東都アロエ

asiabaku9.exblog.jp

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パート①から、4ヶ月経っちゃいました~~~~~っ。

ええと、前のは→こちらです

今回も引用させていただくのは、
『幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール』
(アラン・コルナイユ著 矢田部厚彦編訳 ミネルヴァ書房)です。

時期は、会談記録から、1863年2月(文久2年12月)。
当時、14代将軍徳川家茂の上洛準備が本格化し、将軍を京で出迎えるべく、
老中小笠原長行や、将軍後見職一橋慶喜があいついで、上洛していました。

そのころ駐日公使ベルクールと外国奉行竹本甲斐守正雅は何度か極秘会談をしていて、
ベルクールは率直にかたる竹本に日本の政治情勢を細かく質問していた。

しかし前回紹介したような「徳川の敵は薩摩と長州です」の率直発言は、
竹本が老中と相談のうえで、おこなった政治的な発言なのですが、
今回のは・・・・竹本の個人的な見解にしか思えず、前回紹介の率直発言と
その性質が異なるようにしか思えません(汗)。

というわけで、ほんのささいな質問からはじまった、竹本さんの暴走をお楽しみください(笑)。
(以下、『幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール』165P~)

ベルクール「しかし幕府の役人によれば、京都での一橋の使命は、問題解決のために
       将軍が与えたものであるという。
       とすると彼(慶喜)は、将軍の友、それも心から許せる友ということになる」

ベルクールさんは東洋についてかなり知識を持った人で、知日派といっても過言ではなかった。
なので、この人からすると、日本の情勢の改善を願っておこなった発言だったのですけど、
これが竹本の心のなかの思わぬ地雷を静かに踏んでしまったのでした・・・・・・。

先方(竹本)「一橋は、使命を帯びて上洛するのではない。彼は、将軍から命令されたから上洛
       したのであって、彼は京都滞在を利用して彼自身の利益のための謀略に専念するかもしれない。
       彼は、将軍にとってうわべだけの友だからである」


今どきの流行の言葉でいえば、突然、フランス公使の前で慶喜のことをディスりはじめたのだ!(笑)

たしかに慶喜は家茂の心から許せる友ではないし、うわべだけの友といえるかもしれない。
しかし「使命を帯びて上洛するのではない」とか「京都滞在を利用して彼自身の利益のための謀略に専念」
までいってしまうと、もはや名誉毀損問題ではあるまいか!?

竹本甲斐守は、率直な発言をする人だが、このように誰かを悪くいうことは極めて少ない。
(やや、小笠原長行にも、かな(笑))。
いったいどうしたんだ、竹本!と思ったのだが、
それは彼の経歴をみれば、頷けるものでありました。

竹本正雅プロフィール(号:蘇軒)

文政9年(1826)生まれ。
天保14年 部屋住より小納戸(布衣)。
弘化2年 西丸小性 諸大夫
嘉永6年 本丸小性
嘉永7年 中奥小性
安政5年 小普請組支配 
安政6年 外国奉行 、神奈川奉行兼帯
文久2年 大目付 外国奉行兼帯


と、これをみてお分かりかと思いますが、弘化2年から安政5年まで、
13代将軍家定の小性まっしぐらだったんです!
この人の主君はおそらく永遠に家定公でありましょう!!

おぼえておりますでしょうか、拙ブログのこの記事→こちら

御美麗ではなかった家定は、「超・超・超」御美麗の慶喜の姿に、
キャーキャー騒ぐ大奥女中たちを眺めて、
「言わなくてよいことを口にする」と苦々しくつぶやいておりましたそうですが、
竹本正雅は、まさにその家定のそばで、主君とともに悔しさに耐えていたわけです。
主君が慶喜嫌いなのに、小性の竹本が好感を抱くわけありませんね(汗)。

こうした経歴から「反一橋派」でしょうし、家茂将軍の心から許せる友なんて言われると、
つい昔の恨めしき想いがぶり返してしまったのでしょう。

なので、竹本はなお暴走します(笑)。

ベルクール「一橋が長い行列と大量の武器を従えて東海道を行くのを見たが、
       衛兵の数は三千ないし四千で、その大半は洋装していた」

ベルクールの住んでいる、フランス公使館は神奈川宿の甚行寺にあったので、
公使は東海道を行く慶喜の上洛行列を見物したらしい。

洋装していたネ、ってそんな軽い好奇心での発言だったのだが、
これがまた竹本の地雷を踏んだらしく、思いも寄らない返答がかえってくることになる。

先方(竹本)「一橋の行列が通るのをご覧になったというのはそのとおりかもしれない。
       しかし彼は、わが国の一般原則に倣って大名行列するよりも、海路を好むと言われている。
       同じ日、老中小笠原が京都へ行くために蒸気船で大坂へ向かったのを思い出していただき
       たい。小笠原の側近の人々のなかに大きな外衣を着た人物が確認されており、
       その人物に対して、小笠原が特別丁寧に敬意を払っていた。そこから、この人物は
       一橋慶喜だったのであり、彼はその宿敵である井伊掃部頭の家領を陸路通過するのを
       避けたのだろうと言われている」


たしかに慶喜の海路上洛話は噂ではあったみたいなんですけど、
今のところ、陸路で行ったことになっていますよね。
つまり、竹本は正確な情報ではないことを、外国公使に話してしまっているわけです。
(普段は冷静沈着で、たいへん優秀な外国奉行なんですよ!竹本さんって!)
しかもこの竹本情報での慶喜は、ついに井伊さん(故人)と宿敵に
されちゃっていますが、大丈夫なんでしょうか??
ちなみに、ここで確認のとれている正しい情報は、
慶喜さんが、海路好き、というか蒸気軍艦に乗りたい人という情報だけな気がするのですが、
竹本さん、本当に大丈夫なのでしょうか(笑)。
(これでいくと、ベルクールのみた行列にいた慶喜は影武者になっちゃうってことですよね?
・・・・まぁ、乗物に乗ってたら誰が乗っていても、わからないけど)

ここでベルクールさんは、なにか察したのか、ちょっと話をかえてみようと「小笠原も京都に行った
のですよね」と竹本に振ってみた。

しかし、これもなんだかいけなかったようなのです・・・・・(笑)。

先方(竹本)「彼も天皇に呼び出されたのである。彼は大名でもないのに、
        身分の低い地位から外国事務総裁という要職に取り立てられた人物である。
        朝廷は、京都に到着した将軍に浴びせる訊問の基礎になる情報を
        小笠原から嗅ぎ出せると思っているのだろう」


うわーっ、小笠原さんも、竹本さんにディスられちゃいました。
これじゃ完全に朝廷の犬扱いです(笑)。
文久2年6月に、島津久光が勅使の大原と江戸へやってきて、家茂に対して
政治改革を迫りましたが、それによって政事総裁職になった一橋慶喜はもちろん、
外国事務総裁になった小笠原も、
竹本さんはどうやら、お気に召さないようであります(笑)。

ベルクール「ということは、将軍は自分の蒸気船を使って、多分京都で彼を裏切るだろう、
       一橋に老中を随行させたことになる」

ちょっとびっくりしつつも、ベルクールはヘンなスイッチの入った竹本から、
思わぬ日本の裏情報が聞けて、それはそれでラッキーと判断したのか、
そこから攘夷大名について、たくさん質問攻めにしていった。
(でも、慶喜から話題が離れたので、いつもの竹本に戻りました)

このやりとりを読むまで、
文久2年12月のはじめ、上洛御用、そして一橋刑部卿随行員として京へ行く支度を
していたはずの大目付竹本甲斐守が突如、上洛御用御免となり、外国事務に復帰した一件は、
いろいろな本に出ているように「対英交渉に手練れの竹本を今後の生麦賠償問題のために
江戸に残すことにした」という説を信じていたのですが、
それならそもそも上洛御用にしないだろうし、急遽大目付岡部駿河守が代役で
慶喜の世話役として上洛することになるものおかしい。
慶喜が嫌いな竹本さんは、上洛御用に決まってからの数週間、上洛御免になるように
なにかしらの運動をして、どーにか江戸に留まるようにもっていったのか、
あるいは一橋家のほうから、竹本じゃなくて慶喜さんと意見の合う(ともに開港開市派)の岡部
にかえて、と老中筋にかけあったのか、いずれにせよ、そういう理由のような気がしてきました。
(でも慶喜ファンとしては、岡部に代わってよかったです。だって、岡部だったからこそ、
上洛して神経衰弱になった慶喜に、江戸から旧知の松本良順を呼んで大胆な方法で早期治療
をやってのけましたでしょ。竹本だったら、・・・・・・うーむ、ノーコメント(笑))

そして、こののち、生麦賠償問題で大活躍する竹本甲斐守ですが、
賠償交渉の全権委員として、京から小笠原図書頭が江戸へやってくると、
とたんに、生麦交渉の場から姿を消し、イギリス公使たちに心配をかけたのでした。
(イギリス公使たちは、数年前に外国奉行の堀織部正がプロイセンとの交渉から消えたとたん、
切腹してしまった例を思い出して、竹本の身を心配した次第)
でも、これも、いろいろな本で、小笠原と賠償金の支払い方法で対立し、それきり竹本は交渉委員を
クビになった・・・・・という説がありましたが、さてはてそれもどうでしょうか。

竹本甲斐守、ひょっとしたら、嫌いな人と一緒に仕事なんかできないので転属させてもらえますか、
といえる、当時では珍しく、老中たちにNOと言える男だったのかもしれません。
(ちなみに、竹本はこののち京へ行きますが、小笠原があの率兵上京事件で御役御免になると、
さっそうと外交交渉の場に、復帰するのです(笑))

竹本甲斐守は、外国奉行としてたいへん優秀な人で、このあとも
長らく外交を担うことになります。
ひとつの役職に長くいると、とかく出る杭として、良い評価をもらえないらしく、
竹本のことも、当時の人物評でけっこう賛否両論ですが、
とにかく激務で体調をこわしても、働き続ける姿は実に立派で素晴らしい方です。

慶応4年まで留守居をつとめて、徳川瓦解ののち、江戸で隠居生活をするわけですが、
最期がお気の毒。
明治元年10月、治安が悪かったせいでしょうか、
にわかに自宅に押しいった強盗によって、殺害されてしまうのでした。享年43歳。

この竹本正雅については、論文ですが、
竹本正尚「外国奉行 竹本淡路守」(『古文幻想』1号)
松平千秋「旗本こぼれ話 外国奉行竹本正雅と幕末外交1~3」(『大日光』72~74号)
に詳しく書かれております。
興味をもたれた方はぜひチェックしてみてくださいませ。

わたしは初期外国奉行ファンですが、後期外国奉行では、浅野氏祐とともに、
この竹本正雅のファンです☆
浅野は史料を読んでいても、けっこう喜怒哀楽をみせてくれるのですが、
竹本はいつも隙のないほど完璧な人で、いまいち人柄がみえなかったのでした。
でも、このフランス公使とのやりとりで、慶喜嫌い、小笠原もついでに嫌いらしい!?
そしてその件では我を忘れて暴走するんだ♪かわゆい、という竹本の一部分を覗くことができて、
なんとも嬉しくて(笑)、ついつい記事してしまいました。

なので、どうかこの記事だけを読んで、竹本を判断しないでくださいね!
いつもはこんなに感情的に語るタイプじゃなんですよ~~~っ
すごくきっちりとお仕事する人なんです☆
(ううむ、これでフォローできているといえるのだろうかっっ)


ただ、いきなり慶喜について思いがけない返答をくらったときの、ベルクールの表情がどんなだったか、
かなり興味津津です(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-23 14:30 | 外国奉行ズ | Comments(8)
11月、いろいろ新刊が出ていました☆



d0080566_14314495.jpg
  江戸時代の罪と罰
  氏家幹人 著

  アマゾン→こちら







タイトルで、おや?と思った方もおられるかと思いますが、
昨年、国立公文書館で開催された「平成26年特別展 江戸時代の罪と罰」展と
リンクしているようです。
そんなわけで、紹介史料もたっぷりで、
江戸時代の司法(警察)制度に興味のある方、
また、なにかの創作で江戸の小伝馬町牢獄を登場させたい方には
ぜひ一読をおススメいたします。





d0080566_1433553.jpg

徳川制度
 (上)、(中)、(下)
岩波文庫


アマゾン→こちら



徳川時代のあれこれを知りたいなら、これは便利!
今まで、上、中と揃えてきましたが、
ついに下巻が出たので、紹介します~~~♪
(やっぱり、揃わないうちは紹介しにくいですよね)

岩波HPから、説明文を要約しますと、以下のとおり。
(岩波の徳川制度の紹介ページ→こちら


江戸城内から江戸の町や下層社会まで記録された歴史実録書。
文献史料や故老からの聞書きなどをもとに,明治25~26年にかけて『朝野新聞』に
連載されたものである。

上巻には,町奉行,刑罰,牢屋,人足寄場,非人,町会所,火事,辻番,株式,
市場などについての項目を収録、

中巻には,山の手と下町でちがう寺子屋の実態をはじめ,虚無僧,富くじ興業,吉原,
岡場所,娼妓,若衆など社会・風俗に関するものと江戸城の年始の儀礼を記した年始登城,
下馬評,礼服,駕籠,乗物など武家社会に関するものを収録、

下巻には、武家の学問の殿堂であった湯島聖堂,鷹・鷹匠や東叡山寛永寺のことをはじめ,
アメリカ使節の江戸城登城,桜田門外の変,生麦事件など幕末・維新の激動の時代を彩る
数々の事件についての項目を収録し、江戸の町の実態がよく分かる貴重な一冊(全三冊)。

しかし!続きがあるそうなのだ。

なお,「幕末の陸海軍」「社会魔」など『徳川制度』の補遺的な内容を収録する「補遺」を続刊の予定。


だそうなので、まだまだ続くようですが、
朝野新聞といえば、前期には成島柳北さんがやってた新聞なので、
徳川に詳しいし、読み応えあります☆

なので、徳川方に興味ある方は、一家に1セット、いかがでしょうか♪
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-20 10:33 | | Comments(2)
今夜で「孤独のグルメ Season5」が終了します。
10月から、毎週、深夜にお腹をすかせて楽しんできたのに、もう終わっちゃうのは
さみしい・・・・。

でも!

孤独のグルメお正月スペシャル~真冬の北海道・旭川出張編
2016年1月1日(金・祝)夜11時15分


がまだあります!!!!!



嗚呼、元旦の夜からお腹がグーとなるのですね♪

なんかもう、今からめでたい!!!(爆)
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-18 14:20 | ほんの世間話 | Comments(2)
思い出しては検索かけていたのですが、ようやくNHKに「真田丸」のサイトができたようです☆


真田丸サイト→こちら


今夜、今年の大河が終わるので(15分短縮バージョン最終回なのですな)、
その最後に放映される真田丸予告編を見なくては♪と思っています。
(今日まで、今年の大河はついに1秒もみることなかったので、今夜も気をつけねば(笑))


来月から、
やっとわたしのスケジュールに、「日曜日夜8時 NHK」が戻ってくる!

【ちょっと追記②】
 本放送がはじまる前、1月2日後7時30分から、
  NHKの正月特番「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 真田丸スペシャル」が楽しみです♪
公式サイト→こちら


前に記事にしたように、三谷氏と戦国時代の相性がなんとなく良いともいえなさそうなので、
多少こわごわ、でもワクワクしながら、第一回の日を待ちたいと思います。


……どういうわけか、最近、「新選組!」のDVDを見直しはじめてたりして。
10年以上前のドラマなんで、出演者さんがみんな若いのなんのって(笑)。
やはり、ひと昔とはよくいったものです。

【追記①】
真田丸の予告、みましたー!
で、でも!!!!短かった~~~~っっ
堺さんしか、出てこなかった。
(あっしは、その兄役の大泉さんが気になるんですよーーーっ)
いつも3分ぐらいやるじゃないですか~~~っ どーしてぇぇぇぇ
前の大河がつまらなくて(←観ていた友人たちの感想より)、
打ち切り状態(わずか15分ですが)だからって、なんで真田丸の予告編まで
犠牲に遭わねばならんのだっっ。
しかし前の大河さん、視聴率低かったみたいなんで(清盛とワーストタイだとか)、
真田丸も苦戦しそうで、ヤバイのでありますっっっ(涙)。
(ここでも、こんなに迷惑をかけられる羽目に・・・・)

ただ、1話もみていないでなんですが、歴代ワーストだって、
そもそも題材がひどすぎただけで、大コケの予感は始まる前からあったはず。
主演の俳優さんはよくがんばられたと思います(と勝手に察します)。
企画を考えた人、ダメな企画をついに面白くできなかった脚本や演出の問題なのです。
どうか、今後、こうした悲劇がおきないよう、面白い大河をつくってもらいたいもの。
そして、NHKにはもういいかげん、「篤姫」の成功体験は捨ててもらいたいですネ。
(あれだって、そんなに面白い大河じゃなかった。脚本もひどかったし。テキトーで。
ただ、鉄板モノの江戸城大奥だから、受けただけなんだから!(笑))

今年の長州大河も、どうせ官邸のゴリ押しなのだったら、伊藤博文の大河にすればよかったのさ。
大村益次郎の大河といい、これで長州を舞台にした大河は人気ダメダメだということになって、
大河の黒歴史扱いになって、ほぼ二度とチャンスは回ってこないんじゃないのだろうか。
それはそれで、気の毒じゃないすか(って、次にやっても観ないけどね。あははは)。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-13 19:14 | ほんの世間話 | Comments(4)
前々から香港映画ファンの友人たちから「はやくみろー」と
言われ続けていたこの作品。

かの「インファナルアフェア(無間道)」以来の傑作香港映画との呼び声高い、
警察映画であります。

警察映画撮らせたら、世界でも、まず香港映画界以上に手練れはおるまいと
いわれるほどの、香港映画の隠れた十八番ですから、
それはもう期待大というところ。

しかも香港資本、香港スタッフオンリーで作った、
昨今ではめずらしい純香港産。
大陸(内地)のおしきせのダサイ俳優もでてきません。
香港・台湾スタッフ&キャストでつくった、久々のやりたい放題の香港映画です(笑)。

もちろん香港では記録的大ヒット(←この街でウルトラ大ヒットした映画は内外問わず、
本当に面白い映画なのです☆映画好きの香港人の目利きはなかなかなのです)、
香港アカデミー賞総なめ、とくれば、もう怖いものはありません。

で、日本公開を待っていて(単館公開)、見逃してしまったわたし・・・・・・。

でBDでも買おうかと思ったら、高いし・・・・・・・・。
(ロードショー公開でない辛いところね)

ようやく廉価版のBDが出て、めでたくゲット!!!!

香港での公開から3年して、やっとみることができました(汗)。



すごく簡単に感想をいいますと、みなさまご存じの「インファナルアフェア 1」
と比較させてもらえば、「寒戦 コールドウォー 」のほうが話が複雑!

ざっくりとでも香港の警察関係の組織を知らないと、若干置いていかれるかも・・・・。
(わたしはかつで浴びるほどみまくった香港映画&ドラマの知識の記憶を総動員して
なんとかがんばれました・汗)

1回目みたときの衝撃度は「インファナルアフェア」のほうが大きかったですが、

でも、すごく面白かった!


ぶっちゃけ、100%理解できていませんので、2回目みないとですが、
この中毒性も名作の証かと(笑)。

でもでも、香港という都市は、こういう複雑な物語(しかも警察内部の陰謀モノね)が
よく似合うんですな。
東京はまだ、まだここまで洗練した組織モノを描けるほど、垢抜けていないです。
(それは映画制作陣の能力とか、精神年齢とか、そういう部分もかかわってくるかと
思うのですが。まだ日本じゃこんなにキレキレの警察内部モノ映画は生まれせんです、はい)
これまで長年培ってきた、香港のアクション技術もあいまって、
とにかく、かっこいいと思いました。

俳優陣もまた、いいですね♪
主演のアーロン・クォック(郭 富城)とレオン・カーフェイ(梁 家輝)がいいのは当たり前ですが、
「インファナルアフェア」でも大活躍だった、ラム・カートン(林家棟)、
そしてかつて香港映画でたくさんみていた、チン・ガーロウ(錢嘉樂)など香港脇名俳優ほか、
テレンス・イン(尹子維)、マイケル・ウォン(王敏徳)と懐かしい面々まで!!!

あ、そうそう、アンディ・ラウ(劉 徳華)も忘れてはいけません。
出番すくないけど、かなり重要な役でした♪

それから、台湾の若手俳優さんのエディ・ポン(彭于晏)が、今回は意外な感じの役柄で
登場して新鮮でしたし、

まさかの登場!!!廉政公署(香港の公務員の御職監察機関です)の
できる署員こと、アーリフ・リー(李治廷)くんの役も素敵でした☆

そして、90年代香港映画をみていた人には超なつかしの、チャーリー・ヤン(楊采妮)!
(日本では「天使の涙」のぶっとび娘役でおなじみかしら??)
15年以上のおひさしぶりですが、大人の美人さんにおなりで。
いやはや、嬉しい再登場でありました。
(かつてはすんごいハスキーボイスでしたが、きれいな声になっていたのに驚き)

ただ、誰を信用していいのか、みんな信じられないといったストーリー展開なので、
「あ、こいつ。裏切るかも」と思わせる演技がみなさん秀逸!!
(なかには本当に裏切り者がいたんですけど。あまりにびっくりした人も、そうでない人も(笑))

そうした複雑な人間模様もさることながら、アクションがまたすんごい。
火薬使ったですね~~~~っ。すごい量でしたねーーーっ。
ただ、火薬の使用量で映画の善し悪しをきめる、香港下町のおばちゃんたちを唸らせた、
ジョン・ウーの「男たちの挽歌」の時代と違って、ちょいちょいCG使ってるんでねー。
生火薬の迫力は往時をしのぐことはできないものの、映像的には迫力満点でした。

そうしたわけで、本当に面白かった!わけですが、
ただですね・・・・ラストが・・・・・・・「つづく」なんですよ・・・・・・。

なんでも、いまちょうど、「寒戦2」撮影中とのことで、
いろいろ大物俳優の起用が取り沙汰されておりますが、
はたして!!!!「パート2なんて、1をこえないよ」といわれるなか、
そのジンクスをこえた「インファナルアフェア」シリーズのように羽ばたけるのか!?

そんなわけで、この作品の真の評価は実はこれからにかかっております(笑)。
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-11 18:05 | 香港&アジア映画 | Comments(0)
半月経った気がしていなかったのですが、いやはやすいません!
(そもそも11月そのものの記憶がない・・・・・・・・・)

すっかり放置ブログ化してしまっているのに、毎日ちょこちょこアクセス数が!

お越しくださっていた皆さま、ありがとうございます!!!


11月、ほぼどこにも行けなかったのですが、
よーやく、12月になって、公文書館には行ってきました!
展示会サイト→こちら


圧巻だったのは、「北夷分界余話」。
話では知っていましたが、ビジュアルにしてもらうと、間宮林蔵の旅が
とてもリアルにみえてくるので、感激しちゃいました。
樺太アイヌのみなさんが、犬をとっても大事にしていて、
子犬をせなかにおんぶしている絵がとても、ほのほのとしました。
(上記のサイトに、その絵がでています)

それから、間宮さんが、貿易出張所の清朝の役人と御酒呑んでいる絵も素敵でした♪

そして!!!
心のなかで笑ってやりましたよ!

国書御委任状


説明文では、「持ってこなかった(ので、帰国して持って来た)」としか書いてませんけど、
全権委任状を持ってこなかったのではなく、
そもそも、条約交渉に全権委任状が必要なことすら知らなかった、
すっとこどっこいな岩倉使節団どもなわけですよ。
(嗚呼、はずかしい・・・・はずかしい・・・・)

なので、わざわざ半年かけて取りに帰って、使うことなく日本へ持って返ってきた
まったく無意味だった国書御委任状をながめながら、
「おっほっほ」と心のなかで憫笑してやりましたですよ。


この秋の楽しみはこれぐらいでありました。・・・・・・トホホ
[PR]
by aroe-happyq | 2015-12-05 14:16 | ほんの世間話 | Comments(2)

アジアンエンタメ&お江戸後期。外国奉行や長崎海軍伝習所がご贔屓☆ BYはな。


by aroe-happyq