東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なんですか、このダブルフェイス、
東京ドラマアウォードグランプリを受賞したのですか!
そりゃ、めでたい☆

やはり、・・・・・・オリジナルがねー、よくできていますしね(笑)。


そんなこともあってか、4月からのドラマ番宣込みか、
今夜と来週、つまり24日、31日ですね、一挙放送するらしいです♪

ダブルフェイス公式サイト→こちら

気のせいだろうか、なんかここ数日、TBSで香川さんを毎日みているような・・・(笑)


そして、
このダブルフェイスをお気に召しましたら
ぜひぜひ、

そのオリジナル作品の

香港映画「インファナル・アフェア 無間道」シリーズ3部作

のほうもよろしくです☆

なにせ、インファナル・アフェア第1部(今回のダブルフェイス該当分)は、
90分とコンパクト!
しかも、コンパクトゆえの迫力!緊張感!でぐいぐい来ます~~っっ


どちらかというと、↑最後のあたりが言いたかっただけという(笑)、
それだけのゆるめの記事です♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-03-24 10:13 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
1月にお知らせした、坂下門~乾通り一般公開の春の詳細が
発表されました☆

公式サイト→こちら

1 実施時期について
4月4日(金)から4月8日(火)の5日間

2 入門時間について
午前10時から午後3時まで(時間に余裕を持ってお越し下さい。)
なお,乾門からの退出時間は,午後4時までです。
東御苑から退出される方は,午後4時30分までです。

3 入出門について
(1)坂下門から参入し,宮内庁庁舎前を横切った後乾通りを通行し,乾門から退出,
       又は西桔橋から皇居東御苑に至り大手門,
平川門若しくは北桔橋門から退出することとなります。
(2)入口は坂下門のみとし,乾門又は東御苑方向への一方通行とします。
       乾門又は東御苑から乾通りには入れませんので,
ご注意ください。
※ 坂下門から乾門までは約750mの距離があります。



なんだか、超混雑の予感!

なので、時間に余裕を持って

行ったほうがよいようですネ!

嗚呼、憧れの坂下門をくぐれる!!!!
これは頑張らねば!!!!
[PR]
by aroe-happyq | 2014-03-13 18:54 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)

3年。

3月11日という日にこういう記事を書くと、
なんだか「節目だけ」感がありすぎて、
なんとも複雑な気持ちになります。
でも忘れたふりをするつもりもないので、
やっぱり書いちゃいます。

私などは3年経って、記憶が薄れるどころか、
ますますしっかり心に刻まれ、深くいろいろ考える事が多くなりました。
震災前から始めたウォーキングのおかげで、このところ、
足がますますたくましく成長しているように、
3年(と半年ぐらいかな。←足のほうですが)という月日は、
こんなにもなにかを変えることができる、長いともいえる歳月です。

3年経ったからこそわかる事、見えてくるものがたくさんあります。
2年目と違うのは、
希望の光がみえていても、実際にその光が届かない。
届くのに時間がかかりすぎている。
どうもそういう事がはっきりと見えてきた1年だったような気がしています。

それでも、少しずつ復興が前に進んでいるということには
間違いない。でももうちょっと速いといいのにな、と思います。


この1月に Eテレで放送した
「 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 第5回福島・浜通り」
を見ました。
双葉町等が福島第一原子力発電所を、安全性に不安が拭いきれないまま、
受け入れ、そして増設につぐ増設の「悪循環」に陥っていく、
戦後60年以上の福島・浜通りの歩みが紹介されていました。
原発は本当に安全なのか、という疑問を、双葉町の人は、
東電よりも、中央政府、そして政治家(田中角栄とか、その時代の重鎮が出てた)に
何度もぶつけたけれど、根拠のない安全神話で誤魔化され(と私は見ていておもった)、
そうした陳情のたびにお金が町に注がれ、増設が決まっていく。
ほかの原発も、きっとこうして原子炉が増やされていったのだろうけれど、
それぞれの電力会社よりも、やはり中央政府と政治家(自民党政権だったわけですが)
の責任はどうなんだろうか、などと、この番組で戦後政治と原発設置の
密接な関係をみてしまうと、やはり考えてしまいます。
福島第一原発が建設され、次々に増設されていくのを、
不安のなかで見守ってきた(そうせざるおえなかった)、元双葉町の町長だった方は
震災数日後、避難所で亡くなられたそうです。
その時、どんなに無念だったことでしょう。
これから、どういう災害があるかはわかりませんが、それに関連して、
もう二度とそんな無念の想いを抱いて亡くなっていく日本人を出さないよう、
願うばかりです。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-03-11 19:33 | ほんの世間話 | Comments(4)
以前の記事で紹介しました、
「没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖」展 @東京都写真美術館に行っていました。

公式サイト→こちら

下岡蓮杖については、幕末~明治の写真師というのは知っていましたが、
そのほかは横浜を歩いていたとき、ここに蓮杖の写真の店があったという表示や、
あとは『史談会速記禄』198号の談話ぐらいでしか、接することがなかったので、
今回はじっくりと蓮杖さんについて、知ることができて良かったデス☆

とくに弘化元年に写真を眼にして、写真を学びたい!と決意してから、
(この当時に写真を持っている旗本さんも凄いと思うけど)
文久2年にようやく夢が叶い、写真師になるわけですが、その間の苦労が凄い。
もともと江戸で絵師になる修業をしていたのに、師匠に暇乞いをして、
外国人と接点ができそうな、浦賀とか下田で働き、写真を学ぶチャンスを待ち続けたよし。
まだペリーが来る前からですよっっ。いつ外国人が江戸湾に来るかわからないのに、
その諦めない気持ち、もうもう脱帽。恐れ入りましたですっっ。

今回の展覧会では「写真師」とそれから、「絵師」の蓮杖の作品も楽しめます。
上記のような次第で、弘化3年に浦賀にやってきたアメリカ船の絵なんかも、
描いちゃっています。
(絵師なので、写真室で使う書割なども自分で書けちゃったそうで・笑)

なかなか蓮杖さんの生涯も、ユニークで素敵でした。


で、なぜこんな早くに行ったかというと、

前期のみ展示の、

中島三郎助」さんの写真に逢いたかったからです!

後期は沼津に帰っちゃうんですっっ。
(つか、沼津へ行けよ、と思うけど、微妙な距離なのですよ。遠くもなく、近くもない(笑)
するってえと、なかなか「よし!行くか」という気分にならないんですよネ)

なので、三郎助さん目当てでもありました(笑)。

で。とっても、三郎助さん、格好良かったです♡
(この写真は字の書き込まれていないバージョンで、色あせていなくて、
状態も良い感じでしたヨ)


「うそーっ三郎助さんに逢いたいのに展覧会行けない~~~~っ」
という遠方の方も、今回は大丈夫です!

この三郎助さんの写真も収録されている
この展覧会の図録は、国書刊行会から出版されて、
3月13日以降、全国の書店やネット書店で入手できるようになるそうです。
(会場ではすでに販売されていました)

d0080566_1731263.png

下岡蓮杖
日本写真の開拓者

東京都写真美術館 編

国書刊行会


出版社サイト→こちら


アマゾン→こちら




↑こういうわけで、東京や沼津に足を運べない方も、
この本で中島さんの写真はもちろん、下岡蓮杖の写真や生涯について
読むことができます。
(この図録、今のところ、下岡蓮杖研究書としても、最新情報満載で、
もっとも詳しい本になっています)


今回の展覧会、幕末~明治の風俗を知る上でも、貴重な写真がたくさんあって、
かなり楽しかったです♪
[PR]
by aroe-happyq | 2014-03-07 18:10 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq