ブログトップ

東都アロエ

最近、ワタクシがしっかり最初から最後まで視聴しない試合のほうが、
日本代表が強い気がして(笑)、昨夜も遠慮がちにみましたが、
(勝利を祈って延長戦前に寝たら、案の定勝ったし・爆)

本当によかった!

前々からなんでアジアカップにいるのかよくわかんない
オーストラリアに勝てて、嬉しかったです(笑)。

そしてなによりも、これでコンフェデレーションズ杯に行ける~~~っっ053.gif

コンフェデ好きとしてはあの場所に日本代表が出られるなんて、
そしてそれをみられるなんて超ステキ♪
前回コンフェデに出たときよりずっと強くなった日本が
どこまでがんばるか、すごく楽しみです。

ザッケローニ監督、無敗神話をどうかこのまま続けてください!
お願いします!!!

と、その前にザックさん痩せたような気がするので早く休養してくださいまし~~~~。
(もうオシム監督の二の舞はいやなのですっっ。健康第一!)

日本代表の選手のみなさんもすごいプレーの数々をありがとうっっ!
そして、お疲れさまでした064.gif
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-30 10:28 | ほんの世間話 | Comments(0)

46回「小御所会議」

ここまで見てきて、こんなに面白い大河だというのに、
98年当時にどうしてイマイチのりきれなかったのか。
もちろん、なにより幕末初心者というのが大きかったとは思うのですが、
この回をみてはっきりわかりました。
幕末初心者でありながら、大河「翔ぶが如く」はなにげにみてしまった
当時の自分としては、うっかり司馬ちゃんの洗脳にかかっていた
のでありました(笑)。
つまり、「翔ぶが如く」で美化されまくりの王政復古クーデターを
鵜呑みにしていた当時の自分は、
98年大河「慶喜」における「小御所会議」の回で描かれた、
あまりにも悪逆非道な(爆)王政復古クーデターの内容を
信じ切れなかったんです!(笑)

しかし今や教科書や司馬ちゃんの洗脳のくびきを裁ち切り、
渋沢が旧主を描いた『徳川慶喜公伝』を鵜呑みにしないまでも
『旧幕府』に収録された、遠慮がちながら史実をつたえようとしていた旧幕臣の
みなさんの談話や記録をよむにつけ、大河「慶喜」で描かれたほうが
どうやら真実に近いことを知ってしまったわたしは、
この回を時に悲しく、時に腸が煮えくり返る思いで鑑賞いたしまして、
劇中の板倉と一緒に泣きました。

どうでもいいけど、ホントにいいドラマ058.gif

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-29 11:51 | 慶喜@大河 | Comments(2)

後藤が素敵 @慶喜

45回「大政奉還」。

前の記事の最後で、永井出てこないな~と打ったら出てきた!(笑)

でも……、

若年寄 永井尚志

おいおいおいおい、若年寄になったというのに、玄蕃頭はなお、お預けか!?(爆)
このままだと最後まで、このドラマの永井は官名なしだな(爆笑)。
(どーしてこの人だけないんだろう。みんなあるのにな~~)

再登場の永井尚志は立派におじさんになっていて、
慶喜や板倉たち若い首脳チームのなかでおっさん一人紛れこんでいる感じが
なんだか楽しい☆
きっと歴史上でもこんな感じで座っていたんだな~と(笑)。
本だけだと具体的イメージが行き届かない部分がありますが、
このドラマのように良質な歴史ドラマですと、脳内イメージの活性化に
たいへん貢献していただけて、感謝!感謝であります♪

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-28 11:38 | 慶喜@大河 | Comments(6)

べらんめぇ将軍 @慶喜


昔むかしの東映映画のタイトルみたいです(笑)。


44回「倒幕」。

矢継ぎ早に改革を断行していく新将軍慶喜。
伏見ズの焦りはますばかりでした(笑)。
「次々に改革を行ない、幕軍を強化している。このままでは2年もすれば
軍艦も揃い、我々が戦えぬほど強力な軍をもつことになろう。
その前になんとかせねば!」……というわけで、倒幕なのね、と。

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-27 10:39 | 慶喜@大河 | Comments(2)

それぞれの想い @慶喜

昨夜のアジアカップ日韓戦、手に汗握ってみておりましたっっ。
アジアカップの日本戦がほぼみてますが、一番疲れました。
PK戦て、どーも心臓によくないですね~~~~~。
なにはともあれ、決勝もがんばれ!!!!ザックジャパン058.gif


さて、慶喜は43回「議題草案」。

慶喜が将軍になってわずか20日後の孝明天皇の死。
慶喜が病床についていた二条関白から、帝からの「遺言」を伝言される。
「後の世を将軍家に託す。争いを収め、人民が塗炭の苦しみを
味あわぬよう、全国を焦土と化すことのなきように…」と。

うむむ~~~~っ、
重い言葉をもらってしまった、慶喜でありますっっ~~。

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-26 19:27 | 慶喜@大河 | Comments(2)

最後の将軍に @慶喜

41回「将軍慶喜」、42回「孝明天皇の死」。

いや~~~毎回、激しいです。
素晴らしい名場面がたくさんあって、
「ああ、これを地上波で再放送してくれないものか!!!」と
すでにこのささやかなブログではその魅力のすべてを伝えきれない限界を
感じておりますっっ。
ホントは、
「みんなにみてほしい!!!!」
とひと言叫んで終わりたいぐらいなのですが、
ここまできてそうもいかないので、拙き記事を書かせていただきます。

このドラマは
慶喜かっけー(それはもう本木慶喜なのでいわずもがなでございます)
というだけでなく、キャストがみんな素晴らしい。
立ち居振舞が本当に美しいし(どんだけ習ったことか)、
難しい長台詞をよくぞ覚えてくださいました!
と感動さえいたします。

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-25 11:15 | 慶喜@大河 | Comments(0)

39回「将軍急死」、40回「徳川家相続」。
49話しかないので、あと9回かぁぁぁぁ。さみしいですっ。

「慶喜変身」のあたりでややもたついたけれど、
将軍後見職になってからは怒濤の勢いでここまで来ちゃったような
気がします。

さて水橋家茂でない以上、14代さんへの思い入れはゼロに
なってしまったので、その死のくだりは特に感想もなく。
ただ、某「篤姫」のようになぜか勝さんの腕のなかで亡くなる
とかいう無茶もなく、わりとあっけないまま、お蒲団のなかで亡くなりました。

そういうわけで、長州征伐幕府軍劣勢のなか、
将軍後継問題が勃発。

More
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-22 10:43 | 慶喜@大河 | Comments(8)

やっと、永井尚志没後120年企画っぽい記事です(笑)。

永井介堂の談話は少なく、代表的なものは、
『史談会速記禄』に収録された、「付録 島津家事蹟訪問録」と題された
ものです。
「付録」とあるのは、この談話が史談会で話されたものではなく、
明治21年7月に向島・八百松にて(←永井・榎本御用達の料亭・笑)
史談会でお馴染みの寺岡宗徳はじめ、水戸家令の長谷川清と永井等で
維新前後の談話をしたときに収録したものだから。
通常の史談会だと起立、一堂礼、みたいな厳粛さがありますが、
この談話は異色。
たぶん、みなさん、ちょっと?お酒が入ってます(笑)。
(この会場設定はお酒好きの永井に合わせてくれたのか?)

『史談会速記禄』172、173号の2冊に収録されておりまして、
元治元年の禁門の変のコト、二条城退去、大権返上のコト、
榎本らと脱走したコトなどいろいろ語っております。

で今回は二条城退去顛末のなかで、新選組との関わりを語った
くだりを紹介いたします。

More 永井だけに長いでーす(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-20 19:52 | 外国奉行ズ | Comments(6)

38話、タイトルもそのまま「条約勅許」。

思えば苦節7年ですよ、勅許得るまで!!!

しかもそれはあっさり、一人の男がやってくれました。
その名は徳川慶喜(笑)。

まさに「慶喜におまかせ!」(笑)

でも最近の大河ドラマみたいに無理矢理、こじつけて
フィクションでつくり上げた安っぽいヒーロー伝ではありません。

歴史上、そうなのです!

というあたりをドラマでもより華麗に(?)
描いてくれておりました。

が!!!

それよりも私的に大事件がおきましたっっ。

久しぶりに出てきた家茂ですが、
なんとキャストがかわっていた!!!!007.gif057.gif057.gif057.gif
お気に入りの水橋家茂さんはあくまでも少年時代キャストだったのか?
でもでも、家茂ってまだ19歳くらいだし、水橋さんでいいじゃないかーーっっ。
しかも次回は「将軍急死」なので、もう出番は2回なのに。
……水橋さんのほうにお仕事でも入っちゃったんだろーなー(と思いたい!)

かなりショックで、せっかく立花種恭さんが出てきたのに、
なんだか感動がうすい……(笑)。

More  
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-19 10:29 | 慶喜@大河 | Comments(0)

久々の王菲情報です。

各地でコンサートを成功しているフェイ姐さんですが、
新譜を出す気配もなく、がっかりしていたところ、
ようやく新曲を発表☆

なんと!!
香港の歌手として出発して、今や音楽賞総なめの
実力&人気アジアナンバーワン!こと
イーソン・チャン(陳奕迅)とのデュエットですってっっ。

イーソンとフェイのマネージャーさんが一緒とはいえ、
なんという夢の共演!!!

More つづき
[PR]
by aroe-happyq | 2011-01-18 18:23 | 香港&アジア映画 | Comments(2)