ドラマ・・・1本も楽しいものに出会えなくて。
大河は、自分のなかではタイトルも「半平太伝」だし(笑)、
(どーもF山龍馬に共感できないんで。なんだろあの薄っぺらな人物像は。
オープニングの重々しい「神格化」されたイメージと内容に落差がある)
昨夜から始まったピースメーカーは遠藤局長に笑撃をうけて、
笑い死んでしまいそうになりました(汗)。
そんなわけで、まったく「どこまでもついていきます!」なドラマがないんですっっ。

CSの「ローマ」「ザ・チューダーズ」、BS[蒼穹の昴」はかなり
面白いんですけど(ってなんで全部外国の時代劇じゃ~~~・笑)、
さらに「大王世宗」もいっちゃおうかなーと。

今年は外国時代劇年になりそうかも(笑)。
でもこれって、日本の時代劇が不甲斐ないからだし、
ちょっと哀しいデス~~~~~。
日本の大河も1話目は母子で泣かせて、とかいうぬるいパターンから
脱却して、「大王世宗」みたいにサスペンスでガッツリ飛ばしてほしいものです。
(「黄金の日日」ではできてたんですけどネ~~~~~)

と、とにかく「大王世宗」。ペースについていけず挫折するかもですが、
とりあえず1話目からみられたんで、がんばろうと思います☆
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-21 10:27 | ほんの世間話 | Comments(6)

浅草の綱豊卿

d0080566_956330.jpg


浅草新春歌舞伎第一部、みてきました。
(以下、ネタバレナシ。とはいっても元禄忠臣蔵の筋立どおり)

冒頭の挨拶は片岡愛之助さん。
お客さんからの質問コーナーで、舞台から
客席に降りた時、またぽんとあがった時の身の軽さ。
昔時代劇でひょいととんぼを切っておられましたが、
さすがです。感動しました(笑)。

で、「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿の段」。
監修が片岡仁左衛門サマなので、安心してみられました。
歌舞伎座ではちょいちょい場面を端折られるのですが、
今回はほぼフルバージョン(パチパチ~~♪)。

ただ間部詮房が端折られていました(笑)。
(浅草歌舞伎ゆえ、演者が少ないため)

その分、お喜世(演ずるは中村七之助丈)とたいそう
仲良しぶりを発揮しまくりの綱豊(もちろん、片岡愛之助丈)卿で
ありました(笑)。
今回の御浜御殿、腰元連中はそれなりにいるのですが、
「奥」の小性が登場しない、面白い構成でした。
とはいえ、新井白石は出てくるんですけど☆
わざわざ自宅から呼びつけられた新井先生、
なんの話かと思えば、浅野家の再興よりも仇討ちが成ることで
元禄でなまりきった「さむらい魂(こころ)」が取り戻せるのでは
?と相談される。御廉中煕子の実家の関白近衛家から
浅野家再興を将軍綱吉に口添えしてくれと頼まれていたのだが、
そのあたりで悩んでいた綱豊であった(笑)。
「討たせたいのう・・・・」と感極まって涙する綱豊&白石の師弟っぷりが
みょうにハートウォーミング♪でした。
(もともと夢見がちな師弟である・・・・・)

とにかく今まで何度か「御浜御殿」をみてまいりましたが、
愛之助サンの綱豊卿はナンバーワンにステキでした!!!

長いのでたたみます(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-18 10:26 | ほんの世間話 | Comments(4)

浅草に来ています

d0080566_13523684.jpg

浅草歌舞伎を見にきました。
只今休憩中(笑)。
念願の愛之助バージョンの綱豊がみられました☆
気品がありつつも、よく泣き、よく笑う表情豊かな綱豊さまでありました♪
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-15 13:52 | Comments(2)

来月13日(旧正月の大晦日)の歌番組で正式に復帰するフェイ。
すでにチョウ・ユンファ主演『孔子』の主題歌を担当し、
新譜リリースの選曲に入っているとか☆

嗚呼、新曲が待ち遠しい~~~~~~っ。

と思っていたら、化粧品のCMにも昨日から登場のよし。
さっそくyoutubeでみつけちゃいました☆



More
[PR]
by aroe-happyq | 2010-01-12 18:41 | 香港&アジア映画 | Comments(0)