東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

書店の幕末コーナーをうろついていたら、こんな本が目に入りました☆

3月に出ていた本のようなので、今さらですけど、
ちょっと記事にしてみました。


d0080566_13545163.png

あの世からの徳川慶喜の反論  
           鳥羽伏見の戦いの真相を語る

佐藤 泰史 著


東洋出版

アマゾン→こちら






店頭で本を開いて、衝撃だったのは、
ほぼ全編、慶喜さんのインタビュー本だということです!(笑)

たしかに、ここまで思い切った「インタビュー形式」本って、今までみたことありません。
なかなか斬新~~~~!!

しかも、内容が鳥羽伏見前後のみ。

これはなかなか・・・・『昔夢会筆記』でも突っ込んで聞けない、
慶喜公的にはタブーに近いあたりです。


著者の方は、元は公安にお勤めだったようですが、
この本のほかにも、鳥羽伏見の戦いについての本を出されて
いらっしゃるようなので、鳥羽伏見について、
かなり、いえ、相当にこだわっておられる。
なので、今回の本でも、かなり細かいやりとりが展開されています。


ちょっと面白かったので、じっくり読んでみたいのですが、
いろいろ読まなくてはならない本がたまっているので、泣く泣く本を元の位置に
戻しましたが、いずれポチるか、書店でゲットしようと存じます♪

パラパラ~っと読んでいたなかに、
『徳川慶喜公伝 史料編』の浅野氏祐の談話のなかの、
慶喜さんが大坂城を脱出する日前後について、永井尚志の語った内容が
紹介されていまして、その内容が信じられると思う・・・・的な文章が出てきますが、
永井はいつの時でも真面目で、でたらめを言わぬ男ですから、
本気で信じていいと思います!!ということをここでひっそりと太鼓判を
押させていただきます☆
※ちなみにうちのブログで紹介した浅野談話記事はこちらから。
(パート3まであります(笑))


というわけで、ちょっと気になった本を紹介させていただきました。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-04-24 14:21 | 江戸城の大旦那 | Comments(2)
香港映画ファンとしては、毎年4月に開催される、
香港アカデミー賞こと、香港電影金像奬がとっても気になります。

その香港電影金像奬が昨夜、行われたよし。


なんと・・・・・・!!!!


王家衛(ウォン・カーウァイ)監督作品、
《一代宗師》こと『グランド・マスター』が史上最多の12部門独占の快挙!!


↑こちら日本版予告。まるで「天下一武道会」映画かのような誤解を与えてしまった、
今回も(前は「2046」)また、大失敗な売り方をして日本じゃ大コケしました(笑)。
(おかげであたしゃ、スクリーンで見られませんでした(涙))


で、受賞の内訳はというと、

最優秀作品賞(最佳電影)、※以下、「最優秀」は省きます(笑)
監督賞、脚本賞、撮影賞、美術賞、アクション賞、
編集賞、服飾設計、音楽賞、音楽効果賞、


そして、最優秀助演男優賞に、張震(チャン・チェン)、
(おめでとうございます!!!武術訓練頑張っておられましたから、

出番が少なくても、ビシッと決めてくれていました♪)

最優秀主演女優賞に、章子怡(チャン・ツィイー)!


以上、12部門!!!


・・・・・え?グランド・マスターさんですか????


梁朝偉(トニー・レオン)は確かに、主演男優賞にノミネートされてましたけど、
それは『激戦』の張家輝(ニック・チョン)の手に!!!(笑)

でも、タイトルこそ『グランド・マスター』ですけど、
中華圏公開版はとくにですが、
やっぱり、エピソード的には、章子怡(チャン・ツィイー)!演じる宮ニの
「仇討」ストーリーのほうが、主人公のストーリーよりも
インパクト強いですよねぇぇ(笑)
(やっぱり、こういうところは女性映画得意さんの王家衛・・・・・)

↓イタリア版の予告。完全に章子怡主演作品になっている(笑)←ある意味、正解!




トニー・レオンファンですけど、今回の映画のメインは
章子怡(チャン・ツィイー)!でしたよ☆
(って、日本版をみた友人はみーんな言ってました(笑)。激しく同意です!)

だいたい、トニーさん、今まで幾つか最優秀主演男優賞に輝いてきましたし、
たまには他の方に譲るのも悪くないのではないかと思います。
(つか、張家輝(ニック・チョン)おめでとう!!!良い俳優さんだもの、
当然の評価ではないでしょうか!『激戦』は日本公開するみたいデス)


日本はさておき、中華圏では興業成績もよく、
長年準備してきただけあって、王家衛チームには本当に良い最新作となりました。
(俳優にとっては、撮り直しに次ぐ撮り直しで、迷惑至極な映画だったようですけど)
これからも、素晴らしい映画作品、楽しみに待っています☆

そして、香港映画!!!
大陸のダサ~イセンスに合わせることなく、我が道を突き進んでください!!
いつまでも愛しています♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-04-14 19:03 | 香港&アジア映画 | Comments(0)


東京都の舛添知事は
2020年の東京五輪までに、都内に和風の迎賓館を整備する考えを示したそうな。

ニュース→こちら

なんでも浜離宮に、なんていっているらしい。

いやいやいや!

オリンピックには間に合わないかもしれませんけど、
どうぜ建てるなら、今の皇居東御苑の芝生のところにですね、
江戸城本丸御殿をどーんと再現して、
普段は一般拝観OKにして、
おもてなしするときにも使えるようにすれば一石二鳥!ではありませんか!!

ちょっと畳をかえれば、晩餐会もできて、
迎賓館にフォーメーションチェンジできるようにしておけば済む話ですヨ。

浜離宮は狭いんで・・・・・・・。
それにかつて、「猿真似」と西洋諸国にバカにされた、悪名高き鹿鳴館があった、
おもてなしに使うには、不吉な場所。

それに対して、江戸城本丸御殿は東京で一番、風水的もGOODな場所です。
地震にも強い地形なので、賓客のみなさんに首都直下地震でも、お怪我などさせません。
(浜離宮は元禄地震のおり、甲府藩海手屋敷でしたが、液状化と津波にやられています)

東京都としては、都の公園内にちゃちゃっと作ろうとしているのでしょうが、
ここは安全のためにも、国と交渉して、皇居東御苑使わせていただいちゃったら
いかがでしょうか???

何度も、申していますが、天守閣はいらないんで、本丸御殿だけなので!!

と・・・・・・・・一都民として、ちょっと心の叫びを書いてみました。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-04-06 10:28 | 江戸東京あれこれ | Comments(4)
ホントは来週に行く予定だったので、
今日は日比谷図書館へ調べものへいったのだけど、もう日比谷駅が凄いの。
初日からこのテンション!? こいつはヤバイかも・・・・ということで
偵察がてら皇居方面へ歩いてみたら、
そのまま人波にのまれて、列に吸い込まれてしまいました(笑)。

d0080566_18334353.jpg


午前11時30分ぐらいに列に納まりまして、
ええと、坂下門前に立ったのは午後0侍52分。
つまり、1時間22分ぐらい並んでますた(汗)。
(ちなみにこの日は午後1時30分で受付終了になったそうです)

あまり列が動かないのですが、それは荷物検査&ボディチェックしているから!
(上の写真の白いテントが荷物検査所です)

d0080566_18362785.jpg


あまりの人出に、DJポリスさんのお仲間が登場。

d0080566_18374025.jpg

よーやく、坂下門を通過!
(止まって写真が撮れないので、動きながらの撮影なので、ぼやっとしていてスイマセン)

嗚呼!!これが、坂下門なのねーーーー!!という感慨などに耽る間もなく、
どんどん流されていきました。

しかし、入ったとたん、なんだか人々が分散して、乾通りでは
わりとリラックスして歩けました。

d0080566_18401223.jpg

乾通りですが、それほどたくさん桜があるわけではありません(笑)。
桜を楽しむなら、断然田安門~千鳥ヶ淵をオススメですヨ!

で、多くの人々は御殿や関連の建物がある、この通りの向って左側に注目するなか、
わたくしはもうもう!!!!断然、右!!!
つまり、江戸城でいうところの、西ノ丸から望む、本丸エリア、そしてその間にある濠!!
これが見たくて、1時間並んだのだーーー!!!!

d0080566_18435339.jpg


まず、蓮池濠!
蓮池というと、御金蔵で有名でしょうか(笑)。

d0080566_18482616.jpg


もう、この石垣の角度がたまりませんねーー!!!

d0080566_18503343.jpg

ここは「富士見多聞」であります☆

d0080566_18505297.jpg

このあたり、いろいろな桜が咲いていて乾通り、綺麗です♪

d0080566_18525829.jpg

でもワタシの関心は、右側♡
いいですねーーー!!!VIVA!!石垣&濠!!!

d0080566_18532617.jpg


d0080566_18544525.jpg

こちらの橋を渡ると、そのまま東御苑こと本丸御殿跡へいけまする。
(でも普段未公開の乾門を抜けて、外に出ても東御苑にもう一度入れるので、
どっちかというと、乾門まで行っちゃったほうがいいです)

d0080566_1853577.jpg

乾濠です。

d0080566_18542791.jpg

↑こちら乾濠と北桔橋門。この橋から東御苑へ行けます。

d0080566_19291541.jpg

ちょっとピンぼけしてますが、こちら、皇居内の消防車。
町火消し(笑)とは、配色がちょっと違いますネ。

というわけで、ゴールです♪乾門!
d0080566_19324.jpg


d0080566_1934152.jpg

いつも使われている門は、天井なんかもすごく綺麗です!
(坂下門も、とても綺麗でした)

d0080566_19102460.jpg

ランプっぽい、電灯がおしゃれ!@乾門


いやあ、なんかもう、未公開の濠をたっぷり堪能できて、
列に並んだ苦労など吹っ飛びまして、マジで楽しかったです(笑)。
(でも疲れちゃったので、図書館は後日に・・・・)


しかし明日以降、行かれる方は公式サイトでも書かれているとおり、
時間に余裕を持ってお越し下さい。

乾通り一般公開公式サイト→こちら

皇居乾通り一般公開という初の試みに、
宮内庁、そして警察の方々が事故のないように、迷子のないように(笑)、
すごく細やかに対応していただいている様子を拝見して、
感謝の気持ちでいっぱいでした。ありがとうございましたーー!!

今年は春と秋の2回ありますが、
もう懲り懲りなんていわないで、また開催してくださると嬉しいです☆
[PR]
by aroe-happyq | 2014-04-04 19:32 | 江戸東京あれこれ | Comments(10)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq