東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

回を増すごとに、ショボくなる、東京国際映画祭(汗)。
(とくに六本木にメイン会場が移ってからヤバイ)
すごい身勝手なチケット販売方法なども「改善」されてきてはいるようですが、
問題はプログラム自体・・・つか、根本精神とでもいいましょうか。

そのなかでも、今年の話題は、キャッチコピーがひどすぎるという件。
すでに各方面で話題になっているので、うちで記事にすることでもなさそうですが、
いや~~~もう、これがヒドイのでございますよ!(だからあえて記事にしちゃった)

どんなもんかと申しますと・・・・・・・・・・。

ニッポンは、 世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった。お忘れなく

というもの。

もう、自虐にも程がある!と泣きたくなるやら、笑っちゃうやらっっ。

アジアの映画祭のなかでも、唯一のAランクにして、もっとも地味な映画祭だし、
カンヌやベネチア、ベルリン等々に比べたら圧倒的にマイナーだから、
もうほとんど忘れ去られつつある映画祭(涙)なわけですが、
だからこそ、こんな哀しいコピーはやめてくれ。恥ずかしすぎる・・・・・。

なにが恥ずかしいって、「世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった」の

だった」→過去形ね!

さらにトドメの一言、「お忘れなく」ですよ(笑)。

過去の栄光にすがらなくてはいけないほど、日本の映画人はそんなに不甲斐ないとでも?
けっこう良い作品作っているのに!
(とはいえ、今回の映画祭の目玉企画が
ン10年前の自作にすがり続けている庵野秀明特集というのはどーよ、という話もある(爆))

だいたい、映画祭がショボいのは、実行委員会だかなんだか、そういう組織さんのなかに
本当の映画好きがいそうになく、意欲もみえないからで、
日本の映画監督云々じゃないはず。

しかも気味の悪い愛国ちっく的コピーにもみえなくもなくて、
さすがAB首相の政権下の日本としかいいようがありません。
これが政府の推している「クールジャパン」というやつなのでしょうか?
だとしたら、ちゃんちゃらおかしゅうございますな。

で、どうしたらこんなコピーが採用されちまうんだよ、って話ですが。

公式サイトをみていて、ふと気づいちゃったのですよ。
主催は公益財団法人ユニジャパンというところのようですが・・・・。

共催に経済産業省とか、
後援に総務省、外務省、環境省、観光庁・・・・・・・って、

霞ヶ関系が多すぎじゃない!?


こーゆー組織構成だから自虐っぽいくせして、
「お忘れなく」みたいな、上から目線的な言葉が思いつくんだな。

しかし。
こーんな官製の、お役所出しゃばりモードでまともな映画祭なんて実行できるのかしら?

この映画祭、六本木に移る前、
渋谷で開催していたときはもっとキラキラしておりました。
チケット購入もぴあにならぶとか、当日も自由席なので並ぶとか
たくさんの不便があったのですが、いい感じの熱気がありました。

あの頃は協賛企業もすくなくて、会場を貸していた東急と東京都ぐらいで
やっていたのではなかったかな?
間違っても、こんなに中央官庁が出しゃばったりしてなかったのよね。
だから風通しもよくて、不便で、手狭で、観客へのサービスが足りないけど(笑)、また来年もこよう!
と思わせる手作り感があったのでしょう。

東京国際映画祭をまともな映画祭へ軌道修正するには、
官庁の共催や後援を減らして(いきなりなくすと問題もありそうだし(笑))
民間の手に取り戻していくとか、そうでもしなくては
この先、もっとヤバイコピーとか、パッとしないプログラムになってしまうでしょうネ。

だって、映画の名作で、プロパガンタ的な、政府の覚えめでたい作品なんて1本もない。
映画祭だって、同じことがいえるはず。
反骨心に突き動かされたときこそ、芸術もエンターテイメントも
名作が生まれるわけですし☆
映画祭もまたしかりかと。

戻ってくれ、東京国際映画祭!
昔のような、自由な君に~~~~!!
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-30 13:56 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
香港の民主デモについて支持すると表明したスターのみなさんは
遅かれ早かれ、中国「大陸」での芸能活動が制限されるといわれてきましたが、
香港の新聞をのぞいていたら、もうリストができているらしい(笑)。

新浪香港(繁体字)→こちら

劉德華、梁朝偉、周潤發、黃秋生、黃耀明、黃貫中、鄧紫棋、陳妍希、張家輝、李安、
何韻詩、蘇永康、鄭中基、杜汶澤、鄭秀文、阿信、九把刀、張懸、謝安琪、歐錦棠、
葉蘊儀、鄧萃雯、張敬軒、金城武、林夕、甄妮、郭富城、梁詠琪、蔡卓妍。


総勢29人。
みーんな大スター揃いですが・・・・・、ん???
記事が指摘しているとおり、

金城武って関係ないんじゃないの!?


よくみると、香港デモについて何も発言していない金城君やアン・リー監督とか
入っているんですけど、なんで?!(笑)
(彼らは今回の件は関係ないじゃない??)

しかし、このメンツを使わないとなると、大陸製作の映画はきわめて地味で、
華のない作品になることは必定(爆)。おほほほ。
(ユンファさまとかアンデイラウ抜きっの作品って、やっぱ、ダサダサよね)
政府は息巻いてこんなリストつくってみたけど、映画界としてはけっこう厳しいと思うのは
わたしだけでしょうか??

ま、わたくしも、これで渋々ながらトニー・レオンが出ているから、とかそういう理由で
面白くない大陸製映画をみなくてすむのなら、それでいいけど♪

むしろ、この機会に、この人びとが香港映画界に戻ってきて、
また昔のようにすんばらしい♪これぞエンターテイメントだ!という作品がみられたら、
こんな嬉しいことはありません!
(残念ながら共産圏の大陸では、
エンターテイメントについてじぇんじぇん理解できていませんので(笑))

がんばれ、香港~~~~~っっ
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-26 11:59 | 香港&アジア映画 | Comments(0)

よみがえる江戸城の本

久しぶりに本屋さんに行ったら、ありました☆
って、もう1ヶ月前に出てたらしい(笑)。


d0080566_14401581.jpg


よみがえる江戸城 (NHK出版 DVD+BOOK )

アマゾン→こちら


今年の正月にBSプレミアムで放送した番組のCGをDVDと本にした感じ。

内容紹介によると、

高精細CGで復元された
「江戸城本丸御殿」を歩く!

「玄関」から「大広間」を経て「松之廊下」へ、そして「大奥」へ。
徹底的な資料収集・検証とコンピューターグラフィックスの最新技術によって、
ほぼ完全な姿で復元された華麗荘厳重厚な将軍の居城。
「昭和女子大学」と「NHK映像デザイン部」の“共同研究"で「よみがえった江戸城」を、CG動画で案内する。


というものです♪

我が家には江戸博で購入した「江戸城 本丸御殿と天守」というDVD(収録時間約30分)がありますが、
これはもう数年来、ワイン(国産の渋くないやつ!)と日本酒の友でありましたが、
今回の(約25分)もまた、新たな友になりました(笑)。

贅沢をいってしまうと、ブルーレイで見たかったかも・・・・・。

とはいえ、江戸城ファンにお勧めの一冊です♡
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-23 14:44 | | Comments(4)
ちょっと素敵そうな番組があります☆

10月19日(日)、午後9時のNHKスペシャル。

カラーでよみがえる東京~不死鳥都市の100年~



公式サイト→こちら

白黒フィルムに色をつけて、東京のこれまでを振返るという内容です。


江戸も、カラーでよみがえったりしませんかねぇ・・・・・・(笑)
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-15 09:31 | Comments(6)

ごめんね青春! 

「あまちゃん」終了から1年・・・・。
ようやく、クドカンの新作ドラマが始まりました☆

ごめんね青春!公式サイト→こちら

のっかけから、ワタクシ事で恐縮ですが、
この週末は突然のケーブルTVのセットボックス交換に始まり、
交換したら8年モノのDVDレコーダーとデジタル端子で繋がらなくなり
(単にうちのレコーダーが古すぎなだけ)、
でもう壊れかけのレコーダーだったこともあり、
価格COMで調べて最新ブルーレイレコーダーをゲットし、TVとは別にLAN端子で繋ぐ作業後、
なんと、新レコーダーによる、栄えあるひとつめの録画が、この「ごめんね青春!」でした(笑)。
(この場合、LAN端子云々は無関係。TVアンテナ経由の地上波デジタルの録画なんですケド)
いままでのレコーダーだって地上波デジタル録画をしてきたつもりだったけど、
新レコーダーで録られた「ごめんね青春」はおそろしいほどに美しい映像で、
8年のあいだのさらなるレコーダーの進歩をこの目で思い知りました(爆)。
(8年前のレコーダーの半額で数倍以上の機能がついている点でも、技術の進歩を感じました)

で、肝心のこのドラマ。

もう、めちゃめちゃ面白いですよね~~~~!!!

「あまちゃん」で毎話15分刻みの修行を経たクドカンの脚本は、
それ以前のドラマに比べて、より密度が濃く、ゆるむ隙間なく、切れがよくなったような気がします。

キャストはいつもの人もいれば、クドカンドラマ初という人もいて、
新鮮な部分もあれば、主人公の母親が「出てくる」等のどこか懐かしさがあり(笑)、
おかしさとちょっぴりの切なさというエンターテイメントらしさも含め、
全体的にバランスが良いですネ(まだ1話みただけですが)。

なんとも日曜日の夜9時にふさわしい明るいドラマだし、
新たな学園ドラマ、といった予感がして、2話以降が楽しみ~~~っ♡

なんだか、またいつものクドカンドラマらしく、
視聴率がそれほどでないらしゅうございますが(笑)、
マニアに優しいクドカン作品として、おそらく録画率はダントツ1位だと思いますので、
あまり気にせず、最後まで突き進んでほしいものです。

視聴率って、ホント、内容の良さの評価ではないですから。

「ごめんね青春!」、最後までがっつり見届けますぞ☆
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-14 19:19 | ほんの世間話 | Comments(2)
d0080566_1071686.png



幕臣伝説-史実と噂のはざま (歴史新書y 48)


アマゾン→こちら



最近、ちょっとバタバタしていて書店を覗いていなかったのですが、
メールで教えていただきまして(汗)。


今日か明日、書店に行ければな~というところなのですが(笑)
とりいそぎ、UPしちゃいます。

読んだら、感想ここに書きます!
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-10 10:12 | | Comments(0)
まさかの長州ネタでございます(笑)。

今年の夏、ひょんなことから知りました、赤禰武人サン。
おそらくわたくしにとって、最初で最後の「やっと居たよ、まともそうな長州の人」です(笑)。
しかし「まとも」ゆえに裏切り者にされ、石持て追われる身となる、不運の人でもあります。

心理学では少しでも知識が深まると、好感度が増すものだそうですが、
今回、赤禰武人を知って、ますます長州とか高杉晋作が嫌いになったことは
最初に書いておきたいと思います(笑)。理由はおいおいに・・・・。
(ほかの人達は・・・・薩摩とか、井伊直弼なんかも、識るたびに可愛く♪思える
ようになって、好感度が増しているのに、ここだけ・・・・どーしてだらう!?)

で、その赤禰(根)武人とは・・・・・。

天保9年、周防桂島の村医松崎三宅の子として生まれる。
(長男説やら、次男説がある。でも他家に養子にいくところをみると次男っぽい?)
通称は門平、幹之丞。
11歳で、僧月性の時習館に学んで、その後、松下村塾に入る。
20歳の時、浦家の臣、赤禰忠右衛門の養子になり、士分となり、赤禰武人と名乗る。
安政の大獄では獄につながれたり、いろいろあって、
江戸では、英国公使館焼き討ちのメンバーになったり、スパイ活動したりとヤバイ橋も渡り、
攘夷血盟には、久坂玄瑞や高杉晋作らとともにその名を連ねた。

その後、奇兵隊結成に加わり、第三代総管に就任(部下は山県有朋)。
翌年、四国連合艦隊による下関砲撃事件を経て、赤禰武人は攘夷は不可能だと悟る。
さらに長州内の正義派(倒幕派)やら俗論派(恭順派)などの醜い対立をみるにつけ、
思う所があって、奇兵隊総管を辞して、故郷に帰ります。
この休暇で、さまざま思い巡らし、開眼したようです。

ところが後任の山県がどうもダメダメで、
赤禰武人は再び奇兵隊に連れ戻されしまうのでした。

奇兵隊に戻った赤禰武人は「開眼」したため、前とは打って変わって、
長州は戦争をしてはならない、と内戦回避のために奔走をはじめる。
するとそこへ、俗論派に命を狙われ他国へ渡っていた高杉が戻ってきて、
赤禰を妨害するわけです。

そのときの高杉の演説ですが、これがすごい(笑)。
奇兵隊の同志を前に正論派の勢力回復は今しかない!、とここまではいいとして、
次に「赤禰に騙されるな」的な演説をぶった・・・・のですが。
その理由に、赤禰はそもそも士分じゃない、とか、弁舌はどんどんヒートアップしていき、
「(赤禰武人は)大嶋郡の土百姓じゃないか」と、
自分(高杉)は毛利家の家臣だ、こんなに高い身分の自分と、
土百姓の赤禰武人の言う事とどちらが信用できるか、おのずとわかるだろう!?
とまぁ、つい本音が出ちゃった。
(正確には赤禰は周防桂島の村医の子なんだけどさ)
これには、演説を聴いていた奇兵隊のお百姓さん達がドン引き・・・・・・。
なんせ、奇兵隊のお偉いさんが隊の創設精神をなにげに否定してしまうという珍事が
起きたわけですから(爆笑)。
(そしてこういう口先だけのぺらい差別男が大嫌いなワタクシのなかで
高杉晋作は永遠にブラックリストに刻まれることになりました(笑))

結局、赤禰武人の努力は水泡に帰してしまい、藩内では正論派が勢力を盛り返す。
このおかげで、高杉一派から裏切り者扱いされ、赤禰は大坂へ落ち延びます。

不幸は重なるもので、赤禰武人は大坂で幕吏に捕まってしまい、
京の六角獄につながれます。八ヶ月も。

その獄中で、再度の長州征伐が行われるときくや、『急務五箇条』という意見書を書き、提出。
幕府と長州の戦いを回避し、内戦を行わないことで、諸外国のつけいる隙を与えないよう、
自分は長州の人々を説得したい、というような内容でしたが
この赤禰の意見書が、大目付永井主水正尚志の目にとまります。
永井は赤禰に「長州との和睦に協力してくれるとは本当か」と問うと、
「自分が長州へ行って説得する」という。
では頼むということになって、
慶応元年、長州尋問のため広島へ向かう永井主水正と新選組近藤勇や
伊東甲子太郎などに随行して、赤禰武人は旅立ちます。
道中、赤禰武人は近藤や伊東と随分交流を深めたのだそうな。

広島へ到着すると、赤禰武人は「釈放」ということで自由の身となります。
それだけではなく、『急務五箇条』の内容が高く買われ、岩国や長府、そして萩の藩主にも
「幕府との戦いを回避するよう、高杉たちを説得してくれ」と期待されるのです。
しかし、すでに藩主の思惑とは違い、藩内では幕府と戦う覚悟を固めており、
赤禰武人は近藤や伊東と岩国への入国を試みるのですが、拒否されてしまう。
拒否されるだけならまだしも、「新選組と交流するなど、お前は幕府のスパイだな」と
いう嫌疑をかけられてしまい、お尋ね者に。

近藤たちと別れ、藩内に潜伏した赤禰武人は、まだ説得できると信じていました。
(こういう流れになったので、近藤たちの作戦も失敗になったわけです(笑))

そこで故郷の親類を頼りますが、追っ手が迫ると、
自刃するよう勧められてしまうのです(トホホ)。
しかし「ここで死んでは誤解されたまま終わってしまう。この上は裁きの場にて、
自らの清明をのべ、我が主張のいずれに間違いがあるのか、問いただしたい」
というと自ら縛につきます。
高杉などの正義派が盛り返している藩内なので、取り調べなどもいわば元仲間と関係
のある人が行うわけです。「話せばわかる」と思ったのでしょう。
なにせ元奇兵隊の第三代総管ですから、仲間はたくさんいただろうし。

ところが、まったく弁明を行う場も与えられず、そのまま処刑と決してしまうのでした。
(昔の仲間じゃねぇか、少しぐらい話を聞いてやりゃいいだろ、と理解不能の呆れた結末(笑)。
てか、まったく聞く耳を持たないという、料簡狭さがこわいよ(汗))

処刑前夜、赤禰武人は悔しさゆえに啜り泣いたそうです(さもありなん)。

赤禰武人処刑の報をきいた藩主毛利元周は馬を飛ばして止めようと
しますが、時既に遅かった、ということです。
(藩主への報告ってそんなに後回しなの?と首を傾げてしまうのですが)
この時、赤禰武人は28歳でした。

しかし、この後がまた酷い・・・・・。

処刑された赤禰武人の遺骸から腸を引きずり出して鳥に喰わせ(鳥葬か!?)、
遺骸そのものは通行人に踏みつけさせるよう、埋めたとか。
晒された首だけは何者かが持ち去ったそうで、行方知れずです。

そして、明治の終わりの頃。
赤禰武人の名誉を回復させようという運動が起ったそうな。
帝国議会で了承されるところまでこぎつけたのですが、
元部下の山県有朋が
「下関砲撃事件で赤禰武人は敵前逃亡した」ゆえ、認めないと発言。
とうとう名誉回復の話は頓挫したそうです。
(赤禰の後任を果たしきれなかったクセに随分と偉そうだよな(笑))

ようやく赤禰武人の墓が建てられたのは平成7年のことだそうです。

長州のなかで、ようやくちゃんと時節を読めていた人がいたことは
すごく嬉しいというか、ああ、同じ日本人らしいぞと安心した次第ですが(笑)、
しっかし奇兵隊内部ってドロドロすぎて怖ひ・・・・・。
青春モノみたいなさわやかなタッチで語れんぞ、こいつら・・・・(汗)。

どうするんだろう、来年の大河(笑)。みないから、どうなってもいいけどサ。
(嗚呼、官兵衛面白いのにもうじき終わっちまうのかよ~~~)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっかけはお察しのとおり、永井公の広島行きの調査でした(笑)。
ですが、知れば知るほど赤禰武人さんが気の毒になり、
旗本中根市之丞サマを惨殺した鬼畜・奇兵隊の一員ではありますが、
どうしても紹介したくなった次第。

※御使番中根公や一行の惨殺事件についての記事はこちらこちら

長州ネタは最初で最後だと思いますが、
長州の賢人、赤禰武人さんのお話でした。


【おもな参考文献】
『松下村塾の人びと』 海原徹著 ミネルヴァ書房

この本では、高杉演説のくだり、すごーく書きにくそうに描かれていて
長州ファンにとっても、この現実は厳しいものだったのだな、と納得でした。
(アンチファンのわたしでさえ、初見では対処に困ったもの(笑))

このほか、国会図書館の検索でひっかかった細かい資料等々。
なかなか赤禰さん情報がなくて、たいへんでした(細かい調査は現在進行形)。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-08 11:39 | 広く幕末ネタ | Comments(12)
この秋、待ってました!シリーズ再開!!

そしたらお知らせをみつけました☆

11月30日(日)午後11時 スタート (全10回)


ダウントン・アビー2公式サイト→こちら

そして、

第1シーズン アンコール放送!
11月1日(土)深夜より、総合テレビ土日深夜放送


ですって!

ちょっとアンコール放送みて、人間関係の復習をしなくては(笑)


嗚呼、めちゃめちゃ楽しみデス~~~ッ053.gif
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-06 09:56 | ほんの世間話 | Comments(0)
コメントをお寄せいただいたこともあり、久しぶりに調べてみたら、やっとあったぞ!(笑)
(でもまだアマゾンは出てこない~~~っ)

以前にこのDVD発売の話を漏れ伺ってから、ずっと探し続けていたけど、
なかったんですよ、情報が。それですっかり諦めていたところ・・・・・ああ、よかった。

全2集ともに、10月17日発売、とのことです!


d0080566_1337460.jpg


徳川慶喜 完全版 第壱集DVD-BOX 発売情報→こちら

おそらくこちらが発売になれば、レンタルも始まると思いますので、
いつでも、見たいときに見られるようになりますネ!!!
(板倉老中と一緒に泣いてくださる方が一人でも増えるといいナっっ(笑))

100%ではないにせよ(うーむ、一橋党の旗本がほぼスルーされてて哀しい等々の不満もこれあり)、
現時点では、慶喜を描いた作品としては当代一かと存じますので、
(ほかになさすぎるって話なんですよね・汗)こっそりオススメです☆

思うに、時代の状況をしっかり説明して(天保期の海防とか政治からスタートして明治も全部網羅)、
本気で慶喜を描こうとすると100話いる気がするんだな・・・・・・・。
(慶喜役の俳優さんも少年期、青年期、おじさん期と分けてね)
2年大河なんて、やってくれないし(笑)、なかなかこれ以上のものは出なさそうです。
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-05 14:02 | 慶喜@大河 | Comments(2)
毎年開催するので、うちのブログでは記事にしたり忘れたりするのですが、
お年はたまたまお知らせをみかけたので、記事書きます☆

林氏墓地の特別公開

【 日 時 】平成26年11月1日(土)・2日(日)・3日(月・祝) 10時~15時
【 会 場 】国史跡林氏墓地(市谷山伏町1-15)  大江戸線牛込柳町駅から徒歩5分 
【 料 金 】無料
【申し込み】不要。当日直接会場へ


お知らせ情報元(新宿区歴史博物館サイト)→こちら


関連イベントもあるらしいですヨ!

この機会に、江戸朱子学に触れてみるのもいいかもしれません♪

ちなみに2008年に訪れた際の拙ブログレポ記事はこちら
[PR]
by aroe-happyq | 2014-10-05 10:42 | 江戸東京あれこれ | Comments(0)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq