東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

パート1にあたる記事は、こちら

一年以上も前の記事に突如、続きができたのは、まったくの偶然にもうひとつ史料と
めぐりあったからであります(笑)。

1のほうは浅野側の談話ですが、2のほうは同じことを慶喜が伝えた書簡でして、
びみょうに両者の描写が違うので、これはおもしろい!と思いまして紹介する次第です。

今回の書簡史料は、『小笠原壱岐守長行』(近代デジタルライブラリーで公開中→こちら
この本の201Pに、その書簡が載せられております。

宛先は在京の板倉&水野老中。
慶喜としては東帰したときの様子を伝えようと思って書いたようです。
(ただ、こののちほどなく、将軍後見職を辞めるという流れがあることを頭に置いて読んだ
ほうがいいかもしれない書簡です(笑))

そのなかで、
(文久3年5月)八日八時前、金川(神奈川)へ着、其より同所奉行を呼出、

イギリスとの生麦賠償問題の経緯をたずねたりして、
その後慶喜が(それが使命なので)賠償金支払い拒否、そして鎖港談判実行の話に及んだところ、

両人大に怒気を含、如何成訳に而攘夷の御請致し帰府いたし候哉と種々及議論候故、
京師の御模様委細に相話、此度は是非とも攘夷不被遊而は御請の証も難相立、
御職掌へ被対御済不被遊候旨段々及説得候処、
たとへ上(家茂)の御身は如何様被為成候とも皇国の御ためにはかへられずと
更に取敢不申、猶及議論候処、此上強而攘夷被遊候に於而は
小子(慶喜)を差殺候もの必出来可申旨申聞候


となったという。

ポイント①は、浅野談話では語られていませんが、


両人大に怒気を含


となんだか最初からブチ切れていた様子だったこと。

浅野談話では、部屋の外には攘夷派の猛者で溢れかえっているので、
あまり大きな声を出さないほうがいいと慶喜に注意されていたにもかかわらず、
開港開市への熱い想いとこの数ヶ月に及ぶ賠償談判のストレスからか、
ついつい大きな声になってしまったのかも??

そしてポイント②は、
たとへ上(家茂)の御身は如何様被為成候とも皇国の御ためにはかへられず

これは浅野談話では「君家の禍害は君家の禍害にとどまりて、
日本不実・不信の名実は、わが皇国の安危存亡に関わるものなり

にあたる所だと思いますが、
慶喜書簡だと、「日本のためなら家茂の御身がどうなってもいい」という、
さらにセンセーショナルな言い回しになっています(笑)。

そして最大のポイントはその③。

此上強而攘夷被遊候に於而は
小子(慶喜)を差殺候もの必出来可申旨申聞候


これ以上、攘夷をすすめるならば、あなた(慶喜)を刺し殺そうとする者が
必ず現れる、とはっきりと脅迫された、というのです(笑)。

いろいろ慶喜の本とか史料をみてきましたが、
こんなに露骨に慶喜と対面している状態で、暗殺をほのめかすような脅迫をやらかした場面を
みたことがありません。神奈川奉行たち、なかなかツワモノであります。

それにしても、
浅野談話とは随分と違う雰囲気だったことが慶喜書簡では語られております。

慶喜書簡のほうが5月17日の書簡ということで、生々しいわけであり、
浅野さんは明治以後、公爵徳川家の家令となって、そのあとの談話でもあり、
まさか徳川家の人をブチ切れ状態で、脅迫しましたとは語れないし、
ひょっとしたら数十年たって、浅野のなかでは美しい思い出になっていて、
そういう都合の悪い記憶はなくなっていたのかもしれません(笑)。

ただ、慶喜もほうもこののち、後見職を辞めるわけ(20日に辞表提出)で、
「関東でこんなたいへんな目にあっているのだ」調の書簡演出がなかったかというと
さてさて、そのあたりは疑問だらけでございます。

どっちの言い分をとるというよりも、どちらの言い分の中庸をとっておけば、
このあとの厠へ立つ慶喜公のかっこいい演技(笑)はそのままいけそうなので、
(やはりこの部分は本当であってほしい一番のポイントかと(爆))
今のところは、そういうことにしておこうかと思います。
ただこれはわたしのただの私見ですので、みなさまそれぞれに、
解釈なさっていただければ幸いです☆
なにせ、解釈の自由こそが、こういう史料と接する醍醐味でありますから♪

(以下余談)
実は、浅野談話では神奈川奉行が浅野&竹本になっていますが、
慶喜の書簡だと浅野&山口になっています。

で、いろいろ調べた結果、山口信濃守が同行したことがわかりました。
『横浜市史』資料編5 260Pをみると、
この日、神奈川にいるのは浅野&山口なんです☆

とはいえ、『慶喜公伝』には浅野しか登場せず、もうひとりの神奈川奉行は出て来ません(笑)
だって、ずっと一人で喋り続けていたので・・・・・。
山口の影はめちゃめちゃ薄い・・・・・。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-17 14:34 | 外国奉行ズ | Comments(4)
ずいぶん前に2020年五輪にむけて、迎賓館を浜離宮公園につくるなどと
どこかの都知事が発言していたのですが、これ以上都税使うなんてありえん!
ただのジョークだと思っていたら、マジでやるらしい・・・・・・・っっ

毎日新聞→記事こちら


しかも延遼館を復元???

延遼館というのは、そもそも幕末、徳川公儀が海軍所と定めた御浜御殿に
海軍伝習生の屯所として建設が開始したのだけど、完成前に明治になったため、
新政府がその建物を迎賓館として改造して、使っていました。
かの「西洋の猿まね」と悪名高き鹿鳴館ができるまで、使われていた建物です。

そりゃ鹿鳴館復元よりはまだマシではありますが、
なにも・・・・・復元じゃなくて、新しく今様で和風の建物をつくりゃいいのに。

それに、迎賓館なら四ッ谷にあるのにわざわざ作らなくても。
(和風の迎賓館なら京都にありますしね)
「悪く言えばベルサイユ宮殿のまがい物」と舛添氏は酷評のようですけど、
四ッ谷の迎賓館、けっこう素敵ですよ!
もうこれ以上、都税を使うぐらいなら、
ベルサイユのまがいものでもなんでも、今有るものを使うべきではありませんでしょうか。

だいたい、五輪なんてあっ!という間に終わるんですよ。
たった、2週間でしょう。
あれやこれやお金かけて余計な施設つくっても、果たしてどれだけの観光客が
それらに関心を持つか。オリンピック観にきている海外からのお客さまには、
会場を行き来しやすいシャトルバスの運行とか、
当日チケットを安く、買いやすく提供するとか、そういうサービスに重点をおくことが
本当のおもてなしで、そのほかの観光施設にきてもらおうなどという、
捕らぬ狸の皮算用はやめたほうがよろしいようですよ(って、ロンドン五輪の際、
むしろ一般観光客が減ってがっかりだ!と地元観光名所のお店の人たちがほやいてましたから)。

で、延遼館の復元ですが・・・・・。
今の自然いっぱいの浜離宮公園を愛する一ファンとしては、
この延遼館を建てるにあたって、木をたくさん切って、スペースを作るわけで、
どうか、そうやってあの庭園に手を入れることはやめていただきたいと、思う次第です。

だいたい、外遊多いし、今の都知事はまるで総理大臣と勘違いしているみたいに、
税金を湯水の如く、使っているような気がするのですが・・・・。
ベルサイユと出て来たから、なんですけど、
まるで御自身がマリーアントワネット状態なのは問題にならないのか、不思議ですネ。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-14 19:30 | ほんの世間話 | Comments(2)
慶喜公に関して師匠とあがめるお方より、教えていただいた展覧会のお知らせです☆
(つまり行ってはいないので、ただのお知らせ記事であります)

茨城県立歴史館サイト→こちら

さすが水戸!だと思いましたのは、
展示解説のタイトルが慶喜を表現するのに的を射ている以上に、
超カッコ良すぎる点です!!!

①「動乱の貴公子」
②「異形の将軍」
③「官賊交錯」


さらに公式サイト内でPDFでみられる、チラシの言葉も素晴らしい!!!

最後の将軍は正統なる英傑(カリスマ)か。
異形の異端児(アウトサイダー)か。


おお~~!!どっちもそうだといえる慶喜公な気がいたしますっっ(笑)。

とにもかくにも、武家政権といえば、鎌倉政権、足利政権の最期がしょぼしょぼで終わったなか、
その総仕舞いの徳川政権ラストに、
こんなに聡明でユニークな人物がトップに立ったというのは、
実に世界史的にも珍しく、まだまだ研究の余地ありまくりな出来事だったと思うのは、
わたしだけでしょうか??

ちょうど前回の記事が信長なのでからめると(彼も天下人だったから)、
日本人にたくさんのファンを持つ信長公ですが、
最期は全幅の信頼を寄せていた部下(爆)に裏切られ、殺されるという結末を迎えてしまいます。
慶喜の場合、どんなに嫌われようと(笑)、暗殺もされず、天寿をまっとうしている点で、
トップに立った人間としては、信さんよりも上だな、と思うのですが、
その割には人気がないのが、ホントに悔しゅうございます。

というわけで、昨年に続き、慶喜公の展覧会が、しかも水戸で開催中ということで、
嬉しいかぎりですが、さてはてわたしは期間中に行けるでしょうかっっ(汗)。
・・・・なんていう情けないぼやきをこめつつ、お知らせがてら、記事にしてみました♡
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-11 09:54 | 江戸城の大旦那 | Comments(4)
ちょっとこのブログでは珍しい戦国ネタです(笑)。

今、東京の永青文庫(館長は細川元首相という、細川家の所蔵品を展示するミュージアム)
で開催中の重要文化財指定記念!(めでたい!!)信長の手紙の展覧会に行って来ました。
とくに信長のファンというわけではなく(笑)、書簡資料好きというのと、
この文庫のそばの神田川はよく散歩するので、ちょっと前から寄りたかったということもありました。

永青文庫サイト→こちら

すでに熊本県立美術館で開催したものの東京バージョンですが、
永青文庫は小さいので、59通一挙大公開とはいかず、前期後期展示となっています。
(全部、いっぺんにみたい!という場合は、図録がおススメ。こちらには全部収録されています♪)

戦国時代の細川さん(細川幽斎)は足利義昭とともに、京都へ信長を呼び寄せた、
キーパーソンのひとりですネ。
そんな縁もあって、信長と細川は親しく、
信長もほかではみせない一面を細川宛書簡でみせています。
(けっこう本音を語っています)

わたしは前期にいったのですが、いちばん印象的だったのは、
本能寺の変のひと月まえに、信長が細川さんに送った手紙。

それがですね、信長さんたら、明美光秀に全幅の信頼を寄せているですよ・・・・・・・・。
あいつにまかせておけば大丈夫!というような感じです。
あと1ヶ月後に、その人に討たれちまうのに、そんなに信じていた信長。
これは・・・・・ただのとんまちゃん? それともお人好し??
部下に討たれちゃうってことは、手下の人心掌握もできないダメ上司だという
認識をわたしなどはもっている信長像なのですが、
これはもっと重症だったということなのだろうか??(笑)
(つまり、本能寺で、攻めてきた相手が光秀だと聞いて、「じぇじぇじぇ~」って
なっちゃったのか、信長???(爆))

ひょっとして、巷説で語られる、ねちねちした光秀イジメとかなかったのか?
それともイジメっ子には自覚がないだけ??(汗)

とまぁ、もう、たった一通の手紙で、頭のなかでぐるぐるしちゃいました~~~っ。

これはほんの一例で、ほかに58通もあるんです(笑)。
いや~~ぁ、書簡って、面白いですよね♪

それは江戸も、戦国もかわりませんな、ということをしみじみ感じた、
なかなか有意義な展覧会でした。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-10 19:57 | ほんの世間話 | Comments(0)
「文七元結」は三遊亭圓朝が作った傑作噺です。

しかし圓朝が作ったのは間違いないのですが、その成立には諸説があります。
よく知られているのは、明治になって薩長政府のもと、元気のない江戸ッ子たちに
エールを送るために圓朝が作った、というものです。
とはいえ、それも諸説のひとつにすぎません。

今回、紹介するのも、そうした諸説のひとつなのですが、
意外な人物が出てくるので、ちょっとでも面白がっていただければさいわいです☆
(およそ、うちのブログに出てこないメンバーズ大集合(笑))

初代三遊派宗家藤浦周吉の家へ、友人の伊藤博文、井上馨、黒田清隆、西郷従道たちが
遊びに来ていた。
折りよく居合わせた圓朝も交えて雑談していると黒田清隆が圓朝に言った。
「師匠の噺のなかには江戸ッ子が出てくるが、私たちの知っている江戸ッ子の代表は
勝海舟さんだ。だがあの人は偉すぎる。本当の市井の江戸ッ子とはどういうものか
見本を示してもらえまいか」
すると伊藤博文が「そいつはいい。だが師匠は落語家だから、ただ話を聞いても面白くない。
どうだろう、ひとつ江戸ッ子の見本の出てくる噺を作ってみては」という。
井上馨が喜んで「師匠、やんなさい」とはやしたてた。
西郷従道は「三題噺はその場でつくるというが、三日で作れるかな」と勝手なことをいう。
そこで周吉が「師匠、おやりよ」と言った。
圓朝の凄さはこういうとき二コ二コ笑っているが、一歩もあとへ引かない自信のほどである。
「よござんす。なんとかやってみましょう」という次第になり、三日たってできたのが
「文七元結」である。伊藤博文、井上馨、黒田清隆たちはすっかり喜んで
「文七元結」の話がでるたびに「あの噺はわしたちが圓朝君にたのんで作ったんだ」
といって自慢したという。

※かなりシンプルにアレンジしてありますが、
原文は「「文七元結」の出来るまで」藤浦敦(『平成五年 芸術祭十月大歌舞伎』 筋書18P~)です。

わたしなぞからすると、薩長ズによる新手の圓朝イジメにみえなくもないが(笑)、
これも都市伝説のひとつと思えばなるほどと思う。
が、ひとつだけ、やはり突っ込まずにはおれない箇所がある。

私たちの知っている江戸ッ子の代表は勝海舟さんだ。


とかいっている黒田さん!!!!!

あーたの友だち、誰ですか、榎本武揚さんでしょ!!!(笑)
どっちかっていうと、典型的な江戸ッ児は、榎本さんじゃないの??
(勝サンは、どっちかというと変化球系江戸ッ児さんなんで)

これだけはちょっといわずにはおえれませんね☆

で、話は戻って、圓朝はとにかく顔にひろい人で、上記の政府メンバーはもちろん、
渋沢栄一、徳川慶喜まで、あっちにもそっちにも知り合いがたくさんおりますので、
こういう話がなきにしもあらず、ということで記事にしてみました。


というか、本棚漁ってたら、歌舞伎の筋書がいろいろ出て来まして。
読み返していて、この文章をみつけたのでした(笑)。
ちなみにこの「平成五年 芸術祭十月大歌舞伎」ですが、
かの松たか子さんが中村勘九郎(当時:のちの勘三郎丈)の「人情噺 文七元結」で
歌舞伎初舞台を踏んでいましたっけ。初々しくて可憐なお久でした♪
女性で歌舞伎にって相当珍しいですよね。
勘九郎さん、この当時からいろいろチャレンジしていたんだな~としみじみ偲んでました。
(てか、それ目当てで観にいっていたのですけどネ(笑))
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-04 05:51 | 江戸東京あれこれ | Comments(2)
アジア杯に入るときの会見で、アギーレさんはすごーく溟い顔をしていたので、
この人、任期がアジア杯が終わるまでって、決まったのかなと思っていたのですが、
やはり、という感じですねっっ。
ま、日本代表はベスト8止まりだったので、もっと早い発表でもよかったんですけど(涙)。

でもアギーレさんに八百長疑惑があるのは、日本代表監督就任前からなわけで、
それを承知であえて選んだのだから、誰が悪いかといえば日本サッカー協会ですよね。
4年に1度の、有能な監督を迎えられる2014年の夏に、それから半年で解任させるような
人材を選んだのが、いちばん問題でしょう。
この件に関して、日本サッカー協会で誰も処分がなかったら、正直申し上げて
日本代表の将来は相当危ういと言わざるおえません。

ただでさえ、アジア杯でまさかの8強で終わるという、衝撃の結末を迎えたばかりです。
しかもこの結果に、4年以上日本代表やってる古参の選手が「未熟だった」とか
おっしゃっていて、それじゃいったいいつになったら成熟してくれるのだ、ミランの10番!
といじわるなツッコミをしたくなるような、そんなトホホな有様でして、
今は本当に、こういう選手たちをなんとかしてくれるような、
すんごい腕の良い監督さんが必要なんですよね~~~っ

わたしは日本人でもそうじゃなくてもいいから、
とにかく日本代表を成熟させてくれる監督を待っています。

しかし今からじゃ、どうするのでしょうかねえぇぇ。
サッカーの監督だけは残りものに福はありません。
有能なかたは昨年のうちに売れてしまっていますから。

はぁ~~~~~~。

W杯予選がはじまるまでに、このごたごたが落ちつくよう、願うばかりです。
(ただでさえ、W杯のアジア代表枠がいよいよ減らされるかもしれない、というのにっ)

もちろん、その前に、ちゃんとゴールに点数を入れることのできる、
そんな頼もしい日本代表選手の登場も待たれるところですが(号泣)。
(アジア杯も、あれだけチャンスがあるのに、なんでゴールできないのか・・・・・と
見ているだけで疲れるんですもの・・・・・・。PKも、柱となる選手たちが外しちゃうし)

というわけで、ますます心配な、サッカー日本代表です。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-03 17:44 | ほんの世間話 | Comments(0)
偶然ですが、Eテレの番組ネタが続きます。

土曜日の放送中の「SWITCHインタビュー 達人達」も好きな番組で、
昨日、1月31日は中井貴一×糸井重里 でした(ってまだ録画していてみてないんですけど)。

ところが、来週の日曜日(8日)に75分バージョンで、
SWITCHインタビュー 達人達(たち)「中井貴一×糸井重里 完全版」 が放映されるようです!

放送日時: 2015年2月8日(日)
午後3:00~午後4:15(75分)


番組サイト→こちら

で、ポイントなのが、

主演作が相次ぐ正統派俳優・中井貴一は
、号泣議員を見て芝居のリアリティーについて考え込んだ?!
男と女をめぐる深ーい話から、二人して「あまちゃん」にハマった理由まで、
未公開トークを一挙出し!
“公私混同”がポイントの糸井式仕事術、
「EXILEみたい」な社員採用方法、「年とってよかった」と思う意外な瞬間…。
酸いも甘いもかみ分けた二人だからこその、
軽妙で洒脱(しゃだつ)で熱い会話のキャッチボールが展開する!


の、二人して「あまちゃん」にハマった理由

ですって!!!!!

再放送を春に控えているとはいえ、今のこの時期に、あまちゃん話が語られるなんて!!
なんだか嬉しすぎて、記事にしちゃいました(笑)。

さっそく録画予約完了ですっっ☆
[PR]
by aroe-happyq | 2015-02-01 18:54 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq