ブログトップ

東都アロエ

BSプレミアムで放送中の「英雄たちの選択」。
いつも、もう少し掘り下げてほしいのになあぁぁという残念感いっぱい、
ツッコミ所満載で見ているのですが(だから時々の視聴)、
その番組に、阿部伊勢守が登場!(笑)
(って、さも自分で発見したっぽく書いてますが、またまたOさんに
教えていただいた次第。いつも本当にありがとうございます!!>私信)

幕末外交の評価がUPしていて、それが真実なだけに、本当に嬉しいかぎり
ではあるのですが、どういうわけか、BS衛星放送の世界なんですよね~~~~。
地上波でもギリギリでETV止まり。一日も早く、
NHK総合でバーン!!と取り上げて欲しいものです。
(あ!安倍NHKと化している昨今じゃ、そりゃ無理か!?だって長州アゲアゲだもんな(笑))

というわけで、日本史上でも、絶妙な調整力があり、かなり腕の良い「宰相(老中首座ですけど)」
なのに、知名度はあるよーな、ないよーな、微妙な位置にいる阿部正弘。

番組内容は、「弱腰外交」とされたペリーとの交渉は、
なかなか良い着地点(ペリーは通商条約を結びたかったのに、下田、箱館の2開港と
お付き合いしてもいいですヨという、ただの和親条約止まりにした点)で、
そして正弘は前任者の水野老中が蛮社の獄、後の井伊大老が安政の大獄という
言論統制をやったなか、彼だけは情報公開、人材発掘を行った・・・・・等々のお話でした。

番組中にあるように、蒸気軍艦で乗り付けて、新式大砲を江戸市中へ向けたりして、
西洋の最新技術を江戸湾にみせつけ、ドヤ顔で交渉を有利にしようとしたペリーさんですが。
実際には、ペリー艦隊目玉の蒸気軍艦はほかの艦隊への転属期限が迫っていて、
(だから真冬の荒波を越えて、無茶な航海をして2度目の交渉にやってきたのですが)
しかも、ペリーがアメリカを出た時の大統領はすでに選挙で敗北し退陣し、
アメリカ政府からは日本への発砲許可を得てなかった・・・・・・・・という超崖っぷちで、
もし日本側が切れて、総攻撃をかけてきたら、ペリーさん負けちゃう~~という
状況だったわけですが、それを日本側に覚られぬよう、そして相手をマジ切れさせない
スレスレラインで、強硬なキャラクターを演じ切っていたんだよ、というペリー側の事情も、
ちょこっと説明しておくと、阿部家の儒学者江木鰐水が、ペリーに接近して
「ペリーは落ち着き払い・・・(略)・・・・話すときの声は温かい」というレポートを
出していたという「新発見」(と番組ではいうが、うーん、そこそこ知れてた話です・笑)
が生きてきそうなもの。だって、ペリーのガラスの仮面がやや剥がれていて、
日本側に「あの交渉の席での赤鬼キャラのペルリって、作ってるんだネ」ってバレちゃってた?
って、盛り上がれたのだけど。

あと、そのペリーとの交渉を担当した、
応接掛筆頭の林大学頭復齋(鳥居耀蔵の弟さんです)がここ数年、評価されているのも
嬉しいです。この番組でもその路線でした☆

と、だらだら書いていてもしょうがいない(笑)。
うちのブログとしては、この番組で阿部さんについて興味をもってくださる方に、
より深く知っていただけたら幸い!ということで、過去の阿部さん記事を紹介します。


☆人柄の一端がわかる杉の談話↓
杉亨二の語る、阿部勢州という人→こちら

☆アメリカとの交渉後の苦悩を物語るエピソード↓
阿部伊勢守の愚痴と武威→こちら


それから、今回の番組の黒船来航前の準備について、
新書で読めるので、参考図書としてご紹介↓

d0080566_10391676.png

予告されていたペリー来航と幕末情報戦争
岩下哲典 著
アマゾン→こちら

使えない長崎奉行、適当な海防掛りたちの
「オランダの情報なんて当てになりません」と
いう返答に、それでも、
なにか準備できないか!?と頭を悩ます、
阿部正弘。








でもでも、番組のラストのほうで、「もし阿部正弘が安政4年に死ななかったら」
なんていう、禁断の「歴史もしも」のドリームストーリーを語っていて、
そこだけでも、見ていて楽しかったです!!!!!!

そのもしもの話で、懸案事項だった「朝廷との調整」ですが、それはもう、
島津斉彬が(たぶん正弘が生きていたらこの人も安政5年に死ななかったと思うので)
「わたしにお任せあれ」と言ってましたので、西郷どんとがんばってくれていたはず。
ただ、番組中で語られなかった、将軍継承問題。これがネックになりそうなんですよネ。
家慶将軍とは揺るぎなき信頼を得ていた阿部ですが、家定将軍がねーー。
家定公は阿部を信頼したいのだけど、ちょっとないがしろにされている感は否めず、
国政に深く関わらせてもらえない不満が募っていたので、それが阿部長期政権となると
どうなっていたか・・・・・・。ある日いきなり正弘罷免!とかされそうで(汗)。
その逆に、慶喜将軍の誕生が早まった可能性もあるのですが。
(私の理想としては、慶喜のあとに家茂将軍って流れなんですヨ)

そういう心配を除けば、阿部がいるかぎり、わが愛する岩瀬忠震♡も、永井尚志♡も、
堀織部正♡も、第一線で活躍を続けただろうし、「不平等条約」問題も、そもそも日本国が
国レベルをどんどん下げられて、植民地対応になったのだって、薩摩と長州が攘夷戦争
なんかやらなきゃ起きなかった問題なので(だから明治になって木戸とか大久保が条約
問題で悩んだって、徳川のせいじゃねえ、自業自得って話)なかっただろうし。
関税が日本に有利なら、商機はたくさんできたことでしょうし、国はもう少し豊かになったかも。
(なにより、岩瀬駐米公使とか、永井駐仏公使なんかが実現していそうで、考えただけでも痺れます)
講武所も、当初の設立目的どおり、西洋式砲術メインの洋式陸軍の調練をできただろうし
(井伊が出て来て、古くさい武術道場にされる事もなく)、
海軍の創設も、もっと迅速にできたことでしょう(涙 だんだん泣けてきた)。

そうなると近代国家への衣替えが遅れたかも、という心配があるかもですが、心配ご無用!
阿部正弘は西洋の議会政治についても、杉亨二から聞いていて、興味を持っていました。
天保前後にナポレオンブームがあって、西洋通のあいだでは、
「今の政治がダメになったら、共和制にすればいいさ」というのが流行だったぐらいなので、
阿部のもと、その西洋通の人達が活躍の場をもっと与えられていたら、
申し訳のうございますが、薩長土肥の志士とか貧乏公家?みたいな?そういう輩による、
明治維新的な変革もですね、むしろ、血を流すことなく、するするっといけちゃったかも(笑)。
少なくとも、王政復古クーデーターズよりも、ずっと前から準備を始めていたのは、
間違いないです、ハイ。

なんて、考えると、阿部さんの早すぎる死は、実にもったいない話でございましたなぁ☆
[PR]
by aroe-happyq | 2014-02-28 17:39 | 幕臣系(老中など) | Comments(6)

d0080566_18495845.png



出版社ページ→こちら

amazon→こちら


この本は、嘉永四年に発刊された庶民のための生活百科。
つまり、幕末のベストセラー本の現代訳本です。
ひょっとして、アノ人もこの人物も、この本を読んで
本を虫干ししたり、家庭菜園してたかも(笑)。

ちょこちょこっと読み始めたところですが、なかなか面白いです♪

当時の暮らしぶりが、なんとなく感じられる、一冊かと。
(この時代を舞台にした創作物を書かれる場合に、かなりお役立ちしそうですヨ)


というわけで、紹介してみました☆
[PR]
by aroe-happyq | 2014-02-23 10:32 | 江戸東京あれこれ | Comments(0)

大雪警報の時はマジで邪魔!と思ったオリンピック中継ですが、
(だってテロップで誤魔化してちっともニュースやらないんだもん、某公共放送)
なんやかんや言っても、感動の涙、涙です。
あと1日、になりましたが、閉会式にあの!!こぐまのミーシャが
出てくるらしいという情報があり、ちょっと楽しみに。
今回のソチのくまのキャラクター(ミーシカ)も「悪夢のクマ」とあだ名がつくほど、
ゆるくない、愛くるしくないぶりが話題ですが(笑)、そこはミーシャ先輩も負けてない。
というか、ゆるくないキャラの先駆けこそ、ミーシャだったかと。
(ま、「エロイカ」ファンとしては禿げのおっさんを思い出すって事もあるけど)
というわけで、怖くて、ドヤ顔系のくまキャラが揃い踏みする姿を是非みたいものです。


さて、本題です。

昨年の「江戸人展」もめちゃめちゃ面白かったですが、
(あ。ブログに画像UPしてない・・・事に気付いた・・・。やば)
図録のない、小さい企画展だったんですよねっっ。

でも今回は特別展ということで、大きい展覧会みたいです!

公式サイト→こちら


なんか、後援団体をみていると、基本的に西洋医学系ばっかりなので、
本草学の良いところをどれだけすくい上げてくれているか、
そのあたりが心配でやんすケド(笑))


とか心配しつつも、昨年の「大江戸人展」の良さの記憶も新しいので、
とりあえず行ってみようかなと思ってます。

この春はいろいろ行くところが多いなぁぁぁ♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-02-22 09:57 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)

わはっ!
今月初更新だ~~~~(汗)
放置癖がついてしまい、ヤバイヤバイーっ


さて。
正月に放送した、それこそプレミアムな番組「よみがえる江戸城」♪
録画はできているけど再放送見たいーー!
ということでNHKネットクラブのほうに「再放送お知らせメール」登録を
済ませているのですが、そっちからはうんともすんとも(笑)。
今回も、たびたびお世話になっているO様より、
教えていただきました~~~~~っ。ありがとうございます!!>私信



ザ・プレミアム「よみがえる江戸城」再放送

2/20(木) 午後7:30~10:00
 
BSプレミアム


今のところ、江戸城を知る番組としてはこちらが最新にして最高です!


江戸城内での儀礼についても、とてもわかりやすく解説していますし、
さまざまな江戸城&将軍トリビア満載です。

正月の放送をチェックし忘れてしまった江戸好きな皆さま、
ぜひとも今回はご覧くださいまし~~~~♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-02-13 10:29 | 江戸東京あれこれ | Comments(0)