東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

水曜どうでしょう公式サイト→こちら


昨日(7月27日)の日記に、

しばらく旅に出ます。
4年ぶりのどうでしょうの旅です。
なーんにも考えず、ただふらりとしてこようと思っています。

2010年7月27日  どうでしょう班

●水曜どうでしょう初のフィギュアが9月22日(水)に発売!
全5種+シークレット1種で、販売場所は全国のローソン店頭ほか。
価格は各368円(税込)。


とありました。

これって、新作ってこと????


いやいやそれもすごいけど、

水曜どうでしょう初のフィギュア

ですって!!!!!?

9月22日、ローソンに走らねば!!(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-28 17:44 | 水曜どうでしょう | Comments(4)

筒井政憲と島津斉彬

あるときは停滞していた日蘭貿易を活性化させた長崎奉行、
またあるときは20年も江戸っ子に愛された町奉行、
大学頭の代わりに将軍に侍講してしまう儒者、
出島でみたオランダ芝居の紹介本を出す蘭癖、
阿部正弘の相談役、露西亜との外交交渉人・・・・・・と
いくつもの顔をもつ、スペシャルな旗本・筒井政憲さん。

筒井邸&ご本人紹介記事→こちら

これという評伝がないため、あちらこちらに落ちている情報を
集めているわけですが、
ひょんなところで、またまた驚きの「もうひとつの顔」が浮かび上がりますた。

最近、どっぷりと安政~慶應までの幕府内の党派政争に浸かっている
ところで(収集つかないぐらいの登場人数にクラクラです)、
ちょっと寺師宗徳『贈正一位島津斉彬公記』を国会図書館近代デジタルアーカイブで
読んでましたら。

筒井政憲は、島津斉彬の師父でした。

師父じゃあーーー、そりゃ斉彬の家督相続問題で活躍してあげちゃう
わけです!
なかなか藩主の座を譲ろうとしない島津斉興に再三、幕府の使者として
あるいは脅し、あるいは持ち上げて、ついに引導を渡しましたのは
この筒井じーさまです。

可愛い弟子のため、奔走しちゃったのでしたネ(笑)。

前々から筒井と薩摩屋敷の接点が気になっていたのですが、
こういう間柄であったかと。
筒井の弟に有名な砲術家下曽根金三郎がいますが、
この下曽根と斉彬が昵懇なのも頷けます。

評伝がないと、こんな重要な情報にもなかなか簡単に出会えません。
まったく旗本ファンはつらいよ~~~~~。


斉彬さんについてもいろいろ面白い情報があったので、
この暑さが落ち着いたら(ゆっくりと文章が書ける脳に戻ったら)
記事にしてまいりたいと思います。

今までのオモシロ記事〈これもひとつの順聖公伝説〉→こちらこちら
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-28 10:38 | 幕臣系 | Comments(0)
今週、7月29日にいよいよ、復元された箱館奉行所がオープンですね!

箱館奉行所公式サイト→こちら

新しい畳、良い香りがするんでしょうね~~♪♪
早く歩きたいな~~~~!!!

じゃなくて、

オープン記念にあのイカール星人とコラボしてますよ♪♪





140年の時を越えて、
土方さんは
入場するなら、500円だぞ
というために宇宙から、戻ってきた。
子供は250円」という一言も忘れない。
さすが、土方さん。きっちりしている人だ(笑)。

しかし五稜郭ちゅーと、やっぱりトシさんなんですかねー?
榎本総裁とか太郎さんとかは、出してもらえないんですねーーっっ(涙)。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-27 10:33 | 箱館または釜さん | Comments(6)
はやくもさ来年の話題か!?

ニュース→こちら

平清盛、かなり大好物ですが、ですが・・・・・・
最近の大河ドラマのヘタレ脚本で平清盛の魅力をドラマに出来るとは
思えません。
どーしよ、なにもかも清盛がエライ、スゴイだらけにされたらよぅぅぅ。

つか、
いっそ韓史劇ドラマでみたいんだけど!(大暴言)・笑


というのは置いといて。


どうせ久々に取り上げるなら、新しい学説なんかもどんどん活かして
くれれば少しは面白そうです。
軍事貴族・平清盛とか。

いろいろ不安はあるけど、
しかし戦国と幕末のいったり来たりよりは遙かにマシ!?
(ホントが見たい古代モノはお金がかかりすぎるようだし・涙)

問題は誰が清盛を演じるかでありますな・・・・・・。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-26 10:11 | ほんの世間話 | Comments(8)

リンクが増えました

榎本武揚に関する情報でいつもお世話になっている、
ブログ「わしですか、何か?」さまとリンクさせていただきました☆

というわけで、リンク欄にひとつ新たに加わりました~~~。

拙ブログともどもよろしくお願いいたします!
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-26 09:36 | お知らせ | Comments(2)

CG再現 三国志

d0080566_1029556.jpg

双葉社スーパームック

CG再現 三国志

amazon→こちら








「新選組と土方歳三」や「江戸のくらし」などの双葉社CG再現シリーズの最新ムック。
ついに三国志登場!

表紙でアップの諸葛亮はちょいコワイけど(笑)、
約1800年前の後漢末~三国時代の城や船がCGで描かれていて、
ビジュアルから三国志に浸れる本としては珍しいのでは??
でもなにせ古い時代なので、CGでの再現には限界があります。
そこでナイスなのが、この本は現地に取材して、いつの間にかこーんなに出来ていたのか
(「レッドクリフ」のせいなのか?)というぐらいの中国各地に出現した三国志観光施設
から、CGではなく実際に建築再現された建物、再現室内、人物(人形)の写真の数々が
たっぷり紹介されていること!!!
現在の都市の上に三国志の頃の城壁のCGをのせたり、面白い試みもあったりして。

しかも、曹操の墓まで!CGで再現されている!!!
(が、曹操の墓なのか!?・・・・・・もうそういうことになったらしい!??)

再現シリーズということで、ここでは三国志演義ではなく、
歴史書の〈三国志〉「正史」ベースの解説も素敵♪

・・・・・・なんて、ここまで恥ずかしげもなくるんるん紹介しておりますが、
なにを隠そう、ワタクシ文章方面の執筆者の一人だったりして(笑)。
ヒジョーに手前味噌でお恥ずかしいかぎりなのですが、
見本誌が送られてきて、はじめて全体像に触れて、
三国志ファンの一般読者として読んでいたら、
(自分の担当パートはさておき)とっても面白かったもので、
ついつい取り上げちゃいました(笑)。

なかなか正史ベースのムックて、ないもので。

でも演義(後世に史書〈三国志〉を脚色した物語〉よりも、
正史のほうが間違いなく面白い!と思っている派として、どーしても
紹介したくなったわけです。

ちょっとお値段高めなんで、まずは書店の店頭で眺めてみてくださいませ☆
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-23 11:18 | | Comments(2)
最近ジャケ撮影ってことはリリースは来月以降・・・・・・??

復帰ニューアルバム「伝奇」ジャケ撮影ニュース(画像あり)→こちら


伝奇でタイトルまで引っ張るとは思いませんでした~~~~~。


ジャケ画像的にすでに微妙な感はぬぐえませんが、
(前にも見た感じだし~~~~~)
願わくば、
音楽だけはかつてのようなキレの良さが健在でありますようにっっ!

といいつつ、リリース待ち♪♪
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-21 18:30 | 香港&アジア映画 | Comments(0)

ビクトリーさん

竜馬のおまかせ第一話、時代劇チャンネルでみました☆

もう、なにもかもが皆懐かしい~~~っっ(涙&笑)

そして楽しい!!!

関西弁を喋っているけど、ここの竜馬さん、っぽくて良いですよねーーっっ。
ずっと福山龍馬より、っぽい(笑)←あくまで書簡集読んだだけの人の感想です!
「仁」の内野龍馬にむしろ近いのでは??(爆)
欠点を書けといわれて、「そんなものない」「思いつかない」と悩んだあげく、
「足が臭い」と書いてしまう人。
充分、っぽいじゃありませんか!(大爆笑)

1話目は勝海舟暗殺計画、ということでビクトリーさんこと勝海舟(内藤剛志)が登場。
このビクトリー(て表札にカタカナで書いている人)さんがまたナイス!!!
おおざっぱで、すごい照れ屋。いわば勝海舟のいちばん素のままのキャラだし。
ウチのなかが散らかっていて、片付けが苦手というのもムフフ。
説教臭くなくて(最悪な武田鉄矢バージョン。早く忘れたい)、
かわいい人なんだな、これが♪
さすが三谷さん、おわかりでいらっしゃる~~~~~っっ。
シャイなので、なぜ攘夷ではなく開国かの説明も、勝さんに代わって
贔屓の遊女の夢路(とよた真帆)がすらすら説明しちゃう(笑)。
1話目からわかりやすく、開国の目的をこんなに簡単に説明していただき、
感動です!!

清河八郎(西村雅彦)の主宰する自己啓発講習会(ここに連れていかれた竜馬が欠点
を書かされたわけです)に、流行らない道場に悩む近藤勇(阿南健治)と沖田総司(梶原善)
やら、黒駒の勝蔵やら集められて、結局清河の言葉にのせられて、勝麟太郎暗殺計画に
まんまと乗ってしまう近藤・沖田・千葉重太郎(別所哲也)たち。
さらに岡田以蔵(反町隆史←当時、佐藤健クン以上に人気だった記憶が)も登場。

そして忘れてはならない、伊東四朗as発明好きの千葉先生!

キャラのほんのお披露目なのに、すごくキャラがしっかり描かれていて、
なんだろうこの安心感。

やっぱり歴史好きな三谷さんのドラマは、たとえこのようなドタバタもの
であっても、歴史上の人物について(それも全員です!)
愛情をこめて描いているので、
みていてイライラしません。
新選組!のときもそうでしたが、暖かい愛に溢れています。
そして細かいツボにはまりまくり☆
「竜馬におまかせ」オンエア当時よりも幕末にちょっと詳しくなったから
余計楽しめている気がする!なんてラッキーなんだっっ。

歴史に疎い作家の脚本が迷走し、イケメン揃えて、
映像美だけで突破しようという大河龍馬伝に比べたら、
(「龍馬は人が変わった」と弥太郎が繰り返しているけど、どこが変わったのか、
まったく変化がみえないとか・爆)
こちらのほうがはるかにまともで面白い!!!

三谷幸喜的には不本意な作品であっても、
こんなに面白いということはどーゆーこと!?みたいな。

最近、幕末モノの映像作品についてはすっかりヤサぐれた気持ちになっていたのですが、
このドラマでなんだか元気をもらいました♪♪

まずは第1話、とっても楽しみました☆
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-20 10:15 | ほんの世間話 | Comments(2)
連休になるとやってくる、トモコレシリーズ(笑)。

ゆるーい感じで眺めてやってくださいまし。

More
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-19 10:40 | トモコレ | Comments(2)
このひと月、わくわくして待っていたのが、
CS時代劇専門チャンネルで7月19日より始まる「竜馬におまかせ」の放映です☆

再放送もナシ、DVD化もなかった、三谷幸喜の超問題!?作、
ようやく久しぶりに見ることができます!!!

当時、幕末はほぼ一般教養レベルしか知らなかったのですが、
毎週オンエアをリアルタイムで楽しみ、
とてつもなく印象に残った時代モノコメディです。

ただあまりに印象が強くて、今でも清河八郎というと、
西村雅彦さんの八郎が頭に浮かんでしまいます。

本当は沖田くんもどこか梶原善のイメージが残っていたりして・・・・・・(笑)。


思えば「竜馬におまかせ」をCSであっても
放映してくれるのは、大河のR馬伝のおかげか。
なんだか悔しいが、ありがとよ!ぐらいはいっておこう。
[PR]
by aroe-happyq | 2010-07-18 18:38 | ほんの世間話 | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq